私は、洗礼を受けてまもなく40年になります。40年、信仰生活を送ってきました。時の流れの中で私の信仰理解も深まってきました。信仰者として生きるとは、神さまを、人格を持った方として受けとめ、私もまた、ひとりの人格を持った人間として、神の前に立っていると自覚して生きること、あるいは、ひとりの人格を持った人間として、神との交わりに生きること、と考えるようになりました。

 罪とは、神の前に立つ自分が神さまに背を向けることと考えています。神さまのことを思わない、神さまの心を考えない、神さまの心に反抗する、つまり神さまとの交わりに生きようとしない、そのような人間のあり様が罪です。神さまとの人格的関係に生きることが信仰であり、神さまとの人格的関係に生きないことが罪です。

 私は神さまを知り、自分が人格を持つ存在であることを知るようになりました。また他の人も人格を持つ存在であると受けとめることができるようになりました。それは、救い主であるイエス様が、わたしに永遠の命を与えてくださり、私が新しく生まれたおかげです。そのおかげで、私は神さまとの交わりに生きることができるようになったと思っています。イエス様が私たちの救い主であることをお伝えしたいと思います。

 イエス様が神の子であり、神から遣わされた救い主であることを伝えるのがヨハネ福音書です。イエス様は私たちを何から救われるのでしょうか。イエス様は、私たちを滅びから救ってくださいます。この福音書の3章16節にこう書かれています。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

私たちは救い主のおかげで

「滅び」

から救われます。滅びとは、この世界の終わりが到来し、最後の審判を受け、神さまから罪の宣告を受け、神さまから見捨てられることです。

 この世界では、神さまなしに生きている人が沢山います。この世では自分から神さまを見捨てて平然として生きているわけですが、死んだ後、今度は、神さまから見捨てられるわけです。神さまから見捨てられることがどんなに恐ろしいものであるかは、イエス様が体験されました。

 イエス様は十字架につけられる前の晩、ゲッセマネの園に行きました。その時のことがマルコ福音書にはこのように書かれています。

「イエスはひどく恐れてもだえ始め、『わたしは死ぬばかりに悲しい』」

と弟子たちに語られました。そして翌日イエス様は十字架につけられたとき、

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

と大声で叫び、亡くなったのです。

 神に見捨てられるとは、すべての希望が断たれるということです。絶望しかないということです。暗い宇宙にたった独りだけ宇宙船に乗って、果てしない旅を続けるようなものです。

 私は、信仰を持つ以前の自分に戻りたいとは少しも思いません。絶対に戻りたいとは思いません。神さまなしの生活には希望がありません。あるのは偽りの希望です。偽りの希望で自分をごまかして生きることはできません。イエス様は、私たちを神に見捨てられる滅びから救われるかたです。

 イエス様は、どのようにして私たちを滅びから救ってくださるのでしょうか。イエス様が、私たちが受けるべき神の裁きを代わりに受けてくださったことによってです。神の前に立つ自分が罪の中におり、罪を犯していると気づかされるとき、私たちは、神の裁きに震えおののきます。その時、十字架につけられた主イエスを仰ぎ見ることができます。そして救いをいただくことができます。

 イエス様が、救い主であるとどうして分かるのでしょうか。今日の聖書、24節でユダヤ人が言いました。

「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい」。

イエス様が

「わたしが救い主だ」

と言っても、ユダヤ人たちは信じなかったでしょう。

イエス様は救い主であることを示されました。奇跡を行いました。人々が驚くような説教をされました。人は信じるかどうか、問われるのです。人間の要請に応じて、神さまが何かを行い、その結果、人は神を信じるというのではないのです。

 逆です。神さまはすでに、救いのみ業を行ってくださいました。それを見て、人が信じるかどうか、問われるのです。イエス様は<わたしは救い主メシアです>と輝かしいお姿を見せるわけではありません。盲人の目を見えるようにし、病人をいやし、神さまから遣わされて、このようなことをしていますとイエス様は、語っています。イエス様と出会い、人が逆に<信じるかどうか>、問われるのです。結果としてユダヤ人たちは信じませんでした。

 ユダヤ人の多くはイエス様を信じませんでした。そこでイエス様はおっしゃいました。

「あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである」(26節)。

ユダヤ人たちはもともとイエス様に飼われる羊ではないので、イエス様が何をしようと何を語ろうと信じないのだ、というのです。

 そういえば、イエス様はこんなことを話されました。

「わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない」(6:44)。
「父からお許しがなければ、だれもわたしのもとに来ることはできない」(6:65)。

いずれも、だれがイエス様のもとへ行くのかは、つまり誰がイエス様を信じるかは、父なる神さまがお決めになることだと語っています。神さまはある人を信じる人に、ある人を信じない人に定めたと受けとめることもできます。

 27節。

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける」。

イエス様の羊とされる人はイエス様の声を聞き分け、イエス様がメシア、救い主であることが分かるというのです。つまり神さまがイエス様を信じるようになると定め人は、イエス様がメシアであるとわかり、信じるというのです。

 神さまがある人を信じるように、別な人を信じないように定めたというと、嫌な感じがします。でもこれは、救いの確かさを教えています。信じる者とされたことが神の恵みであることを教えています。救いとは神の恵みであることを教えています。神が私を選び信仰に導いてくださいました。だから私が救われていることは確かなのです。ある人が信じ、別な人は信じない、なぜそうなるのか、それは人間の心の不思議さ、ということができると思います。信じる者とされたことは、神さまの恵みです。

 ユダヤ人に戻りますと、彼らは、盲人の人が見えるようになったことを知っています。見えるようになった盲人と話をしています。あるいはイエス様が良い羊飼いの話をしました。ユダヤ人たちが聖書をよく知っているなら、イエス様はメシアの話をしていることが分かります。それなのにユダヤ人たちは、イエス様を救い主と認めませんでした。

彼らは、そのように判断したのです。神さまが、彼らを信じないようにされたわけではありません。ユダヤ人たちは信じることができました。一部のユダヤ人は信じたと聖書に書いてありますが、多くのユダヤ人は、信じない方を選んだのです。信じるか信じないか、それは一人一人の人が自分で決めることです。信じるか信じないか、それは人間の決断によります。同時に、信じる決断ができるのは、神さまの恵みなのです。信仰は、人間の決断によりますが、同時に神さまの恵みなのです。

 今度は、私たちです。私たちは、聖書を通してイエス様に出会います。聖書を通して、イエス様のことを知る時、私たちは信じるか否か、問われるのです。あなたは信じるか、と神さまが問いかけるのです。

 私たちが聖書を通して、イエス様のことを読み、あるいは説教を通してイエス様のことを聞くとき、私たちはどう受けとめるのでしょうか。私たちの頭は、イエス様について何らかの判断をします。信じられない、信じてもいいかな、よく分からないとか、判断します。私たちの中に、何らかの判断基準があります。私たちは生きてきた過程で、そのような判断基準を身につけます。その判断基準は、私自身に他なりません。あなたの判断基準は、あなた自身です。

 聖書を読むとき、説教を聞くとき、あなたはあなたの判断基準で読んだこと、聞いたことを判断します。その時、もう一人のあなたがいて、あなたの判断基準を吟味できるといいと私は考えます。ユダヤ人たちは、自分の判断基準で、イエス様を受けとめ、結局信じませんでした。しかしもう一人の人がいると、

「ちょっと待て、もしかしたらメシアかも知れないぞ」

と考え直すことができるのです。今自分はこう考えるが、もしかしたら、その考えのほうが正しいのかも知れない、と考える柔らかな心は大切です。

もう一人の自分を持たないと、私たちは結局、自分の判断基準を変えることをしないで突き進んでいくことになります。

「お前は今そう考えたが、それは本当に正しいことだろうか」

と語るもう一人の自分を持つことは大切です。そして私たちもイエス様は誰なのか、救い主なのか否か、判断するわけです。神さまの恵みによって、信じる決断が導かれます。

 イエス様は28節で語ります。

「わたしは彼らに永遠の命を与える」。

永遠の命は、信じる人には、すでに与えられています。永遠の命を与えられた人は、生まれ変わります。新しい人になります。その結果、その人は神との関わりに生きるようになります。神との交わりに生きるようになります。

 さらに

「彼らは決して滅びず」

とあります。永遠の命を与えられ、新しい人とされた人は、神との関わりに生きようとし、神さまも関わりを持ってくださいます。ここに、神と私の関係、神とあなたの関係が生じます。わたしは神の子、神さまは、私の父です。神さまはあなたの父、あなたは神の子です。この父と子の関係は、決して失われることがありません。28節の最後で、

「だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない」

とあります。羊飼いであるイエス様は、盗人から、羊を守り抜きます。イエス様のもとから羊が奪われることはありません。そのように、イエス様と私たちの関係は、決して切れません。私たちの死も、この関係を壊すことはできません。

 29節

「わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない」。

これはわかりにくいです。父なる神さまがイエス様に与えたものは何かヨハネ福音書で調べると、それはイエス様を信じる人です。そこで、私は次のように解釈します。

「わたしの父がわたしにくださったもの」

とはイエス様を信じる信仰者のことです。神さまが引き寄せた人がイエス様のもとに来るわけです。イエス様を信じる人は神の子であり、すべてのものより貴いのです。そしてだれも、その人を父の手から奪うことはできません。どんなものも神さまの愛から信仰者である私たちを引き離すことはできません。たとい死といえども、あなたを神さまから引き離すことはできません。詩編の作者は語ります。

「後の代に語り伝えよ。この神は世々限りなくわたしたちの神。死を越えて、私たちを導いて行かれる、と」(詩篇48)。

 イエス様は、私たちに永遠の命を与えてくださいます。永遠の命を与えられ、私たちは新しく生まれたものとされ、神さまとの交わりに生きるようにされます。そして神さまと私たちの関わりは、決して失われることがありません。たとい死といえども、神さまと私たちの関係を引き裂くことはできません。私たちは滅びることのないものとされたのです。

祈り