幸せな人生を送るために必要なことは、良い伴侶を持つことですとある人が言いました。いや、それ以上に大切なことは、よい教会と出会うことだと別な人が言いました。私は思います。一番良いことは、良い羊飼いを持つことだと。

 先日夜の祈祷会で、イエス様がペトロに

「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」

と尋ねた聖書箇所を読みました。イエス様が私にそう尋ねたら、私はどう答えるのだろうかと思いめぐらしました。私は空しさからの救いを求めて教会に通い始めました。何をしたら、何を手に入れたら、心が満足するのだろうかと思い悩んでいたとき、イエス様の生き方に答えがあると知りました。心に響く聖書の言葉がありました。

「キリストも御自分の満足はお求めになりませんでした」(ローマ15:3)
「あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです」(コリント二8:9)。

自分の満足を求めず、自分を献げる、そこに真の心の満足があるのではないかと教えられました。このような生き方を教え続けているのが、私にとってのイエス様です、と話しました。このように生きたイエス様を私は羊飼いとして持ち、この方に従う歩みをしてきて、私は幸いな信仰者の歩みをしてきたことを思います。私にとって良い羊飼いであるイエス様を賛美します。

 今日の聖書の最後で、イエス様の話を聞いたユダヤ人たちの反応が書かれています。多くのユダヤ人は、イエス様が悪霊に取り憑かれている、気が変になっていると言いました。要するに非難の言葉を浴びせたのです。ユダヤ人たちは二つの理由で、イエス様をメシア、救い主と受けとめることをしませんでした。第一の理由は、イエス様が安息日の戒めを破っていると考えたからです。第二の理由は、イエス様が、ご自分を神と等しい者としていると考えたからです。神は唯一であり、自分を神と等しい者とすることは、神を冒とくすることだと考えたからです。

 他の福音書では、イエス様は彼らのことを偽善者と批判しています。しかしヨハネ福音書では、イエス様は、彼らのことを偽善者とは一回も批判していません。むしろイエス様は次のように語ります。

「あなたたちは、モーセを信じたのであれば、わたしをも信じたはずだ。モーセは、わたしについて書いているからである」(5:46)。

モーセは、神様から与えられた律法をイスラエルの人々に伝えた人です。モーセが伝えた律法をユダヤ人は、熱心に大切に守ろうとしていたのです。ですからイエス様は、モーセを信じたのであれば、わたしも<信じたはず>だと言うのです。

あるいは、

「神があなたたちの父であれば、あなたたちはわたしを愛するはずである」(8:42)。

あなたがたが神を信じているなら、私を<愛するはず>だとイエス様は言うのです。ユダヤ人たちは、イエス様を信じるはずであり、イエス様を愛するはずなのにそうならないのです。

 ではなぜ、ユダヤ人たちはイエス様を信じることができなかったのでしょうか。彼らは神さまの戒めは知っていたかもしれませんが、神さまの心を知ろうとはしていなかったと私は考えます。神さまの戒めの背後にある神さまの心を知ろうとせず、ただ戒めを守ることに熱心だったのです。神さまの心を知ろうとしないから、イエス様を信じることができなかったのだと思います。

 また彼らは、神さまが人間の思いを越えることをなさる方であることを知りませんでした。知ろうとしませんでした。イエス様の働きとイエス様の言葉を聞いた一部のユダヤ人は、21節、

「悪霊に取りつかれた者は、こういうことは言えない。悪霊に盲人の目が開けられようか」

と言って、イエス様に心を開いていました。でも多くのユダヤ人は、イエス様を通して神さまが働いていることを認めようとはしませんでした。

イエス様を信じる者たちはやがて、イエス様は神であると告白し、さらには聖霊も神であると告白し、三位一体の神を告白するに至りました。父なる神、子なる神、聖霊なる神。神が三人いるのではなく、一つなる神。唯一信仰に生きるユダヤ人には、思いを越える神についての告白です。

 彼らは、人間の思いを越える救いを神さまが与えるなどとは、少しも思っていませんでした。彼らにとって信仰に生きるとは、神の戒めを守ることでした。しかし神さまは、人間の思いを越える救いを与えようとされました。信仰に生きるとは、神の戒めを守ることより、もっと大切なことであることを主イエスは伝えようとしました。

 神さまが与える救いは豊かで深いものです。神さまの与える救いは、深いものがあり、そのすべてを人間は知ることができない、と私は考えています。それで私にとって説教を準備するとは、福音という鉱脈を掘り当てるようなもの、と考えて、説教の準備をしています。福音のすばらしさを発見したいとの思いで説教の準備をしています。神さまの与える救いは深く、豊かです。信じる者の人生を豊かにします。

 私たちは果たして救いの豊さ、深さを認めているのでしょうか。救いとはイエス・キリストの十字架の死による罪の赦しであり、天国に迎えられることであると救いを狭く受けとめていないでしょうか。

救いとは、聖霊の働きによる罪の支配からの自由であり、新しい人に造り変えられ、新しい人として生き、キリストに似た者とされていくことです。しかもキリストの体なる教会に連なり、信仰者の交わりの中で、育てられ、世の光、地の塩とされてこの世に出て行き、また互いに愛し合う中でキリストに似た者とされていきます。イエス様は、人間の思いを越える救いを与える方です。イエス様が与える救いは、豊かで深いものがあります。

 イエス様は、ご自分を良い羊飼いとたとえ、信仰とは、神さまとの交わりであることを教えています。14節、

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」。

羊飼いであるイエス様は、羊である私たちのことを知っており、また羊である私たちはイエス様のことをよく知っているというのです。そして羊飼いは羊を導き、羊は羊飼いについて行くのです。

ここには、救い主であるイエス様とイエス様を信じる私たちのことが、羊飼いと羊の関係にたとえられています。主イエスは羊飼いとして私たちを導き、私たちは羊として、羊飼いなるイエス様について行くのです。ここにはイエス様と私たちとの交わりがあります。信仰とは、イエス様との交わりに生きることです。信仰とは神さまとの交わりに生きることです。

旧約聖書を読めば、信仰とは、神さまとの交わりであることが分かります。ユダヤ人はいつの間にか、信仰を神の戒めを守ることに変えてしまったのです。イエス様は信仰の回復を目指されました。

 イエス様を宣べ伝えた使徒パウロも信仰を交わりと捉えていました。パウロは、信仰者を<キリストに結ばれた者>と表現しています。パウロは、キリストとの交わりに生きる信仰を、<キリストに結ばれて生きる>と表現しています。たとえば、パウロはガラテヤの信徒への手紙の中で書いています。

「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです」(3:26)。

コリント教会宛の手紙の中では、

「わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです」(コリント一15:58)。

 ヨハネは、パウロとは別な表現をします。14節では、お互いに相手のことを知っている、と表現します。あるいは、14章では、

「あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」(14:20)

と語っています。お互いに相手の中にいると表現し、お互いが相手のことを深く受けとめている関係を表しています。

そしてこれを愛し合う関係と表現しています。

「わたしの掟を受け入れ、それを守る人は、わたしを愛する者である。わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛する」。

イエス様は私たちをイエス様との交わりに招いておられるのです。

 信仰を持ちたいと考えるとき、神が本当にいることが分かればいいのにと思うことがあると思います。目の前で奇跡が起きればと願うこともあるかもしれません。でも聖書は

「神さまはいます。あなたとの交わりを求める神さまがいます」

と告げるのです。この神さまが本当にいるかどうか確かめたかったら、神さまとの交わりに入れば良いのです。神さまに願いごとを祈ってみることです。信仰に導いてくださいと祈ることです。仕事や家族のことで願いごとを祈ればよいと思います。神さまはおられるので、何かが起きます。神さまは答えてくださいます。問題はその時です。偶然に起きたのか、それとも神さまが御業をなさってくださったと考えるのか。その時、あなたは

「わたしを信じるか」

と神さまから問われます。そして

「信じます」

との告白に導かれるでしょう。イエス様は良い羊飼いとして、私たちに羊として、羊飼いであるイエス様との交わりに入るように招いておられます。

 イエス様は、

「わたしは良い羊飼いである」

と語ります。イエス様が良い羊飼いであることはどうして分かるのでしょうか。それは、羊のために命を捨てるところにあります。羊のために命を捨てるとは、羊に対する愛を示しています。11〜13節で、雇われて羊を飼っている人は、狼が羊を襲うとき、羊を置き去りにして逃げると書かれています。羊のことを心にかけていないのです。しかしよい羊飼いは、羊を心にかけ、羊を守るために自分の命を犠牲にします。自分の命を犠牲にするので、イエス様が良い羊飼いであることがわかります。

 獣のために自分の命を犠牲にするというのはたとえです。イエス様は実際にはどのようにして自分の命を犠牲にされたのでしょうか。イエス様は十字架で自分の命をささげました。18節でイエス様は、言います。

「だれもわたしから命を奪い取ることはできない。わたしは自分でそれを捨てる」。

イエス様は自分から命を捨てると言われました。そして捕らえられ裁判を受け十字架で処刑されました。イエス様は十字架の死に至るまで、父なる神さまの御心に従って歩まれました。

 このヨハネ福音書には、イエス様の死にどのような意味があるのかは、積極的に語られていません。マタイ、マルコ福音書では、イエス様は十字架の上で叫ばれます。

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」(マルコ15:33)。

罪を犯す人間の代わりに、神の罰、神の怒りを受け、神に見捨てられる死を遂げられたのです。このイエス様の死により、私たちは罪赦される者とされます。でもヨハネ福音書は、イエス様の死の意義について少ししか語りません。たとえば

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。

少ししか語っていませんが、イエス様の死が罪からの救いであることを語っています。

 ヨハネ福音書は、イエス様の死よりも、むしろ復活されたイエス様について語っています。

「わたしは良い羊飼いである」

は、まさに復活されたイエス様が、信じる者たちの良き羊飼いであることを示しています。17節にこうあります。

「わたしは命を、再び受けるために、捨てる」。

これを読んで、えっ、と思います。イエスが命を捨てる目的が、<再び受けるため>とあります。イエス様は、自分が命を再び受けるために命を捨てたとすると、それは、自分のために命を捨てたように思えてしまいます。

 命を捨てるとは、十字架で死ぬことであり、再び受けるとは復活することです。ですから、イエス様は復活して良い羊飼いとなるために、十字架で死なれたと考えることができます。信じる者に永遠の命を与えるために、信じる者が今、永遠の命を与えられて生きるために、つまり神さまとの交わりに生きるために復活され、良い羊飼いとなられました。

 イエス様は、あなたの羊飼いとなるために命を捨てられました。イエス様は、あなたの良き羊飼いとなるために復活されました。イエス様は、あなたの人生を導いてくださる良い羊飼いです。信仰に生きるとは、イエス様を良い羊飼いとすること、この良き羊飼いの導きについて行くことです。救い主であるメシアは、良い羊飼いです。

祈り