人は独りでは生きていけないと多くの人が考えていると思います。そして良き先輩、良き師、良き指導者を得ることは良き人生にとって大切なことであると、誰もが思うと思います。牧師としての自分の歩みを考えるとき、何人かの先輩の牧師との出会いが、今日の私を造り上げています。そして何より私にとっては、イエス様が私の人生を導いてくださる救い主です。

私たちは、自分が直面する問題を何とか自分の力で解決しようとします。神ならぬ私たちは、そこで悩み、苦しみ、疲れ、挫折します。最善の人生は、救い主に導かれる人生です。私はそう信じています。主イエスは、良き羊飼いとして、私たちを導いてくださる救い主です。今日も聖書に聞きましょう。

 今日からヨハネ福音書の10章を読んでいきたいと思います。この10章でイエス様は、羊飼いと羊のたとえを語っておられます。イエス様は誰にこのたとえを語っておられるのでしょうか。6節を読むと、ファリサイ派の人々に語られたことが分かります。

 イエス様は、9章の終わりで、イエス様を信じようとしないファリサイ派の人々に対して、

「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」

と語られました。イエス様は神さまが遣わされた救い主です。ファリサイ派の人々は神を信じていますが、神さまが遣わされた救い主を信じようとはしません。彼らが、神が遣わした救い主を信じないのに神を信じると言い張るところに、あなたがたの罪は残るとイエス様はファリサイ派の人たちに告げました。

 イエス様はさらにファリサイ派の人々に羊飼いと羊のたとえを語るのです。この時、イエス様はどんな気持ちなのか、と思います。イエス様が行った盲人の目を開くという奇跡を見ても、信じようとしないファリサイ派の人々。心の頑なな人たち。イエス様は、信じない人たちは<もう放っておけ>とは考えませんでした。イエス様はなお、ファリサイ派の人たちに語り、ご自身がメシア、救い主であることを伝えようとされました。そして1〜5節を語られました。1節の

「はっきり言っておく」

という表現は、とても大切なことを語るときに、イエス様が用いる表現です。

 ここには羊飼いの日常の光景が描かれています。羊は囲いの中で夜を過ごします。朝になると羊飼いは、羊の名を呼んで囲いから出て羊の群れの先頭に立って歩き、羊を導き、食べ物を与え、水を飲ませます。そして夕方になると戻ってきて、羊を囲いの中に入れます。何の変わり映えのない日常の光景をイエス様は語りました。6節で、ファリサイ派の人々は、イエス様の話が何のことなのか、分からなかったとあります。

<分からなかった>、ここにファリサイ派の人たちがいかなる信仰者であるのかがはっきりします。実は、旧約聖書のイザヤ書、エレミヤ書、エゼキエル書と呼ばれる預言書には、神さまがメシアを羊飼いとして語っているからです。もしファリサイ派の人たちが聖書を知っているなら、イエス様が羊飼いの話をしたとき、これはメシアのことを語っているのではないのか、と気づくことができたのです。それなのに理解できなかったというのです。

イエス様が盲人の目を開いても、安息日に行ったから、安息日の戒めを破っている、と考え、イエス様の働きを認めようとしませんでした。今は、イエス様はメシアの話をしているのにファリサイ派の人々は気づかなかったのです。ご自身をメシアとして語っているのに、ファリサイ派の人々は気づかなかったのです。

では預言者たちはどのように語っているのでしょうか。エゼキエルという預言者がいます。彼は紀元前6世紀の人です。彼が活躍したのは、イスラエルが滅びたときです。そもそもイスラエルという国は、ダビデ、ソロモン王の時に隆盛を誇りました。紀元前10世紀です。やがて国は分裂し、北のイスラエル王国は紀元前8世紀にアッシリア帝国に滅ぼされました。そして紀元前6世紀に南のユダ王国がバビロン帝国に滅ぼされました。この時、イスラエルの人々は、バビロンに捕虜となって連れて行かれました。この時代に預言者エゼキエルは語ったのです。

 エゼキエル書34章2節。エゼキエルは語ります。

「主なる神はこう言われる。災いだ、自分自身を養うイスラエルの牧者たちは。牧者は群れを養うべきではないか」。

イスラエルの指導者・王たちは、民の生活を守ることをしなかったというのです。己れの権力を誇り、神を忘れ、政治を行ったのです。その結果、神の懲らしめとして、国が滅びました。その時、難を逃れるために、国を離れたイスラエルの民もいたのです。またバビロンに連れて行かれた民もいました。

 そこでエゼキエルは神の言葉を語ります。

「見よ、わたしは自ら自分の群れを探し出し、彼らの世話をする。牧者が、自分の羊がちりぢりになっているときに、その群れを探すように、わたしは自分の羊を探す」(34:11〜12)。

さらに神は語ります。

「わたしは彼らを諸国の民の中から連れ出し、諸国から集めて彼らの土地に導く。わたしはイスラエルの山々、谷間、また居住地で彼らを養う。わたしは良い牧草地で彼らを養う。イスラエルの高い山々は彼らの牧場となる。彼らはイスラエルの山々で憩い、良い牧場と肥沃な牧草地で養われる。わたしがわたしの群れを養い、憩わせる、と主なる神は言われる」(34:13〜15)。

神は、諸国に散らされたイスラエルの民を集め、イスラエルに連れ戻し、彼らを養うと言われるのです。さらに

「わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする」(34:16)。

イエス様の働きを思い起こさせます。

 預言者イザヤは語ります。

「主は羊飼いとして群れを養い、御腕をもって集め/小羊をふところに抱く」(40:11)。

預言者エレミヤは語ります。

「わたしはあなたたちに、心にかなう牧者たちを与える」(3:15)。

 もしファリサイ派の人々が神を知り、宗教の指導者であることを誇るなら、預言者たちがメシア、救い主について語ったことを知っていてよいのです。そしてイエス様が、1〜5節で羊と羊飼いの話をしたとき、これはメシアについて語っているのだと気づくことができたのです。イエス様がこのような話をしたこと、それはイエス様がメシア、救い主であることを示しています。ところが彼らは、イエス様が何を語っているのか理解できませんでした。つまり彼らは、聖書に何が書いてあるのか知らないのです。

 彼らは、神さまの戒めは知っていて、それを守ることに熱心だったかもしれません。しかし、神さまがイスラエルを救うためにメシアを遣わすという大切なことは知らなかったのです。彼らはイスラエルの歴史の中で神が何をなさろうとするのか、聖書に書いてあることを知らなかったのです。戒めを守ることだけに関心を示し、神さまがなさろうとすることには無関心だったのです。神さまの戒めは知っていても、神さまのみ心には関心を払わなかったのです。

私たちは、うっかりするとファリサイ派と同じ過ちを犯してしまいます。神さまがこの歴史の中で何をされようとしているのかを知ろうとせず、ただ自分の生活だけに埋没すると同じ過ちを犯してしまいます。日頃から聖書に親しみ、神さまの御心を知ることが大切です。ファリサイ派の人たちの無理解、無知に、イエス様は落胆したかもしれません。それでもなおイエス様は語り続けます。

 9〜10節

「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである」。

<盗人>が具体的に誰のことを指しているのかは分かりません。イエス様は、羊が牧草を与えられ、いのちを受けるためにおいでになったのです。ここで詩篇23篇を思い出す方もおられるのではないでしょうか。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる」。

詩篇23編は、羊飼いなる神さまを信じる幸いを伝えています。

 さらに11節でイエス様は語ります。

「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」。

良い羊飼いは、狼が来て羊を襲うとき、羊を守るために狼と戦います。雇われた羊飼いは狼を見ると逃げますが、羊を守るために命を賭けるのです。羊を心にかけているので、羊を大切にしているので、羊を敵から守るために自分の命を惜しまないのです。イエス様は、十字架にかかり、私たちのために実際に命をお捨てになったのです。

 さらに14節でも、もう一度、わたしは良い羊飼いであると語り、良い羊飼いの別な側面を語ります。

「わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」。

良い羊飼いは羊のことをよく知っておられるのです。羊の群れを見ると、一頭ずつの区別がつくように思えません。しかし良い羊飼いは、羊を見分けることができ、よく知っているというのです。そのように、イエス様は、私たちのことをよく知っておられるのです。

 私たちがどんな状況にあるのか、イエス様はご存知です。私たちは、決して孤独に陥ることはありません。私たちのことをイエス様は、知っておられるのです。取るに足りない私のことも知っておられます。だから私たちは、イエス様に祈ることができます。愚痴を語ることもできるし、不満をぶつけることもできます。どんな願いも祈ることができます。辛い思いを自分の心に溜めこむことなく、イエス様に話すことができます。イエス様との交わりを持つことができます。

 さらに16節。

「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる」。

イエス様の囲いに入っていない羊も、主イエスは導いてくださいます。イエス様が受け入れない羊はいません。どんなに遠くにいる羊もイエス様の視野の中にいます。イエス様の目に隠されている羊はいません。

そして羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになります。このようにイエス様は羊飼いとして羊を養い、導かれるのです。

 このようにイエス様は、羊を養う羊飼いのことを語り、ファリサイ派の人々に気づきを与えようとされました。イエス様がメシア、救い主であることに気づくチャンスをイエス様はお与えになりました。

 私たちもまた、エゼキエルを通して語った神さまの言葉を味わいたいです。

「わたしは彼らのために一人の牧者を起こし、彼らを牧させる。それは、わが僕ダビデである。彼は彼らを養い、その牧者となる。また、主であるわたしが彼らの神となり、わが僕ダビデが彼らの真ん中で君主となる」(34:23〜24)。

 イエス様が生まれる500年も前に、メシア、救い主のことが語られているのです。なぜこのような言葉が語られるのでしょうか。そこにはドラマがあります。神さまとイスラエルの物語です。それは興味深い物語です。人間を救おうとする神のドラマです。この物語は、私たちに信仰のことを教えてくれます。神さまが憐れみと慈しみに富む方であることを教えます。この神を信じる人はいかに生きるかを教えます。神に背いた人を神は忍耐強く悔い改めるのを待っておられることを教えます。信仰に生きるように、私たちを招いています。

 ファリサイ派の人たちは、神を信じていたかもしれませんが、結局、神さまのことを知らなかったのです。そのために救い主に出会い、救いの恵みを受け取ることができませんでした。残念なことです。

 イエス様は良い羊飼いです。あなたの絶対的な味方です。あなたを守るために命を捨てるほどに、あなたの味方です。あなたのことをよく知っていてくださる方です。あなたに関心を持ってくださいます。さらにあなたを愛し、あなたのことを心にかけてくださる羊飼いです。あなたのために、あなたを導いてくださる救い主、メシアです。そしてあなたがイエス様の声を聞き分け、イエス様に従うことを喜んでくださるお方です。

祈り