今日は礼拝後、昨年の1月から3月に亡くなった方たちを覚える時を持ちます。私は来年の1月で70歳になります。この年になれば、いつ亡くなってもおかしくありません。私は自分の死を意識していますし、同時に信仰者の希望を思いめぐらします。今年は折あるごとに神の国がどんなところであるのかを聖書に聞き、語りたいと思っています。そこで今日は、記念会ですので、神の国について、聖書に聞いてみたいと思います。今日はヨハネ福音書の14章から聞いてみたいと思います。今日の聖書には、

「わたしの父の家には住むところがたくさんある」

と書かれています。ここでは、私たちは地上の歩みを終えた後、父の家に住むことになると書かれています。私たちには、天に住む場所が用意されているのです。そこはどんなところなのでしょうか。今日も聖書に聞きたいと思います。

 1節。イエス様は弟子たちに語ります。

「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」。

弟子たちは心を騒がせています。弟子たちは不安や心配で動揺しています。どうしたのでしょうか。何があったのでしょうか。

 13章を振り返ります。今、イエス様は弟子たちと一緒に食事をしています。13章1節にこうあります。

「さて、過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」。

イエスは自分が世を去るときが近づいたことを悟られたのです。でも弟子たちはそのことを知りません。まだイエス様と共に活動すると思っています。するとイエス様は、弟子たちに告げられます。

「はっきり言っておく。あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている」(13:21)。

弟子たちの中の一人がイエス様を裏切ろうとしていると告げるのです。

 それだけではありません。

「いましばらく、私はあなたがたと共にいる」

とイエス様は語りますが、

「わたしが行くところにあなたがたは来ることができない」(13:33)

と語ります。イエス様は、弟子たちが来ることのできないところへ行くというのです。弟子たちはイエス様と分かれなければならなくなります。自分たちはこれからどうなるのだろうと不安になります。イエス様がどこか弟子たちの知らないところに行き、弟子たちは取り残されてしまうのです。

 さらにペトロが、36節で

「主よ、どこに行かれるのですか」

と問います。するとイエス様は、

「わたしの行く所に、あなたは今ついて来ることはできないが、後でついて来ることになる」。

<後でついて行くことになる>、何か不吉な予感もします。

 ペトロはさらに言います。

「主よ、なぜ今ついて行けないのですか。あなたのためなら命を捨てます」。

するとイエス様は、答えます。

「わたしのために命を捨てると言うのか。はっきり言っておく。鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう」。

一体何が起きるのでしょうか。イエス様はどこに行かれるのでしょうか。ペトロはイエス様のことを<知らない>と言って、イエス様を裏切るというし、弟子たちはパニックに陥ったのです。

 旧約聖書にも、信仰者が不安に陥ることが書かれています。

「神が御顔を隠される」

のです。たとえば、こんな言葉があります。

「その日、必ずわたしの顔を隠す。彼らが他の神々に向かうことにより行ったすべての悪のゆえである」(申命記31:18)。

イスラエルの民が偶像礼拝に走ったので、神さまが、顔を隠すと言われます。つまり神さまは、イスラエルの民に対して、姿を隠し、イスラエルの民が助けを求めても、祈っても、応じないというのです。あるいはこんな言葉があります。

「神はわたしをお忘れになった。御顔を隠し、永久に顧みてくださらない」(詩篇10:11)。

自分が神に忘れられてしまう、これは恐ろしいことです。イエス様の弟子たちは、イエス様に見捨てられ、置いてきぼりにされるような不安を覚えたのです。

 そこでイエス様は、ご自分がどこへ行くのかを話されます。

「わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか」。

イエス様は、父の家に行くというのです。何のために行くかと言えば、あなたがたのために場所を用意するため、とあります。イエス様は弟子たちのために父の家に住む場所を用意しに行く、というのです。

 イエス様は、イエス様を信じる者たちのために、神の国に<住む場所>を用意しに行くというのです。そして用意が終わったら、戻ってくると語ります。イエス様が弟子たちと離ればなれになるのは、少しの間だけなんだ、とイエス様はおっしゃるわけです。

 ヨハネ福音書には、救い主の誕生物語はありません。イエス様はこう語ります。

「わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く」(16:28)。

イエス様は神のもとからこの世界に来られ、そして神のもとにお帰りになります。神のもとに帰ることについて、それは、住む場所を用意するため、とあります。父の家に住む場所を用意するというのは、信仰者が神の国に迎えられることをたとえています。たとえですが、神の国に迎えられるとは、天の父の家の中に住む場所を与えられて住むことなんだ、というイメージを私たちは描くことができます。イメージを描くとき、神の国の希望が生き生きとしたものになります。

 イエス様が、住む場所を用意するとは、十字架の上で死に、復活することを意味しています。救いの業を成し遂げるということです。イエス様は救いの業を成し遂げて父なる神のもとに帰ります。父なる神のもとに帰って、救いの御業を成し遂げることになります。

 でもそれですべてが終わるわけではありません。その救いをすべての人に伝える働きが始まります。そのためにイエス様は、もう一度この世界に戻ってくるのです。18〜19節にこうあります。

「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る」。

 イエス様が戻ってくるとは、聖霊が弟子たちに降ることを意味しています。イエス様は、聖霊として弟子たちのもとに戻ってくるというのです。だから、心を騒がせるな、信じなさいと弟子たちを励ましています。これを読んで私たちも、神の国に私たちの居場所があるのだと教えられます。聖霊が与えられた弟子たちはやがて、イエス様を世界中に宣べ伝え始めます。

 ところがイエス様は、弟子たちの信仰を試すかのように語ります。

「わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている」。

<その道を知っている>というのです。イエス様が父なる神さまのもとへ行くことは弟子たちも分かったでしょう。しかし、神さまのもとへ行く<道>があり、その道を弟子たちは知っているはずだ、とイエス様は語るのです。

 信仰者が亡くなった時、私たちは、神さまのもとに召されましたといいます。つまり神さまのもとに行ったと考えるわけです。そしてイエス様は、神さまのもとへ行くには道がある、というのです。

 弟子のトマスは、

「分かりません」

と答えます。神の国に行くには、一つの道を通らなければならないのです。その道を通らずに、神さまのもとに行くことはできないとイエス様はおっしゃるのです。では、その道とは何でしょうか。

 イエス様は語られます。6節、

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(6節)。

イエス様ご自身が道であり、この道を通って父なる神のもとに行くことができる、というのです。

 それは端的に、イエス様を信じるということです。イエス様の十字架の死と復活を信じる、それが神のもとに行く道なのです。イエス様は10章でこうも語っています。

「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる」。

ですから、まず第一に、イエス様を信じることが父なる神のもとへ行く道の始まりとなります。

 イエス様は

「わたしは良い羊飼いである」

と語られたことがあります。そしてイエス様の羊は、羊飼いであるイエス様の声を聞き分け、羊飼いであるイエス様に従う、というのです。それ故、道であるイエス様を通って父なる神のもとへ行くということは、イエス様に従って生きることを意味します。

 教会学校で歌う讃美歌に<しゅいえすのみちを>があります。

「主イエスの道を歩こう まっすぐに。真理の道を 歩こう まよわずに。主イエスは、道です、真理です、命です。命の道を歩こう 終わりまで」。

救い主イエス様を信じ、主イエスの道を歩いて、私たちは父なる神さまのもとにたどり着きます。

 そして私たちは父の家に住むことになります。父の家に住むとはどういうことなのでしょうか。神の国はどんなところか、ヒントを探ります。先ほど、父なる神のもとに帰った後、また戻ってくるとイエス様がおっしゃったことを紹介しました。14章の18節です。

「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る」。

3節では、

「行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える。こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる」。

 あるいは20節では

「かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」(20節)。

<かの日>とは、イエス様が聖霊として戻ってくる日のことです。この時、<あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいる>という特徴ある表現がなされています。この表現は、ヨハネ福音書、ヨハネの手紙に繰り返し表れる表現です。

 14章10節には、

「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか」

とあります。お互いに相手の中にいるというのです。イエス様と父なる神さまが、お互いに相手のうちにいるのです。そして、私とイエス様が、お互いに相手のうちにいるというのです。

 ここには一体性が表現されています。ぶどうの木のたとえで、イエス様は、

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

と語られ、私たちとイエス様との一体性を語っておられます。

 ルカ福音書に放蕩息子のたとえがあります。あのたとえで、家出をして生きることに行き詰まった息子は父の家に戻ることを決意し帰ります。すると父は、無条件に、何も言わずに彼を受け入れ、歓迎します。帰ってきた息子は父の家で、父と共に生活を始めます。彼は、父と共にあることに幸いを見いだす人となりました。

 イエス様も、わたしは父のもとからこの世界に来て、また父のもとに戻ると語られます。父のもとにいる、それがイエス様の存在の特徴でした。つまり、神の国とはいかなるところか、そこで何が行われているのか、との問いに対して答えるなら、そこは、神と私たち信仰者が一つであることを喜び、幸いとするところと言えるのではないかと思います。

 あなたの幸せは何ですかと問われて、

「家族と一緒にいることです」

と答える人がいます。

「家族と一緒に食事をすることです」

と答える方もおられます。家族が一緒、家族が一つとなっている、そこに幸せを見いだす人がいるのです。その幸せは本当の幸せだと思います。

 今日の聖書は、神の国の幸いとは、私たちが神と共におり、神が私たちと共にいてくださることだと教えているように思います。それ故、今この世にあって、神と共に歩むことに喜びを覚える歩みこそ、神の国に迎えられるのにふさわしい歩みです。父なる神のもとへ行く道です。三人の方々が、この道を通って、天におられる父なる神さまのもとへ行かれました。

祈り