先日、石川地区の教師会がありました。昼食後、まだ午後の部が始まる前、あちこちで雑談がなされていましたが、その時、聞こえてきた言葉があります。

「いつも喜んでいなさい。なかなかできないですよ」。

比較的若い先生の声でした。聖書には、

「いつも喜んでいなさい」

とのパウロの言葉があります。聖書には、不可能なことが書かれているわけではありません。

「いつも喜びなさい」

と本気で命じられているのです。いつも喜べる信仰者になる、その若い牧師の課題だなと思いました。

 ヨハネ福音書には、イエス様を信じる人は永遠の命が与えられるとの約束があります。イエス様を信じた人はすでに永遠の命を与えられています。それでは、永遠の命とは何でしょうか。イエス様ご自身が語っておられます。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」。

唯一のまことの神と、その神がお遣わしになったイエス・キリストを知ることだというのです。

簡単な言い方をするなら、唯一のまことの神が、その神がお遣わしになったイエス・キリストが、いつもあなたと共にいることを知ること、それが永遠の命だというのです。永遠の命をいただいている人は、神さまが共におられることを信じて生きています。神さまが共にいてくださるとの確信にいつも生きているのです。そしてこの確信に生きる人は、いつも喜んでいるのです。神さまが共にいてくださることを喜ぶので、いつも喜んでいることができるのです。

いつも喜んでいなさいとの命令、それはいつも神さまと共に歩みなさいとの命令です。イエス様を信じることについて、聖書に聞きたいと思います。

 9章は、イエス様が生まれつき盲人の目を開くという奇跡を行ったことを語ります。そしてこのような奇跡を行う人とは、一体どういう人なのかという議論が起きます。目が見えるようになった人は、こう述べました。

「生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」(9:32)。

彼は、イエス様が神のもとから来られたと信じました。そしてそのことを証ししています。

 しかしユダヤ人たちはイエス様のことを、罪を犯していると見なします。仕事を休むべき日である安息日に、仕事をしたというのです。盲人の目を見えるようにしたのは、労働に当たるというのです。それゆえイエス様が神に遣わされた人物とは信じませんでした。ユダヤ人たちは、目が見えるようになった盲人を外へ追い出したとあります。

このことを聞いたイエス様は、盲人であった人を探します。探し当てたとき、イエス様は言われます。

「あなたは人の子を信じるか」。

イエス様はご自分のことを<人の子>と語ります。ヨハネ福音書では、イエス様はよく、<人の子>という言葉を用いています。盲人であった人は、今は目が見えています。自分に語りかけているのが、

「シロアムの池に行って洗いなさい」

と言った人であると気づいたのではないかと思います。

目の前にいる人が言います。

「あなたは人の子を信じるか」。

でも<人の子>と言われても、彼には何のことだか分かりません。そこで彼は言います。

「主よ、その方はどんな人ですか。その方を信じたいのですが」(36節)。

するとイエス様は、

「あなたと話しているのが、その人だ」

と答えます。すると彼は、

「主よ、信じます」

と言って、イエス様の前にひざまずきました。

 彼は

「信じます」

と言いました。この彼の言葉には考えさせるものがあります。つまり信仰とは何か、ということです。そもそも彼は、イエス様について何を知っていたのでしょうか。彼が知っているのは、イエス様が自分の目を見えるようにしたことだけです。そしてイエス様が、神のもとから来た人であると理解していることです。それ以外は何も知りません。それなのに

「あなたを信じる」

と言ったのです。彼にとって信じるとは、イエス様について何事かを信じるというよりも、イエス様ご自身を信頼するということです。この方に信頼して生きていきたい、彼はそう思って、

「主よ、信じます」

と答えたのです。

 

「信じます」。

これは信仰の決断です。イエス様に<信頼して生きる>との決断の表明です。彼は自分が信じるイエス様についての知識はあまりありません。しかし、信じる決断をしました。つまり信仰とは、信じる対象についての<知識を持つこと>ではありません。

彼はイエス様についての知識はあまりありません。その知識の少なさは、

「信じます」

との決断の妨げにはなりません。信仰とは、イエス様と共に生きていくとの決断です。信仰とは、神さまと共に生きていくとの決断です。イエス様についての知識は、信仰生活をする中で、豊かにされていきます。いや、信仰生活の中で、イエス様を知るようになっていきます。信仰生活の中で、神さまを知るようになっていきます。

 信仰生活は結婚生活と似ています。私たちが誰かと結婚する決断をするとき、相手のことをどれほど知っていたのでしょうか。相手のことを十分知っていたから、結婚するとの決断をしたのでしょうか。相手に対する知識は十分ではないかも知れないのに、結婚してもいい、結婚しようと決断したと思います。相手をさらに知るのは、一緒に生活をするようになってからです。信仰も同じです。

 決断は始まりです。結婚しよう、との決断から結婚生活が始まります。信仰の決断をして、信仰生活が始まります。信仰の決断は、神と共に、イエス様と共に生きていくとの決断です。信じてみたいと思ったら、その時は決断の時です。神さまがあなたを導かれた結果です。

 このヨハネ福音書が書かれたのは、これを読んだ人がイエス様は神の子であると信じるため、信じて永遠の命を受けるため、と20章の最後に書かれています。このヨハネ福音書を最初に読んだ人たちは、イエス様の活動を自分の目で見たわけではありません。彼らは、伝道者がイエス様について語るのを聞いたり、あるいはヨハネ福音書を読んだりして信仰に入ったのです。

 私たちも同じです。私たちも直接イエス様を見たわけでもなく、イエス様の声を直接聞いたわけでもありません。しかし、聖書という書物があります。

私は聖書を読んでいて、なぜこのような書物が存在するようになったのか、そして多くの人を生かしてきたこの書物の不思議さを思います。この書物の存在は、神がおられることを証ししていると思います。さらにはイエス様を信じる人たちが周囲にいます。私たちが信頼できると思える人たちが信じています。そして世界中の教会の礼拝で、説教がなされている、これもまた不思議であり、まことの神さまがおられることを示していると思わされます。

私たちはイエス様の奇跡を直接見ることはできませんが、聖書の存在、信仰者の存在、キリストを宣べ伝える教会の存在は、イエス様を信じるように私たちを招いているのではないでしょうか。

 もと盲人は、イエス様を信じました。しかしユダヤ人たちは信じませんでした。彼らはイエスの行った奇跡と直面しました。イエス様と直接話し合ったのです。しかし彼らは、イエス様を信じませんでした。主イエスと出会う人は、イエス様を信じるか、信じないか、どちらかに分けられます。

 

「わたしがこの世に来たのは、裁くためである」(39節)。

イエス様に直面し、人は二つに分けられるのです。信じる者となるか、ならないかに分けられます。しかも自分で、信じるか信じないかの決断をして、分けられます。そして私たちも、礼拝で説教を聞く中で、信じる者となるか、信じないで教会の礼拝から遠ざかるようになるか、どちらかになります。

 この福音書の3章16節にはこう書かれています。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

イエス様を信じる人は永遠の命を得ること、滅びることがないことが約束されています。イエス様を信じない人は、滅びる可能性のあることが分かります。それ故、私たちは心して、聖書を読み、説教を聞き、信頼できる人が信仰に生きている現実を考える必要があります。

 39節。イエス様はおっしゃいました。

「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」

生まれつきの盲人は、見えるようになりました。彼は、肉眼が見えるようになっただけではなく、心の目も見えるようになり、イエス様が救い主であることが分かりました。

 そしてユダヤ人たちが言います。

「我々も見えないということか」。

ギリシャ語の原文では、

「我々は盲人ということか」

となっています。彼らは目が見えます。でもイエス様は、彼らは<見えない>と言います。イエス様は、肉眼のことを述べているのではなく、心の目について語っています。

 ユダヤ人たちは、自分たちは神を知っている、信じていると言っています。でも、神さまが遣わしたイエス様を彼らは認めません。彼らは、神を信じているつもりになっていますが、実際には神を知らないのです。イエス様をお遣わしになる神を知ろうともしていないのです。彼らの心は閉ざされています。神さまに対して開かれていません。神を知っていると主張しながら、心を閉ざしているのです。それ故、イエス様は、ユダヤ人たちは、盲人であると語ったのです。

 私たちは以前は、目が見えない者でした。神さまを知らずに生きていました。しかし信仰へ導かれ、神を知り、イエス様を知る者とされました。目が見える者とされました。私たちは、聖書に対して、礼拝で語られる説教に対して、信仰の友の証しに対して心を開く者でありたいと思います。

 目が見えるようにされた人は何を見るのでしょうか。何よりも神さまの言葉に対して目が開かれます。聖書が神さまの言葉であると知らされます。そして神さまの言葉によって生きるようにされます。

 イエス様は

「人は新たに生まれなければ、神の国に入ることができない」(3:3)

とおっしゃいました。目が見えるようにされた人は、自分を新しく生まれさせてくださったイエス様を知ります。

イエス様は15章のぶどうの木のたとえの中で語ります。

「わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている」(15:3)。

私たちはイエス様の言葉によって罪から清められたというのです。私たちが自分心の欲するままに生きるのではなく、イエス様の言葉、神さまの言葉によって生きるとき、私たちは罪から清められているのです。私たちは新しい人として、生まれ変わった人として生きています。

 イエス様は

「わたしが与える水を飲む者は、決して渇かない」(4:14)

と言われ、また

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は、決して飢えることがなく、わたしを信じる者は、決して渇くことがない」(6:35)

とも話されました。目が見えるようにされた人は、自分を決して飢え渇かない者としてくださったイエス様を知ります。神さまの言葉に生きる時、物事がうまく行こうと、行くまいと、自分が神の子として、神の御手の中で生きていることを知り、心は満たされるのです。

 イエス様はおっしゃいます。

「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな」(14:27)。

目が見えるようにされた人は、自分を神の子として下さったイエス様を知ります。そして神の子とされた平安をいただきます。神の子とされた私は、たとい不安や恐れ、心配に捕らわれたとしても、神の子とされて生きる平安を味わいます。私はもはや恐れの奴隷ではなく、神さまの子です。

 イエス様はおっしゃいます。

「わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」(16:22)。

目が見えるようにされた人は、復活されたイエス様が共にいてくださることを知り、いつでも、どこでも、何があっても喜ぶことができます。目が見えるようにされた人は、イエス様が共にいてくださることを喜びます。

 私たちを救ってくださった神さまをたたえます。私たちを救うために命を投げ出して下さったイエス様をほめたたえます。み言葉を与えてくださった神さまにとこしえに栄光がありますように。

祈り