今日の聖書で、イエスは生まれつき盲人の目を見えるようにしています。聖書には、イエス様がなされる奇跡物語がいくつも書かれています。現代人からすれば、奇跡なんて信じられません。奇跡を論じることは愚かに見えるかもしれません。しかし、そもそも神とは人間の思いを越えた方、人間の理解を越えた方です。聖書は、神は全能の神であると告げます。つまり神にはできないことは何もありません。できないことがあるとするなら、それは神と呼ぶにふさわしくありません。それ故、神を信じるなら、奇跡を信じるのが自然なのです。今日は奇跡物語ですが、奇跡を取り扱うからと言って、心を閉ざさないようにお願いします。私たちは神について考えているのですから。

 今日の奇跡物語を読んで、生きる力を得た方が少なくないのです。この奇跡物語に出会うと、考え方が転換し、生きる希望を見いだすのです。どうしてでしょうか。

弟子たちがイエス様に尋ねます。

「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか」。

弟子たちは、この盲人が生まれつき目が見えない原因を罪に見ています。

ここには因果応報の考えがあります。当時のユダヤ教の人たちは、このように考えていたのです。この因果応報の考え方のために苦しんた人が聖書に登場するヨブです。彼は、災難のために子供が皆亡くなり、また財産をすべて失いました。さらには彼自身病気になり苦しみます。すると彼の友人は、その原因はヨブが犯した罪にあると語り、ヨブに罪を認めるように、悔い改めるように忠告します。ヨブには思い当たることがなく、なぜ自分が苦しみに遭わなくてはならないのか、苦しみます。この因果応報の考え方は人を苦しめるのです。

 それに対してイエス様が答えます。

「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである」。

<神の業が現れるため>とイエス様は答えたのです。聞いたことのない答えです。

 自分はなぜ障がいを持つのだろうと苦しむ方がいます。それは罪のせいではないか、と無言で告げる他者の視線に苦しみます。体に障がいを持つ方たちが今日の聖書を読んだとき、自分の障がいは、神の業が現れるためであると知るとき、希望を持つのです。励ましを受けるのです。

障がいだけでなく、試練、苦難に遭うとき、人は何でこのような目に遭うのかと苦しみます。このような苦しみに遭うほどの罪を犯した覚えはないのにと考えるからです。因果応報の考えを自分自身に向けてしまいます。でも、神の業が現れるため、と知らされるとき、希望が、力が与えられるのです。今日の聖書は、苦しんでいる人に励まし、力を与えてきました。

 

「イエスは地面に唾をし、唾で土をこねてその人の目にお塗りになった」。

そしてイエス様は盲人に言います。

「シロアムの池に行って洗いなさい」。

この時、盲人はどうしたのでしょうか。

<目の見えないわたしに向かって、シロアムの池に行きなさい、とお命じになるのですか。無理です。私は目が見えないんですよ>と文句を言ったのでしょうか。目の見えないこの盲人がどのようにしてシロアムの池に行ったのかは分かりません。でも彼は、イエス様のおっしゃった通りに行動したのです。彼は、イエス様の命令に従ったのです。そして目が見えるようになったのです。

 イエス様のいやしの物語を読むと、似たようなことが書かれています。ヨハネ福音書の5章には、38年間も病気で苦しんでいる人がいました。イエス様は彼に

「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」

と命じました。この病人は<無理です、できません>とは言わず、従ったのです。この人が起き上がろうとしたとき、起き上がることができました。イエス様の命令に従うと、何かが起きるのです。

 私たちは、

「人を赦しなさい」

「自分を愛するように隣人を愛しなさい」

「してほしいと思うことを人にしなさい」

とか、色々な命令を聖書から聞きます。神さまが私たちにお命じになっているのです。私たちは案外、神さまの命令に無頓着なのです。聖書を読んでいて

「互いに愛し合いなさい」

と書いてあるのを読んだとき、あなたはどうしますか。そのまま、読み過ごしていないでしょうか。ああ、聖書に書かれている教えなんだと知識として覚え、それですませていないでしょうか。

 盲人は、主イエスの命令に従ったとき、目が見えるようになりました。主イエスの命令に従うとき、私たちの中で、何かが起きるのです。神の業が起きるのです。私はそう信じています。何が起きるのでしょうか。神さまを敬う心が成長します。聖書の言葉を神の言葉と信じる心が養われます。イエス様の言葉に従う喜びを経験します。少しずつ、イエス様に似たものと変えられていきます。

 今日の説教の中心は、4〜5節です。

「わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」。

これを読んで私は、違和感を感じます。<わたしたち>と<わたし>が並んでいるからです。この<わたしたち>を<わたし>に置き換えると、

「わたしは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」

となります。とても自然な文章になります。イエス様はこれまで、ご自分を遣わされた方が語れと命じたことを語り、ご自分を遣わされた方がせよ、と命じられたことをしてきたと繰り返し話してきました。ですから、

「わたしは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」

と言って盲人の目を見えるようにするなら、自然な感じです。

でも

「わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」

となると<わたしたち>ってだれのこと?と疑問が湧きます。イエス様と弟子たちのことでしょうか。そうだとすると、なぜ、ここでイエス様は弟子たちを含めて<わたしたち>というのか理由が分かりません。弟子たちはイエス様がすることを見ていることしかできないのです。

 ヨハネ福音書には、他の福音書にない特徴があります。マタイ、マルコ、ルカ福音書は、イエス様の活動を描いています。そこには、福音書を書いている著者マタイ、マルコ、ルカは登場しません。しかしヨハネ福音書には著者ヨハネが登場するのです。

 たとえば、1章14節。

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た」。

この<わたしたち>って誰のことでしょうか。16節。

「わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた」。

この<わたしたち>は、この福音書の著者ヨハネと、ヨハネと同じ教会に属する人たちを指しています。<わたしたち>が見たイエス様の栄光、<わたしたち>がイエス様から与えられた恵みをヨハネは、描こうとしているのです。

 ですから、この4節は、二つの意味があります。まず、イエス様ご自身のこととして、

「わたしは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」

となります。そしてイエス様は、この盲人の目を開き、この盲人の上に神の業をもたらすのです。

そしてもう一つの意味は、<わたしたち>つまりイエス様を信じる者たち、あるいはイエス様を信じる教会もまた、イエス様をお遣わしになった方の業を行うとの意味です。イエス様は14章12節で語っています。

「はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる」。

びっくり・ぽん、です。この<わたしたち>には金沢元町教会、そしてこの教会に属する一人一人も含まれています。

 この<わたしたち>には復活された主イエスが共にいてくださいます。主イエスが共にいてくださるヨハネたち、ヨハネの教会も、主イエスをお遣わしになった父なる神の業を行います。そして、私たち金沢元町教会も、そして教会に属するあなたがたも、父なる神の業を行います。父なる神の業とは、見えない者が見えるようになることです。

 今日の聖書では、盲人が見えるようになる奇跡が語られています。ヨハネ福音書は、霊的な事柄を語っていることを心に留めることが大切です。3章では、イエス様はニコデモに<新しく生まれる>ことをお話になりました。その時ニコデモは、大人になった自分が母親の胎の中に入って生まれ変わるなんて不可能だと言って、新しく生まれることがどういうことなのか理解できないでいました。4章では、サマリアの女性が井戸に水を汲みに来ました。イエス様は彼女に

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」

と語ります。すると女性は、井戸に水汲みに来なくていいように、その水をくださいと語ります。イエス様が与える水とは、文字通りの水ではありません。7章を見ると、それは聖霊であることが分かります。イエス様は、霊的な事柄、神に属する事柄を語っておられるのです。

 9章で、盲人が見えるようになったという奇跡は、霊的な意味があります。つまりイエス様がメシア、救い主であることが分からない人が、わかるようになる、つまりイエス様を信じるようになるということです。イエス様は、38年間病気で苦しんでいる人をいやしました。あるいは生まれつき盲人の目を見えるようにしました。このような奇跡を行うイエス様とは一体誰なのか、ということです。

 この9章にもユダヤ人たちが登場します。彼らは、生まれつき盲人の人の目が見えるようになったことを知っています。しかし、イエス様が盲人の目を見えるようにしたのは安息日なのです。そこでイエス様のことを

「安息日を守らないから、神のもとから来た者ではない」

と判断します。

目が開かれたもと盲人は、こう言うのです。

「生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」。

元盲人と、ユダヤ人、どちらが見えているのでしょうか。どちらが神の業を見ているのでしょうか。どちらが、神が遣わされたメシアを見ているのでしょうか。

 この盲人は、イエス様によって目が見えるようになっただけではありません。神の業を認めることができるようになったのです。そうです、心の目も開かれたのです。心の目を開かれた人は、イエス様がメシア、救い主であることが分かるのです。イエス様が、父なる神さまから遣わされておいでになったことが分かるのです。

 4節の

「わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない」

、および5節の

「わたしは、世にいる間、世の光である」

、これらは共に、この地上でのイエス様の活動時間が限られていることを示しています。やがてイエス様は、十字架の上で殺されてしまうからです。

 4節の<わたしたち>は、ヨハネとその教会、あるいは、代々の教会、そして金沢元町教会と信徒たちを意味します。代々の教会は、イエス・キリストを宣べ伝えてきました。言い換えると、イエス様がまことの救い主であることが分からない人たちの目を開いてきたのです。目が開かれた人は、イエス様が救い主であることを信じたのです。

コリント教会あての手紙でパウロはこのように述べています。

「この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし、神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光が見えないようにしたのです」。

さらにエフェソの信徒への手紙の中でパウロは祈っています。

「どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように」。

 そして、私たちも神さまに用いられるのです。世の人々の目が見えるようになるように、つまり、世の人々がイエス様を信じるようになるように、神さまは<わたしたち>をお用いになります。私たちの目が開かれると、イエス様が救い主であることが分かり、イエス様を信じます。

目が開かれた者として、私は確信を持って語りたいと思いますが、目が開かれるとは、聖書が神の言葉であると信じ、神の言葉によって生きることです。詩篇119:105の言葉を自分の告白することです。

「あなたのみ言葉は、わたしの道の光、わたしの歩みを照らす灯」。

 最後に4節。

「だれも働くことのできない夜が来る」。

夜が来たら、誰も働くことができないと言います。昼の間に伝えるのです。昼の間に、信じるのです。夜が来る前に伝えるのです。夜が来る前に信じるのです。

「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(コリント二6:2)。

今こそ、イエス様を伝えるときです。今こそ、イエス様を信じるときです。

祈り