イエス様がエルサレム神殿の境内で人々に教える中で、ユダヤ人たちとの議論がなされています。7〜8章にかけてその議論が書かれています。登場するユダヤ人たちはイエスの語ることを信じようとはしません。今日の箇所は、その議論の最後の部分です。ユダヤ人たちの信じようとしない態度を反面教師として学び、イエス様を信じるとはどういうことかを学びたいと思います。

 ユダヤ人たちはイエス様のことを

「あなたはサマリア人で悪霊に取りつかれている」

と非難します。ユダヤ人はサマリア人を軽蔑していました。イエス様は

「わたしは悪霊に取りつかれていない」

ときっぱりその非難を否定します。そして51節で大切なことを語ります。

「はっきり言っておく。わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない」。

ヨハネ福音書に時々出てくる、この<はっきり言っておく>という表現は話し相手に、イエス様がこれから大事なことを語るので、心して聞くことを求める表現です。その大切なこととは、<わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない>ということです。イエス様は、以前、エルサレム神殿に来たときも同じことを語っています。

「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている」(5:24)。

あるいはイエス様が死んだラザロを生き返らせる直前に語ります。

「わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」(11:25)。

 このイエスの言葉を聞いたユダヤ人たちは言います。52節。

「あなたが悪霊に取りつかれていることが、今はっきりした。アブラハムは死んだし、預言者たちも死んだ。ところが、あなたは、『わたしの言葉を守るなら、その人は決して死を味わうことがない』と言う」。

人は皆死ぬのに、<私の言葉を守る人は、決して死ぬことがない>などというのは、正気の沙汰ではない、と言うのです。あなたは悪霊に取りつかれているとユダヤ人たちは非難したのです。

さらにイエス様が<わたしの言葉を守る>なら、その人は決して死ぬことがないと語られました。<わたしの言葉を守るなら>という言葉を聞いて、ユダヤ人たちは、イエス様に

「あなたは自分を何者だと思っているのか」

と咎めます。思い上がるのもはなはだしいとの非難です。

 あるいは56節でイエス様は言います。

「あなたたちの父アブラハムは、わたしの日を見るのを楽しみにしていた。そして、それを見て、喜んだのである」。

父とありますが、アブラハムは、遙か昔の人です。イスラエル民族の先祖と言われる人です。そのアブラハムは、イエス様の活動を見るのを楽しみにしていた、とイエス様は語ります。そこでまたユダヤ人たちはイエスを非難します。昔の人であるアブラハムが、イエスを見て喜んだというのもおかしな話しだ、何を寝ぼけたことを語っているのだ、とユダヤ人たちはイエスを非難しました。

 私たちはここで、イエス様は神に属することを語られていることを知るべきです。神に関することですから、人間が理解できるとは限らないということです。そもそも神がおられることだって、だれもが理解できることではありません。ある人は神などいない、と神の存在を否定します。神に属する事柄というのは、理性で納得できる事柄とは限りません。

ヨハネ福音書3章ではイエス様は、ニコデモという人に

「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」。

ここでも<はっきり言っておく>とイエス様は言います。そして<人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない>と語るわけですが、ニコデモが言います。

「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか」。

 神に属する事柄を、私たちは霊的な事柄と言うこともあります。イエス様が霊的な事柄を語るとき、人はそれを誤解してしまうのです。<人が新たに生まれる>とは、その人が変えられることを意味します。イエス様を信じる者になることを意味します。でもニコデモは、<新たに生まれる>ことを、母親のからだからもう一度生まれることと勘違いしました。

あるいは井戸に水汲みに来た女性に対して、イエス様は、

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」

とおっしゃいました。そこでその女性は、もう井戸に水を汲みに来なくてすむようにその水をくださいとイエス様に語ります。イエス様が与える水とは、文字通りの水ではありません。イエス様を信じる人は、心の飢え渇きを覚えないとの言葉です。神に属する事柄、霊的な事柄です。

 イエス様の話を聞いたユダヤ人たちは、イエス様が神に属する事柄、霊的な事柄を語っていることが理解できません。58節でイエス様は告げます。

「はっきり言っておく。アブラハムが生まれる前から、『わたしはある。』」。

この<わたしはある>という表現は、神さまが義自身を語るときに用いる表現なのです。<わたしは全能の神である><わたしは主である>。ですから、イエス様がこの<わたしはある>と語るとき、それはイエス様が神に等しい存在であると語っていることになります。自分を神と等しい存在とイエスが語るので、ユダヤ人たちは、イエス様のことを神を冒とくする者と見做し、殺そうとします。神を冒とくする者は、死罪に当たると神の掟にあるからです。

アブラハムが生まれる以前から、言い換えるとイエス様は神さまが世界を創造する前から、存在しているのです。

「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(1:1)

 結局ユダヤ人たちは、イエス様が語る事柄を理解しようとせず、表面的におかしいと言って、イエスを非難したのです。私たちは、聖書が語っている事柄に対して、心を開くことが大切なんです。分からないからと言って心を閉ざさず、聖書が語る事柄には意味があり、それを理解しようとする態度、心の開かれた態度が大切です。神さまを信じるとは、神さまに対して開かれた心を持つことです。

 すでに31節でイエス様は教えました。

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」。

これを聞いたユダヤ人たちは、イエス様の言葉を表面的に受けとめ、私たちは奴隷になったことがありませんと抗議します。ユダヤ人たちの心は、神さまに対して閉じており、イエス様の語ること、イエス様を信じることができませんでした。

 55節でイエス様は

「あなたたちはその方を知らないが、わたしは知っている」

と語ります。<その方>とは、神さまのことです。イエス様は神を信じているユダヤ人に対して、あなたがたは神を知らない、と告げたのです。ユダヤ人たちはこれを聞いて侮辱されたと感じたでしょう。反発を感じたことと思います。

しかし、大切なことがあります。私たちは、自分から神さまのことを知ることができないことです。神さまが、ご自分のことを私たちに教えてくださったとき、私たちは神さまのことを知ることができます。ですから、自分は神さまのことが分かっていると思うことはとんでもないこと、傲慢なことであることが分かります。ユダヤ人たちは傲慢に陥っていました。

 イエス様が病人をいやしたといっても、安息日に行ったのだから、イエス様は律法を破る者だとユダヤ人たちは考えています。自分たちは、神の律法を知っているし、守っているとの傲慢な思いが、イエス様を通して、神さまが働かれたことを見えなくしたのです。ユダヤ人にとって信仰とは、神の戒めを守ることでした。神の戒めを守り、その報いとして、神から祝福を受ける、それが彼らの信仰生活の目的でした。果たして信仰とは、神さまの教えを守ることを目的としているのでしょうか。私たちの心に、自分は神さまの教えを十分守ることができないとの思いが、私たちから信仰の喜びを奪っているということがないでしょうか。

 信仰とは、神さまとの交わりに生きることです。母親から生まれた子は、親子の交わり、兄弟の交わりの中に生きるようになります。結婚した男女は、夫婦の交わりに生きることになります。神を信じるとは、神さまとの交わりに生きることです。交わりに生きる人は相手を知ることが大切です。信仰者にとって神さまがいかなる方かを知ることは非常に大切です。

 イエス様は神殿の境内で教えられた時、イエス様の話を聞いたユダヤ人たちは、イエス様が聖書のことを知っていることに驚きました。驚きましたが、イエス様の語ることは受け入れようとしませんでした。彼らは、イエス様が神さまのことを語っても受け入れず、神さまを知ろうとしなかったのです。私は父から聞いたことをあなた方に話しているとイエス様が言っても、耳を傾けませんでした。結局、ユダヤ人たちは、信仰を誤解したままです。神の戒めを守って祝福を得る、それが信仰と理解したのです。

しかし聖書が教える信仰は、神さまとの交わりです。交わりだからこそ、私たちは神に祈ります。また神の御心を知ってそれに従おうとします。間違った信仰理解のためにユダヤ人たちは、イエス様を信じることができませんでした。そして神を冒とくする者としてイエス様を殺そうとするに至りました。

 私たちはユダヤ人を反面教師にすることができます。神に属する事柄、霊的な事柄に対して心を開くことが大切です。また信仰は神との交わりであることを知ることが大切です。これを心にとどめるとき、イエス様の語ることを受け入れ、信じる者として生きることができるようになります。

 私たちは聖書から福音を聞きます。福音とは良い知らせを意味します。私たちは聖書から良い知らせを聞きます。それは神に属する事柄、霊的な事柄です。それ故、私たちは心を開いて福音に向き合うことが大切です。聖書が語る福音は、人間の思いを越えています。私たちは信仰の世界に対して心を開くことが大切です。

 イエス様を信じる人は、罪の赦しを受けます。それ故、自分の罪を責めることから解放されます。自分の行いを悔いることからも解放されます。福音です。あなたはこれを信じることができますか。

 イエス様を信じる人は新しく生まれます。新しく生まれ変わり、神の子となります。そして神の子として、喜んで神さまに従います。神さまの教えに従わなければならないという義務感から解放されます。神さまの教えを守ることができていないと自分を責める心からも解放されます。神の子として、喜んで神さまに従うことができるようになります。あなたはこれを信じることができますか。

 イエス様の与える水を飲む人は渇くことがありません。イエス様の語る言葉、神さまの言葉に生きる人は、飢え渇きを覚えなくなります。空しさから解放され、喜びが心にいつも満ちています。あなたはこれを信じることができますか。

 

「真理はあなたを自由にする」

とイエス様は語られました。自由とは好きなことを何でもしてもいいということではありません。自由とはあらゆる、心の束縛からの解放です。自分の考え、思いにこだわることからの自由です。神さまの言葉によって物事を考えて生きる自由です。神さまに従い、神さまに仕える自由です。この自由が与えられるとき、心に平安が宿ります。あなたはこれを信じることができますか。

 福音、良い知らせは、すぐに信じられるとは限りません。本当とは思えないからです。一番本当とは思えないこと、それはイエス様が神であることです。ユダヤ人たちは、ここでつまずきました。しかしイエス様が神であると信じ、イエス様の言葉に対して、神さまに対して心を開いていくとき、信仰の世界が開かれます。信仰によってこの世に生きることが始まります。

 信仰の世界には、神さまの約束がいろいろあります。今私自身が大切する神さまの約束が、ペトロの手紙一の中にあります。

「あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています」。

キリストを愛し、信じる時、言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれるという神さまの約束です。福音は人間の思いを越える良い知らせです。福音に対して心を開き、福音を受け入れる人こそ、幸いな人です。

祈り