今日の聖書にはイエス様を信じたユダヤ人たちが登場します。その人たちにイエス様は話しをされるのですが、彼らとのやりとりをした後、彼らに向かって、

「あなたたちは私を殺そうとしている」

と語るのです。イエス様を信じたというユダヤ人たちは、これを聞いて戸惑ったと思います。イエス様が話されたこの言葉をどう解釈したら良いか、私も戸惑っています。大切なことは、イエス様の語られる言葉は真理であること、つまり<本当のこと>をイエス様は語っておられること、この<本当のこと>を信じて生きるとき、私たちは自由にされるということです。

 31節を読みます。

「イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。『わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である』」。

イエス様は御自分を信じているユダヤ人たちに、本当の弟子になって欲しくて、イエス様の言葉にとどまることの大切さを語ります。

 ここに出てくる<とどまる>という表現は、ヨハネ福音書にはよく出てくる言葉です。とても大切な言葉です。たとえばヨハネ福音書15章のぶどうの木のたとえの中で、

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

とイエス様は語ります。そしてイエス様は弟子たちに

「わたしにつながっていなさい」

と命じます。この<つながる>と訳された言葉は、<とどまる>と訳された言葉と同じなのです。

ですから<わたしの言葉にとどまるならば>とは、<わたしの言葉につながるならば>と訳すことができます。イエス様の言葉を通して、私たちはイエス様につながるのです。<とどまる>という言葉が使われている例を一つ紹介します。

「わたしはあなた方を愛してきた。私の愛にとどまりなさい」

 ですから、イエスを信じるとは、イエス様と結びつくことを意味します。ただイエス様の言葉を信じるだけではなく、イエス様につながるのです。洗礼を受けるとはイエス様につながることを意味します。ぶどうの木のたとえは、イエス様を信じる人が皆、本当の弟子になることをイエス様が望んでおられることを示しています。

 イエス様の言葉にとどまる人は、本当にイエス様の弟子であり、さらに真理を知るとあります。そして真理はあなたたちを自由にするとイエス様は語られました。

 真理はあなたたちを自由にするとはどういうことでしょうか。私たちは案外不自由に生きています。そうだよ、人生は思い通りにならなくて不自由だという人がおられるでしょう。ここでは、私たちの心の不自由さが問題とされています。私たちの心は、色々なものに束縛されています。

代表的なものは劣等感です。劣等感がいつも心にあり、わたしはダメなんだという思いが心を支配します。わたしはダメなんだという思いが前提となって物事に向き合うようになります。自信がなくなります。劣等感は、私たちの心を束縛します。

 私たちの心を束縛するものは、劣等感だけではありません。たとえば思い込みがあります。ある考えに執着して、その考えから抜け出ることができません。自由に物事を考えることができなくなっています。

あるいは何か問題が起きると、最悪の事態を考えて、どうしようか、と考えだし、心配が頭の中を占領してしまい、頭の中をぐるぐる回っていて、それ以外のことが考えられなくなることがあります。

あるいは一つの感情が心の中を渦巻き、心がその感情に支配されてしまうということもあります。人から傷つけられると恨む思いで心がいっぱいになります。どうしたら仕返しができるかなどと考えます。

何か失敗したときは、なぜあんなことをしたのか、あんなことを言わなければよかった、などと悔やみ続けることもあります。あれをすべきか、これをすべきか、こう考えるべきか、ああ考えるべきか、心の中は、悩みでいっぱいとなることもあります。心は自由を失い、束縛され、喜びを失い、平安を失います。でも人は自分の心が束縛されているとは考えません。

 このように心が束縛され、不自由になるには原因があります。何だと思いますか。それは、自分の力で物事を解決しようとするからです。自分の力で安心、平安を得ようとするからです。自分の思い通りになることは多くありません。自分の力では、心の不自由は解決できないのです。人間の力は弱いものです。さりとて、他にどうしたらいいのか分からないので、結局心は束縛されてしまいます。

 でもそれが辛いので、人は気を紛らわしたり、自分の気持ちをごまかしたり、自分の思いを押し殺して考えないようにしたり、人は色々工夫しています。不自由に左右されないようにして自分を保とうとしたりします。しかしそれは本当の解決ではありません。

 イエス様は語ります。

「真理はあなたたちを自由にする」。

真理とは<本当のこと>という意味です。イエス様の言葉にとどまる人は真理を知るとあります。イエス様の言葉は<本当のこと>を語っているのです。神さまの言葉もまた真理で、<本当のこと>を告げています。

そこで真理を知るとは、この本当のことを知って、生きることを意味します。この本当のことを知って生きる時、私たちの心は自由にされます。劣等感で、苦しんでいる人が神さまの言葉を本当だと信じて劣等感から解放されます。その言葉とは、旧約聖書のイザヤ書の言葉です。

「わたしの目にあなたは価高く、貴い」(イザヤ43:4)。

イエス様の言葉が本当であると信じて生きる時、私たちの心は不自由から解放されます。私たちの心は、解放され、自由になります。自由、解放、これはイエス・キリストの恵みです。この自由は、経験すればよく分かります。心が解放される経験はすばらしいものです。

 世の人々は、自分の心を自由にし、平安を与える言葉、自分を励ます言葉を求めています。世の人は見向きもしませんが実は、イエス様の言葉、神さまの言葉が、あらゆる束縛から私たちの心を自由にします。

イエス様の言葉にとどまるとは、イエス様の言葉だけを<本当のこと>とする信仰の姿勢があります。自分が生きる時、イエス様の言葉も参考にするというのではなくイエス様の言葉だけ信頼するのです。神さまの言葉だけに信頼するのです。信仰は集中です。神さまが偶像礼拝を禁じるのは、神さまだけを信頼し礼拝することを求められるからです。聖書が告げる神さまだけに集中するのです。

 33節で、ユダヤ人たちが言います。

「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか」。

自分たちは、アブラハムの子孫、つまり神の民であるとの主張です。神の民であることを誇りに思っており、自分たちが奴隷になったことはないと言います。自由なのだから、自由になる必要はないとの言葉です。彼らは、自分たちが不自由であることに気づいていないのです。

 これに対してイエス様は告げます。

「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である」。

この

「はっきり言っておく」

という言葉は、ヨハネ福音書に何回も出てくる言葉です。イエス様は重要なこと、大切なことを述べるときに用いる表現です。このことは是非、わきまえておきなさい、とのイエス様の強い思いがある言葉です。

「罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である」。

 ヨハネ福音書では、罪とは、イエス様を信じないことです。この福音書では、イエス様は繰り返し、私は父から聞いたことを話していると語ります。イエス様が神さまのことを伝えているのに、それを信じない、それが罪なのです。ユダヤ人は神の民です。神を信じる民です。その彼らが、神さまが送られた救い主を信じないのです。そこに罪があります。

 

「罪を犯す者は」

とあります。ここの<罪を犯す>は、継続的に、常習的に罪を犯すことを意味します。罪をやめることができないのです。だから罪の奴隷と呼ばれます。つまりイエス様の教えを聞いても、イエス様を信じようとしない態度です。それは罪の奴隷だというのです。

奴隷には主人がいます。主人の支配下に置かれています。ではイエス様を信じない人たちはだれの奴隷なのでしょうか。イエス様を信じる人たちはだれの支配下に置かれているのでしょうか。イエス様を信じる人たちは、神さまの御支配の下におかれています。罪の奴隷はどうなのでしょうか。

 創世記でアダムとエバは神さまの言葉を聞きました。でも彼らは、蛇の声を聞いて、神さまに背いてしまいました。蛇は悪魔を意味しています。人は神さまの言葉を聞いて生きるか、他の声を聞いて生きるか、どちらかです。多くの人は、

「私は自分で考えている」

と言い、悪魔の支配の下に置かれているなんて考えもしません。逆にわたしは<神の言葉を聞いて生きている>と語る信仰者に違和感を感じ、信仰者に不審の目を向けるかもしれません。心が狭いというのです。しかし、神の言葉に聞くことができない、そこにこそ心の不自由さがあるのです。心が束縛されているから、神の言葉を聞くことができないのです。受け入れることができないのです。

 イエス様は、ぶどうの木のたとえのなかでこう語っています。

「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい」。

<わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば>これはイエス様の言葉があなたがたの内にいつもとどまっているなら、と言い換えることができます。私たちがイエス様の言葉にとどまるとは、イエス様の言葉が、わたしたちのうちにとどまるということです。心の束縛から解き放たれ、自由にされた心の人は素直に、イエス様の言葉を聞くことができますし、イエス様の言葉に聞こうとします。イエス様の言葉を批判するのは、自分の思いというものがあるからです。この自分の思いが、私たちの心を縛るのです。

 37節で、

「あなたたちはわたしを殺そうとしている。わたしの言葉を受け入れないからである」。

<受け入れない>と訳されていますが、文字通りに訳すと<わたしの言葉は、あなたがたの心の中に居場所がない>というのです。あなたがたは、わたしの言葉にとどまろうとしていないというのです。そしてイエス様を信じたユダヤ人たちに、

「あなたたちは私を殺そうとしている」

とイエス様は言うのです。イエス様を信じると言いながら、イエス様の言葉にとどまろうとしない人は、イエス様を殺すことになるというのです。私たちはイエス様を殺すことはできませんが、イエス様の言葉に留まろうとせず、イエス様の言葉を無視することによって、イエス様を殺しているということができると思います。

 35節の言葉を読みます。

「奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる」。

奴隷には主人がいます。主人の家で奴隷として働きます。奴隷は、主人の気持ち次第で、また売られることがあります。ですから、<家にいつまでもいるわけにはいかない>のです。しかし、主人の子は、家にいつまでもいます。そしてやがて父の後を継ぎ、主人となります。彼がもし奴隷を自由にすれば、その奴隷は完全に自由になります。そのように、神の子であるイエス様がわたしたちを自由にすれば、私たちは本当に自由になるというのです。

 最初に、真理があなたがたを自由にするとありました。ここでは、イエス様が私たちを自由にするとあります。イエス様の言葉、それは言葉に書くことができます。実際、聖書に書かれています。でも文章に書かれた文字が真理として、わたしたちを自由にするのではありません。

「イエス様を信じる人は永遠の命を得る」

とヨハネ福音書に何回も書いてあります。この言葉を信じれば、死の恐怖から解放されるのでしょうか。教えの言葉は大切ですが、私たちを完全には解放しません。この言葉は真理ですが、真理であるとの確かさは、この言葉のなかにはありません。イエス様に対する信頼がある時、イエス様の言葉を確かな言葉として、わたしたちは受け入れることができます。

 私は若いときに劣等感を抱きました。そして牧師となってから、劣等感はますます強くなりました。そして聖書の言葉に出会いました。

「わたしの目にあなたは価高く、貴い」。

これを読んで、劣等感を持つ必要はないと思いました。でもそれは頭の中の知識です。でもこの聖書を思いめぐらす中で、

「わたしはあなたを知っている。わたしはあなたを造った。あなたには長所もあり、短所もある。そのあなたをわたしは用いる」

との神さまの声を心で聞いて、劣等感から解放されました。人と比較して自分が劣っている点はあります。それは事実として認識します。しかし自分は劣っている人間だという否定的な価値判断はしません。事実と価値は違います。イエス様は真理であり、わたしたちを自由にしてくださる救い主です。主よ、あなたを讃えます。

祈り