この聖書箇所は、信仰者にとって印象に残る聖句です。

「いつも喜んでいなさい」。

何寝ぼけたこと言ってるのよ。脳天気な人。

「絶えず祈りなさい」。

猫の手を借りたいほど忙しいのに、信じられな〜い。

「どんなことにも感謝しなさい」。

どんなことにも不平を言いなさい、それならアーメンだわ。

 この聖書の箇所は、信仰者から真剣に受けとめてもらえないのです。先ほどのように聖書の言葉をけなすようなことは言わずとも、無理なことを言っている、と受けとめられ、後は相手にされないのです。しかも、

「これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです」

とあります。神さまは、なぜ無理難題をふっかけるのかしらとさえ思うのです。その仕返しにこの聖句のことは考えない、こういうことも起きるのです。皆さんは、この聖書の言葉、どう受けとめていますか。

 この箇所は、命令形で書かれています。これを書いたパウロはどんな気持ちでこの命令を書いたのでしょうか。クリスチャンなら、これを守るべきだと命じているのでしょうか。神さまが望んでおられることだとありますが、何が何でも守りなさいと神さまは求めておられるのでしょうか。私には、パウロは自然な気持ちでこれを書いているような気がします。パウロは信仰者として生きています。おそらくパウロは、ここに書いてあるとおりに喜び、祈り、感謝していたと思います。

 言い換えれば、ここに書かれていることは<招き>なのです。いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことを感謝する、そのような信仰生活を神さまは望んでおられますが、このような信仰に生きることをあなたは望みますか、と私たちを招いているように思えるのです。どう思われますか。いや、ここに書いてあることはどう考えたって無理なことを要求している。そんな招きに応じるなんて、したくもない、と思う方もおられるかもしれません。でもわたしはこれを神さまの招きと受けとめたいと思います。

 私は<日本基督教団信仰告白>を告白する者であり、

「聖書は神の言葉であり、信仰と生活の規範である」

と告白する者として、この聖書の箇所は、無理な要求をしていると言って、聖書を裁くようなことはしません。むしろ神さまが招いてくださるなら、その招きに応じようと思います。パウロは信仰者として生きています。パウロの歩みから、これらの命令が自然に出てくることを検証してみたいと思います。そのために、テサロニケの手紙一をわたしは何度も読み返しました。そしてパウロの信仰者としての姿勢に学ぶことができました。

 最初に学ぶことは、神さまの御業を心に留めるということです。パウロはテサロニケの町でキリストを宣べ伝えました。テサロニケは、ギリシャの町です。そしてできたのがテサロニケ教会です。この手紙の1章2節でパウロはこう述べています。

「わたしたちは、祈りの度に、あなたがたのことを思い起こして、あなたがた一同のことをいつも神に感謝しています」。

パウロは、テサロニケ教会のことを祈りのたびに思い起こし、そして神に感謝しているというのです。感謝の理由が3節に書かれています。

「あなたがたが信仰によって働き、愛のために労苦し、また、わたしたちの主イエス・キリストに対する、希望を持って忍耐していることを、わたしたちは絶えず父である神の御前で心に留めているのです」。

パウロはテサロニケ教会の人たちの信仰の歩みを心に留めているのです。

 テサロニケ教会の人たちは、パウロがイエス・キリストを宣べ伝えるのを聞いて、信じました。さらにパウロたちに倣う者、そして主イエスに倣う者となり、マケドニア州とアカイア州にいるすべての信者の模範になるに至ったのです。つまりギリシャの諸教会にいる人たちの模範になったのです。このようなテサロニケ教会の人たちの信仰の歩みをパウロは心に留めているのです。

そして祈りの都度、テサロニケ教会の人たちのことを思い起こして、神様に感謝しているのです。そしてこの感謝には、喜びが伴っていたことと思います。つまりパウロは、テサロニケ教会を思い起こしてはいつも喜んでいたのです。

 テサロニケの町の人たちがイエス・キリストを信じるようになったのは、神さまの導きがありました。1章5節。

「わたしたちの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信とによったからです」。

聖霊の導きがあり、テサロニケの人たちは確信を持って信じたのです。神さまがテサロニケの人々を信仰に導き、さらにパウロに倣い、主イエスに倣う者へと導かれたのです。つまりパウロは、神さまの御業に心を留めたのです。そして神さまの御業を祈りの時に思い起こし、感謝しているのです。

 そこで私は出エジプトの出来事を思い出します。旧約聖書にある出エジプト記です。エジプトにおいて奴隷で苦しんでいたイスラエルの民。イスラエルの民はその苦しみからの救いを求めて神さまに叫びます。神さまは、彼らの叫びを聞いて、さまざまな奇跡を行い、彼らをエジプトから救い出します。

奴隷状態から解放し、自由に生きることのできる土地へと彼らを導くことを約束し、導きます。イスラエルの民は、約束の地を目指して旅をしますが、困難が起きます。飲み水や食べ物がなくなるのです。すると彼らはどうしたでしょうか。神はなぜ、私たちをこのような目に遭わせるのかと不平を言うのです。文句を言われるような落ち度が神さまにあるのでしょうか。

 もしイスラエルの民が神さまの御業を心に留めていたらどうなっていたでしょうか。モーセが持っていた杖でナイル川の水を打つと、川の水は血に変わりました。モーセの兄のアロンが、ナイル川に手を差し伸べると蛙が這い上がってきて、エジプトの国中を覆いました。あるいはイナゴが大軍で押し寄せ、草木を食べ尽くしました。その他、色々な大いなるみ業を神さまはなさいました。それら一つ一つをイスラエルの民が心に留めていたのなら、そして祈る時に、思い起こしていたのなら、旅の途中で困難に遭っても神さまに信頼して祈り、助けを求めたことでしょう。そして再び神さまの御業を見ることになってでしょう。神さまの御業を受けとめて、思い起こすつど感謝することは喜びであり、また神さまへの信頼が強まり、信仰にとって大切なことです。

 人は、前を見ます。将来を見ます。ですから祈りにおいても、こうしてください、と願いを伸べます。神さまの御業を心に留めて感謝するということは案外見過ごしてしまいます。いや、神さまの御業を見ることすら忘れてしまうのです。私自身、教会のことを祈りますが、教会の今後の姿を思い描き、それが実現するように祈ります。でも今日までの歩みの中で、神さまが導いてくださった御業に心を留めることを案外忘れるのです。

私自身、ある決意をもって、金沢元町教会に赴任しました。私の決意を神さまは顧み、導いてくださっている神さまの御業を私は見ています。あなたも、あなたの生活の中で、神さまの御業を見ることができるのではないでしょうか。あなたも元町教会の歩みの中に、神さまの御業を見ることができるのではないでしょうか。パウロは、もしあなたが神さまの御業を心に留めて祈るたびに思い起こして感謝するなら、あなたはいつも喜び、絶えず祈り、どんなことにも感謝できるようになりますと語っているのではないでしょうか。

 第二に学ぶことは、何が起きても悲観することはないということです。この手紙の二章も、テサロニケの町でパウロがイエス・キリストを宣べ伝えたときのことが書かれています。2節。

「わたしたちは以前フィリピで苦しめられ、辱められたけれども、わたしたちの神に勇気づけられ、激しい苦闘の中であなたがたに神の福音を語ったのでした」。

パウロはテサロニケの町に来る前、フィリピの町でキリストを宣べ伝えたのです。でもフィリピでは、捕らえられて牢獄に入れられ、辱めを受ける経験をします。ではパウロは落胆したのでしょうか。神さまになぜと、不満を抱いたのでしょうか。そしてキリストを宣べ伝えることをやめたのでしょうか。

 フィリピの町を逃れたパウロは、テサロニケの町に来てキリストを宣べ伝えました。神さまに勇気づけられたからです。激しい苦闘がありましたが、神さまに勇気づけられ、福音を伝えたのです。パウロは、苦しいからといって伝道をやめません。困難があるからといって伝道をやめません。励ましてくださる神さまを知っているのです。彼は、いつも神さまに祈り、励ましを受けてキリストを宣べ伝えているのです。苦しみ、困難があるときほど、神さまの御業を体験するときはありません。そしてその御業を心に留めるのです。苦しみ、困難は神さまが働いてくださる機会なのです。ピンチ、それは神さまが働いてくださる時です。

 2章の終わりから3章にかけてパウロは、テサロニケを訪問したいとの願いを述べます。18節。

「だから、そちらへ行こうと思いました。殊に、わたしパウロは一度ならず行こうとしたのですが、サタンによって妨げられました」。

パウロはテサロニケ教会を今一度訪問することを願い、行動に移します。でも、邪魔が入り、断念します。パウロは、<サタンによって妨げられました>と言います。自分の願いが実現しませんが、彼は腐りません。

そこで訪問することはあきらめ、テモテをテサロニケ教会に送ります。幸いテモテは行くことができ、そして戻ってきて、よい知らせをパウロに伝えます。

 物事が思い通りにならないことがあります。牧師として、こうしたいと考え願い祈っても、実現に至らないことがあります。そのような時、神さまが別なことを備えておられることを信じます。まだ時が来ていないのです。その時が来るために、他にすべき事があるので、それをするように導かれます。

 物事が思い通りに行かないとき、神さまのご計画がそこにあります。神さまが無力で、私たちの願いが実現しないのではありません。実現するのは神さまの計画であり、人間の計画ではありません。

物事が思い通りに行かないからといって、悲観しません。落胆しません。物事が思い通りに行かないからといって、明日頑張ればいいのだとも考えません。神さまの計画があるに違いない、それは何だろうかと考えます。私たちは聖書を読みながら思いめぐらし、祈りながら神さまの計画を尋ね求めます。ですから、物事が思い通りに行かないことは、喜ばない理由になりません。感謝しない理由にはなりません。むしろ神さまへの期待を深めます。時には寄り道をするかもしれませんが、神さまは必ず導いてくださいます。

 教会は高齢化しています。洗礼を受ける人よりも、天に召される人の方が多いのが現実です。礼拝に集う人の数は減少しています。5年後、10年後はどうなるのだろうという心配が起きます。心配しだしたらきりがありません。

旧約聖書のザカリヤ書があります。その8章にある言葉は、実は私がこの教会に赴任したときに、神さまが妻に示された言葉です。

「万軍の主はこう言われる。エルサレムの広場には/再び、老爺、老婆が座すようになる/それぞれ、長寿のゆえに杖を手にして。都の広場はわらべとおとめに溢れ/彼らは広場で笑いさざめく」。

教会に高齢者が増えることは何も問題ではないのです。高齢者の人たちが喜んで信仰に生きることが大切なのです。そうすると若い人たちが溢れるという約束がここにあります。ピンチはいつもチャンスなのです。

 困難や逆境の中にあっても、思い通りに行かなくても、これまでの神さまの御業を思い起こして感謝し、神さまへの期待を持つなら、あなたはいつも喜び、絶えず祈り、どんなことにも感謝できるようになります、とパウロは語っているのではないでしょうか。

 第三に学ぶことは、それは神さまのみ心を大切にするということです。パウロは神さまのみ心に忠実に生きた人です。4章1節。

「あなたがたは、神に喜ばれるためにどのように歩むべきかを、わたしたちから学びました。そして、現にそのように歩んでいますが、どうか、その歩みを今後も更に続けてください」。

神さまに喜ばれるために歩むのは、神から祝福をいただくためではありません。神さまを愛するから、神さまに喜ばれる歩みをするのです。神さまを愛する、それが神さまに喜ばれる歩みをする理由です。

子供が

「僕はお父さん大好きだから、お父さんの言うことに従う」

と言ったとします。自分の子供がそう語ったら僕はうれしいです。子供が

「お父さんに怒られたくないし、お父さんにほめられたいから、お父さんの言うことに従う」

と言ったとします。自分の子供がそう語ったら僕は喜べません。本来、子どもが親に従うのは、親が好きだからです。信仰者が神に喜ばれる歩みをするのは、神さまを愛するからです。神さまから祝福を得たいから、神さまを喜ばす歩みをする、それは間違いです。よこしまな動機です。

 私たちが神さまに従うのは、神さまを愛するからです。そしてそれは喜びとなります。あなたがどのような人であっても、神さまはあなたを愛してくださいます。あなたを大切な神の子として向き合ってくださいます。神さまは語られます。

「わたしの目にあなたは価高く、貴い」。

ですからあなたの神さまを愛するのです。神さまに喜んでいただくのです。

 このテサロニケの手紙を読んで、

「励ます」

という言葉が繰り返し使われていることに気づきます。パウロがテサロニケ教会を励まし、逆にテサロニケ教会がパウロを励まします。またテサロニケ教会の人たちが互いに励まし合っています。さらにテサロニケ教会の人たちは自らを励まし信仰に生きています。そんな様子をパウロは、互いに愛し合っていると述べます。このような教会にいたら、喜びや感謝が与えられ、信仰の友のために祈りたいとの思いが溢れてくると思います。そして金沢元町教会も、そのような教会に近づいています。先週発行された教会報の編集後記にも、

「元町教会は、確実に変わってきています」

と書かれています。

 クリスチャンを迫害していたパウロは神さまの憐れみによってキリストを宣べ伝える者とされました。パウロは自分が憐れみを受けた者であることを承知しています。それでこう述べます。

「主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです」。

主イエスと共に生きる、それが私たち救われた者の歩みです。主イエスが共におられるなら、私たちが主イエスと共に生きようとするなら、いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことに感謝できます。パウロは身をもってこのことを証ししていると思います。いつも喜び、絶えず祈り、どんなことも感謝できる信仰生活に神さまは私たちを招いておられます。人生で一番大切なこと、それは神の招きに答えることです。

祈り