クリスマスは救い主イエス・キリストのお生まれになったことをお祝いするときです。14節の言葉を味わいつつ、イエス様の誕生をお祝いしたいと思います。14節を読みます。

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」。

<言は肉となった>とあります。どういう意味でしょうか。ヨハネ福音書の冒頭に、初めに言があったとありますが、この言が人となって私たちの中においでになったとの意味です。言が人となった人、それがイエス様です。そして、

「わたしたちはその栄光を見た」

とあります。

 <イエスの栄光を見た>とありますが、実際に何を見たというのでしょうか。ここの<わたしたち>とは誰のことでしょうか。イエス様を信じるあなたは、この<わたしたち>に入るのか否か。どう思いますか。イエス様を信じる人たちは、皆この<わたしたち>に含まれると私は考えます。私自身も含まれます。すると私自身は、私もイエス様の栄光を見たと告白する者となります。イエスの栄光を見たと証しする者となります。

 イエス様の栄光を見たとの告白は、私たちはあまり考えたこともない告白です。でも14節を深く思うとき、イエスの栄光を見たということができなければ、イエス様を信じていると言えない、そう思えるのです。なぜなら、イエス様の栄光を見るとは、イエス様が誰であるかを知る、ということだからです。イエス様が誰であるかを知った人は、イエス様の栄光を見たと言っていいのです。今日も聖書に耳を傾けましょう。

 私たちが信じる神さまはご自身の栄光を現される方です。神さまが栄光を現された具体的な出来事が聖書に描かれています。これは神さまが、奴隷状態で苦しんでいたイスラエルの民をエジプトから救い出し、彼らを自由に生きることのできる約束の土地へ導く途中のことでした。

神さまは、モーセに告げます。イスラエルの民を海辺に宿営させなさい。エジプトの王は、イスラエルの民が道に迷ったと考える。そしてイスラエルの民をエジプトに連れ戻そうとして、追いかけてくる。しかし、わたしはエジプト軍を打ち破り、栄光を現す。

イスラエルの民は、海辺で宿営をしました。するとエジプト軍が背後から迫ってくるのです。イスラエルの民は、混乱に陥ります。恐れにとらわれます。そして彼らは神さまとモーセに文句を言います。

「我々を連れ出したのは、エジプトに墓がないからですか。荒れ野で死なせるためですか。一体、何をするためにエジプトから導き出したのですか」。

神さまがイスラエルをエジプトから連れ出したのは、イスラエルの民が、エジプトでの奴隷生活が苦しく、助けてくださいと神さまに叫んだからです。

 すると神はモーセに言います。

「なぜ、わたしに向かって叫ぶのか。イスラエルの人々に命じて出発させなさい。杖を高く上げ、手を海に向かって差し伸べて、海を二つに分けなさい。そうすれば、イスラエルの民は海の中の乾いた所を通ることができる。そのとき、わたしはファラオとその全軍、戦車と騎兵を破って栄光を現す。わたしがファラオとその戦車、騎兵を破って栄光を現すとき、エジプト人は、わたしが主であることを知るようになる」(出エジプト14章)。

 すると海が二つに分かれ、そこにできた道をイスラエルの民は歩いて向こうの地へ渡ります。しかしエジプト軍が後を追うと、海の水は元に戻り、エジプト軍は皆おぼれてしまいます。かくしてイスラエルの民は救われます。

 注意してください。人間の目に見えたものはなんでしょうか。それは海が二つに分かれたこと、海の中に現れた道をイスラエルが歩いたこと、そしてエジプト軍がおぼれたことです。不思議な、驚くべき出来事が起きました。しかし、神の姿が見えたわけではありません。ふうっと息を吹きかけ、海を二つに分ける神の口が見えたわけでもありません。人間の目に見えたのは、驚くべき光景でした。そこに神の姿が見えたわけではありません。イスラエルの人々の中には、なぜ、こんなことが起きたのか分からない人もいたでしょう。信じられない出来事ですから。しかし、神が自分たちを助けてくださったと考えたイスラエルの民も多かったと思います。

 この後、イスラエルの民は再び旅を続けます。しかし飲み水がなくなったり、食べ物がなくなったり、困難が起きると、また文句を言うのです。エジプトで神さまの奇跡を何度も見ました。海辺で海が二つに分かれる出来事を経験しました。困難が起きる度に、神さまは奇跡を行って民を助けたのです。それにもかかわらず、困難が起きるとイスラエルの民は不平を言いました。あなたも困難が起きると神さまに文句を言う、そういうことがありませんか。困難が起きたとき、なぜ、イスラエルの民は、神さまに信頼できなかったのか。どう思いますか。それは、神さまの行った奇跡を見た経験が信仰にならなかったからです。

 奇跡、それは、その出来事の背後に神さまがおられ、神さまがその出来事を起こしたことを意味しています。奇跡、それは神の栄光の現れです。そして神さまは、ご自身がいかなる方かを知らせます。そして、神がいかなる方かを知るとき、信仰が生まれます。奇跡を経験する、それは神の栄光を見ることです。そして神の栄光を見るとは、神を知ることです。

神の栄光が現れると人々は神を知るのです。神の栄光とは、光り輝くものではなく、一種のメッセージです。つまり神がいかなる方かを示すメッセージ。神の栄光が現れるとは、目に見えないメッセージが発信されるということです。ですから礼拝において説教が語られるとき、聴き手は神の栄光を見ることができます。聴き手は神の語りかけを聞くのです。礼拝の場に臨在し、語りかける神に直面するのです。わたしはここにいて、あなたに語りかけているという神の声が、発信されているのです。神の栄光の表れです。

イスラエルの民は、彼らを救う神さまの奇跡を経験しました。でも、

「神が我々を救ってくれた」
「神ってすごいな」

と言っているだけでは信仰になりません。神さまが、ご自身がいかなる方かを知らせてくださった、自分たちは神の栄光を見たと告白するとき、そして神さまをたたえるとき、信仰が生まれます。

 神の栄光を見るとき、信仰が生まれます。信仰の目が、出来事の背後におられる神を見るのです。そして神を知るのです。神の栄光を見る人は、神さまを崇め、たたえます。

 この神は、人間に栄光を与える神さまです。イスラエルにソロモンという王がいました。神さまはソロモンに

「何事でも願うがよい、あなたに与えよう」

と話します。神さまが

「何事でも願うがよい、あなたに与えよう」

と言われたらあなただったら何を願いますか。ソロモンは、

「聞き分ける心を与えてください」

と答えます。

すると神は答えます。

「あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた。見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。あなたの先にも後にもあなたに並ぶ者はいない。わたしはまた、あなたの求めなかったもの、富と栄光も与える。生涯にわたってあなたと肩を並べうる王は一人もいない」(列王記上3章)。

神はソロモンに知恵ある王としての栄光を与えました。ソロモンの名声は遠い地まで届いたのです。

 そして神さまは、イエス様にも栄光をお与えになります。イエス様がこう語っています。

「わたしが自分自身のために栄光を求めようとしているのであれば、わたしの栄光はむなしい。わたしに栄光を与えてくださるのはわたしの父であり」(ヨハネ8:54)。

神さまがイエス様に栄光を与えられたとは、神さまがイエス様をメシア、救い主としたということです。あるいは、神さまがイエス様をご自身の子、御子にしたということです。ではこの栄光は、どのようにして見ることができるのでしょうか。その前に、神さまはいつイエス様に栄光をお与えになったのでしょうか。

 イエス様がエルサレムに来たときです。この後イエス様は、十字架につかれるわけですが、エルサレムに来たとき、弟子たちに次のように語ります。

「人の子が栄光を受ける時が来た。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(12:23)。

イエス様は、ご自分の死を前にして、<人の子が栄光を受ける時が来た>と語られました。つまりわたしが栄光を受けるときが来たと言われたのです。

さらにイエス様は十字架にかけられる前日の夜、弟子たちと共に過ごしましたが、その時、ユダがその場から出て行きます。それはイエス様を裏切るためでしたが、聖書にこうあります。

「さて、ユダが出て行くと、イエスは言われた。『今や、人の子は栄光を受けた』」(13:31)。

イエス様が、

「私は今、栄光を受けた」

と言われたのです。

 この後、イエス様は十字架の上で亡くなり、復活されます。十字架の上でイエス様は

「成し遂げられた」

と言って、息を引き取ります。そしてその後、イエス様は天の父のもとに帰ります。ヨハネ福音書は、イエス様が天に帰る様子を語ってはいませんが、天に帰るイエス様の姿は、栄光に輝いています。父なる神さまから与えられた使命を果たし終えた姿は栄光に輝いています。その輝きは何を意味しているのでしょうか。

 まず14節、その栄光とは、

「それは父の独り子としての栄光」

です。38年も病気であった人をイエス様は癒やしました。ユダヤ人たちは、その日が安息日であるからと言って、イエス様の働きを認めようとはしませんでした。その時、イエス様はユダヤ人たちに語られました。

「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする」(5:19)。

イエス様は父なる神さまがなさることをしたというのです。あるいは

「わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おう」(5:30)。

イエス様は、神の子として父なる神さまに従順に歩まれたのです。そして十字架の上で、果たすべき使命を果たして

「成し遂げられた」

と言って亡くなりました。イエス様は神の子として、父なる神に従って歩まれました。天の父のもとに帰られる主イエスのお姿の中に私たちは、父なる神に対して子として従順に生きた御子イエスのお姿を見ます。栄光に輝く主イエスのお姿とは、父なる神に従順なお姿です。父なる神さまに従順なお姿を見る人は、主イエスの栄光を見るのです。そして御子として父なる神さまに従順に歩まれたイエス様を知るのです。

 十字架についたイエス様が

「成し遂げられた」

と言って亡くなられたのを見て、何も思わない人もいるでしょう。あるいは、イエス様は御自分の使命を全うされたのか、と考えますが、それだけの人もいるでしょう。イエス様の栄光を見ないのです。イエス様の栄光を見ることができないのです。そしてイエス様の栄光を見た人は、自ら、神さまに従順に歩もうとします。なぜなら、イエス様がそうなさったからです。イエス様の栄光は、心の目で見ます。主イエスの栄光を見る人は神さまに従順な人に変えられます。イエス様の栄光を見ることと、神さまに従順になることは、コインの表と裏です。

あなたはなぜ神さまに従って生きていこうとするのですか、と質問されたら、

「私はイエス様の栄光を見たからです」

と答えます。照れくさいですが、私はそう答えたいと思います。

 14節。イエス様の栄光は、

「真理に満ちていた」

とあります。神の栄光を見る人は神がいかなる方かを知ると申し上げました。主イエスの栄光を見る人は、主イエスを知り、真理を知るのです。イエス様は、

「わたしは道であり、真理であり、命である」

と語られました。主イエスの栄光を見た人は、イエス様が真理であり、イエス様が語ったことが真理であると知るのです。知るからこそ、主イエスの栄光を見るということができます。

 イエス様はおっしゃいます。

「わたしは良い羊飼いである」。

これを本気で信じ、イエス様に飼われる羊として生きる人は、イエス様のお姿に栄光に輝く羊飼いの姿を見るのです。そして羊として生きるのです。

 あるいは

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

と語られました。イエス様は、ぶどうの木として、枝である私たちが実を結ぶようにしてくださいます。これを本気で信じ、イエス様につながって生きる人は、イエス様のお姿に栄光に輝く、ぶどうの木を見るのです。

 さらにイエス様はご自身がいかなる方かを色々語られました。

「わたしは命のパンである」。
「わたしは復活であり、よみがえりである」。

これが真実である、本当であると信じる人は、真理に輝く主イエスの栄光を見るのです。主イエスの栄光を見るとは、これが本当であると信じることです。

 さらにイエス様の栄光は、恵みに満ちていました。つまり、イエス様は恵みを与えてくださる方であると知ることができます。そして16節。

「わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた」。

イエス様を信じる者は、

「永遠の命を与えられる」

とヨハネ福音書は繰り返し語ります。永遠の命は、信じる者にはすでに与えられています。

信じる者は、この命に生きています。この命に生きる人の特徴は、神さまとの交わりに生きることです。神さまが共にいてくださることを期待するだけではなく、神さまと共に生きていこうとします。なぜ、そのように生きるのでしょうか。その人は生まれ変わったからです。生まれ変わる、これは恵みです。

 この永遠の命は、神さまを信じる人を生まれ変わらせ、神さまと共に歩むことに喜びを見いだす人間、神さまと共に歩むことを志す人間を誕生させます。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」(17:3)。

イエス様の栄光を見た人は、イエス様を知ります。イエス様を知った人は、生き方が変えられます。イエス様の栄光を見たからです。生き方が変えられた人は、心の目でイエス様の栄光を見ているのです。イエス様は盲人の目を見えるようにしましたが、イエス様は、イエス様の栄光が見えるように、私たちの目を開いてくださいました。イエス様に救われて感謝をする人は、イエス様のお姿の中に恵みと真理が輝く栄光の姿を見るのです。うれしいこと、ありがたいことです。

祈り