クリスマスの時期なので、ヨハネ福音書の1章を取り上げたいと思います。言葉、命、光、暗闇など抽象的な言葉が並んでいます。内容に深みがあります。この箇所は、すでに説教をしましたが、さらに深く、この箇所を読み取ることができたらと願って、この箇所を説教することにしました。

 1〜3節は、解釈が分かれる箇所です。この部分は割愛して、今日は、4〜5節をもとに説教を行います。

 4節、

「言の内に命があった」。

この場合の<命>は、まず、人を生かす大切なもの、それなしには生きていけないもの、と解釈します。それなくして人が生きていけないもの、それが言の内にあったというのです。どういうことでしょうか。

 それなしに生きていけないものに、どんなものがあるでしょうか。ある人は、愛がなければ人は生きていけないと言います。あるいは生き甲斐、生きる目的がなければ生きていけないと言います。そこで人は、仕事に励み、ある人は富を求め、権力を求め、自分なりの生き甲斐を求めます。確かに生き甲斐がなければ人生は空しくなってしまいます。

私の父は半分冗談だと思いますが、酒とタバコがないくらいなら死んだ方がましだと言ったことがあります。人生に楽しみがなければ、これもまた生きている甲斐がないことになります。あなたにとって、それがなければ生きていけないものって何でしょうか。それがなければ、人生は、生きているという名に値しないものって何でしょうか。

 今日の聖書には、言の内に命があったと語ります。言の内に、それなしに生きていけないものがあるというのです。この言は、イエス・キリストを指しています。イエス・キリストのうちに、それなしには生きていけないものがあるというのです。イエス様を信じているあなたに聞きます。イエス・キリストの内にあるもので、それなしにはあなたが生きていけないものって何でしょうか。イエス・キリストの内にあるもので、それなしには私が生きていけないものって何か、と考えました。

 私がまだ洗礼を受けていないとき、イエス・キリストを信じたいとの願いから、キルケゴールというデンマークの哲学者、思想家の本を読みました。彼は信仰者であり、説教を残しています。彼が書いた『苦難の福音』という文を読んで目が開かれた思いがしました。その頃の私は、人生はむなしいと考え、空しさからの救いを求めていました。何をすれば、何を手に入れれば、空しさから救われるのかともがいていました。しかしその本では、自分を喜ばせることは何ひとつせず、ただ自分のいのちを犠牲にしたイエス様のことが語られていました。自分は何も得ることをせず、自分を犠牲にする生き方に驚きを覚えました。逆説的ですが、得るのではなく献げつくすことに、実は空しさからの救いがあるのではないか、と感じました。

 そのイエス様の生き方は私にとっては謎でしたが、今は分かります。イエス様は、父なる神さまとの交わりに生きていました。そして父なる神さまのみ心に従い、十字架の上で、自分の命を捧げました。イエス様は父なる神さまと共に生きたのです。

イエス様は、朝早くあるいは夜遅く、父なる神さまに祈ることを習慣としていました。そして十字架にかかる前の晩も、ゲッセマネの園で祈りました。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」。

十字架の死を避けることができるなら、避けさせてくださいと祈りました。しかし<わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」

と祈り、神さまのみ心なら十字架の上で、死にますと祈ったのです。

イエス様は十字架の死に至るまで、神さまと交わり、神さまと共に歩んだのです。イエス・キリストの内にあるもので、それなしには私が生きていけないものって何か、それは、神さまとの交わりです。

 イエス様の内にあるもの、それは命です。永遠の命です。それはイエス様を信じる人に与えられる命です。イエス様を信じる人は、すでに与えられ、その命に生きています。では永遠の命とは何でしょうか。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」(17:3 )。

<知る>とは交わりを持つことです。神さまとの交わりに生きる、それが永遠の命に生きることです。永遠の命を与えられたものだけが、神との交わりに生きることができます。その人は、神さまを礼拝し、神さまに祈り、神さまの言葉である聖書を読み、神さまを愛し、神さまの御心を行おうとします。そして自分を愛するように隣人を愛し、神さまと共に歩みます。

信仰とは、神の戒めを守って生きることではありません。神さまとの交わりに生きることです。信仰に生きる人は、神さまの戒めは守らなければならないから守るという思いは持ちません。守らなければならないとの思いから自由です。守りたいから守るのです。神さまとの交わりに生きているからです。

 私たち信仰者が、それなくして生きていけないもの、それは永遠の命、神さまとの交わりです。神さまとの交わりを失えば、私たちはイエス様を信じる信仰者でなくなります。

 4節の後半。

「命は人間を照らす光であった」。

この命は光であったというのです。光とは何でしょうか。光と反対のものは闇です。5節には、

「光は暗闇の中に輝いている」

とあります。ヨハネ福音書には、こんな言葉があります。

「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た」(12:46)。

この文章は、この世に生きている人たちは皆暗闇の中にいますが、私は、信じる者たちが、暗闇の中に留まることのないように光としてきた、と読めます。信じる者たちが光の中を歩むために、光として来たというのです。

 ヨハネ福音書の3章には、

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」(3:19 )。

人々は光より闇の方を好んだという表現があります。聖書には、

「光の中を歩む」
「光の中に留まる」

あるいは

「暗闇の中を歩む」
「暗闇の中に留まる」

という表現もあります。人間の生き方は、二つに分けられます。光の中を歩むか、暗闇の中を歩むかに、分けられます。光の中に留まるのか、暗闇の中に留まるのかに、分けられます。

 光とは何でしょうか。私たちが光の中にいるとき、あるいは光に照らされているとき、私たちはどのような状態にあるのでしょうか。

 真夏に太陽の光に身をさらすと暑くてたまりません。小春日和という言葉がありますが、冬の初め頃、太陽の日差しを浴びて暖かさを感じるのは心地よいものです。イエス様という光に照らされるとき、私たちは、自由にされ、喜びが与えられ、平安のうちに生きることができます。希望をもって生きることができます。

 皆さんには、光の中を歩んでいるとの思いがあるでしょうか。あなたにとって、光の中を歩むとは、どんな感じなのでしょうか。表現してみてください。

 私自身、かつては暗闇の中にいました。死の怖れと空しさという暗闇です。頭の上に、どんよりとした雲がいつもありました。北陸の冬は曇りの日が多いですが、時に晴れて青空が見える日はうれしいです。そのように、イエス様を信じたときから、どんよりした雲は消え去り、青空のもとに生きる私には、喜びと平安がいつも心の底にあります。イエス様を信じ、この暗闇から出て、今は、光の中を歩んでいます。二度とあの暗闇の中に戻りたいとは思いません。

 光に照らされている、光の中にいる、それは救われているということです。あるいは、神さまのご支配の中に身を置くということです。イエス様は言いました。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(8:12)。

イエス様が光です。

「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た」(12:46)。

イエス様を信じる者は、光の中を歩みます。

 イエス様を信じるとは、復活されたイエス様が共にいてくださることを信じることです。イエスに従うとは、復活されたイエス様に、共にいて下さるイエス様に従うことです。光に照らされている、光の中にいる、それは復活されたイエス様と共に生きることです。復活された主イエスが共にいてくださることを信じることです。イエス様はぶどうの木のたとえを語られたとき、こう話されました。

「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている」(15:4)。

イエス様を信じるとは、復活されたイエス様につながって生きることをです。

 命は人間を照らす光、命は人の光です。命とは、神さまとの交わり、イエス様との交わりに生きることでした。命は光です。光に留まり、光の中を歩むとは、復活の主と共に生きること、復活の主に従うことです。復活の主との交わりに生きることです。

 そして私たちは

「光の子」

として歩みます。こんな言葉が聖書にあります。

「あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい」(5:8)。

信仰者は、光の子です。光の子とされています。それ故、光の子として歩みます。

 5節。

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」。

イエス様は光として、世の光としてこの世においでになりました。すると人は、イエス様を信じるか信じないか、分かれました。イエス様を信じない人々がいました。そのことが

「闇は光を理解しなかった」

と書かれています。

ヨハネ福音書は、不信仰なユダヤ人を描きます。彼らは神を信じており、神の教えを守っていましたが、イエス様を信じませんでした。彼らは、信仰とは、神の教えを守ることだと理解していました。頑なに神の教えを守ろうとし、神さまの心を思うことがありませんでした。戒律主義者となってしまいました。

そのために彼らは、イエス様が救い主であることが分かりませんでした。信仰とは神の戒めを守ることとの思い込みが、イエス様の姿を見ることを妨げたのです。

 聖書によれば、人は皆暗闇の中に生きています。光なるイエス様を信じない限り、闇の中にいます。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」(3:19 )。

闇の中にいる人は、光の中を生きる時に与えられる神さまの祝福を失っています。自ら神の祝福を失う、それがすでに神の審きだというのです。イエス様を信じないことに対する審き、罰だというのです。

 多くの人が自分の人生を何とかしたいと考えています。自分の人生がこれでいいとは思っていないと思います。あるいは人生はこんなものだと考えています。でも神さまは、祝福の中に生きるように私たちを招いておられます。神さまは、私たちを光の中に来るように招いておられます。神さまは、祝福に来るように招いておられます。神との交わりに生きるように招いておられます。

 ヨハネ福音書が書かれた目的は何だったのでしょうか。

「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」(20:31)。

読者が命を受けて光の中に生きるためです。

 イエス様が光であることを知ること、光の中を歩めること、光の中に留まることができることは、何と幸いなことでしょうか。神さまとの交わりに生きることは何と幸いなことでしょうか。復活の主イエスと結ばれて生きること、復活の主を羊飼いとして仰ぎ、その羊として生きることは何と幸いなことでしょうか。

祈り