12月になりました。クリスマスの季節です。マタイ福音書とルカ福音書は、救い主の誕生物語を伝えています。どちらも、神さまの働きによって、神さまのみ心によって、救い主であるイエス様が生まれたことを伝えています。ヨハネ福音書は、イエス様の誕生物語は伝えていません。しかしヨハネ福音書では、イエス様は繰り返し、繰り返し、何度も、ご自分が父なる神さまから遣わされてこの世に来たことを語っています。

 どの福音書も、イエス様が救い主メシアであることを伝えています。イエス様と出会う人は、イエス様の言葉と行いを見て、イエス様を信じるかどうか問われます。たとえばイエス様は弟子たちに向かって

「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」

と問いかけています。

 私たちもまた、イエス様を信じるか否か、問われています。信じるように招かれています。そしてヨハネ福音書では、ユダヤ人が登場しますが、彼らはイエス様を信じようとはしません。今日の聖書でイエス様は、そのユダヤ人たちに対して、

「あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる」

と恐ろしいことを語っておられます。今日も聖書に聞きましょう。

 この福音書でイエス様は、何度も何度も、ご自分が父なる神さまに遣わされた者であることを告げています。21節で

「わたしは去って行く。あなたたちはわたしを捜すだろう。・・・わたしの行く所に、あなたたちは来ることができない」。

イエス様は、神さまから遣わされたので、今度は神さまのもとに帰ることを語っておられます。そして神さまのもとには、あなたたちは来ることができないとイエス様は語られました。この言葉を聞いたユダヤ人たちは、イエス様が自殺でもするのだろうかと、とんちんかんなことを話しています。

 イエス様は、神さまのもとから、神さまに遣われてこの世に来たのです。このことは今日の聖書の、26節ではこう書かれています。

「わたしをお遣わしになった方は真実であり、わたしはその方から聞いたことを、世に向かって話している」。

イエス様は、遣わされた者として、ご自分を遣わした方から聞いたことを話しているというのです。28節では、

「わたしが、自分勝手には何もせず、ただ、父に教えられたとおりに話している」。

でもこれは、イエス様がご自分で、自分は神から遣わされた者であると言っているだけです。

 イエス様は、ご自分が神さまから遣わされた者であることを二つの仕方で示しておられます。一つは、語る言葉によってです。イエス様が神殿の境内で人々に教えているとき、ユダヤ人たちはその教えに驚いています(7:15)。

どうですか、皆さんは、イエス様の語る言葉を聴いて、このような言葉を語るなんて、この人は誰なんだろう、と不思議に思うことはありませんか。わたしは聖書を読んで時々思います。このようなことが書かれているからには、神さまがおられるからに違いないと思うことがあります。人間が考えて書いた言葉とは思えないからです。

さらにイエス様が、

「渇いている人はだれでもわたしのところへ来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が皮となって流れ出るようになる」

と話しをされたとき、

「この人はメシアだ」

と言う人がいました(7:41)。イエス様の語る言葉には、イエス様が神から遣わされたメシアであることを感じさせる力、権威がありました。

 今ひとつ、イエス様が神さまから遣わされた者であることを示すものがあります。それはイエスのなさったわざです。この福音書の5章には、38年間も病気で苦しんでいる人をいやしました。9章では、イエス様は生まれつき目の見えない人の目を見えるようにしました。

この人は目が見えるようになって、ユダヤ人に対してこう述べています。

「生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」。

イエス様が神さまから遣わされた方であることは信じるに足る根拠はあるのです。

 しかしユダヤ人たちは、信じようとしませんでした。イエス様はナザレ村出身です。ユダヤ人たちは、メシアはベツレヘムから出るのであり、ナザレ出身のイエスはメシアであるはずがないと主張します。この主張は、聖書に書いてあるので正しいです。でも彼らは知らなかったのです。イエス様がベツレヘムで生まれたことを。

 イエス様が病気を癒やしたのが安息日でした。安息日は仕事を休む日であり、病気を癒やすことは仕事だから、イエス様は安息日の戒めを破ったとユダヤ人たちは考えました。戒めを破る者が神が遣わしたメシアであるはずがない、と考えたのです。

しかし目の前に病気で苦しんでいる人がいるのに、今日は安息日だから、病気を癒やすのは間違っていると考えるのは、おかしいです。イエス様は憐れみ深い方です。病人をいやします。イエス様の目に、形式的に戒めを守るユダヤ人たちの姿は、愛のない、偽善者に見えました。そしてイエス様は、このユダヤ人たちに向かって、

「あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる」

と宣言されたのです。

 いきなり

「自分の罪のうちに死ぬ」

という言葉が出てきて、戸惑いを覚えます。イエス様がこのように語った理由が23節で述べられています。

「あなたたちは下のものに属しているが、わたしは上のものに属している。あなたたちはこの世に属しているが、わたしはこの世に属していない」。

このイエス様の言葉が語っているのは、人はどちらに属しているかということです。ここでは上に属するか否か、この世に属するか否か、が語られています。ヨハネ福音書は、人は二つの内どちらかに属するものだと語ります。たとえば、3章16節にはこうあります。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

御子つまりイエス様を信じる者は永遠の命を得ますが、滅びる者もいるというのです。イエス様を信じない者が滅びるというのです。イエス様を信じるか否か、永遠の命を得るか滅びるか、人はどちらかなのだというのです。

 ユダヤ人たちがイエス様の言葉をなかなか信じないのでイエス様はこう言いました。

「わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか。神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである」(8:46〜47)。

神に属する者は、神の言葉を聞くが、ユダヤ人たちは、神に属していないので神の言葉を信じない、イエス様の言葉を信じないというわけです。神に属する者であるのか、そうでないのか。

 今日の聖書には、世に属するという言葉があります。世に属するとは、神を信じない、つまりイエス様を信じないことを意味します。イエス様自身は、神のもとから来られた方であり、世に属する方ではありません。イエス様は弟子たちに、あなたがたは世に属していないから、あなたがたもこの世から迫害を受けるであろうと語っています。さらには、真理に属するという言葉もあり、イエス様はこう語っておられます。

「真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」(18:37)。

 ヨハネ福音書では、この

「属する」

という言葉は大切な言葉です。それは自分の所属を示すからです。オリンピックの時、特別な理由がない限り、人は自分の国の選手を応援します。自分の国の選手がメダルを取ると喜びます。人には、自分が所属する国があります。自分を同じ国の代表選手は、自分に他ならないのです。だから、私たちは日本の選手を応援します。

 フランス国民には移住したイスラム教徒の人もたくさんいると聞きます。イスラム教徒の人は恵まれない環境にいる人が多く、もともとのフランス人とは区別されていると聞きます。イスラム教徒の若者の中には、自分たちの生きる環境の悪さのために不満を抱く人が少なくないようです。同じ国民でも、人種の違い、宗教の違いが、

「所属」

の違いを浮き彫りにします。私とあなたは違うという意識を持ってしまうのです。

 イエス様を信じる人は、イエス様に属する人という意味で、クリスチャンと呼ばれます。イエス様を信じる人は、神の子であり、永遠の命を持つ者とされました。この世に属していないので、この世の常識、この世の人々の考え方に従うのではなく、神さまの言葉に従って歩みます。信仰をもって生きるとは、自分の所属をはっきりさせることを意味します。自分の所属にふさわしく生きるのです。イエス様を信じる者と信じない者は所属が違うのです。

 イエス様はユダヤ人たちに

「あなたがたは罪のうちに死ぬ」

と語られました。ユダヤ人たちはイエス様を信じない人たちです。この場合の罪は、不道徳なこと、何か悪いことをしたということではありません。神さまが救い主を送ったのに、信じようとしなかったことです。

ユダヤ人たちは、自分たちは神を信じ、神の教えを守っていると自負していました。しかしイエス様を信じません。しかしユダヤ人からすれば、律法も知らないあの盲人、イエス様によって目が見えるようにされた人は、イエス様が神から来た人であることを認めました。律法も知らない人がイエス様がメシアであると認めるのに、律法をよく知るユダヤ人たちは信じません。この信じようとしない態度、頑なさが罪です。

 盲人の目を見えるようにしたことを語る9章の終わりでイエス様はこう語っています。

「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」。

<わたしがこの世に来たのは、裁くためである>とは、イエス様と出会うとき、人は自分が何者であるのかがはっきりするという意味です。

生まれつき盲人の人は、イエス様と出会い、見えるようになりました。彼は見えない者でしたが、見える者となりました。しかしユダヤ人たちは、見えると自ら主張していましたが見えない者となりました。つまり神を信じると言いながら、神さまが遣わした救い主を信じないのですから、彼らは神を信じない者であることが明らかとなりました。神を信じると言いながら、神を信じない者となりました。

そこでイエス様は言います。

「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし、今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」(9:41)。

ユダヤ人たちはイエス様を信じようとしませんでした。そこに彼らの罪があったのです。イエス様を信じなければ、彼らは罪を犯したまま死ぬことになります。彼らは永遠の命を得ることができず、滅びに至ることになります。イエス様はここで、ユダヤ人たちに警告したのです。

24節でイエス様は話します。

「『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる」。

イエス様は神さまから遣わされた方です。そしてメシアです。イエス様は

「私は世の光である」(8:12)

と語ります。すでにイエス様は6章で、

「私は命のパンである」

と語られました。ヨハネ福音書では、さらに

「わたしは道であり、真理であり、命である」

とも語られます。

「私は良い羊飼いである」

とも語られます。つまりイエス様がいかなる方かが語られます。24節の

「わたしはある」

という表現は、このように語る方が神であることを表す表現です。イエス様が、

「わたしは〜である」

と語るとき、それはイエス様が神であり、いかなる方であるかを示しています。

 これを信じることがイエス様を信じるということです。そして信じない者は罪のうちに死に、滅びるのです。神さまは私たちが滅びることは願っていません。私たちがイエス様を信じ、永遠の命を得ることが神さまのみ心です。ですから神さまが遣わされた救い主を信じなければ滅びるのは仕方がありません。私たちはイエス様を信じるように招かれています。神さまは、私たちを信じるように招いておられます。イエス様のお言葉。

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」。

もしあなたがイエス様を信じたいと思ったら、神さまに願えば、いいんです。求める人は与えられます。

祈り