今日の聖書でイエス様は、

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」

と語ります。<私は世の光である>、大胆な発言です。この発言を聞いていたファリサイ派の人々は、イエス様の言葉に対して、それは真実ではないと言いました。ファリサイ派と呼ばれる人々は、神の戒めを学び、実践することに熱心な人たちでした。しかし彼らはイエス様が<世の光>であることは信じませんでした。

 イエス様は、

「あなたがたは世の光である」(マタイ5:14)

と弟子たちに向けて語られました。これは私たちに向けられた言葉であると考えることができます。<あなたがたは世の光である>とイエス様はおっしゃったのです。あなたはこれを信じますか。それとも自分は<世の光>と言われるほどの信仰者ではありませんと、否定されるのでしょうか。

 イエス様は、ご自分は世の光であると語ったとき、ファリサイ派の人々は信じませんでした。ではイエス様が、あなたがたは世の光であると語るとき、あなたは信じるのでしょうか。ファリサイ派の人たちは神を信じている人ですが、イエス様の言葉を信じませんでした。ここにいる多くの方はイエス様を信じていますが、<あなたがたは世の光である>とのイエス様の言葉を信じておられるでしょうか。

神さまを信じている人が、神さまがお遣わしになった救い主を信じない、あるいは救い主の言葉を信じないとしたら、信じるとはそもそも、何を信じることなのでしょうか。

イエス・キリストをイスラエルからローマまで宣べ伝えたパウロは、コロサイ教会宛の手紙の中で祈っています。

「わたしたちは、絶えずあなたがたのために祈り、願っています。どうか、“霊”によるあらゆる知恵と理解によって、神の御心を十分悟り、すべての点で主に喜ばれるように主に従って歩み、あらゆる善い業を行って実を結び、神をますます深く知るように」(コロサイ1:9〜10)。

神のみ心を十分に悟り、神をますます深く知るように、と祈っています。

 ファリサイ派の人たちがイエス様が世の光であることを信じないのも、私たちが世の光であることを信じないとしたら、それは神さまの御心を知らないからではないでしょうか。神を信じるとは、一体何を信じることなのでしょうか。信仰とは何か、わたしが最近抱く答えはこれです。神を信じるとは、神のみ心を悟り、神をますます深く知ること。

 

「私は世の光である」

とイエス様は語りました。自分が誰かを語る自己証言は信じることができないとファリサイ派の人々が言いました。ある意味もっともな意見です。裁判の場で、被告が、私は犯罪を犯していません、と語ったとしても、それを鵜呑みにはできません。それは検証しなければなりません。しかし

「私は世の光である」

とのイエス様の宣言は、どうなのでしょうか。検証することはできません。

 イエス様は、自分はどこから来てどこへ行くかを知っていると言われました。つまり御自分が、神さまから遣わされてこの世に来ているので、自分が世の光であることは確かであると主張されました。

 イエス様は、ご自分が世の光であることを信じるように招いています。イエス様は、奇跡を行います。ヨハネ福音書の5章では、38年間も病気で苦しんでいた人をいやします。6章では、五つのパンと二匹の魚で、男だけで五千人もの群衆のお腹を満腹させました。男だけで五千人ですから、女子供もいたはずで、もっと沢山の人を満腹させる奇跡を行いました。7章では、神殿の境内でイエスは人々を教えられ、人々はその教えに驚き、この人はメシアではないか、と人々が考えるほどでした。

 ですから、イエス様が救い主メシアであり、

「世の光である」

ことを信じることは、決して無理なことではありません。9章では、生まれつき盲人の人をイエス様は見えるようにしています。見えるようになった人は、生まれつき目の見えない人の目を見えるようにした人がいることなど聞いたことがありません。私の目を見えるようにしたのは、神のもとから来た人に違いないと語っています。イエス様が世の光であることを信じるに足る根拠はあります。私たちはイエス様が世の光であり、救い主であることを信じるように招かれています。しかし、ファリサイ派の人は信じませんでした。信じるように招かれても、信じない人もいるのも確かです。

 そもそもヨハネ福音書は、何を伝えようとする書物なのでしょうか。それは1章を見れば分かります。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」(1:18)。

イエス様は、私たちに神を示すお方だというのです。

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである」(3:17)。

イエス様は、神の子であり、神に遣わされてこの世に来られたということです。

 さらにイエス様は<光>です。

「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである」(1:9)。

そして

「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」(1:5)。

すべての人が光であるイエス様を信じたわけではないのです。

そして

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(3:16)。

イエス様を信じる人には永遠の命が与えられます。

 イエス様は父なる神に遣わされてこの世に来た方であり、神を示す方であり、多くの人を照らす光であり、この方を信じる人には永遠の命が与えられることをヨハネ福音書は伝えようとしています。

 ファリサイ派の人々はイエス様を信じませんでした。イエス様は言います。15節。

「あなたたちは肉に従って裁く」。

外見で判断する、との意味です。目で見えたところに従って判断するとの意味です。彼らは言うのです。イエスは、確かに病人を癒やしたかも知れない。でも癒やした日は安息日であり、安息日は仕事をしてはいけないと神の戒めにある。イエスは、神の戒めに背いたのだから、救い主であるはずがないし、世の光ではない。

彼らは神を信じ、神の戒めを熱心に守る人たちでした。後にイエス様を宣べ伝えるパウロも、だれにも負けないほどに神の戒めを守っていると言いながら、クリスチャンを迫害していました。神を信じる者たちがなぜ、神がお遣わしになった救い主を信じないのでしょうか。

 旧約聖書にある預言者の言葉に答えがあります。預言者ホセアは語ります。

「わたしが喜ぶのは/愛であっていけにえではなく/神を知ることであって/焼き尽くす献げ物ではない」(ホセア6:6)。

 預言者ミカは語ります。

「何をもって、わたしは主の御前に出で/いと高き神にぬかずくべきか。焼き尽くす献げ物として/当歳の子牛をもって御前に出るべきか。主は喜ばれるだろうか/幾千の雄羊、幾万の油の流れを。人よ、何が善であり/主が何をお前に求めておられるかは/お前に告げられている。正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと、これである」(ミカ6:6〜8)。

 神が喜ばれるのは、牛や羊を献げることではなく、愛であり、神を知ることであり、正義を行い、いつくしみを愛し、へりくだって神と共に歩むことだ、というのです。神に対して、献げものをし、神を礼拝するという、信仰者の義務を果たすことよりも、神を知り、神を愛し、人を愛することだというのです。うっかりすると私たちは、信仰者としての義務を果たせば、信仰に生きることになると考えてしまいますが、そうではないのです。神を知ること、愛に生きること、正義を行うことこそ、信仰に生きることだと預言者は語っています。

 イエス様も信仰について語っておられます。イエス様はファリサイ派の人たちに対して、批判します。ファリサイ派の人々は、神の戒めを守っていますが、ある意味自分の都合の良いように守っていました。例えば、彼らは安息日に病人を癒やしたと言って、イエス様を批判しますが、自分たちは、安息日でも割礼を行います。割礼というのは、生まれて八日目の男の子に、神の民であるというしるしを体に刻む儀式です。八日目なら、安息日でも行うのです。しかし病気で苦しんでいる人は安息日にいやしてはいけないというのです。神の教えを守ることに熱心ですが、大切なものを忘れているのです。つまり愛がないのです。神の戒めを文字通り守っていれば、神を信じることになるとは言えないのです。

 信仰とは、神さまに対して信仰者の義務を果たすことではありません。信仰とは、神さまの戒めを守ることでもありません。これらは大切なことですが、もっと大切なことがあります。それを欠いてしまうと、それがおろそかになると、神さまのことが分からなくなり、イエス様を信じることができなくなるのです。ファリサイ派の人がそうでした。彼らは、神さまの心を見失っていました。その結果、イエス様が世の光であることを信じることができませんでした。

「あなたは世の光である」

と告げるイエス様の言葉。もしあなたが、自分が世の光であると信じられないなら、あなたも神さまの心を見失っているのかもしれません。

 イエス様は言います。

「あなたたちは、わたしもわたしの父も知らない。もし、わたしを知っていたら、わたしの父をも知るはずだ」。

イエス様は御自分と父なる神について語ります。

「わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなくて、わたしを遣わされた方を信じるのである」(12:44)。
「わたしを見る者は、わたしを遣わされた方を見るのである」(12:45)。
「わたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる」(14:7)。
「子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない」(5:23)。

 イエス様を信じる人は父なる神を信じ、イエス様を見た人は神を見たのであり、イエス様を知る人は神を知るというのです。

 あるいは逆に

「神があなたたちの父であれば、あなたたちはわたしを愛するはずである」(8:42)。

もし人が、父なる神を信じていれば、イエス様を愛するはず、イエス様を信じるはずだというのです。

「あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない」(5:38)。

ユダヤ人たちは、父なる神さまの言葉を心にとどめていない、だから、イエス様を信じることができないとイエスは語ります。ユダヤ人たちは神さまの戒めを守ることに熱心ですが、イエス様によれば、神の言葉を心にとどめていないというのです。痛烈な批判です。

 19節の言葉をもう一度読みます。

「あなたたちは、わたしもわたしの父も知らない。もし、わたしを知っていたら、わたしの父をも知るはずだ」。

これは何を語っているのでしょうか。イエス様と父なる神さまは心をひとつにしているということです。

 神さまの心を知らなくても、神さまの戒めを守ることはできます。神さまの心を知らなくても、神さまに対する信仰者としての義務を果たすことはできます。しかし神さまの心を知らなければ、イエス様のことが分からないということが起こりうるのです。神さまの心を知らなければ、イエス様を信じることができないということが起こりうるのです。ファリサイ派の人たちは、世の光であるイエス様を信じませんでした。イエス様は

「あなたは世の光です」

と断言します。あなたはイエス様の言葉を信じ、自分は世の光だと信じますか。それとも自分のようなものは世の光であるはずがないと言って、イエス様の言葉を否定されるのでしょうか。

 聖書は、神さまの心を伝える本です。人間を<本気>で救おうとする神さまの心を伝えています。それは、御子を十字架につけて死に至らせてもなお、人を救おうとするほどに神さまは本気で人を救おうとしています。世の光であるイエス様は、ご自身を信じる者たちを世の光にするほどに<本気>で、人を救おうとしているのです。説教の最初でパウロの祈りを紹介しました。<神のみ心を十分に悟り、神をますます深く知るように>。これがパウロの祈りでした。

神さまは、私たちを本気で救おうとして、イエス様をこの世に遣わされました。世の光であるイエス様、良い羊飼いであるイエス様、命のパンであるイエス様、信じる者を救うために十字架について下さったイエス様。神さまはご自分と心をひとつにするイエス様をこの世に送り、私たちを救ってくださいました。それは私たちも神さまと心をひとつにして生きるためでした。救われて生きるとは、神さまと心を一つにして生きることです。

 聖書は神さまの心を描いています。神さまの心を私たちに伝えようとしています。聖書から神様の心を知るとき、神さまの心は、人間の心を遙かに超えたものであると知ります。人間の心を遙かに超える心を聖書が描くということは、神さまの心が人間に示されたということです。

 自分が世の光であることを信じられない人は、世の光として、私たちを照らしてくださるイエス様が、私たちを救い、世の光にしてくださるという、神さまの本気度を知らないからです。神さまは本気で私たちを救い、私たちを神の子としてくださる方です。そしてイエス様は祈りの中で語ります。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたとあなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」。

永遠の命とは、神を知ること、イエス・キリストを知ることなのです。神の心を悟り、神をますます深く知るようになる、それが信仰に生きることです。

祈り