信徒の友の11月号に、引退された加藤常昭牧師の文章が掲載されていました。加藤牧師の妻のさゆりさんは、今年の8月に地上の生涯を閉じられました。葬儀が執り行われましたが、加藤牧師の親友で、ドイツのハイデルベルク大学のメラー教授からメールが届きました。そこにはこう書かれていたそうです。

「あなたは書いてこられました。妻が土曜日、午前10時、眠りについたと。長い舌がん、そしてリンパ腺がんの病苦は終わりました。神が眠らせてくださいました。神がお定めになったとき、再びみ手に取られ、こう呼びかけてくださるためです。『起きなさい、さゆり、よみがえりの朝だよ!』と」。

このメールを読み、慰めを受けた加藤牧師は、続けて書いています。

「何という慰め!主イエスがよみがえられたように妻がよみがえり、いつかは私もよみがえるのです」。

 このメールの内容については、説教塾の関係で、私はすでに知っておりました。この『起きなさい、さゆり、よみがえりの朝だよ!』はとても印象に残りました。

「起きなさい、あきお、よみがえりの朝だよ」

との声を聞いて、目覚める、うれしいです。死を越える希望については、具体的なイメージを描きたいと思っています。

 そして今日の聖書は、世の終わり、キリストが今一度この世界に現れるとき、私たちはキリストと共に栄光に包まれて現れるとあります。<栄光に包まれる>ということが具体的にどういうことなのか、分かりません。しかし、キリストと共に栄光に包まれるという希望のイメージをあれこれ描くことができるのではないでしょうか。

自分が死の床についたとき、

「起きなさい、あきお。よみがえりの朝だよ」

という声を聞くことを心の中で思い描き、またキリストと共に栄光に包まれて、そして栄光に包まれた多くの信仰者と共に神さまの前に出て神さまを仰ぐ、こんなことを思い描いて死を迎えたいと思います。

 皆さん、今日の聖書が読まれるのを聞いて驚かれましたか。1節にこう書かれています。

「さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから」。

あなたはキリストと共に復活させられたと書かれていました。復活は過去のこととして書かれているんです。3節には、

「あなたがたは死んだのであって」

とあります。あなたは死んだと書いてあります。

あなたはいつ死んで、いつ復活したのでしょうか。ここでいう<あなたがた>とは、特定の人たちを指すのであり、私たちは関係ないのでしょうか。それとも、私たちこそ、この<あなたがた>なのでしょうか。どう思いますか。この箇所をずっと読んでいけば分かりますが、この<あなたがた>は、私たちのことです。

驚かれるかもしれませんが、あなたは死んだのであり、キリストと共に復活させられたのです。そんなの変だよ、と言って、この聖書の言葉を無視すするのはやめて欲しいと思います。この言葉の前に立ち続けて欲しいと思います。このことを信じることは実は信仰生活にとって大切だからです。

 そうはいっても、どう受けとめたらいいのか、戸惑うかも知れません。皆さんには、自分は死んだとか、自分は復活したとか、その実感があるでしょうか。多くの人は、この実感はないと思います。なくて当たり前です。ないから、驚き、戸惑うわけです。これは信じる事柄なのです。私たちは自分が死んだと信じるのです。私たちは、自分が死んで復活したと信じるのです。<信じる>と言われても、でも、と思われる方は、自分は死んで復活したと<考える>ことにするのです。

 あなたが死んだ、あなたが復活した、これは信仰上の事実なのです。たとえば私たちは神を信じます。神がいるかいないか、存在するかしないか、それは証明することができませんし、実感することもできません。しかし私たちは、神が存在することを<信仰上の事実>として生きています。私たちは、神が共にいてくださると信じますが、神が共にいてくださることは、<信仰上の事実>なのです。実感はできません。しかし信仰上の事実と受けとめます。私たちが信じる多くのことは実感できませんが、信仰上の事実と私たちは考え、これを前提として歩みます。

 イエス・キリストの復活も、証明することはできません。私たちはキリストの復活を信じます。つまりキリストの復活は、信仰上の事実と考えます。この信仰上の事実の上に生きる、それが信仰です。この信仰上の事実を前提として生きる、それが信仰です。

私たちは神が全能の神であるかどうか、分かりません。しかし、神さまが全能の神であると信じます。神が全能の神であると考え、これを前提として生きる、それが信仰です。そして神に助けを求めます。

信仰とは、<実感>に基づいて考え行動するのではなく<信仰上の事実>に基づいて考え行動します。神の約束を信じるとき、私たちは、神の約束は必ず実現すると信じます。つまり、神の約束は必ず実現すると考え、前提として生きるわけです。疑いは、私たちの心に生じますが、私たちは疑いを捨てます。疑いが生じたら

「わたしは信じる立場を取る、わたしは信仰者だ、疑いよ、退け」

と口に出します。

 本題に入ります。私たちはキリストの復活を信じます。キリストの復活を信じるとは、私たちが復活したことをも信じることです。キリストの復活を信じるとは、私たちが死んだことをも信じることです。いつの日か私が死んで、終わりの日に復活するということではなく、私たちが洗礼を受けたとき、私たちは死んで、復活したのです。私たち自身の死と復活を信じないのなら、キリストの復活を信じる信仰の価値は半減します。この世を信仰をもって生きるときの力が与えられません。ただ死を越える希望を受けるに過ぎません。いや死を越える希望を与える力にもならないかもしれません。

 コロサイの信徒への手紙の2章の12節を読んでみてください。

「洗礼によって、キリストと共に葬られ、また、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられたのです」。

2章の20節にも

「あなたがたは、キリストと共に死んで、世を支配する諸霊とは何の関係もないのなら、なぜ、まだ世に属しているかのように生き、手をつけるな。味わうな。触れるな」などという戒律に縛られているのですか」

とあります。私たちがキリストと共に死んだことが前提で、信仰者の生き方が考えられています。

今日の箇所もそうです。

「あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい」。

私たちがキリストと共に復活したことが前提の上で、信仰者の生き方が教えられています。

私たち信仰者は、死んだのであり、キリストと共に復活したのです。これは信仰上の事実なのです。これはどういうことでしょうか。何を意味しているのでしょうか。

 罪に支配されていた<あなた>は死んだのです。<あなた>は死んだので、罪はもはや、<あなた>の支配者ではなくなりました。<あなた>は罪に打ち勝って生きることができるようになりました。<あなた>はキリストと共に復活して、新しい存在になりました。<あなた>は、新しく生まれ変わりました。あなたが、自分は新しい存在になった、新しく生まれ変わったという実感がなくても、これは信仰上の事実なのです。そして信仰者である<あなた>これを信じるのです。これを前提として考え、歩むのです。つまり私たちは、神の子に生まれ変わり、神の子として生きるのです。

 もしあなたが、自分が死んで復活したことについて、実感できないことは信じられないとおっしゃるなら考え方を切り替えるとよいと私は思います。私たちは、信仰上の事実を信じるのです。実感できることを信じるのではありません。

あなたは自分が神の国に迎えられるという<実感>がありますか。おそらく自分は神の国に迎えられるという実感を持つ人はいません。聖書は最後の審判を教えます。人はどのように生きたか、神の前で裁きを受けるというのです。人は皆罪を犯しています。神の国に入る資格を持つ人は一人もいませんし、自分は神の国に入れるとの確信、実感を持つ人はいません。

私たちは、イエス様を信じる人は、神の国に迎えられるという神の約束を信じます。私たちは神の国に迎えられるとの、信仰上の事実を私たちは受け入れ、それを望みとしているわけです。

 3節に

「あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内に隠されているのです」。

私たちの命は、神のうちに隠されていますが、私たちは、この命に生かされています。<神の内に隠されている>とは、私たちがこの命を確かめることができないということです。イエス様を信じる私たちは新しい命、永遠の命を与えられ、今、新しい人として、キリストと共に復活した人として生きています。神の子として生きています。この命は、私たちには見えませんし、感じることもできません。神の内に隠されているのです。隠されているのですが、この命に私たちは生かされています。キリストを復活させた神の力が、永遠の命として、私たちを生かすのです。罪に支配されていた私たちは死んで、キリストを復活させた神の力が、あなたを新しい人間に造り変えたのです。

 皆さんが、礼拝を大切にする、神に祈る、神に献げる、聖書を読む、神さまを賛美する、これは何を意味しているのでしょうか。これは皆さんが、新しい人になったこと、復活したことのしるしです。皆さんが、信仰を持つ前にしていた悪しきことをやめたこと、それは皆さんが死んだことのしるしです。

 そして私たちは死んだ者として、死ぬ前の古い人間の生き方を捨てるのです。私たちは復活した者として、新しい人間の歩みを始めます。オタマジャクシがやがて蛙となるように、古い人間の生き方を捨て、新しい人間の歩みをしていく中で、私たちは、本当に神の子になっていくのです。

 今日の聖書の続きでは、9節からこう書かれています。

「互いにうそをついてはなりません。古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に着け」。

古い人を捨てて新しい人を着る、それが信仰の歩みです。キリストの復活を信じるとは、私たち自身の死と復活を信じ、古い人を捨てて、新しい人を着て生きることが<できる>と信じることです。これを信じることができるようになるのは、聖霊の働きです。私たちの死と復活を信じないと、罪に支配された状態から、解放されることがありません。

 3節で

「あなたがたの命であるキリスト」

とあります。命であるキリストが私たちを生かします。どのようにして、私たちは生かされるのでしょうか。キリストは命として、ご自身を私たちと結びつけてくださいます。私たちがキリストに結び合わされることによって、私たちは生かされます。キリストは、神の言葉として、私たちを生かしてくださいます。人となった神の言葉、それがイエス・キリストです。神の言葉は、私たちを生かす<命>なのです。

 信仰とは、聖書の言葉を<真理>と信じることです。<真理>と考えて、生きることです。この真理が私たちを生かします。真理を知らない古い人の生き方を捨て、真理を身につけた新しい人として生きる、それが信仰者です。ぶどうの木とその枝のたとえ、羊飼いと羊のたとえ、いずれも私たちが主イエスと結びついて生きることを教えています。ぶどうの幹が、根から吸い上げる養分を枝に流し、これを受けて枝は葉を茂らせ実を結びます。羊飼いは羊を連れて歩き、草を食べさせ、水を飲ませ、育てます。イエスと結びついて生きるとは、神の言葉、聖書によって生きることを意味しています。イエス・キリストが命、神の言葉が命です。

 4節。

「あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう」。

命であるキリストは目に見えません。人間には隠されています。しかし<現れる>というのです。イエスはもう一度この世界においでになります。これを<再臨>と呼びます。その時、私たちはキリストと共に栄光に包まれます。具体的にどのように栄光に包まれるのかは分かりません。この時、私たちは復活します。

私たちは今、信仰上の事実として、すでに復活しています。しかし私たちはやがてこの地上の歩みを閉じます。私たちのこの体は朽ちてしまいます。火葬に付されて骨や灰になります。しかし私たちは、キリストが死者の中から復活されたように、私たちも復活します。コリントの信徒への手紙によれば、その時、私たちは朽ちないもの、死なないものを着ることになります。私たちは霊の体をもって復活します。<霊の体>それがどのようなものなのかは分かりませんが、私たちは体をもって存在として復活します。それを聖書は、栄光に包まれた私だと告げていると考えます。

 

「復活の朝だよ、起きなさい」

との声を聞いて死の眠りから目覚めるとき、私たちは栄光に包まれた体をもった存在として、復活し、神の国に迎えられます。聖なる者、きずのない者、咎められるところのない者として、私たちは神さまを仰ぎ見ます。今日は、復活の信仰を抱いて地上の生涯を終えた信仰の先輩たちを覚えています。信仰の先輩に倣い、信仰の生涯を歩みたいと思います。キリストと共に死に、キリストと共に復活したものとしてこの世を歩むことは、終わりの日の復活の望みを確かにします。

祈り