早速、聖書に聞きましょう。朝早くイエス様は神殿に行き、境内で人々に教え始められたとあります。朝早くから神殿で教えるとあり、民衆が皆聞きに来るとあります。普通なら、仕事があるだろうし、朝早くから神殿に学びに来るなんて本当なのかがと思ってしまいます。ただ仮庵の祭りの直後のことなので、朝早くから人々に教えることがあるのかもしれません。

 イエス様が人々に教えていると、突然何人かの足音が響いてきます。

「律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせます」。

そしてイエス様に言います。

「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか」。

 モーセは律法の中で命じているとあります。<律法>という字は、漢字を逆転すると法律になります。神さまの戒めがまとめられているものを律法と呼びます。

旧約聖書のレビ記には、

「人の妻と姦淫する者、すなわち隣人の妻と姦淫する者は姦淫した男も女も共に必ず死刑に処せられる」(20:10)。

申命記には

「男が人妻と寝ているところを見つけられたならば、女と寝た男もその女も共に殺して、イスラエルの中から悪を取り除かねばならない」(22:22)。

死刑というのは厳しいと思われるかもしれません。ちなみに日本の戦前の刑法では、姦通罪というのがありました。そこでは二年以下の懲役となっています。神さまは、不道徳だからという理由で姦淫を死刑にしたのではありません。信仰という観点から見て、姦淫の罪を死刑にしたのです。姦淫とは、夫と妻という人格的に結ばれた関係を破壊する行為です。神様は、イスラエルの民がご自分以外の別な神を崇めることを姦淫と呼びました。神と神の民イスラエルの人格的な関係を裏切り、破壊する行為です。だから男女間の姦淫は重い処罰を受けることになります。

 ファリサイ派と律法学者たちは、

「あなたはどうお考えになりますか」

とイエス様に問いかけました。姦淫を犯した者は死刑にすべきだという神さまの掟があります。そしてイエス様の目の前に姦淫を犯した女性が連れてこられます。この女性をどう扱うべきか、イエス様の考えを求めます。イエス様がどう答えるのか、試そうとしたのです。訴える口実を得ようとしたとあります。

イエス様は、ファリサイ派、律法学者たちから見れば、律法を破っているように見えました。そこでなんとかしてイエス様を殺したいと、彼らは考えていました。

 イエス様は御自分の考えを述べるように求められました。イエス様は罪人とされる人たちと一緒に食事をしたり、話をしたり、親しくつきあっていました。そこで、もしイエス様が、死刑にする必要はないとか、もっと軽い罰でよいとか言えば、律法違反ということで訴えられることになります。

もしイエス様が、死刑にすべきだと考えると言えば、イエス様の評判は落ちることになります。罪人とされる人たちは、イエス様は、なんて冷たい人なんだと思います。

「あなたはどうお考えになりますか」

の質問は、悪意のある質問です。一見、律法、つまり神の戒めをめぐってのやりとりですが、人を陥れようとする悪意のある質問です。人を陥れようとする悪意は神の前には正当化することはできません。罪です。

 自分に対して悪意を持ち、陥れようとする人たちに対して、イエス様はどう対処しようとしたのでしょうか。イエス様は、彼らが訴える口実を持っていることは見抜いていたと思います。彼らの悪意を察知しました。

イエス様はどうしたかというと、何も答えませんでした。イエス様は、かがみ込み、指で地面に何か書き始めました。何を書いていたのかは分かりません。おそらく彼らに背を向けて、書き続けていたと思います。イエス様は黙ってしまいました。悪意ある質問を無視しました。それは、また何かを待っている姿でもあると言ってよいと思います。

 イエス様が答える様子を見せないので、ファリサイ派や律法学者たちは、問い続けました。あんまりしつこく、問い続けるのでイエス様は言います。

「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」。

イエス様は姦淫に関する教えを実行せよと語ったのです。石を投げて撃ち殺すのです。石を投げることについて、申命記にはこう書かれています。

「死刑の執行に当たっては、まず証人が手を下し、次に民が全員手を下す。あなたはこうして、あなたの中から悪を取り除かねばならない」(17:7)。

姦淫の現場を目撃したものが最初に石を投げ、それから他の人たちが石を投げて処刑するというのです。しかし、ここではイエス様は、

「罪を犯したことのない者が、最初に、この女に石を投げなさい」

と告げたのです。

 これを聞いたファリサイ派や律法学者たちは驚いたと思います。彼らは、自分たちは律法を守っており、神の前に正しく生きているとの誇りを持っていました。だから、罪を犯している者たちを咎める、責めることができると考えていました。しかしイエス様は

「罪を犯したことのない者が最初に石を投げよ」

というのです。

律法によれば、姦淫の現場を目撃した人が最初に石を投げるのですが、イエス様は罪を犯したことのない者が最初に石を投げよ、と告げました。罪を犯したことのない者などいません。イエス様は自分を陥れようとした人たちに対して、つけいる隙を与えない見事な返事をしたのです。

 それだけではありません。それは逆にファリサイ派や律法学者たちに問いかける言葉になりました。罪ある者が、罪を犯している他の人を裁くことができるのだろうか。自分も罪を犯す者でありながら、他の罪を犯す人を裁くことができると考えるなら、あなたがたは、一体何者なのかと問いかけています。<あなたがたは、一体何者なのか>という問いは、攻撃的ですが、あくまでもイエス様の言葉は柔らかな言葉で、攻撃性はありません。

「罪のない者が、まず、石を投げなさい」。

これがイエス様の言葉です。

イエス様は、彼らに、自分が罪を犯したことがあるのかどうか、考えるように促したのです。罪を犯す者が他者を裁くことができるのかどうか、考えるように促したのです。言葉としては、

「罪のない者が、まず、石を投げなさい」

です。ファリサイ派や律法学者たちを<高慢な者たち>と責める言葉は一つも口から出しません。

 最初、彼らから考えを求められたとき、イエス様は、かがみ込んで、地面に何かを書き始めました。つまり待っていたのです。ファリサイ派や律法学者たちが、今彼らがしていることが何かに気づくことを待っていたのです。でも彼らは、イエス様に答えを催促し続けました。しかしイエス様が、

「罪のない者が、まず、石を投げなさい」

と語るのを聞いたとき、彼らはどう思ったのでしょうか。

 彼らがどう思ったのかは、書かれていませんが、石を投げることはなく、その場を去ったとあります。自分が罪を犯す者であることを知り、人を裁くことはできないと悟ったかどうかは分かりませんが、姦淫の女に石を投げるほど、あつかましく、恥知らずではなかったのです。

 私たちも自分は正しいつもりになって、人を裁くことがあります。他者を批判します。そのように裁く者をイエス様は、優しく、静かに諭すように導きます。ファリサイ派や律法学者の人たちが、自らを振り返り、自分の思いがどうなのかを吟味するように導きます。彼らは聖書をよく知っている人たちです。神さまは、罪を犯し、悔い改めない者には、罰を与えますが、悔い改め、神さまに立ち帰る者を赦し受け入れる憐れみの神です。

 自分は正しい人間のつもりになって他者を裁く人は高慢です。傲慢な人間です。神さまは、私たちが高慢な人間になるのを願ってはおられません。むしろ憐れみ深い人間になってほしいと考えておられます。神さまが憐れみ深い方であることは、ファリサイ派や律法学者の人たちだって十分知っているはずです。

 人を裁く私たちに対しても、あなたは他者に対して憐れみを抱けないみじめな人間であることを考えるようにとイエス様は、地面に何かを書きながら、待っておられるのではないでしょうか。

 今日の聖書で最初から最後まで登場している人がもう一人います。姦淫の現場で捕らえられた女性です。姦通の現場には、相手である男性もいたと思いますが、彼はなぜ連れてこられないのでしょうか。それはともかくとして、姦淫の現場で捕らえられ、イエス様のもとにつれて来られた女性は、震えおののきながら、この場にいたと思われます。

しかも、

「こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています」

との言葉を聞くのです。人目にさらされるだけでも恥ずかしいのに、いや恥を感じるどころか、身の危険さえ感じるのです。

 この女性は、

「あなたはどうお考えになりますか」

と聞かれたイエス様が何も答えないでいるとき、多少は、安堵の思いを感じたかもしれません。イエス様は、彼女に不利になることを積極的に語ることはしません。そして彼女はイエス様の言葉を聞きます。

「罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」。

彼女は石が投げられることを覚悟したでしょう。しかし石はどこからも飛んできませんし、ひとり、またひとりと、人がいなくなります。しかし、最後までそこに残っている人がいます。その人はどうするのでしょうか。

 その人、つまりイエス様は、彼女に言います。

「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか」。
「主よ、だれも」

と彼女が答えると、驚くべき言葉が彼女の耳に届きます。

「わたしもあなたを罪に定めない」。

 わたしもあなたを罪に定めない? 誰がこのような言葉を口に出すことができるのでしょうか。神おひとりのほかに、

「あなたを罪に定めない」

などということはできないはずです。そう、イエス様は神として、救い主として、

「わたしはあなたを罪に定めない」

と宣言されたのです。

 イエス様は、人を罪に定めないお方、赦しを与える方です。そして続けて彼女に語ります。

「行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」。

この女性は、二度と姦淫の罪を犯さないと心に誓ったと思います。そして犯さなかったと思います。

 自分が犯した罪の重さに震えおののいているときに聞いた、

「わたしはあなたを罪に定めない」

との言葉。何と恵みに満ちた言葉でしょうか。この言葉を語ってくれた人が、

「もう罪を犯してはならない」

と告げます。こんなことを語るこの方は誰?私の救い主、イエス・キリストです。あなたの救い主、イエス・キリストです。

 この女性だけでなく、この方が

「もう罪を犯してはならない」

と語るのを聞くとき、

「そうです、主よ、私は罪を犯しません、あなたの助けによって」

と私たちは語ります。恵みの言葉への応答です。高慢な者を諭し導き、罪に打ち砕かれる者を顧みてくださる方、それが私たちの主、イエス・キリストです。

祈り