この聖書の箇所は私にとって大切な箇所です。詩篇42篇の出だしの言葉はこうです。

「涸(か)れた谷に鹿が水を求めるように神よ、わたしの魂はあなたを求める」。

イスラエルには雨季と乾季があります。雨季には水が流れる谷も乾季になると水がなくなります。水がない状態を涸れた谷と言います。その涸れた谷に水を求めて鹿が来るようにわたしの魂は神を求める、神に渇くというのです。

 かつて私は聖霊に満たされて大胆に説教できることを求めました。使徒ペトロは、エルサレム神殿の境内で聖霊に満たされ、大胆に説教をしました。私もそうなりたいと願い求めました。聖霊に満たされることに対して、私は渇いていました。渇きが満たされることを切に祈り求めました。神さまは願いを聞いてくださいました。聖霊に満たされたらそれで大胆な説教ができるわけではありません。聖書の学び、祈り、み言葉によって生きること、これらなしに聖霊に満たされた説教をすることはできません。

 今日のテキストの後半では、イエス様がメシアか否か、人々が議論しています。今日テキストの前の箇所でも人々は議論しています。つまり、イエス様がメシアか否か、人々が議論している中で、イエス様は大声で話すのです。時は、仮庵の祭りの最終日、祭りが最大に祝われる日に、つまり神殿に沢山の人が来ているときに、イエスは大声で語り出します。人々がイエスが何者なのか、メシアなのかどうか議論をしているときに多くの人を前にして語るのです。それは御自分がメシアであることを伝える言葉です。

 37節を読みます。祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」。

この<渇いている人はだれでも」

とのイエス様の言葉は、もちろん、私たちにも向けられている言葉です。

メシアとは、救い主を意味します。救い主は、人が覚える渇きをいやす方だ、というのです。このメシアのもとに来れば、どんな渇きを感じている人でも、その渇きがいやされるとイエス様は語ります。

 ヨハネ福音書の4章に、イエス様がサマリアの町に行ったことが書かれています。ヤコブの井戸と呼ばれる井戸があり、そこでイエス様は休んでいました。その時、一人の女性が水を汲みに来ました。その女性に

「水を飲ませてください」

とイエス様が話しかけることから二人の会話が始まります。

 イエス様が女性に語ります。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」。

イエス様が与える水を飲む者は決して渇かないというのです。さらにその水は、飲んだ人の内で泉となりわき出るというのです。今日の聖書と同じ内容です。私が与える水を飲む人は、渇かないとイエス様ははっきりとおっしゃるのです。

 今日の聖書は、私たちに問いかけます。

「あなたは渇いていますか」。

どうでしょうか。

「私は生活に事欠くということもないし、必要は満たされているので、私は渇いていない」

という方もおられるかもしれません。しかし是非、あなたの心の声に耳を傾けてください。

「あなたは渇いていますか」。

あなたの心は何と言っているのでしょうか。

 もし皆さんが不安を抱えているとしたら、たとえば、老いることへの不安、病気になることへの不安、その他の不安を抱えているとしたら、皆さんは、<安心>に渇いているということができます。何か恐れを感じているとしたら、皆さんは、<平安>に渇いているということができます。年をとっての毎日、特別にすることもないし、テレビを見て毎日過ごしているわ、ということなら<生き甲斐><生きる張り合い>に渇いているということもできます。私たちは、自分はよくやっていると思いたがりますから、自分が渇いていると気づかないかもしれません。あるいは自分が渇いているとは認めたくないかもしれません。

 イエス様が

「渇いている人はだれでも」

と叫ばれたとき、すべての人が皆、渇いているとイエス様は見ておられたのではないかと思います。マタイ福音書にこのように書かれています(9:35)。

「イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた」。

イエス様の周りに集う群衆は、<弱り果て、打ちひしがれていました>。群衆は、渇いているようにイエス様には見えたのです。

 ある人は言うかもしれません。自分だけが渇いているのではなく、皆も渇きをもって生きている。そして渇きがあることは当たり前のことと考えます。渇きがいやされるなんて思いもしないのです。

先日テレビで、

「夫婦の会話はありますか」

と街頭インタビューをしている様子を見ました。

「そう、ふん、はい」。

こんなものよ、と一人の女性が答えていました。その人のとなりにいた女性も

「そうそう」

とうなずいていました。夫とのコミュニケーションはないし、これを楽しむ、そんなことは無理と思っているようです。本当は、夫との会話に渇いているのではないでしょうか。

私たちの心に、ああしたい、こうなりたいとの願いがあるなら、そこには渇きがあると言ってよいのではないかと思います。もしかしたら、説教をいくら聞いても、渇きは癒やされないと話す方もおられるかもしれません。もしそうなら、説教者は自分を変えなければなりません。

 イエス様は大声で語りました。

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」。

ここではイエス様のところに行って飲むことと、イエス様を信じることが同じこととされています。イエス様を信じる人は、その人の内から生きた水が流れ出るので、もはや渇くことはないというのです。渇きを覚えるどころか、内から生きた水があふれ出るというのです。イエス様は、渇きをいやすと約束してくださるメシア、救い主です。渇きが起きないようになると約束してくださる救い主です。

 生きた水が流れ出ることについて、イエス様は<聖書に書いてあるとおり>と語ります。思い起こす聖書は、たとえば出エジプト記です。イスラエルの民が、奴隷として苦しんでいたエジプトを脱出し、新しく住む土地、神が与えると約束された土地に向かって旅をします。荒野を旅していると、飲み水がなくなります。荒野ですから、泉も川もありません。イスラエルの民は嘆きます。すると神はモーセに

「杖で岩をたたきなさい」(出エジプト記17:6)

と命じます。モーセが岩をたたくと水が、こんこんと流れ出るのです。

この水は文字通りの飲み水ですが、イスラエルの民がエジプトの奴隷状態から解放され、約束の地に向かって旅をすることは、実は、私たちが罪から解放され、神の国に向かって、この世の旅をすることになぞらえられます。岩からこんこんと水が流れ出て、イスラエルの民全員の渇きを癒やしたことは、私たちを救われる神は、私たちの渇きをいやす方であることを物語っています。

 もう一つ、旧約のエゼキエル書47章には、神殿の敷居の下から水が流れ出て、それが神殿の外に出て川となり、川が流れる流域では、すべてのものが生き返るとあります。

エゼキエルは預言者です。エゼキエルが活躍したのは紀元前6世紀です。紀元前10世紀、ダビデ、ソロモン王の時に繁栄を誇ったイスラエルは、やがて北のイスラエル王国、南のユダ王国に分裂をします。紀元前722年に北イスラエルは、アッシリア帝国に滅ぼされます。紀元前587年に南のユダ王国は、バビロン帝国によって滅ぼされます。この時、イスラエルの民はバビロンの都に捕虜として連れて行かれます。バビロン帝国の侵略によってエルサレムの町は崩壊し、神殿も破壊されました。その頃に預言者エゼキエルが活動します。

彼は希望を語ります。神がイスラエルの民をエルサレムに連れ帰り、神殿が新しく建設される日が来るとの希望を語ったのです。その神殿の敷居の下から水がわき出て、それが神殿の外に流れ出て川となり、その流域では、すべてのものが生き返り、川は地を潤し、豊かな実りをもたらすと希望が語られます。神殿から流れ出る水、生きた水が川となって流れ出て、すべてのものを生かし、イスラエルの国家、神の民の国家の再建がなされるとの預言です。

 しかしエゼキエルの預言は、このままの形では実現していません。イエス様が

「聖書に書いてあるとおり」

と語られるとき、エゼキエルの言葉が念頭にあったと思います。なぜなら、イエス様ご自身が神殿だからです。イエス様は、イスラエル国家の復興ではなく、全人類が神の前に罪から解放され、新しい人間として生きるために救い主となられた方です。イエス様ご自身から流れ出る水を飲む人、その人の内から生きた水が流れ出るというのです。その人が再生するのです。

 私たちにはさまざまな渇きがあります。教会に来る人が何らかの渇きのいやしを求めています。私自身、人から誘われて教会に生きましたが、心の中には渇きがありました。私たちが抱く渇きをイエス様はいやしてくださいます。実は、私たちには根本的な渇きがあると聖書は告げています。私たちはなかなかこれに気づきません。ではその根本的な渇きとは何でしょうか。

 預言者エレミヤの言葉があります。

「まことに、わが民は二つの悪を行った。生ける水の源であるわたしを捨てて/無用の水溜めを掘った。水をためることのできない/こわれた水溜めを」(2:13)。

ここでは、神さまが生ける水の源であると言われます。しかし人々は、役に立たない水溜を掘ったというのです。イスラエルでは雨が降らない季節もあるので、水溜を掘ったのです。イスラエルの民は、生ける水の源である神を捨て、自分で掘った水溜にたまる水で生きていこうとしました。しかしそれは役に立たない水溜だというのです。役に立たないと知って、また別の水溜を掘るのです。

 人々は言うのです。<頼れるのは自分だけだ。自分の力、自分の考えで生きて行こう>。そして自分の力や自分の考えでは、どうにもならないときだけ、神仏に頼ります。しかし問題が解決すれば、また自分の力、自分の考えで生きていこうとします。自分の力や考え、神さまから見れば壊れた水溜なのですが、自分で掘ったその水溜によって、自分は生きていけると人々は考えるのです。クリスチャンの中にだって、このような人々はいます。

 私たちが抱える根本的な渇き、それは神ご自身に対する渇きです。冒頭で、詩篇42を紹介しました。

「谷川の流れを慕う鹿のように主よ、わが魂、あなたを慕う」。

詩篇63:2

「神よ、あなたはわたしの神。わたしはあなたを捜し求め/わたしの魂はあなたを渇き求めます。あなたを待って、わたしのからだは/乾ききった大地のように衰え/水のない地のように渇き果てています」。

詩篇143:6

「あなたに向かって両手を広げ/渇いた大地のようなわたしの魂を/あなたに向けます」。

神に対する渇きがあるのです。

 あるいは、<神の言葉>に対する渇きがあります。預言者アモスの言葉です。

「見よ、その日が来ればと/主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。それはパンに飢えることでもなく/水に渇くことでもなく/主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ」。

イスラエルの民が預言者の声に耳を傾けないので、やがて<神の言葉>を聞きたくても聞けないときが来る、との警告です。神の言葉に対する渇きです。この渇きは、現代の教会においても現実となっています。説教の内容が貧しいのです。神に対する渇き、神の言葉に対する渇き、これが根本的な渇きです。この渇きがいやされるとき、その他の渇きは、いやされていきます。その他の渇きは、問題とならなくなります。この根本的な渇きがいやされないと、次から次へと渇きが起きてきます。

 イエス様は、生きた水とは聖霊のことだと教えられました。聖霊だけが、この根本的な渇きをいやしてくださいます。そして渇きを知らない者へと私たちを生まれ変わらせてくださいます。

 どのようにして、私たちの渇きをいやしてくださるのでしょうか。イエス様は聖霊の働きについてこう述べます。

「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」(ヨハネ16:13)。

聖霊なる神さまは、私たちに聖書の言葉を真理であると教えてくださいます。悟らせてくださいます。すると私たちは聖書の言葉に立ち、聖書の言葉によって考え、聖書の言葉によって行動するようになります。聖書の言葉を神の言葉、真理の言葉と信じ、これによって生きようと選択します。

考えることは大切ですが、自分の考えを絶対化するのではなく、神の言葉に心を開くのです。神の言葉に対する信頼が生まれると、聖書が語ることに耳を傾けます。すると渇きがいやされていくのです。

 生きた水とは、聖書を真理と悟らせてくれる聖霊であり、生きた水とは、聖霊によって真理とされる聖書の言葉です。生きた水を飲む人は、真理の言葉に歩むので、いつも喜び、絶えず祈り、どんなことにも感謝します。あなたもイエス様のもとに行って生きた水を飲みませんか。

祈り