信徒の友の11月号は<キリスト教葬儀を通して家族に信仰を伝える>という特集を組んでいました。巻頭言を述べている牧師が、ガンの宣告を受けたことを告白していました。今年の春、医師から肝臓に腫瘍があり、手術が不可能なほどの大きさになっていると告げられました。人生を閉じる日が来たことを知り、重苦しい気持ちになったそうです。

 ひとり静かに祈ったときに、聖書の言葉が浮かんできました。

「主よ、今こそあなたは、お言葉どおりこの僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです」(ルカ2:29〜30)。

これは生まれたばかりの赤ん坊のイエス様が、神殿に連れてこられたとき、この赤ん坊のイエス様を見た老人のシメオンが述べた言葉です。救い主を見たので、安らかにこの世を去ることができるというのです。この言葉を思い起こし、その牧師は慰めを見いだしました。さらに60年あまりの牧会生活を振り返り、

「神の恵みによって今日のわたしがあるのです」(コリント一15:10)

と心の底から思い、感謝を新たにしたと書かれていました。

 自分の死が近づいたとき、人はどのような思いで死を迎えるのでしょうか。あなたはどうですか。その巻頭言には、

「人生の終末こそ真の希望」

という題がつけられていました。自分の死を希望を持って迎えられる、と書くのです。人は何を求めて、何に支えられて生きたらよいのかと考えさせられます。それまで自分を支えてきたものが、死を前にしても自分を支えることができるのかどうか。信仰は、死に直面した人に希望を与えることができます。信仰こそ、人を生かすものであることを知らされます。今日は、イエス様がメシア、つまり救い主であることをお話しします。

 イエス様は仮庵の祭りの時、エルサレムにやってきました。そして神殿で教え始められました。それを見たエルサレムの人々が言うのです。

「これは、人々が殺そうとねらっている者ではないか。あんなに公然と話しているのに、何も言われない。議員たちは、この人がメシアだということを、本当に認めたのではなかろうか」。

議員とは、最高法院の議員のことです。最高法院というのは、国会に相当するものです。ユダヤ社会の指導者が議員になります。ユダヤ教の指導者たちはイエスを殺そうとしていましたが、イエス様が神殿の境内で公然と話をしているので、指導者たちは考えを変えたのではないか、と言うのです。

 続けて、

「しかし、わたしたちは、この人がどこの出身かを知っている。メシアが来られるときは、どこから来られるのか、だれも知らないはずだ」。

こう述べて、イエス様がメシアであるはずがないと考えたのです。32節には、イエスを殺そうとする祭司長とファリサイ派の人々がいます。殺そうと考えていますから、イエス様がメシアであるとは考えていません。

 二つのグループの人たちは、イエス様がメシアであることを信じませんでした。エルサレムの中の人々は、自分たちはイエスの出身地を知っているから、イエスはメシアであるはずがないと主張しました。ファリサイ派の人々はイエスが、安息日に病気を癒やし、安息日の戒めを破っていると考え、神の戒めを破る者がメシアであるはずがないと考えました。

 この二つのグループの人たちは、思い込みがありました。メシアの出身地は誰も知らないはずだ、とか安息日に病気を癒やすので、神の戒めを破る行為だと、決めつけていました。自分の思い込みによって、メシアとしてこられたイエス様を受け入れることができなかったのです。

 しかしここに群衆がいました。群衆のなかには、イエスを信じる者が大勢いたとあります。彼らは言います。

「メシアが来られても、この人よりも多くのしるしをなさるだろうか」。

彼らは、イエス様のなさった奇跡を見て、素直にイエス様がメシアであると信じたのです。ただ彼らは、メシアがどんな働きをし、どんな救いを信じる人たちに与えるのかは、十分知りません。しかし、自分の思いにとらわれることなく、イエス様を信じたのです。そこで思います。私たちのメシア理解は成長し、深まるということを。

 私たちだって、イエス様がメシア、救い主と信じていますが、どれほど正確にイエス様がメシアであることを理解しているかは、不確かなのではないでしょうか。聖書を学ぶことを通して、イエス様がメシアであることの理解が深まります。言い換えると、イエス様がどのような救いの恵みを与えてくださるのかが分かり、救いの恵みを豊かにいただくようになります。

説教者自身のメシア理解が不十分で、救いの恵みを十分伝えることができていない現実もあるのではないかと私は考えています。説教者自身が、救い主であるイエス様が与えてくださる恵みを十分受け取っていないのではないか、と思うのです。だから救いの恵みを伝えることができないという現実があると思っています。聖書を通して、メシアであるイエス様がいかなる方であることを学ぶことの大切さを思います。

 エルサレムの中の人々が、イエス様はメシアであるはずがないと言ったとき、神殿の境内で教えておられたイエスは大声で語るのです。<大声>で語るのです。神殿の境内で教えるイエス様の周りを人々は取り囲んでいました。取り囲んでいる人たちの後ろの方で、人々がささやいているのが聞こえたのです。つまり<イエスはメシアであるはずがない>とのささやきが聞こえたのです。途端にイエス様は声を大きくして語り出したのです。なんとしても伝えたい、わかってほしいと願って語り出したのです。イエス様は大声で必死に語られたのです。

 

「わたしをお遣わしになった方は真実であるが、あなたたちはその方を知らない。わたしはその方を知っている。わたしはその方のもとから来た者であり、その方がわたしをお遣わしになったのである」。

イエス様は、自分が神から遣わされた者であると大声で語ったのです。大声で、自分が神から遣わされたメシアであると告げたのです。

 ヨハネ福音書を読むと気づくことですが、イエス様は繰り返し、自分は神さまに遣わされたと語ります。ちなみに私が数えたら、39回も語っています。ヨハネ福音書においては、イエスを信じるとは、イエス様が神さまから遣わされた方であることを信じることだと言ってもよいほどです。たとえば3章16節以下にはこうあります。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである」。

 ファリサイ派の人々がイエスを捕らえようとして使いを送ったとき、イエス様はこう語りました。

「今しばらく、わたしはあなたたちと共にいる。それから、自分をお遣わしになった方のもとへ帰る」(33節)。

イエス様は自分を遣わした方のもとへ帰るとまで言われました。これは十字架で亡くなり、復活し、天の父なる神のもとへ行くことを指しています。イエス様は、神に遣わされ、そして神のもとに帰られるのです。

 冷静に聖書を読めば、イエス様が神さまから遣わされてこの世に来たことはイエス様が自分で主張しているだけです。なかなか人々に理解してもらえません。そもそも神から遣わされているなどということがどうして分かるのでしょうか。でもこのことは、私たちにも密接なことです。

牧師は神から召し出され、神から遣わされて教会で働きます。牧師は神から遣わされて説教をするのです。皆さんは、今自分は、神から遣わされた説教者の話を聞いていると思って、説教を聞いておられるでしょうか。お寺にはお坊さんがおり、教会には牧師がいて、信仰の話をするのであり、牧師が神から遣わされているなどとは思ったこともないと言われる人もいらっしゃるでしょう。説教、あれは牧師さんの話だと受けとめている方もおられるでしょう。

でも牧師は、神から遣わされた者として、聖書を読み、思い巡らし、説教の準備をしますし、自分が語ったことに従って生きる努力をしています。

 牧師が神様から遣わされていることについては、たとえば牧師が教会に赴任した時、就任式を行います。その中で教会員の誓約があります。

「あなたがたが招聘したこの教師は、今あなたがたの牧師として主から遣わされました。あなたがたは心から感謝して、この教師を受け入れる覚悟がありますか」

と問われます。説教者は、神さまから遣わされて説教をしています。

 牧師が神さまから遣わされていることはどうして分かるのでしょうか。イエス様が神さまから遣わされていることはどうして分かるのでしょうか。

 イエス様が神さまから遣わされていることは見る目を持ち、聞く耳を持つなら、分かります。イエスが行われた奇跡は、イエス様が神さまから遣わされたことを証ししています。ヨハネ福音書の9章には、生まれつき盲人の目をイエス様が見えるようにしたという話があります。これも安息日の出来事でした。そこでファリサイ派の人たちは、この奇跡は、イエス様が神から遣わされた証しにはならないと考えました。安息日に癒すことは安息日の戒めに反するからです。

 しかしイエス様によって目が見えるようにされた人は言います。

「あの方がどこから来られたか、あなたがたがご存じないとは、実に不思議です。あの方は、わたしの目を開けてくださったのに。神は罪人の言うことはお聞きにならないと、わたしたちは承知しています。しかし、神をあがめ、その御心を行う人の言うことは、お聞きになります。生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」。

イエス様のなさった業は、イエス様が神さまから遣わされたことを証ししています。

 あるいは、聖書(旧約聖書)もイエス様のことを証ししています。エジプトにおいて奴隷であったイスラエルの民を神さまは解放なさいました。バビロンに捕虜となったイスラエルの民を、神さまは解放なさいました。神さまは、苦しむ人をその苦しみから解放する方であると聖書は語ります。そしてイエス様は言います。

「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。はっきり言っておく。罪を犯す者は誰でも罪の奴隷である。もし子があなたがたを自由にすれば、あなたがたは本当に自由になる」。

イエス様が神さまから遣わされた方であるからこそ、イエス様は、私たちを罪の支配から自由にしてくださいます。イエス様は、私たちを死の恐怖の奴隷からも自由にしてくださいます。

 エレミヤ書にこう書かれています。

「まことに、わが民は二つの悪を行った。生ける水の源であるわたしを捨てて無用の水溜めを掘った。水をためることのできない/こわれた水溜めを」。

イスラエルは雨が少ないので、水を溜めておく水溜を作る習慣がありました。神こそ、生ける水の源です。しかしイスラエルの人々は、神を捨てて、自分で水を溜めようとするというのです。いざ水を汲もうとすると、それは壊れていて役に立たないというのです。

自分の死を前にしたとき、自分がそれまで追い求めてきたものが、その人を支え、希望と力を与えれば幸いです。死を前にしたとき、その人が追い求めてきた富、名誉、地上の幸福は、何の役にも立たないのではないでしょうか。役に立たないとすれば、それは壊れた水溜だったのです。しかしイエス様は、天から降ってきたパンです。主イエスは私たちを生かす方です。イエス様が神様から遣わされた人であるから、私たちはイエス様が教えられたことを神の言葉として受けとめこれに生かされることを喜びとしています。

 聖書にはぶどうの話しがよくでてきます。イザヤ書5章にぶどう畑の歌があります。神さまは、エジプトで苦しんでいたイスラエルの民を解放し、肥沃な土地に彼らを導き、住まわせました。そこでイスラエルの民は豊かな実りを楽しむことができました。しかし彼らは、偶像礼拝を行い、神さまを見捨ててしまいました。預言者イザヤは、この現実をぶどう畑のたとえとして語ります。

 神さまは、イスラエルの民をぶどう畑に植えたのです。イスラエルの民はぶどうの木です。イスラエルの民が神の民として、成長し、良い実りをもたらすことを神は期待したのです。しかし実ったのは、酸っぱいぶどうでした。畑に植えられたぶどうの木は、役に立たないぶどうの木でした。偶像礼拝をする民が酸っぱいぶどうにたとえられました。イスラエルの民は、神様を証しする民となるべきでしたが、そうではありませんでした。神様は預言者を何人も送り、イスラエルの民に神に立ち返るように語らせたのです。しかしぶどうであるイスラエルは酸っぱい実しか結びませんでした。

 イエス様もたとえを語られました。

「わたしはぶどうの木。あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」。

イエス様につながる信仰者は豊かな実を結ぶとあります。信仰者が良い実を結ぶようにと遣わされたのがイエスであることがわかります。以上取り上げた聖書、旧約聖書は、イエス様が神さまから遣わされたことを証ししていると言ってよいと思います。

 イエス様は、神さまから遣わされたメシア、救い主です。この方が与えてくださる救いの恵みは豊かです。その豊かさにあずかるためには、イエス様がどのような方なのか、私たちのために何をしてくださったのか、イエス様のことをもっともっと知る必要があります。知れば知るほど、救いの恵みの豊かさを味わうことになります。この方に生かされる幸いと喜びを知るようになります。

 

「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている」。

聖書を読むとき、説教を聞くとき、自分の思い込みから自由になって、神さまからの語りかけとして聞くとき、私たちは、神さまのこと、イエス様のことを知るようになり、分かるようになります。その時、私たちは命のみ言葉に生かされていることを知るようになります。

祈り