今日の聖書でイエス様は、言われました。

「わたしの教えは、自分の教えではなく、わたしをお遣わしになった方の教えである。この方の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものか、わたしが勝手に話しているのか、分かるはずである」。

イエス様の言葉はインパクトのある言葉、人に驚きを与える言葉であったと思います。

 今日も、信仰とは何か、聖書から教えられたいと思います。あえて結論を先に言えば、信仰とは、神さまを見て生きることです。

 イエス様の言葉をもう一度繰り返します。

「わたしの教えは、自分の教えではなく、わたしをお遣わしになった方の教えである。この方の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものか、わたしが勝手に話しているのか、分かるはずである」。

神の御心を行う人は、<分かるはず>とはっきり言われました。分かるはず。皆さんは、いかがですか。

 神の御心を行おうとしている皆さん、あなたは、分かりましたか。イエス様の教えが、イエス様をお遣わしになった神の教えであることは証明できません。イエス様が、わたしの教えは、神の教えである主張しているに過ぎません。しかし、神の御心を行おうとしている人は、イエス様の教えが神から出たものであることが分かるはずだ、というのです。イエス様の教えはすばらしいし、神から出たものであると言われるなら、そうでしょうね、と返事をすることはできます。しかし、<分かる>ということは、確信があるということです。確信しているから、<分かる>ということができます。その確信の根拠は何か、です。<分かる>と言えるのはなぜなのでしょうか。

 神の御心を行おうとする人は、なぜ分かるのか。考えてしまいます。わたしが神様から与えられた答えは、神の御心を行おうとする人は、神の心を見たから、です。

 イエス様のことを多くの人に宣べ伝えたパウロ。彼は最初イエス様を信じるクリスチャンを迫害していました。パウロは、その頃の自分は、誰よりも、熱心に神の教えを守っていたというのです。神の御心を行う点で、自分は誰にも劣らないと語っていたのです。しかし彼は、クリスチャンを迫害していました。パウロはイエス様の教えが神から出たものであることが分からなかったのです。神の御心を行っていたのに、彼は分からなかったのです。どうしてでしょうか。

 神の御心を行うとは、神さまの心を見ることだからです。パウロは、神さまの心は見ていなかったのです。神のみ心は、神の戒めに現れます。パウロは、神の戒めを守っていたかもしれませんが、神さまの心は見ていなかったのです。

たとえば、モーセの十戒に

「あなたは殺してはならない」

とあります。文字通り、人を殺さなければ、この戒めを守っているということはできます。しかしイエス様は教えます。

「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる」。

イエス様は、人を殺さなくても、人をばかにする者は、人を殺したのと同じであると教えるのです。

 ここで、神さまの教えの背後にある神さまの心を汲み取ることが大切です。神さまは、私たちが他者の心を重んじること、他者の人格を重んじることを求めているのです。他者をバカにすることは、他者の人格を傷つけることです。人を殺すとは、他者の人格をなきものにすることです。いずれも他者の人格を重んじないという点で共通しています。人を殺すことをしない人でも、他者の人格を軽んじることはよくあることです。つまり神のみ心を知らないのです。

もし、人格を重んじることを神さまが私たちに求めていることを知るなら、人を殺さなくても、人をバカにする人は、火の地獄に投げ込まれるとのイエス様の言葉が理解できます。パウロは、神の戒めを守っていたかもしれませんが、それは表面的なものでした。神さまの戒めの背後にある神のみ心は理解していなかったのです。

「殺してはならない」

という十戒の教えについて言えば、イエス様の教えが、神さまの教えから出たものであることが分かります。イエス様は、神様の心を見ていたから、神様の戒めを深く考えていたことがわかります。

 神の御心を行う人とは、神さまの心を見た人です。神の戒めの背後にある神さまの心を知って、神さまの心を見て、その戒めに従うということです。文字通り、戒めを守るということではありません。この神の心を知る人、知ろうとする人は、イエス様の心を見ることができる人です。するとイエス様の教えが、神から出ていることが分かるというのです。イエス様が神さまと心をひとつにしていることが分かるのです。

 イエス様の教えを聞いた人たちが、

「この人は、学問をしたわけでもないのに、どうして聖書をこんなによく知っているのだろう」

と言いました。イエス様は聖書をよく知っていました。つまり神さまの心を知るほどに、神様の心を見るほどに聖書をよく知っていたのです。聖書から、神さまを理解したのです。ですから、神の心を見た人は、イエス様の教えが、神さまから出てきていることは分かることなのです。

 イエス様は言いました。

「わたしを見た者は、父を見たのだ」。

神さまは目に見える方ではありませんから、何を見たかと言えば、神さまの心を見たのです。あなたが神さまの心を見た人なら、イエス様の教えが神さまから出ていることは分かるはずだとイエス様は語られたのです。心の清い人は幸いである。その人は神を見るであろうとイエス様は教えられました。神を見るとは、神様の心を見るということです。

 イエス様は聖書をよくご存知でした。この場合の聖書は、旧約聖書のことです。旧約聖書には、神さまが登場します。私たちは、神さまの心を見ることができるのです。私たちは旧約聖書を読めば、神さまが何を語り、どんな行動をされたかを知ることができます。神さまに注目すれば、神さまの心を見ることができるのです。聖書を読めば、いろいろな知識が増えていきます。神様が語ったこと、なさったことについての知識も増えていきます。しかし大事なことは、神様の心を見ることです。

 私自身、旧約聖書を読み、神さまが何を語り、何をなさったのかについての知識はそれなりにあります。しかし、今回説教の準備をする中で、これまで神さまの心を自覚的に見ることはしてこなかったことを思わされました。

聖書を読むとは、神さまの心を見ることです。こう言えば、皆さんの中には、聖書のあそこを読んで、私は神さまの心を見た、と話される方もおられるのではないかと思います。例えば、姦淫と殺人の罪を犯したダビデ。彼が神さまに赦しを求めたとき、彼を赦す神さまの憐れみを見た方もおられるでしょう。

 聖書を読むとき、自覚的に神さまを見る思いを持つことが大切であることを思います。神を信じるとは、奇跡を信じることでもなく、神が存在していることを確信することでもなく、聖書を通して、あなたが見た神を信じるということです。説教を通して、あなたが聞いた神を信じるということです。

神は具体的に聖書に描かれています。聖書に描かれた神の心を見て、このような心を持つ方を信じると決断することで信仰生活が始まります。結婚する前ある人と交際し、その心を知って、この人と結婚してもいいな、結婚したいと言って、結婚するのと似ています。

 礼拝に出席しつつも洗礼の決断をまだされていない皆さんは、説教を通して、聖書を通して、どのような神さまの心を見ておられるのでしょうか。私たちが信じる神さまはその心を私たちに見せてくださる神です。その心を見て、私たちは、信仰をいつも新たにしていきます。

 私は、神さまの<心を見る>という言葉を使いました。神さまの<心を知る>という言葉でもよいのですが、積極的な意味を込めて、

「心を見る」

という言葉を使いました。知るだと、知ったことを知識として蓄えることがあります。しかし見たこと、聞いたことは、人は語りたくなるものです。

そうです、私たちは自分が

「見たもの」

について、証言することができます。自分が目撃したことを語る、それが証し、証言です。神さまを知る、これは一つの出来事であり、証言できることです。それで神さまの<心を見る>という言葉を用いました。デボーションをする方は、聖書を読むとき、神さまはいかなる方かという視点をもって聖書を読みます。それは神さまの心を見るということに他なりません。

 聖書を読むとは、<神を見る>ことだとの思いに立って、自分は神さまのどんな心を見たのかと振り返りました。

出エジプト記を読むたびに神さまは、人間を自由にする方だと考えてきました。説教でも、繰り返し出エジプト記を引用しました。イスラエルの民は、エジプト王の支配の下で奴隷として苦しんでいましたが、神さまは、彼らをエジプトから解放しました。また神さまは、罪の支配の下で苦しんでいる人間を罪から救い、罪から解放するために、御子イエス・キリストをこの世に送り、十字架におつけになりました。そして私たちは、神の子として自由を与えられました。今、私は人間の自由を願う神さまの心を見た思いがします。聖書には、さまざまな囚われで不自由になっている人間を救い、自由にしたい、と考える神さまの心が現れていることを思いがします。

 また罪を犯す人間への神の憐れみの心を見ました。特に旧約聖書で、神に背き続けるイスラエルの民に対する神さまの憐れみは強烈です。神に背き続けるイスラエルに対して、立ち帰らないなら、裁きを下すと預言者を通して神は語ります。しかしその一方でイスラエルに対して、憐れみを注ぐのです。神は語ります。

「ああ、エフライムよ/お前を見捨てることができようか。イスラエルよ/お前を引き渡すことができようか。わたしは激しく心を動かされ/憐れみに胸を焼かれる。わたしは、もはや怒りに燃えることなくエフライムを再び滅ぼすことはしない。わたしは神であり、人間ではない。お前たちのうちにあって聖なる者。怒りをもって臨みはしない」。

神さまは罪を犯す民は裁かねばなりません。しかし裁かれるイスラエルの民を見るのは、心が痛むのです。どんなに罪を犯しても決して見捨てることをしない神の憐れみ。憐れみに胸が焼かされるとさえ語る神の憐れみを見ます。

 罪を犯した私たちをイエス・キリストのゆえに、罪赦し、神の子としてくださる神さまの愛を見ます。神の子に少しも価しない者を恵みによって、神の子としてくださる神の愛を見ます。聖霊を私たちの心に住まわせ、私たちを新しく造り変えてくださる救いの恵みを思うとき、至れり尽くせりの神さまの救いのみ業の中に、神さまの愛を見ます。

 神さまは、私たちを召し、私たちを用いて働きをなさいます。神さまは、アブラハムを召し出し、モーセを召し出し、使命を与え、彼らを通して、ご自身の働きをされます。ペトロやアンデレなどの漁師を用いて福音を宣べ伝えさせます。私たちに使命を与え、私たちを生かす神さまの心を見ました。神さまに用いられて生きる、何という光栄でしょうか。

 私が牧師としての働くように召されたのは、私に能力やふさわしい資質があったからではありません。自分の力不足、賜物の不足を知ることはたびたびです。そのような私を励ましてくださる父なる神さまの心を見ています。ただ忠実に歩むように励まし、導いてくださる神さまに父の愛を見ます。金沢元町教会において、実りを見せてくださる神さまの愛を見ます。私たちは、だれもが、神さまの心を見ているのではないでしょうか。皆さんも、神さまの心を見たと思います。どんな神さまの心を見たのでしょうか。

 神さまを知ること、神さまの心を見ること、これが人生の目的です。なぜなら、信仰に生きるとは、神さまと共に生きることだからです。神さまを知らずに、共に生きることはできません。互いに相手のことを知ろうとしないで夫婦が成り立つのでしょうか。神さまは私たちに、愛に満ちたすばらしい心を見せてくださいます。神さまを信じるとは、この神さまの心を信じるということです。聖書を通して、神さまはいつもその心を私たちに見せてくださっています。そして神さまの御国に迎えられたとき、私たちにその心を見せてくださっていた神さまに迎えられるのです。神さまを讃えます。

祈り