牧師として約30年説教をしてきました。聖書を読み、聖書を学んできました。聖書を学び尽くしたなどとは到底言えません。そして信仰とは何か、これさえも分かっているとは言えません。イエス・キリストを信じるとはどういうことなのか、今も考え続けています。考え続ける中で、信仰理解は少しずつ深まってきていると思っています。聖書が伝える信仰理解に近づいているのではないか、と思っています。イエス・キリストを信じるとはどういうことなのか、共に聖書に聞きたいと思います。

 1節を読みます。

「その後、イエスはガリラヤを巡っておられた。ユダヤ人が殺そうとねらっていたので、ユダヤを巡ろうとは思われなかった」。

6章はガリラヤが舞台でした。ユダヤ人はイエスを殺そうと狙っていたとあります。ユダヤ人といっても、当時のユダヤ教の指導者たちを指します。二つの点で、ユダヤ教指導者たちは、イエス様を問題視したのです。

 一つは、イエス様が安息日に病人を癒やしたことです。安息日、これはモーセの十戒の中にある大事な戒めです。安息日には、仕事をしてはいけないとの戒めです。仕事を休み、神さまを礼拝する日なのです。イエス様が安息日に病人を癒やしたことは戒めを破ることになるとユダヤ教の指導者たちは考えました。イエス様は、律法つまり神の戒めを破っていると非難されたのです。

 もう一つは、イエス様が御自分を神と等しいものにしたと見なされたことです。自分を神と等しいものとすることは、高慢なことです。神を冒?することです。以上の二つは死罪に当たるとされていました。イエスは罰せられるべき人間であるとのことで、ユダヤ教の指導者たちは、イエスを捕らえる機会をうかがっているのです。そこでイエス様はユダヤを巡ろうとは思われなかったのです。具体的には、エルサレム神殿のあるエルサレムの町には行こうとしなかったのです。

 私たちの救い主イエス様は、命を狙われる存在だったのです。教会学校ですと、イエス様はとてもやさしい方であると伝えます。迷子になった羊を探して、見つけたらその羊を抱いて帰ってきます。やさしくて、信頼できる救い主というイメージです。

しかし今日の聖書では、イエス様は命を狙われているのです。敵対者から命をねらわれるのが、私たちの救い主、あなたの救い主です。私たちは、敵対者たちが殺そうと思っているイエス様を救い主と信じています。それでは、この救い主を信じる私たちは、命をねらわれることはないのでしょうか。

 使徒言行録を読んでいるイエス様のことを宣べ伝えたペトロやパウロは迫害されています。紀元1世紀、信仰者はローマ帝国から迫害されたこともあります。では今は、昔と状況も違うし、私たちが迫害されることなどないのでしょうか。それとも、イエス様を信じる

「信仰」

の性質上、今も迫害されることが起こりうるのでしょうか。

金沢元町教会には、古い紙芝居が残されています。それは金沢元町教会の初代牧師である長尾巻牧師の伝道を伝えています。石を投げられて迫害されている場面があります。私は、イエス・キリストを信じる信仰は、いつの時代でも、この世の人々から憎まれ、迫害される可能性があることを思います。それはイエス・キリストを信じる信仰の性質に原因があると思います。

 あなたはイエス・キリストを信じています。あなたの信仰は、世の人から憎まれ、迫害を招く信仰でしょうか。ローマ帝国時代、人々は、ローマ皇帝を神の子といって崇めていました。クリスチャンは唯一の神だけを崇め、礼拝をします。ローマ皇帝を神と崇めることを拒みました。唯一の神以外のものを崇め、礼拝することはできません。唯一の神を信じるゆえに、世の権力者と対決し、迫害される可能性はいつもあるということができます。そこでもう少し深く、私たちの信仰の性質を考えたいと思います。

 7節。

「世はあなたがたを憎むことができないが、わたしを憎んでいる。わたしが、世の行っている業は悪いと証ししているからだ」。

<世の行っている業は悪いと証ししている>ことは具体的なことがヨハネ福音書に書かれているわけではありません。これだけなら、イエス様だけが迫害されることになります。ヨハネ福音書の15章に次のような言葉があります。

「世があなたがたを憎むなら、あなたがたを憎む前にわたしを憎んでいたことを覚えなさい」(15:18)。

世は、あなたを憎むというのです。世があなたを憎むときは、あなたを憎む前に、イエス様を憎んでいたことを思い出しなさいと言うのです。私たちの信仰は、この世から憎まれる性質を持っているのです。

 イエス様と私たちの共通点があります。

「あなたがたが世に属していたなら、世はあなたがたを身内として愛したはずである。だが、あなたがたは世に属していない。わたしがあなたがたを世から選び出した。だから、世はあなたがたを憎むのである」(15:19)。

私たち信仰者は、世に属していないというのです。イエス様ご自身もユダヤ人指導者たちにこう述べています。

「あなたたちはこの世に属しているが、わたしはこの世に属していない」(8:23)。

イエス様も私たちも共に

「世に属していない」

というのです。この世に生きていますが、この世に属してはいないのです。世に属していないので、世も世にあるものも、愛してはいけません、との戒めがあります。

 私たちは世に属していませんから、私たちが世と対立することが起きれば、世から憎まれ、迫害されることは起こりうるわけです。もし世に属するなら、世は、身内として愛するのです。7節で、

「世はあなた方を憎むことができない」

という<あなたがた>は、直接的には、イエス様を信じていないイエス様の兄弟たちですが、基本的にはイエス様を信じない者たちのことです。彼らは世に属する者たちです。だから世はこの人々を憎むことができないというわけです。世にとって、世に属する人は身内で憎むことができません。

 この

「属する」

という言葉ですが、まずイエス様自身、こう言っています。

「あなたたちは下のものに属しているが、わたしは上のものに属している」。

上のものに属しているとは、イエス様が天からこの世界に降ってきたことを意味します。イエス様を信じる者たちについては、次のような表現があります。

「神に属する者は神の言葉を聞く」(8:47)。

イエス様を信じる人は神に属するのです。だから神の言葉を聞きます。あるいは

「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く」(18:37)。

イエス様を信じる者は、真理に属するとイエス様はおっしゃるのです。つまりイエス様を信じるとは、自分が神に属するもの、真理に属するもの、この世に属さない者であることを信じるということです。

 ここで考えたいのが

「属する」

という言葉です。あなたは真理に属するのです。神に属するのです。世に属さないのです。どういうことでしょうか。属するとは、自分の立場、自分が何者であるかを示す言葉です。真理に属するとは、真理のもとに生きる、真理に従って生きることを意味します。神に属するとは、神を崇め、神の言葉を聞いて生きることを意味します。イエス様は、真理に属する者はわたしの声を聞くと言われました。ちょうど羊が羊飼いの声を聞いて従うように、真理の属する人はイエス様の声を聞くのです。この世に属さないから、世と世にあるものを愛することはしないのです(ヨハネ一2:15)。

 最初に、私は信仰とは何かを考え続けていると申し上げました。日本語で適切な言葉がないので、英語を使いますが、アイデンティティーという言葉があります。最近IDという言葉を聞くようになったのではないでしょうか。

インターネットを使っているとIDという言葉を使います。インターネットを利用して預金を預けたり引き出したり、あるいは買い物をするときにIDと呼ばれる文字列を入力します。それは自分が本人であることを示す特有な文字列です。IDとは、自分であることを証明するものです。今、国民一人一人に番号をわりあてる制度が実行されようとしています。この番号が、IDです。IDとはアイデンティティーのことです。自分が何者であるかを示す言葉です。自分であることを示すものです。

 イエス様を信じるとは、自分が真理に属する者、神に属する者、世に属さないものであることを信じるということです。信仰者のアイデンティティーは、真理に属し、神に属し、世に属さないことです。そして信仰とは、自分のアイデンティティを信じて生きることです。自分が真理に属し、神に属し、世に属さない者として生きる、それが聖書が伝える信仰です。

 あなたは信仰者としての自分を誇ることができますか。多くの信仰者は自分に自信を持っていませんし、誇りも持っていないようです。自分が現実にどのような信仰者であるかを知っているからです。しかし大切なのは、アイデンティティなんです。自分のアイデンティティーを知るとき、信じるとき、人はそのアイデンティティーと一致する人間に変えられていきます。その時、あなたは信仰者である自分を喜ぶようになります。信仰を持つ自分を誇りに思うことができるようになります。

 信仰者のアイデンティティーは、他にもあります。信仰者は、神の子です。信仰者は、神の目に値高い存在です。信仰者は、義とされ、神の目に正しい人間です。信仰者は、キリストの体の部分です。私たちはそもそもが、人間というアイデンティティーを持っています。私たちは、蛙でもないし、蛇でも、猫でもありません。人間です。

 自分のアイデンティティーを信じるとき、私たちの歩みが変わります。私たちの歩みが変えられていきます。自分が神の子であることをかたく信じれば、人を赦すこともできるようになるでしょう。心のどこかで、自分は罪人であると思っているから、人を赦せないのです。あるいは、人を赦したくないので、私は罪人でいいやと考えてしまうのです。自分が神の子であることを真剣に思い、これを喜ぶなら、人を赦せる人になります。

 信仰者の生き方を変えるのは、どのようなアイデンティティーに生きるかによります。自分が神の子であり、神に属する者、真理に属するものであることを信じ続けるなら、あなたの生き方は変わります。

 私たちが確かなアイデンティティーを持つのは、イエス様ご自身が、アイデンティティーを持っておられるからです。

「わたしは世の光である」(8:12)。
「わたしは道であり、真理であり、命である」(14:6)。
「わたしは復活であり、命である」(11:25)。

イエス様を信じるとは、イエス様のアイデンティティーを信じることです。

 そしてイエス様を信じる者には、信じる者としてのアイデンティティーが与えられます。イエス様は私たちについて言われます。

「あなたがたは地の塩である。世の光である」。

これもまた、私たちのアイデンティティーです。イエス様が私たちの心の中に住んでくださるとは、私たちが信仰者のアイデンティティを持つということです。イエス様を、私たちの心に招くとは、私たちが信仰者のアイデンティティに生きることです。

 信仰者の幸いとは、信仰者のアイデンティティを持つことができることです。信仰者とは、義とされた人のことです。罪赦された人です。信仰者とは、イエス様から永遠の命を与えられた人のことです。

 そこで大切なことは私たちが信仰者のアイデンティティーに生きる時、世と対立することがあり、世から憎まれ、迫害されることがあるということです。私たちが生きている状況が変化すれば、世と対決しなければならない時が来ます。聖書は勝利を約束します。

「神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。」(ヨハネ一5:4〜5)。

 イエス様は、兄弟たちから、祭りにはユダヤに行ったらよいのではないかと忠告を受けました。エルサレムに行き、人々に対して神の業を示し、御自分のことを人々に知らせたらいいと勧めました。これは余計なお世話です。イエス様は、神さまのみに従う覚悟で生きています。兄弟たちには、まだ時が来ていないからといって、しかし、イエス様は人目を避け、隠れるようにしてエルサレムに行きました。そのエルサレムでは、イエス様のことで人々は色々ささやいていました。イエスは誰なのか、人々は話していたのです。イエスが誰なのか、はっきり確信を持って言うことのできる人はいませんでした。またイエスを殺そうとしているユダヤ教の指導者たちがいますから、イエス様のことをはっきりと語ることを人々は恐れました。

 しかし私たちは、イエスが誰なのか、はっきり言うことができるのではないでしょうか。私たちにすばらしいアイデンティティーを与えてくださった救い主です。ですから私たちは誇りをもって、この方こそ、救い主であると語ることができます。伝えることができます。

 救いとは、新しいアイデンティティーを身につけることです。

「あなたがたは、以前の生活に属する、情欲に迷って滅び行く古き人を脱ぎ捨て、心の深みまで新たにされて、真の義と聖とをそなえた神にかたどって造られた新しき人を着るべきである」。

新しい人を着るとは、新しいアイデンティティーに生きることです。新しい人を着て、一歩を踏み出しましょう。

祈り