今日の聖書には、わかりにくい言葉があります。63節。

「わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である」。

意味は分かりにくいです。イエス様が話した言葉は、人を生かす、だから

「命である」

と言われている、と考えることができます。すると半分は理解できたことになります。でもイエス様の言葉は

「霊である」

とは、どういうことでしょうか。

 ここでわたしは思うのです。イエス様の言葉を読むとき、命の香りを感じているのか?イエス様の言葉を口に出して読むとき、命の響きを聞いているか?コーヒーを飲んだり、ワインを飲んだりするとき、人によっては、その香り、味わいを感じとろうとします。そこに楽しみや喜びを見いだそうとするのです。同じように、イエス様の言葉を読むとき、命の香りを感じ取ることができるのか。イエス様の言葉を口に出して読むとき、命の響きを聞くことができるのか。もしそれができたのなら、喜びが溢れるのではないか。

 私たちはイエス様の言葉を読むとき、ただ文章として読んでいるのでしょうか。声を出して読む時、ただ文章として声に出しているだけなのでしょうか。もちろん、そこでは、イエス様の言葉を頭で理解しようとはしています。しかし、命の香りや命の響きを果たして感じとっているのでしょうか。

 自分の心に響くような言葉に出会えば、その言葉が喜びとなります。それは自分の心が必要としている言葉だからです。人は、自分の心に響く言葉だけを求めようとします。それ以外の言葉は心に留めないのです。人が心に留めない聖書の言葉、それが案外人を導くのです。自分が必要とするものだけを求める、それは自己中心的な信仰です。イエス様は、聖書を通して語りかけてくださっているのです。自分の心に響くかどうかではなく、イエス様の言葉そのものに命の香りを感じ、命の響きを聴き取ることができるかどうか。

 そこでたとえば、イエス様の言葉を口に出してみます。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(ヨハネ15:5)。

あるいは

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(ヨハネ10:14)。

命の香り、命の響きを感じとることができたでしょうか。命の香り、命の響きを感じとるのは、理性の働きではないと思います。理性の働きは意味を探ることです。とすれば、どうしたらいのちを感じることができるのでしょうか。

 

「わたしがあなたがたに話した言葉は霊である」

とイエス様は言います。どういうことでしょうか。私たちは生活の中で、言葉を使います。直接言葉を口に出し、自分の思いを伝えます。あるいは手紙を書いたり、論文を書いたり、書くことによって、自分の考えや、思いを伝えます。言葉は生活する上で欠かすことができません。私たちが語る言葉は、私たちの思い、人間の思いを伝えます。しかしイエス様の語る言葉、それは、神さまの思いを伝えます。だから、主イエスの語る言葉は霊であると言われます。私たちが語る言葉は、肉の言葉であり、人間の思いを伝えます。それに対して、イエス様の語る言葉は、霊の言葉であり、神さまの思いを伝えます。

 私たちは大切なものを失ったために、イエス様の言葉に命の香り、命の響きを感じとることができなくなったのではないでしょうか。私たちは大切なものを失ったのです。

そこで思い出すのが、創世記の3章です。アダムとエバが、神さまが取って食べてはならない、それを食べると必ず死ぬと言われた木の実を食べたことです。この物語を読んで人は疑問を抱くのではないでしょうか。神さまは取って食べると必ず死ぬと言ったのに、彼らは死ななかったではないか。神はただ脅しただけなのか、と考えます。確かに、アダムとエバの肉体は死にませんでした。でも彼らの中で死んだものがあったのです。彼らには失ったものがあるのです。

 テサロニケの手紙一の最後に祝福の言葉が書かれています。

「どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り、わたしたちの主イエス・キリストの来られるとき、非のうちどころのないものとしてくださいますように」(5:23)。

<あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り>とあります<あなたがたの霊も魂も体も>。人間は、霊と魂と体からできているという理解を見ることができます。

 そうです、アダムとエバが禁じられた木の実を食べたとき、彼らの<霊>が死んだのです。魂や体は死にませんでしたが、<霊>が死んだのです。魂と体については、私たちは分かります。人間の<霊>は何なのでしょうか。どのような働きをするのでしょうか。人間は<霊>によって、神と関わることができます。人間は<霊>によって、神の事柄を理解することができるようになります。この<霊>が死ぬと神と関わることができなくなります。アダムとエバは、神とかかわって生きることができなくなったのです。

 神が近づく足音を聞いたとき、アダムとエバは神を避けました。神から隠れようとしました。神を恐れたのです。反射的に神から逃げ、身を隠そうとしたのです。彼らは、神とかかわって生きることができなくなったのです。彼らは、神の警告に従わず、神に逆らい、罪を犯しました。罪は、人を神と隔てさせます。人は、神の語る言葉に、命の香りを感じることができなくなりました。命の響きを聴き取ることができなくなりました。

 パウロが書いた手紙の最後に次のような挨拶があります。

「主イエス・キリストの恵みが、あなたがたの霊と共にあるように」(フィリピ4:23)。

あるいは

「主があなたの霊と共にいてくださるように。恵みがあなたがたと共にあるように」(テモテ4:22)。

あなたがたの霊、とあります。なぜ、<あなたがたの霊>と言うのでしょうか。<あなたがた>で十分です。しかし、<あなたがたの霊>と共にと言うのです。

つまり、アダムにおいて失われた霊が回復したことを明確にしているのではないでしょうか。このことを新しく生まれると言います。私たちは神さまと関わって生きることができるようにされた。それは私たちの霊の働きです。それ故、この霊の働きの祝福が祈られたのです。

 イエス様を信じた人は、新しく生まれたのです。

「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である」。

人は、新しく生まれたのです。霊から生まれたのです。人は霊的な存在となり、神との関わりに生きるように回復されました。ここに救いがあります。

 主イエスは、信じる者すべてに聖霊による洗礼を授けると、どの福音書も書いています。人は水の洗礼を受けた時、聖霊による洗礼も受け、その人の霊は回復したのです。アダムにおいて死んだ霊が回復したのです。聖霊が信仰者のうちに住んでくださり、信仰者の霊が回復したのです。そして神と関わることのできるものとされました。

 神さまの言葉、主イエスの言葉が理解できるのは誰でしょうか。たとえば

「私は道であり、真理であり命である」

との主イエスの言葉を理解できるのは誰でしょうか。それは、霊が回復した信仰者です。主イエスの言葉は霊です。主イエスの言葉は霊的な言葉なのです。ですから、霊が回復した人でないと理解できません。人間が語る言葉、それは人間の思いを伝える言葉、肉の言葉です。人間が語る言葉は、人間ならだれもが理解できます。しかし神さまが語る言葉、イエス様が語る言葉は霊であり、信仰者しか理解することはできません。霊が回復した信仰者が、イエス様の言葉に命の香りをかぎ取り、命の響きを聞くことができます。イエス様の言葉が慕わしくなっていきます。

 

「命を与えるのは“霊”である。肉は何の役にも立たない」(63節)。

聖書は、肉と霊の対比、対立を語ります。たとえば

「肉に従って歩む者は、肉に属することを考え、霊に従って歩む者は、霊に属することを考えます」(ローマ8:5)。

肉に従って歩む人とは、生まれながらの人間、つまりキリストを信じていない人、あるいは信じていても信仰がまだ赤ちゃんの状態の人を指します。信仰を持たないこの世の人のことです。肉に従って歩む人は、この世の人たちと同じように考え、同じようなことを考えて歩むというのです。自分中心に物事を考え、自分中心に歩みます。

 しかし霊に従って歩む人とは、キリストを信じて歩む人です。この人々は霊に属することを考えます。つまりイエス様の言葉を受けとめて考え、生きるのです。イエス様の言葉は霊ですからイエス様の言葉を大切に受けとめるのです。この人たちは、イエス様の言葉を受けとめ、これに従う人です。この人々は、神さまの御心を考えて生きる、神さまの御心を行って生きるというのです。

そしてイエス様は、肉は役に立たないと語ります。肉は命を与えないというのです。

 肉、つまり生まれながらの人も生きています。努力して生きている人が沢山います。自分の幸福を目指して、努力して、生きている人が多くいます。中には人の役に立つことを求めて生きています。でもそれは、命を与えない、人を生かさないというのです。本当でしょうか。

ここでは、神さまの裁きが意識されています。人は、いつの日か神の前に出て、どのように生きたのか、神に裁かれるとイエス様は教えています。マタイ福音書の25章で、イエス様がいつの日か、もう一度この世に来られたときのことが語られています。その時、すべての国民がイエス様の前に集められ、右と左に分けられるというのです。ある人は救いに、別の人は滅びに。人は裁かれるのです。

私たちは礼拝の中で、使徒信条を告白し、イエス様は、生きている者とすでに死んだ者を裁くとあります。この裁きに耐えうる人生が生きるに値する人生です。信仰を持たない人は、神との関わりに生きることをしませんでした。それ故、神の国には招かれません。なぜなら神の国、それは、神さまとの関わりに生きて人が招かれるところです。神の国とは、神さまとの関わりに生きるところだからです。

 イエス様の言葉は、霊であり、霊が回復した人、言い換えるとその心に聖霊が住んでくださっている人だけが、理解できます。その人だけが、イエス様の言葉によって生きようとします。そしてイエス様の言葉は命です。イエス様の言葉が、私たちを生かすことを知ります。イエス様の語る言葉に、命の香りをかぎ取り、命の響きを聞くのです。

 イエス様の言葉には、喜び、平安、愛といった香りが満ちています。愛、喜び、平安の響きが満ちています。あらためてイエス様の言葉を求めずして生きることはできないと思わされました。

 あともう一つ紹介したい聖書の言葉があります。パウロがコリント教会宛に書いた手紙の中の言葉です。

「文字は殺しますが、霊は生かします」(コリント二3:6)。

文字とは、神の教えのことです。神の教えを守らなければならない、従わなければならないと考える人の信仰生活は苦しいものです。神の教えに縛られて、おまけに神の教えを守れないとの落胆、自分を責める思いで心は乱れます。挙げ句の果てに守れなくても仕方がないと割り切ります。そして殻の中に閉じこもります。神さまの救いの恵みに心を閉ざします。

 しかし、霊は人を生かします。聖霊が心のうちに住んでいる信仰者の霊は、神の教えに命の香りをかぎ、命の響きを聞いて、これに従おうとします。従うところに喜びがあります。ここに救いがあります。信仰者の心のうちに聖霊は住んでくださっています。大切なことは、一歩を踏み出すことです。

祈り