今日の聖書で、

「心おののく人々」

とあります。自分の人生を顧みて、心がおののく場面をいくつか通ってきたことを思います。信仰も未熟で、思い悩んだり、ストレスを溜めたり、不安や恐れに心が支配され、辛い時を過ごしてきたことを思い出します。そして信仰に立つことを学んできたように思います。

 皆さんにも、心がおののいたことがあるのではないでしょうか。健康診断を受けたら、精密検査が必要ですと言われて、不安になります。会社の経営が思わしくないことが分かり、人員削減が行われると聞いて、自分はどうなるのだろうかと、先行きが心配になります。生きていく上で、心配の種は尽きません。

心が動揺します。不安や恐れに心が捕らわれます。どうしていいか分からず、心の平安がなくなります。このような経験は誰にでもあるかと思います。今日の聖書は、心おののく人たちに向かって

「雄々しくあれ、恐れるな」

と言いなさい、と私たちに命じています。自分が、心が動揺する者であるのに、どうして他の人々にそのようなことが言えるかと思われるかもしれません。しかし教会というところは、信じる者たちが、互いに励まし合い、力づけ合っているところです。この聖句は、教会の年主題として長老会で選んだ言葉です。

 心おののく人々とあります。おののくとは、震えるとの意味です。心が震え、動揺するのです。聖書にも、このような人たちが登場します。

 創世記にアブラハムという人物が登場します。ある日彼は、声を聞きます。そして住み慣れた町を離れ、その声に導かれるままに旅をし、ネゲブという地方のとある場所で生活を始めます。ところがこの地方で飢饉が発生しました。その飢饉はとてもひどかったのです。そこで生活していくことができないと判断したアブラハムは、穀物が豊かにあるエジプトに滞在することにしました。エジプトの国に入ろうとするところまで来たとき、アブラハムは妻に言います。

「あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。エジプト人があなたを見たら、『この女はあの男の妻だ』と言って、わたしを殺し、あなたを生かしておくにちがいない。どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう」(創世記12:11〜13)。

 飢饉のために仕方なくエジプトに来ましたが、自分の身に迫る危険を感じて、アブラハムは心が動揺したのです。心おののいたのです。そこで彼は妻に、自分はアブラハムの妹であると言うように、願います。<そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう>。これは身勝手な言い分だと思います。

 アブラハムがエジプトに入るとエジプト人は、彼の妻を見て非常に美しいと思いました。エジプト王の家臣が、彼女のことを王に告げると、王は、彼女を宮廷に召し入れるのです。アブラハムは、彼女のゆえに、王からたくさんの贈り物を受け取ります。何じゃそれ、それでいいの? と言いたくもなります。それはそれとして、身の危険を感じ、心おののいたアブラハムは、嘘をついて、身の危険をしのごうとしたのです。

 創世記の次の出エジプト記にモーセという人物が登場します。当時、イスラエルの民はエジプトで、エジプト王の奴隷でした。毎日辛い労働が続きます。いつ果てるとも知れない奴隷生活に絶望し、イスラエルの民は救いを求めて神に向かって叫びました。すると彼らの叫びを聞いた神は、モーセを選び、指導者に立て、イスラエルを救おうとされます。

神は、

「モーセよ、モーセよ」

と声をかけます。そしてモーセに語ります。

「見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」(出エジプト3:9〜10)。

 神から声をかけられたモーセ、指導者として働くように神に召されたモーセもまた心おののいたに違いありません。自分のような者が、指導者となって、エジプト王と渡り合うなんてできっこありませんと神に答えます。自分のような者が、できる働きではありませんと神に語ります。どうしてそんな働きができようかと足が震えたに違いありません。一体、わたしは何者なのでしょう。さらには、私は口べたなので、と断ります。するととうとう神は怒ります。神が、

「わたしはあなたと共にいる」

と語るにおよんで、モーセはようやく引き受けます。自分には無理だと思えるような働きに召されるとき、失敗することの恐れ、うまくできるかとの不安のために心はひどく動揺します。

 あるいはイスラエルの王ダビデ。彼はある日、宮殿の屋上から、水浴びをしている女性を目にします。とても美しい女性でした。彼女の名は、バト・シェバ。それで使いの者を送って、彼女を召し入れ、床を共にします。彼女は家に帰りますが、子を宿したことがわかります。そのことをダビデ王に知らせます。困ったダビデは一計を案じます。

 彼女の夫ウリヤは兵士で戦場にいます。ダビデはウリヤを呼び寄せ、休養を取るように勧めます。家で戦いの疲れをいやすように勧めます。彼が妻と寝るなら、女のお腹の子供は、夫による子とごまかすことができます。

 しかし、夫のウリヤは、家に戻ろうとしません。彼はダビデに言います。

「他の仲間の兵士は戦場にいるのに、自分だけ家に帰って飲み食いしたり、妻と床を共にすることはできません」。

そこでダビデは、戦場にいる将軍に命じて、ウリヤを戦いの最前線に送り戦死させるように命じます。そしてウリヤは戦死します。そしてバト・シェバを妻に迎えます。

 このダビデの行為は神の目に悪と映りました。神はナタンという人物をダビデのもとに遣わします。ナタンはダビデに話します。

 

「二人の男がある町にいた。一人は豊かで、一人は貧しかった。豊かな男は非常に多くの羊や牛を持っていた。貧しい男は自分で買った一匹の雌の小羊のほかに/何一つ持っていなかった。彼はその小羊を養い/小羊は彼のもとで育ち、息子たちと一緒にいて/彼の皿から食べ、彼の椀から飲み/彼のふところで眠り、彼にとっては娘のようだった。ある日、豊かな男に一人の客があった。彼は訪れて来た旅人をもてなすのに/自分の羊や牛を惜しみ/貧しい男の小羊を取り上げて/自分の客に振る舞った。」

ダビデはその男に激怒し、ナタンに言った。

「主は生きておられる。そんなことをした男は死罪だ。小羊の償いに四倍の価を払うべきだ。そんな無慈悲なことをしたのだから」。

ナタンはダビデに向かって言った。

「その男はあなただ。イスラエルの神、主はこう言われる。『あなたに油を注いでイスラエルの王としたのはわたしである。わたしがあなたをサウルの手から救い出し、あなたの主君であった者の家をあなたに与え、その妻たちをあなたのふところに置き、イスラエルとユダの家をあなたに与えたのだ。不足なら、何であれ加えたであろう。なぜ主の言葉を侮り、わたしの意に背くことをしたのか。あなたはヘト人ウリヤを剣にかけ、その妻を奪って自分の妻とした。ウリヤをアンモン人の剣で殺したのはあなただ」。

 

「その男はあなただ」。

これを聞いて、ダビデもまた心おののいたに違いありません。自分の罪を指摘され、愕然としたに違いありません。とんでもないことをしてしまったとの思い。取り返しがつきません。ダビデは自分の罪を認めます。

 人は心がおののくことを経験します。身の危険を感じたり、新しい役割に自信がなく、恐れを抱きます。あるいは自分が犯した罪のゆえに、打ちのめされます。皆さんにもあるのではないでしょうか。心が動揺し、狼狽し、どうしていいか分からないことがあります。不安や恐れに捕らわれて動けなくなることやストレスのために辛い思いをします。聖書は、そのように恐れおののいている人に言いなさいと命じます。

「雄々しくあれ、恐れるな」

と。私たちはいつも神の言葉を聞く必要があります。心おののくときも、神の言葉を聞く必要があります。神さまは、私たちを励ましてくださるお方です。

 この

「雄々しくあれ、恐れるな」

という言葉を聞いたら、思い出される聖書の箇所があるのではないでしょうか。それはヨシュア記第一章です。神さまがヨシュアに語ります。

「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ。あなたは、わたしが先祖たちに与えると誓った土地を、この民に継がせる者である」(ヨシュア記1:5)。

ヨシュアはモーセの後継者です。モーセと共にイスラエルの民を導いた人です。

 モーセに率いられたイスラエルの民は、エジプトを出て、神さまが与えるとされた土地を目指して旅をしました。そこは乳と蜜の流れる地と呼ばれ、肥沃な土地で、住むのに最高の場所でした。ところが、旅の途中で困難に直面するとイスラエルの民は、ぶつぶつ不平、不満をモーセにぶつけます。幸いに神は、奇跡を行い、その困難からイスラエルの民を救います。イスラエルの民は、神の民として、約束の土地に向かうのですが、困難に直面するといつも、文句をモーセにぶつけます。挙げ句の果てに、こんなことならエジプトにいた方がましだったと言い出す始末です。それでもモーセは彼らを率いて旅をしました。

 そのモーセの後継者がヨシュアです。神の民イスラエルを率いるのが簡単でないのはすでに知っています。神の民なのに、約束の地に連れて行くという神の約束を信じない民。困難を助けてくれる神を信じない民。強情な民。ただ目の前の状態が好ましいか否か、一喜一憂して生きる民、エジプトから救い出してくださった神のことは全然考えない民。そんな民を率いるヨシュア。そのヨシュアに神は言います。

「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ。あなたは、わたしが先祖たちに与えると誓った土地を、この民に継がせる者である」(ヨシュア記1:5)。

 聖書が伝える神、それは信じる者を励ます神、力づける神です。

「強く、雄々しくあれ」

と呼びかける神です。ヨシュアのことを考えると、<大変だよな>と思います。エジプトにおいて神さまが行った奇跡を見たのに、神に信頼しようとせず、困難が起きれば、文句を言う民を率いるなんて自分の身に重すぎる、とヨシュアも思ったに違いありません。しかし彼は、神さまの言葉を受け入れました。

「強く、雄々しくあれ」

との神さまの言葉に励まされ、彼は自分の務めを果たそうとします。

 なぜ彼は、雄々しくあろうとすることができたのでしょうか。自分の能力に自信があったのでしょうか。そうではありません。

「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない」。

この神の約束、この神の約束が、頼みの綱でした。

 しかし、神の約束は当てになるのでしょうか。エジプトを脱出した民は、次々に困難に直面し、神ならなぜ、困難に遭わせるのか、おかしいではないかと考えたのです。神の約束を疑い、信じることができなくなったのです。ヨシュアは違います。彼は神の約束を信じました。ヨシュアは、神と一つ心になったのです。一つ心になったから、神の約束に立ち、この約束を希望としたのです。

 次のような神さまの言葉を見過ごしにすることはできません。

「主は世界中至るところを見渡され、御自分と心を一つにする者を力づけようとしておられる」(歴代誌下16:9)。

<御自分と心を一つにする者を力づけようとしておられる>。最初にこの聖書の言葉に出会ったときから、忘れることのできない言葉です。神さまは、御自分と心をひとつにする者を力づけようとしておられる、というのです。人が強く、雄々しくなることができるのは、その人の力によるのではありません。神さまが共にいてくださる、決して私を見捨てないとの神様の約束を信じるからです。神さまのお心と一つになるからです。

 もう一つ覚えたいことがあります。ヨシュアを励ました神さまですが、ヨシュアについて神さまはこう言いました。

「強く、雄々しくあれ。あなたは、わたしが先祖たちに与えると誓った土地を、この民に継がせる者である」。

エジプトから導き出した民を、神は約束の土地に連れて行こうとします。神さまは、ヨシュアを用いて、民を約束の地へ連れていこうとします。ヨシュアとは何者なのかと言われたら、イスラエルの民に約束の地を継がせる者なのです。

彼は、神の御心により、イスラエルの指導者とされました。そして彼もまたそれをよしとして受け入れ、神さまと心を一つにしています。ヨシュアは使命を受け入れ、神さまと心を一つにしています。人は何に対して雄々しくなるのでしょうか。人は神様から与えられた使命に対して、雄々しく立ち向かうのです。そのことをヨシュアは教えています。

 神さまに励まされた人は何をするのかも書かれています。3節には、

「弱った手に力を込め、よろめく膝を強くせよ。心おののく人々に言え」。

私たちは神さまに励まされ、弱った手に力を込め、よろめく膝を強くして立つのです。そして他の人々を励ますのです。私たちは互いに励まし合うのです。互いに励まし合う、それが教会です。

 教会はキリストの体と言われ、信仰者は、キリストの体の部分だと聖書に書かれています。私たちは教会に集い、キリストの体の部分として歩みます。私たちが一つとなり、この世に対してキリストを見せていく、そこに教会の使命があります。そしてこれは、あなたの使命です。あなたはキリストの体の部分だからです。神さまは、私たちに言われるのです。

「強く、雄々しくあれ。あなたはキリストの体の部分として生きる者である」。

 しかし私たちは自分が<部分>となることを拒み、私には私の人生があると、<部分>となることを否定する思いがあるのではないでしょうか。イスラエルの民と同じように、神を思わず、自分のことしか考えない、そのことが教会を弱くしているのではないかと私は考えます。神の心を思わず、神と心をひとつにしない、そんな利己的な思いが教会を弱くしています。しかし、自分中心の信仰から、キリストの体の部分となって、他の信仰者と共に生きる信仰に生きるように強く雄々しくあれ、と神さまは呼びかけておられます。

祈り