トルストイというロシアの小説家は、『人は何で生きるか』という物語を書きました。その答えは、人は愛によって生きるというものです。今日の聖書に

「わたしによって生きる」

という言葉があります。

「わたしによって生きる」

の<わたし>とはイエス様のことです。そこで説教のテーマは、<イエスによって生きる>としました。皆さんは、イエス様によって生きていますか。それとも自分の力で生きていますか。自分の力で及ばないところだけ、神さまに助けてもらって生きていますか。イエス様によって生きることを考えてみたいと思います。

 今日の聖書を繰り返し読むと、二つのことに気づかされます。一つは、

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む」

という表現が何度も繰り返されているということです。もし、イエス様があなたの目の前に現れて

「わたしの肉を食べなさい。わたしの血を飲みなさい」

と言われたらどう思いますか。私は、これは<おどろおどろしい>表現だと感じました。つまり、気味が悪い、恐ろしい表現と感じました。今日の聖書では、この表現が繰り返されています。この言葉を聞いた人たちが

「実にひどい話しだ。誰が、こんな話を聞いていられようか」

と激しい嫌悪感を感じたことが60節に書かれています。

 何で、こんな表現をイエス様がなさったのかと疑問に思います。他の福音書を読むとイエス様は、十字架にかけられる前の晩、弟子たちと一緒に食事をなさいました。その折り言われました。

「これはあなたがたのために裂かれるわたしの体である」。
「これはあなたがたのために流されるわたしの血である」。

イエス様のおどろおどろしい表現は、聖餐を表していると考えることができます。

 私はそれ以上に、イエス様の強い思いが表れているように感じます。51節では、こう書かれています。

「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる」。

イエス様は、天から降ってきたパンです。このパンを食べる者は永遠に生きるというのです。イエス様は、私たちがこのパンを食べることを願っているのです。ですから、多少どぎつい表現ですが、

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲みなさい」

と言ったのではないかと思います。イエス様は、私たちに天からのパンを食べて欲しいのです。

 食べるといってもどうしたらいいのでしょうか。肉と血という言葉はイエス様の十字架を思いおこさせます。十字架の上で、イエス様の体は釘で打たれ、槍で裂かれました。そして血が流されました。天からのパンであるイエス様を食べるとは、十字架の出来事を受け入れるということです。つまりイエス様が私たちの救いのために十字架につかれたことを受け入れることです。

私たちが神さまに対して犯した罪に対する神の怒りを私たちの代わりに受けてくださったこと、そのことのゆえに、私たちは罪赦され他ものであることを信じることです。これを信じるためには、自分が神の前に罪を犯したことを認めなければなりません。聖書を読めば、私たちは自分が神に対して罪を犯す者であることが分かります。ですから聖書を読むことは大切なことです。

 54節で、

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる」

とあります。イエス様が私たちの救いのために十字架で死んでくださったことを信じる人は、永遠の命を得る、復活するとの約束がなされています。

 今日の聖書でもう一つ目につく言葉は、<命>あるいは<生きる>という言葉です。

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる」(54節)。
「生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる」(57節)。
「このパンを食べる者は永遠に生きる」(58節)。

 イエス様を信じようと信じまいと、人は誰でも生きています。いつの日か死ぬ日が来るまで人は生きています。それなのに<イエスによって生きる>とはどういうことなのでしょうか。イエス様を信じない人だって、家族のために、家族と共に生きています。そして幸せを感じている人もおられることでしょう。人の役に立つ仕事をして、生き甲斐を感じている人もおられるでしょう。災害に遭っても、くじけず、前向きに生きている人もおられるでしょう。

 聖書にこんな言葉があります。

「知ってのとおり、あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、きずや汚れのない小羊のようなキリストの尊い血によるのです」(ペトロ一1:18)。

これは生きることの空しさを感じた人がイエス様による救いをいただいて、空しさから救われたという言葉です。でも信仰を持たない人がすべて、人生は空しいと感じているとは限りません。

 あるいは聖書には、こんな言葉があります。

「わたしはあなたの行いを知っている。あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる」(ヨハネ黙示録3:1)。

多くの人は自分の人生をよいものにしようと努力しています。しかし時に、自分の人生に悲観し、嘆いている人もいるかもしれません。前途に希望を見出せず、生きていると言っても名ばかりと感じる人もいるかもしれません。でも信仰を持たない人が皆、生きているとは名ばかりの人生を送っているわけではありません。

 信仰があるなしに関係なく、人はそれぞれの人生を生きています。自分の人生について何らかの思いを抱いておられることでしょう。自分の人生はこれでいいと思っておられる方もいると思いますが、ちょっと耳を貸してください。

 53節にこうあります。

「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない」。

イエス様を信じていない人には<命はない>というのです。イエス様を信じていない人だって生きています。ではなぜ、<命はない>というのでしょうか。この人々は、<永遠の命>を持っていないというのです。しかしイエスを信じる者、イエス様の十字架による救いを信じる人は永遠の命を持っています。永遠の命を持っている人とそうでない人との人生、生き方には何か違いがあるのでしょうか。

 違いがあります。永遠の命を持っている人は、<イエスによって生きる>人です。<イエスによって生きている>ことによって、永遠の命を得ていることが分かります。永遠の命を持っていない人は、<イエスによって生き>てはいません。自分の力で生きているかもしれません。多くの人の助けを得て生きているかもしれません。しかし<イエスによって生き>てはいません。ここに違いがあります。

 そしてはっきり言わなければならないことがあります。永遠の命を持っていない人、イエスによって生きることをしていない人は、罪人として生きているということです。罪を犯しながら、生きているということです。イエス・キリストの十字架は、人は皆神に対して罪を犯していると告げています。このことに人は気づいていないかもしれません。しかしこれは確かなのです。どんなに善意をもって誠実に生きていたとしても、イエス様の十字架の光に照らされると人は罪人として生きていることが分かります。罪とは、不道徳なことを行うことだけを意味していません。不道徳なことはしていなくても、神の目に人は罪を犯しています。神を知らずに生きること、これが罪なのです。

 たとえば夫婦がいます。夫、あるいは妻が、自分の伴侶の<心>を知ろうとしないとしたらどうでしょうか。相手に対する思いやりが欠けます。思いやりが欠ければ、夫婦という関係を誠実に生きていないことになります。このような夫婦の関係はいずれ破綻するでしょう。親子という関係、夫婦という関係、他者との関係、私たちは色々な人との関係の中に生きています。それらの関係を誠実に生きないことこれが罪です。人は自分中心に物事を考えますから、人の心は罪に傾いているのです。

 もしあなたの夫、妻があなたの心を無視しているとしましょう。あなたはどう思いますか。あなたが子どもで、あなたの心を親が大切にしないとしたら、あなたはどう思いますか。

 そして人を造られた創造主なる神さまとの関係。この関係に誠実に生きないことが罪です。愛するとは、誠実に与えられた関係に生きることです。不道徳なことは何もしていなくても、神さまを忘れて生きることが罪です。神さまの心に無関心なことが罪です。神さまを知ろうとしないことが罪です。十字架の光に照らされると、不道徳なことは何もしていないと主張する人でも、神さまに対して罪を犯していることが分かります。

 神の教えを守るという点で、非の打ち所がないと語ったパウロが、イエス様に出会い、自分は罪人の最たるものであると告白しました。それは彼が、神の心に無関心である罪を知らされたからです。イエス様が律法学者たちを偽善者と批判したのも、神さまの心を知らずに、神の教えを守っていると自慢したからです。

いったん、自分が神に対して罪を犯していることを知った人は、自分が罪深い人間であることを知ります。自分の正しさを主張できなくなります。しかし、イエス・キリストの十字架は、その罪が赦されることを伝えます。

 旧約聖書を読むと、神の民イスラエルが神さまを忘れて生きていることがわかります。他の神々を信じて生きていることが分かります。聖書はこれを姦淫を犯していると告げます。預言者は人々に、神に立ち返れ、と語りました。

クリスチャンでも、神さまを忘れ、神さまの心を思わず、神さまに対して罪を犯します。サンデークリスチャンという言葉があります。普段は神さまのことを忘れていますが、日曜だけ神さまを思い出して礼拝に来るのです。毎日、罪を犯して生きているということができます。神さまに対する罪です。不道徳なことは何もしていないとしても、罪人として生きていることになります。神さまが、この人は私のことを考えないで生きているなと考えるなら、この人は、罪を犯しているのです。罪とは人格的なものです。

 イエス様は、罪人として生きるのではなく、別な生き方があることを教えています。<わたしによって生きる>ことです。イエスによって生きることです。永遠の命をいただいている人の生き方です。

 それはイエス様を食べる生き方です。イエス様の十字架による救いを受け入れて生きる生き方です。イエス様を食べるという表現には積極的な意味があります。イエス様を食べるとは、イエス様を私たちの心の中に迎えることを意味します。ですから、

56節。

「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる」。

主イエスが私たちのうちに住んでくださいます。そして私たちも、イエス様の中にとび込みます。私たちはイエス様と心をひとつにし、思いをひとつにして生きるのです。これが永遠の命をいただいた人の生き方となります。これがイエス様によって生きる生き方です。

 ヨハネ福音書は、この生き方をイメージ豊かに語ります。たとえば、

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」

とイエス様は語ります。私は一人で存在しているのではありません。ぶどうの木であるイエス様の、枝として存在しているのです。イエス様とつながって生きているのです。イエス様とつながっているので実を結ぶことができます。イエス様につながる、それはイエス様の言葉が心の内にいつもあることです。聖書を読み、聖書の言葉を思いめぐらし、聖書の言葉によって生きる、それがイエス様につながることです。このようにつながって生きる、それが<イエスによって生きる>ことです。イエス様も<わたしは父によって生きている>と語られました。

 このぶどうの木には、たくさんの枝があります。私だけでなく、他の信仰者も、このぶどうの木の枝となっています。そこでイエス様は命じます。

「私があなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」。

互いに愛し合うことによって、イエス様によって生きるものとされます。

 あるいは、羊飼いと羊のたとえがあります。羊飼いは羊を導いて食べ物や水を与え、羊を育てます。羊を獣や泥棒から守ります。羊飼いは、自分の羊を知っています。そして羊も自分の羊飼いを知っています。そして羊は、羊飼いの声を聞き分け、羊飼いに従います。羊飼いは羊を導きます。イエス様はおっしゃいます。

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない」。

 イエス様によって生きる人の歩みには特徴があります。

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」(35節)。

大阪の淀川キリスト教病院の元院長をしておられた柏木哲夫という方がおられます。この方が<人生の実力>という言葉を使います。そして

「どのような状況におかれても、その状況を幸せと思える力」

と定義されました。しばらくして、この定義を次のように変えられました。

「自分にとって不都合なことが起こった時、その中に自分が人間として生きている証しを見ることができ、その中に感謝を見いだすことができる力」。

わたしはこの言葉の中に、イエス様のもとに行く人は飢え渇くことがないことの説明を見る思いがします。むずかしいことは何もありません。イエス様に飼われる羊として生きればいいのです。そして、何と幸いなことか、イエス様に飼われる羊は。

「主は羊飼い。わたしには何も欠けることがない」(詩篇23:1)。

祈り