ヨハネ福音書の6章は、イエス様が命のパンであることを語っています。6章の最初は、イエス様が二匹の魚と五つのパンで男だけで五千人いる群衆の空腹を満たすという奇跡物語です。この物語は、イエス様が命のパンであることを指し示すしるしとなっています。今日の聖書は、この奇跡の出来事を見ながらも、イエス様のことを信じようとしない人々がいたことを告げます。信じる人がいれば、信じない人もいます。違いはどこから生じるのでしょうか。今日のテーマは

「語りかける神」

です。

 今日の聖書の出だしをもう一度読みます。ユダヤ人たちは、イエスが

「わたしは天から降って来たパンである」

と言われたので、イエスのことでつぶやき始め、こう言った。

「これはヨセフの息子のイエスではないか。我々はその父も母も知っている。どうして今、『わたしは天から降って来た』などと言うのか。」。

 ユダヤ人たちは、イエス様が

「わたしは天から降ってきたパンである」

と話されたことに驚きます。変なことを語っている、おかしなことを語っている、正気で話をしているとは思えないと感じています。イエス様のことをヨセフの子ではないか、われわれはその父も母も知っているとつぶやきます。自分たちの身近にいる人間が、<天から降ってきた>などというのはまともな発言ではないというのです。

 マルコ福音書の6章にも似たことが書かれています。イエス様が安息日に会堂で教えられました。多くの人がその教えを聞いて驚きました。しかし、人々は、<イエスは大工の子ではないか、マリアの息子で、兄弟に誰それがいるではないか>と言って、すばらしい教えを説かれたイエス様を敬おうとはしませんでした。

 人々はイエス様に対して偏見を抱いたのです。大工の息子が、われわれもよく知っているマリアの子が、神の教えを説くような人間であるはずがないとの偏見です。この偏見のために、ユダヤ人たちはイエスを信じることができませんでした。

 私たちもある意味で偏見を抱いて聖書を読んだり、説教を聴いたりすることがあります。一つは、いくら何でもそれは信じられないよな、それはむずかしいよ、と言って、読んだこと、聞いたことを受け入れるのを拒むことです。人間は自分が経験していないことが起きるとは考えにくいものです。人は、一つの枠を持っていて、枠におさまることは理解し、信じます。しかし枠におさまらない事柄は、受け入れず、信じようとしないことがあります。それは信じられない、と拒んでしまうことがあります。自分の考えを絶対化してしまいます。

 ある人は言うでしょう。それでなぜいけないの。<自分が自分の考えを中心にして物事を判断してなぜいけないの><自分の考えを判断基準にしてなぜいけないの>。

 次に述べることは、あなたがすぐに納得できるかどうか分かりませんが、聖書は、私たち人間は罪人だと告発します。罪人ですから、考え方がゆがんでいるのです。ですから、ゆがんだ考え方をもった人間の考えを判断基準にするわけにはいかないのです。ですから自分の考えを絶対化することは、高慢の罪を犯すことになります。この罪を犯したのが、アダムとエバです。私たちは何を基準にして物事を判断するかというと聖書です。ですから私たちは聖書を読みます。

 神は、私たちの思いを超える方です。私たちの想像を超える方です。神さまはこう語られます。

「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている」。

 あるいは、救い主が十字架で死ぬことを通して、人を救おうとされた神さまのみ業について、聖書はこう告げます。

「目が見もせず、耳が聞きもせず、/人の心に思い浮かびもしなかったことを、/神は御自分を愛する者たちに準備された」。

神さまは、私たちが見たことも聞いたことも考えたこともないようなことをなさるのです。私たちが信仰を考えるとき、私たちは広い心を持つことが大切です。そうしないと偏見や、狭い考え方のために、神さまを信じることができなくなります。

 イエス様は、つぶやいたユダヤ人たちにこう話されました。

「預言者の書に、『彼らは皆、神によって教えられる』と書いてある。父から聞いて学んだ者は皆、わたしのもとに来る」。

神さまは教える方であり、神さまから聞いて学んだものはイエス様を信じるというのです。旧約聖書を読むと、神さまは預言者を通して人々にメッセージを伝えています。そしてイエス様ご自身、神さまから聞いたことを世に向かって話をしているのです。

 神さまは人を用いて、人を通して語られます。聖書が伝える神さまは、人間に語りかける神さまです。ただし、人を介して、人を通して神さまは語られます。神さまは人を介して話されますが、語るのは人間ですから、神さまが語っていることは誰にも明らかというわけにはいきません。そこで、神が語っておられると信じる、信仰が求められるのです。

 46節でイエス様はおっしゃいました。

「父を見た者は一人もいない。神のもとから来た者だけが父を見たのである」

イエス様は言うのです。<私は、父なる神を知っており、父なる神のもとから来たのです>。さらにイエス様はこう語ります。

「わたしをお遣わしになった方は真実であり、わたしはその方から聞いたことを、世に向かって話している」(8:26)。

イエス様は、父なる神から語るように命じられたことを語っておられるわけです。

 ですからイエス様はおっしゃいます。

「わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は永遠の命を得る」。

イエス様の言葉を聞いて、イエス様は神さまによってこの世に遣わされたことを信じる、これが、私たちが信じる第一のことです。神さまは、イエス様を通して語っておられるのです。

 45節で、

「父から聞いて学んだ者は、わたしのもとに来る」。

つまりイエス様を通して、神さまが語られたことを聞いて学ぶ人はイエス様のもとに行くというのです。ここに<学ぶ>という言葉が出てきます。私たちの信仰にとって<学ぶ>ことは重要です。私たちの信仰は、神さまに願いごとをかなえていただければそれでよい、という信仰ではないからです。自分が幸せになるために、神さまに助けをいただけばよい、という信仰ではないからです。

 そもそも私たちは何を信じるのか、それを学ぶ必要があります。神さまがいかなる方かを知る必要があります。それを神さまご自身が語って下さるので、それを聞いて学ぶわけです。例えば神さまはご自身についてこう言われます。

「憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す」(出エジプト34:6)。

このように神さまはご自身を紹介します。

 神は憐れみ深い神、恵みに富む神、忍耐強い神、罪と背きと過ちを赦す神。このような言葉を聞いたら、私たちは立ち止まって考えてしまうのではないでしょうか。<神さまは、憐れみ深い神なんだ。そうだとしたら、この神さまにどう向き合えばいいんだ>とか、<神は、私たちの過ちを赦す神なら、自分を責める必要があるのだろうか>とか、色々と考えないと信仰は始まらないと言ってよいのではないでしょうか。

 そのようにして学ぶ者は、わたしのもとに来るとイエス様はおっしゃいます。あるいはイエス様を信じるようになるとおっしゃいます。信仰は、神さまとのおつきあいですから、神さまを知れば知るほど、おつきあいしたくなるわけです。イエス様のお言葉を受け入れる人は、イエス様のもとに行くのです。イエス様を信じます。神さまの語りかけを聞く人が、神さまを信じるのです。

 聖書には神さまの語りかけを聞いて生きている人がたくさん登場します。創世記12章にはアブラハムが登場します。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように」。

 神はモーセに語りかけます。

「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」。

アブラハムも、モーセも神の呼びかけに答えて、新しい歩みを始めました。

 少年サムエルは、神の声を聞いたとき、それが神の語りかけと分かりませんでした。祭司エリの所に行って

「わたしをお呼びですか」

とサムエルは言います。これが三度続きます。そこで祭司エリは、

「『主よ、お話しください。しもべは聞いております』と言いなさい」

と告げます。そして

「サムエルよ」

と呼びかける声を聞いたとき、少年サムエルは、

「主よ、お話しください。しもべは聞いております」

と答え、神の語りかけに聞きました。

 イエス様ご自身、洗礼者ヨハネから洗礼を受けたとき、

「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」

との神さまの声を聞かれました。

 クリスチャンを迫害していたパウロ。このパウロは復活したイエス様の語りかける声を聞きました。

「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか。わたしは、あなたが迫害しているイエスである。起きて町に入れ。そうすれば、あなたのなすべきことが知らされる」。

このイエス様の声を聞いたときから、イエス・キリストを宣べ伝えるクリスチャンになったのです。

 そして神さまは、今も語っておられます。わたしにも、あなたにも、語っておられます。本当でしょうか。

 今、あなたは説教を聞いています。説教者が語る言葉を聞くとき、心の中で、思うのではないでしょうか。

「そうだ」。
「そうかな」。
「そこを詳しく話して」。
「ひきこまれるな」。
「自分の罪が指摘されている」。
「うれしい、励まされる」。
「それは信じがたいな」。
「それって、建前の話しだよな」。
「そうなんだ」。

あなたの心の中では、色々な反応が起きています。聞いた言葉をめぐって、心の中で対話が起きています。もしあなたが信じるのなら、これは、神の言葉を聞いての神との対話です。

 私たちが講演会に出かけ、講師の話を聞きます。その時も、私たちの心の中では、反応が起きています。それは、講師の言葉との対話です。説教を聞いて、反応が起きます。それは牧師の言葉との対話なのでしょうか。いいえ、神さまとの対話です。

 使徒パウロは自分が語った言葉をテサロニケ教会の人たちが神の言葉として聞いたことに感謝をして語ります。

「このようなわけで、わたしたちは絶えず神に感謝しています。なぜなら、わたしたちから神の言葉を聞いたとき、あなたがたは、それを人の言葉としてではなく、神の言葉として受け入れたからです。事実、それは神の言葉であり、また、信じているあなたがたの中に現に働いているものです」。

このことが、私たちの礼拝の中でも起きています。神の語りかけた言葉が、あなたの心に反応を起こします。礼拝が終わり、教会を出たときに、それを忘れてしまうのではければ、その反応をあなたが受けとめるなら、それはあなたの考えに影響を及ぼし、あなたの行動に影響を及ぼします。あなたの生き方を変えていきます。あなたは神の言葉を聞いたのです。

 神の語りかけを聴くとき、大切なことは、<神さま>の語りかけを聴いているとわきまえることです。神さまは、目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことをなさり、また語られます。神さまは、人間の思いを越えることを語られます。その時、神さまの語られた言葉を拒まないことです。すぐには受け入れられなくても、聞き捨てにしないことです。心にとどめておくことです。イエス様が生まれたとき、マリアは天使の言葉を心にとどめまたように、心にとどめておくことです。

 神さまは、今も私に、そしてあなたに語りかけておられます。信仰は聞くことから始まるとあります。神さまは、私たちに問いかけます。あなたは、聴いたことを信じるのか、と。イエス様は今もわたしたちに語りかけています。わたしを信じる者は、永遠の命を得る。わたしは終わりの日に、わたしを信じる者を復活させる。あなたはこれを信じるか、と。

聖書に登場する人物は、イエス様にこう言われて

「信じます。信仰のない私をお助けてください」

と願っています。神さまは私たちに語りかける方です。

祈り