今日の聖書でイエス様は嬉しくなることを話されました。35節です。

「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。

信仰を持つ前、私の心は生きることの空しさで満ちていました。私の心は、生きることの喜びに渇いていました。ここでいう飢えと渇きは、文字通りに飢え渇きではありません。食べ物がなくてひもじい思いをする飢えではなく、水がなくて喉が渇いてしまう渇きではありません。心の飢え渇きということができます。色々な飢え渇きがあると思います。

 牧師になってからも、信仰のゆえの飢え渇きもありました。牧師として説教するわけですが、神は本当におられるという強い確信が欲しかったです。この強い確信に対する飢え渇きを持ちました。神学校で説教の学びをしていたとき、教えてくださっていた牧師が、

「私は神が存在する方に賭けて生きている」

と話されたことがありました。説教集を出すほどに名の知られた先生でしたが、この言葉は印象に残りました。

あるいは聖霊に満たされた弟子たちが大胆に主イエスを宣べ伝えたことが使徒言行録に書かれていますから、聖霊に満たされたいとの強い渇きを覚えました。この渇きについては、ヨハネ7章でイエス様も語っています。

「『渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる』。イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである」。

私は渇きを癒やされたことを感謝し、喜んでいます。

 今日の聖書でイエス様は言います。35節。

「わたしが命のパンである」。

では、この命のパンを食べるとどうなるのでしょうか。

「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。

決して飢えることなく、決して渇くことがないとイエス様ははっきりと語られました。ヨハネ福音書の4章でイエス様は、スカルという町にある井戸に水汲みに来た女性に、

「わたしが与える水を飲む者は、決して渇かない」

と語られました。

 飢え渇きについて旧約聖書イザヤ書49章10節にはこんな言葉があります。

「彼らは飢えることなく、渇くこともない。太陽も熱風も彼らを打つことはない。憐れみ深い方が彼らを導き/湧き出る水のほとりに彼らを伴って行かれる」。

 昔、イスラエルの民は神さまに背きました。神に立ち帰れ、との預言者の言葉に耳を傾けませんでした。その結果、イスラエルの国は巨大な帝国の侵略を受け、滅びてしまいます。圧倒的な軍事力を持って攻める巨大な帝国軍によってイスラエルの侵略によって国土は荒廃します。

イスラエルの民は捕虜となり、他国に連れて行かれます。やがて神がイスラエルを回復するときが訪れます。その時のことがイザヤ書49章10に書かれています。

「彼らは家畜を飼いつつ道を行き/荒れ地はすべて牧草地となる。彼らは飢えることなく、渇くこともない。太陽も熱風も彼らを打つことはない。憐れみ深い方が彼らを導き/湧き出る水のほとりに彼らを伴って行かれる」。

 人々は、捕虜とされた地からイスラエルに戻ってきます。その時、荒れ地は牧草地となります。イスラエルの民は、飢えることなく、渇くこともないと言われます。神がイスラエルの民を救い、民が新しい生活を始めるとき、神の憐れみのもとにおかれた彼らは、飢えることも渇くこともないというのです。飢えることもなく、渇くこともないとは、神さまによって救われた幸い、祝福を意味します。神さまと共にある深い喜び、平安、感謝の中におかれることを意味します。

 あるいは詩篇107にこうあります。聞いてください。

「『恵み深い主に感謝せよ/慈しみはとこしえに』と主に贖われた人々は唱えよ。主は苦しめる者の手から彼らを贖い国々の中から集めてくださった/東から西から、北から南から。彼らは、荒れ野で迷い/砂漠で人の住む町への道を見失った。飢え、渇き、魂は衰え果てた。苦難の中から主に助けを求めて叫ぶと/主は彼らを苦しみから救ってくださった。主はまっすぐな道に彼らを導き/人の住む町に向かわせてくださった。主に感謝せよ。主は慈しみ深く/人の子らに驚くべき御業を成し遂げられる。主は渇いた魂を飽かせ/飢えた魂を良いもので満たしてくださった」。

神さまは、飢え、渇き、魂は衰え果てたイスラエルの民を苦しみの中から救ってくださり、散らされた民を集めてくださったので、イスラエルの民は神さまを礼拝し、賛美します。神さまが救いの喜びで満たしてくださったことが、

「主は渇いた魂を飽かせ、飢えた魂をよいもので満たしてくださった」

と述べています。

 聖書は神さまを、私たちを救い、飢え渇きをいやし、祝福する方であると告げます。ヨハネ福音書の6章で、イエス様は五つのパンと二匹の魚でもって男だけで五千人もいる群衆の空腹を満たされました。この出来事は<しるし>と言われます。何のしるしか、と言えば、イエス様は、飢え渇きを満たすお方であることを示すしるしです。

 しかし私たちの現実には、飢え渇きがある、とおっしゃる人もおられると思います。<信仰を持ったとしても、物事が何でもうまく行くとは限らない。満たされない思いを持つのが、私の現実だ>とおっしゃる方もおられるでしょう。イエス様を信じ、礼拝を守り、聖書を読み祈り、献金を献げているが、私は飢え渇いているとおっしゃる人もおられるでしょう。

 個人的な渇きの他に社会的な渇きがあるかもしれません。<義に飢え渇く>人々がいます。社会に正義が行われず、不正、不公平が満ちていることに痛みを感じるのです。不思議なことにイエス様は、

「義に飢え渇く人々は幸いである」

と教えられました。

 かって牧師であった私は、神が生きて働かれる神であるとの確信に渇いていましたし、聖霊に満たされることに飢え渇いていました。信仰者もまた、飢え渇きを味わうことがあります。

 イエス様は飢え渇きを癒やすというのは果たして本当なのだろうか、と疑問に思う方もおられるでしょう。私たちは疑いを持つかもしれません。疑いを持つことを不信仰と考えたり、恥じたりする必要はありません。疑いを持たなければ、神さまが信頼できる方であることが分からないでしょう。疑いを乗り越えるから、私たちは神さまが信頼できる方であることを学び、知ることができます。

 神さまは、私たちが飢え渇いたままでいることを望んではおられません。神さまは、私たちの飢え渇きを癒やす方だからです。詩篇23編の出だしはこうでした。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる」。

神さまのおかげで、わたしは何も欠けることがないとの告白がなされています。

 36節をもう一度読みます。

「わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。
「神さま、私は飢えています。私は渇きを覚えています。あなたは本当にこの飢え渇きを癒やすことのできるお方ですか」

との私たちの問いかけに対して、イエス様は、

「私を信じ、私のもとの来る者は、決して飢えることなく、渇くことがない」

と答えてくださいます。

 ある人は、人生の重荷を背負って苦しんでいるかもしれません。

「神さま、あなたが神さまなら、私の重荷を取り去ってください、軽くしてください」

と祈り求める方がおられるでしょう。

「神さま、あなたはこの重荷から、本当に私を救うことのできるお方なのですか」

との私たちの問いかけに対して、神さまは答えを与えてくださいます。

 

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる」。

これは主イエスの言葉です。重荷を負って疲れている人にイエス様は何と答えているのでしょうか。

「わたしの軛を負い、わたしにまなびなさい」。

これが答えです。

この答えを私たちが受け入れ、従うとき、安らぎが与えられるのです。私たちの求めに対して、神さまはいつも答えを用意しておられます。<あなたはわたしに救いを求めた。それなら、私の答えを聞きなさい>と神さまはおっしゃるのです。そして今度は、神さまが私たちに問うのです。<あなたは私の答えを受け入れるのか>。

 ヨハネ福音書の5章には、38年間も病気で苦しんでいる人が登場します。彼はベトザタの池のほとりにいます。この人がイエス様に会います。イエス様はその人に

「良くなりたいか」

と言います。彼は答えます。

「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです」。

池の水が動いたとき、真っ先に池にはいる人の病気が治ると信じているのです。歩けない自分を池に入れてくれる人がいないと嘆きます。するとイエス様が言います。

「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」。

 この病人は長い間病気で自分の力では歩けません。それなのにイエス様は、

「起き上がり歩け」

と命じられました。あなたはいやしを願うなら、わたしはあなたに答えを示そう。イエス様の答え、それは

「起き上がり、歩きなさい」。

イエス様の言葉を受け入れ、信じ、従うかどうか、それが分かれ目です。この人はイエス様の答えを受け入れ、これに従いいやされました。癒やしを与えようとするイエス様の答え受け入れ、従ったのでこの人は癒やされました。

 私たちが祈る、それは私たちに欠けたものがあることを意味しています。祈り求めることがかなえられないと、私たちは不足を感じます。求めが強ければ強いほど、私たちは飢え渇きを覚えます。私たちが神さまに求めるとき、神さまは答えを用意しておられます。あなたは、私の答えを受け入れるか、信じるか、と神さまは問いかけています。

たとえば思い煩いから自由になりたいと神さまに願い求める人に神さまは、答えを示されます。

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」。
「何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい」。

これが神さまの答えです。この答えに従うなら、思い煩いから解放されます。

 今日の聖書で、イエスを信じる人、イエスのもとに行く人は決して飢え渇きを覚えないとあります。イエスを信じる、イエスのもとに行くとは、イエス様の答えを信じる、イエス様の答えのもとに行くことを意味しています。

 しかし、イエスを信じない人、イエス様のもとに行こうとしない人がいることを主イエスは指摘しています。36節。

「あなたがたは私を見ているのに、信じない」。

 誰がイエスを信じることができ、誰が信じないのでしょうか。37節。

「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る」。

神さまに選ばれた人がイエスを信じることになるというのです。物事には二つの面があります。ある人はなぜイエスを信じ、別の人は信じないのか。神の側から見れば答えはこうです。神に選ばれた人が信じるのです。神に選ばれていないから人は信じないのです。しかし人間の側から見れば、信じる決断をするかしないかです。神さまに選ばれているかどうかは、人間には分かりません。決心して信じる人、

「あなたは私を信じるか」

との問いかけに答えて

「信じます」

と告白する人が、神さまに選ばれた人です。

 信じるために<しるし>を見せて欲しいと人々は主イエスに求めました。イエス様は、この求めに応えません。イエス様は、すでに<しるし>を見せられたからです。私たちの方がイエス様から、信じるかどうか、求められているのです。イエス様は語られました。

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」。

あなたはこれを信じるか、とイエス様は私たちに問いかけ、私たちを信仰へと招いておられます。信じられるようになったら信じるというのではなく、信じたいと思ったら、信じさせてください、と祈り求めることです。神の招きに応答することが大切です。その時、神さまは求めに答えてくださるでしょう。

祈り