イエス・キリストを信じるってどういうことなんだろうと思う方もおられると思います。信仰者になるってどういうことか、誰にでも明らかというわけではありません。信仰を持っている人は毎週礼拝に来て、献金をしている、そういうことは見れば分かります。しかし、信仰をもって生きるとはどういうことなのでしょうか。信仰者はどんな思いをもって生きるのでしょうか。

 今日の聖書で、イエス様は御自分を信じようとしないユダヤ人たちに対してはっきりと宣言します。御自分については、

「私は、人からの誉れは受けない」。

そしてユダヤ人に対しては、

「あなたたちの内には神への愛がないことを私は知っている」。

かなり大胆な発言です。このような発言は、私にはなかなかできません。

 イエス様は言いました。

「私は人からの誉れは受けない」。

これは<あなたはメシアである>と誰かに証ししてもらう必要はないとの意味です。イエス様がメシアであることを証しするものは、主イエスの行う奇跡、父なる神、聖書があるからです。この言葉を話されたのは、イエス様を信じないユダヤ人たちを意識してのことです。イエス様は、ユダヤ人たちについて、すぐ後で

「互いに相手からの誉れは受けるのに、唯一の神からの誉れは求めようとしないあなたたち」

と語ります。

 人からの誉れを受けるというのです。人が自分を認めてくれる言葉、人が自分を評価してくれる言葉を喜んで受けるというのです。自分が人から評価される、ほめられることは悪いことではありません。

 オリンピックを目指す選手は、まずよい成績を残してオリンピックに参加できる選手に選ばれることを目指します。オリンピックに出場するとなれば、メダルを取ることを目指します。努力し、メダルをとれば、皆からよく頑張ったと認められます。それは素晴らしいことです。自分の努力が認められる、大きな喜びです。人から認められる働きをすることは喜びであり、生き甲斐にもなります。多くの人が人から認められたい、評価されたいと願い、努力をしています。

 イエス様はユダヤ人たちにあなたがたは

「人からの誉れを求めている」

と言います。このユダヤ人たちとは、律法を熱心に守る人たちです。律法とは神の掟、戒めのことです。彼らは律法を守っていることを誇りに思っています。律法を熱心に守る自分を誇りに思っています。人は、自分に誇りを持つことを必要とするものです。

 最初クリスチャンを迫害していましたが、ある時から、イエス・キリストを宣べ伝えるようになったのがパウロです。彼は自分のことをこう述べています。

「わたしは生まれて八日目に割礼を受け、イスラエルの民に属し、ベニヤミン族の出身で、ヘブライ人の中のヘブライ人です。律法に関してはファリサイ派の一員、熱心さの点では教会の迫害者、律法の義については非のうちどころのない者でした」。

パウロは、自分の出身を誇り、神に対する熱心を誇り、神の掟を守るという点では非の打ち所がないと自分を誇っています。

 自分が評価されたり、自分が認められることを求める人、自分にはこんな誇りがあると話す人は、いつも自分を見ています。ユダヤ人たちやパウロは、神さまの教えを守っている自分を見ています。関心は自分自身にあります。

 39節では、ユダヤ人について

「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している」

とイエス様は語ります。聖書を研究しているのです。聖書を学び、律法を実践している人たちに対してイエス様は

「あなたたちの内には神への愛がないことを、わたしは知っている」

と語ります。

痛烈な批判です。それは信仰者として自分を愛しているかもしれませんが、神を愛してはいないとの批判です。神を信じていても、神の教えを守っていても、関心は、自分自身にあるのです。信仰に熱心な自分に関心があり、そんな自分が誇りなのです。神さまご自身に対しては無関心であり、神さまを愛してはいないのです。

 イエス様は神さまの掟を二つの掟に要約しました。神を愛すること、自分のように隣人を愛すること。この点から言えば、ユダヤ人たちは自分だけを愛しているのです。それ故、イエス様からは神への愛がないと批判されました。さらに、

「私を信じることができないのだ」

と語られました。

 

「あなたがたの内には神への愛がない」

という言葉が、心に突き刺さってくる方もおられるかも知れません。信仰者といえども、色々な悩みや問題を抱えています。これらのことで心はいつもいっぱいで、他の人のことや神さまのことなど考える余裕のない人もおられるかも知れません。深刻な問題や悩みはなくとも、考えるのは自分の生活のことばかりということもあるでしょう。神さまへの愛がないと言われれば、その通りと認めざるを得ない現実がわたしたちにあるかも知れません。

 私たちは心が平安であることを求めます。あるいは、心が満たされることを求めます。あるいは生き甲斐を求めます。自分を誇りたく思います。牧師も、いい説教をしてほめられたいとか、沢山受洗者を生み出し、力ある牧師だとほめられたいと考える誘惑にさらされます。

 人間の心には、基本的な欲求があって、それが満たされることを求めます。心が平安であり、心が満たされ、自分を誇ることができ、生き甲斐を感じる。そうすれば人は自分が幸せだと感じます。自分が幸せだと感じることができないのに、神さまや隣人を愛するなんて、できるわけがないと人は思うものです。神さまを愛することよりも、自分のことにしか関心が向かないということは、生まれつきの人間の特徴です。人には幸せになりたいとの根源的な欲求があるのです。

 そこで思うことは信仰とは何かということです。律法を熱心に守り、聖書を研究している人たちが、神への愛に欠けていると言われるのです。ここで先ほどのパウロのことを思い起こします。パウロは自分の出身を誇り、神に対する熱心さ、神の戒めを誰よりも守っていることに大きな満足、誇りを抱いていました。しかし彼がイエス・キリストに出会うや、彼はキリストを知ることのあまりの素晴らしさに目が開けるのです。そして自分を誇る思いや満足などは、くず、ゴミのようなものだと言い出すのです。私たちは、ここに信仰とは何かを見いだすことができます。パウロはキリストを知ることの素晴らしさに目が開かれました。キリストを知ることから信仰生活が始まります。神さまを知ることから信仰生活が始まります。人生の目的は神さまを知ることにあります。

 旧約聖書、特に預言書を読むと神さまが信仰者に何を求めているかが分かります。それは<神さまを知る>ことです。預言者は語ります。

「主の言葉を聞け、イスラエルの人々よ、主はこの国の住民を告発される。この国には誠実さも慈しみも、神を知ることもないからだ」(ホセア4:1)。

神の民イスラエルが神を忘れ、神に無関心になって生きていることを神さまは批判するのです。そして悔い改めた民は言うのです。

「我々は主を知ろう。主を知ることを追い求めよう」(ホセア6:3)

 キリストを知る、神さまを知る、そこから信仰の歩みが始まります。イエス様のもとに沢山の病人が連れてこられました。イエス様は、すべての病人をいやされました。イエス様は、私たちの必要を満たしてくださる方です。イエス様は、私たちの必要を満たしてくださるだけでなく、私たちが、イエス様と共に生きることを願っておられます。

 パウロの生涯を見ると、イエス様と共に生きるなら、私たちの必要が満たされなくても、喜んで生きていけることが分かります。聖書を読み、聖書を学ぶとき、私たちは神さまがいかなる方かを知るようになります。神さまの御心を行う中で、神さまが生きて働かれる方であると知るようになります。この神さまと共に歩む幸いを知らされます。そして神さまを愛し、神さまからの誉れを求めることを目指し始めます。

 イエス様は、人からの誉れは受けないとはっきりと宣言されました。イエス様は、神からの誉れを求めて歩みました。

「誉れ」

という言葉は

「栄光」

とも訳される言葉です。十字架にかけられる前の夜、イエス様は祈ります。

「父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください。世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を」。

 イエス様は、神の子としての栄光を持っておられる方でした。しかしイエス様は、人間としてこの世においでになりました。人間としてのイエス様は、栄光に輝いているわけではありませんでした。十字架につけられた主イエスのお姿はみじめなものでした。

「見るべき面影はなく/輝かしい風格も、好ましい容姿もない。彼は軽蔑され、人々に見捨てられた」。

預言者イザヤは、はるか将来に現れるメシア、救い主についてこのように語ったのでした。イエス様は、十字架につけられて死に、復活し天に昇られました。ここに主イエスの栄光が輝いています。十字架の死に至るまで神さまのみ心に従ったお姿に栄光が輝いているのを見ることが出来るのです。

 神からの栄光を求めるとは、神の御心に歩むことです。パウロは、イエス・キリストを宣べ伝えることに生涯をささげた人です。自分の死が近いことを悟ったとき、彼は言います。

「世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです」。

神さまから、栄冠を受ける、それが神さまからの誉れを受けることです。

主イエスは、たとえのなかで、世の終わりの時、私たちが神さまの前に出て、

「よくやった」

とほめられる人の幸いを語られました。神さまから、

「よくやった」

とほめられるように、生涯を歩む、それが神の誉れを求めるということです。

 神さまを愛するとは、神さまからの誉れを求めることです。神さまを愛するとは、神さまを敬うこと、神さまを崇めること、神さまの戒めを守ること。何よりも、罪の赦しを与えてくださる神様の憐れみを知り、この恵みに応えて生きることです。

あのパウロは書いています。

「兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」(ローマ12:1)。

自分を神さまにささげる、これが神さまを愛することです。神さまを愛さない、それが最大の罪です。

 私たちの歩みは、日々の悔い改めということができます。私たちの心は、神さまよりも、自分の方に向いてしまうからです。神さまを知ることより、自分の幸せに心が向いてしまいます。牧師として、神さまに仕え、仕えることだけを考えて、終わりの日に

「よくやった」

と言われると信じて歩めばいいのに焦りを感じたり、不安を覚えたり、時に不満を感じ、不平を言い、神さまを愛することを忘れることさえあります。気晴らしをして心を満たそうとしたりします。

 信仰生活は神の国を目指す旅です。失敗もあります。道をそれることもあります。でも気づいたら、心の向きをもとに戻し、神さまを愛し、自分を献げて生きるのです。そのような歩みの中で、私たちもキリストを知る素晴らしさ、神さまを知る幸いを知って、神さまをたたえて生きるようになります。イエス・キリストの父なる神さまは、憐れみと恵みに富む神さま、私たちを導かれる神さまです。

祈り