今日も聖書に聞きましょう。この6章で、イエス様は、男だけで五千人もいる大勢の群集を、たった五つのパンと二匹の魚を分け与えて満腹にさせるという奇跡を行いました。夕方になり、弟子たちは舟に乗ってガリラヤ湖という湖を渡り、カファルナウムの町に向かいます。主は弟子たちを離れ、山に退き祈られました。祈りが終わり、弟子たちを追いかけます。主は湖の上を歩いて弟子たちに追いつき、カファルナウムの町に着きます。

 翌日、パンを食べた群集は、イエス様や弟子たちがいないことに気づきました。そこにティベリウスというガリラヤ湖畔の町からやってきた舟があったので、人々は舟に乗り、カファルナウムの町に行きました。そしてイエス様に話しかけ、そこからイエス様と人々とのやりとりが始まります。

 人々はイエス様に話しかけます。

「ラビ、いつここにおいでになったのですか」。

<ラビ>は<先生>という意味です。主は直接これには応えず、次のように答えます。

「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ」。

主は、人々が自分を追いかけてくる理由を<しるし>を見たからではなく、パンを食べて満腹したからだと語ります。

 ヨハネ福音書では、イエス様が行った奇跡を<しるし>と呼びます。しるしは、何かを指し示します。交差点の信号は青になり、橙になり、赤になります。この色は、しるしです。青信号は前進を、赤信号は停止を指し示す<しるし>です。皆がこの<しるし>を理解しているので、この信号が役に立ちます。

 イエス様の行った奇跡は<しるし>として、意味を持っています。つまりイエス様が誰か、何者なのかを指し示すものだというのです。イエス様が救い主、メシアであることを意味しています。これは信仰によって受け入れることになります。

 イエス様は、群集は満腹したから、私を追いかけてきた、と言いました。言い換えると、人々は自分の必要を満たしてもらえたから、イエスを追いかけたというのです。イエス様が誰であるかを知って追いかけたのではなく、満腹にしてくれたから追いかけてきたというのです。人はイエスに何を求めるのかというテーマがここにあります。イエス様は救い主です。人は救い主であるイエス様に何を求めるのか、です。群集は、お腹を満腹にしてもらうことを求めました。言い換えると、自分の必要を満たしてもらうことだけに関心を持っていたのです。イエス様ご自身には関心を持っていなかったのです。

 それに対してイエス様はこう語りました。

「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」。

ここでは<朽ちる食べ物>と、いつまでもなくならない食べ物、つまり<朽ちない食べ物>が対比されています。<朽ちる食べ物>は食べたらなくなります。<朽ちる食べ物>は一時的にお腹を満腹させますが、お腹はまたすきます。お腹を満たすためには、人はまた<朽ちる食べ物>を食べます。<朽ちる食べ物>は、単に食べ物だけではなく、人間の心に一時的な満足、一時的な喜びしか与えられないものを指しています。

 そしてこの世の多くの人は<朽ちる食べ物>を求めて生きています。おいしいものを食べたり、きれいな洋服を身につけたり、おしゃべりをしたり、旅行をしたり、いろいろなことをして自分の心を喜ばせています。それらは、一時の満足しか与えません。あるいは、自分の地位、名誉、業績を高めるために働きます。生き甲斐、やりがいを求めて生きています。その努力が実れば満足をもたらしますが、それも一時のものです。<朽ちる食べ物のために働く>とは、一時的な満足、喜びを求めて生きることを意味します。そして人は時に、そのような自分の歩みに、空しさを覚えたりします。あるいはそれが人生だと考えて、それでよしとします。なぜなら、人生がうまく行っている人なんて周りにいそうもありません。自分の生き方はこれでいいのだろうかと考えさせるような生き方をしている人もあまりいません。

 しかしイエス様は、

「いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」

とお語りになります。ここでは食べ物について二つのことが言われています。いつまでもなくならない食べ物、そして永遠の命に至る食べ物。

皆さんの中には、イエス様がサマリアの女性に語った言葉を思い出す人がおられるかもしれません。この女性は井戸に水を汲みに来ました。その女性にイエス様は言います。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」。

ここでは水について、それを飲むとまた渇く水と、それを飲むと決して渇かない水があるとイエス様は語ります。

今日の聖書では、それを食べるとまたお腹がすく朽ちる食べ物と、食べてもいつまでも残る食べ物、つまり決してお腹がすかない食べ物があると述べています。

 イエス様は朽ちない食べ物を求めて働きなさい」

と語ります。一時的な満足、一時的な喜びではなく、心を満たし続け、いつまでの心に残る喜びを与えるものを求めなさいと教えています。人生がうまく行ってなくても、困難の中にあっても、それにもかかわらず、心は満たされ、心は喜んでいるような、そのような生き方がある、というのです。

27節でイエス様は、

「これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である」

と語ります。<人の子>とは、イエス様が自分のことを指して言う言葉です。そうです、イエス様が私たちに与えてくださるものがあります。それはいつまでもなくならない食べ物です。私たちが、たとい望みを失っても、途方に暮れたとしても、悲しみの中にあっても、なお心が満たされ、喜びが心を満たす生き方があるというのです。

「それを与える」

とイエス様はおっしゃるのです。

 本当にいただくことができるのでしょうか。本当です。この歴史の中に多くの人がイエス様を信じ、イエス様が与えてくださることは真実であると証言してきました。新約聖書のペトロの手紙にはこのように書かれています。

「知ってのとおり、あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、金や銀のような朽ち果てるものにはよらず、きずや汚れのない小羊のようなキリストの尊い血によるのです」(ペトロ一1:18)。

<空しい生活から贖われた>、つまり空しい生活から解放されたというのです。

 アウグスティヌスという古代の信仰者も語っています。

「わたしの心はあなたのうちに憩うまで安らぎを得ることができません」。

私たちの心が神さまに向かう時、心は安らぎを得るというのです。私たちの心は深く満足するのです。その満足は失われないのです。神に向かわない限り、安らぎは得られないというのです。

 私も若いとき、人生の空しさを感じ、生きる喜びを失いました。一時の満足を求めて生きても、心は満たされませんしかしイエス様と出会い、牧師としての働きを与えられ、信仰者として歩むように導かれ、私は救われました。私の心の底には、いつも満たされた思いと静かな喜びがあります。イエス様がこれを与えてくださいました。

 人間の生き方は様々です。あるものは朽ちる食物を得るような生き方であり、別なものは、朽ちない食物を得るような生き方です。どこが違うのでしょうか。何が違うのでしょうか。

 それは一つには、神さまの裁きに耐えるかどうかです。私たちは礼拝の中で使徒信条を告白します。そこにはイエス様は、

「かしこより来たりて、生ける者と死ねる者とを審きたまはん」

とあります。イエス様が再びこの世界においでになるとき、その時生きている者と、すでに死んだ者を裁くというのです。使徒信条は聖書に基づいています。

 聖書には神の裁き、最後の審判について語る言葉があります。

「わたしたちは皆、キリストの裁きの座の前に立ち、善であれ悪であれ、めいめい体を住みかとしていたときに行ったことに応じて、報いを受けねばならないからです」(コリント二5:10)。
「人間にはただ一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)。

神さまから与えられた命をどう生きたのか、神さまに裁かれるというのです。

 神の裁きに耐えうるか否かは何によって分かるのでしょうか。イエス様を信じる人は、イエス様が私たちの弁護者となってくださるので、神の裁きに耐えうると聖書は告げます。これは救いの約束です。洗礼さえ受ければ、神の裁きを受けても大丈夫と安心していいのかと言われたら、救われたものとしてふさわしい歩みをすることが大切です。朽ちない食物のために働くということです。

 朽ちない食物は、いつまでもなくならないとあります。いつまでもなくならないものが聖書に書かれています。

「信仰と希望と愛、この三つはいつまでも残る」(コリント一13:13)。

信仰と希望と愛に生きる人は、神の裁きの前に出たとき、

「わが力の限りに心を高く上げる」(讃美歌18)

ことができます。

 人々は、イエス様が与える食べ物を得るためにどうしたら良いのかを質問します。

「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょうか」。

これに対して、

「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である」

と主はお答えになりました。イエス様を信じる人に、朽ちない食べ物が与えられるのです。

 人々はさらにイエス様に尋ねます。

「それでは、わたしたちが見てあなたを信じることができるように、どんなしるしを行ってくださいますか。どのようなことをしてくださいますか」。

しかしイエス様は、人々の求めに応じて<しるし>を行うことはなさいません。なぜなら、人々はすでに<しるし>を与えられているからです。人々はすでにしるしを見ています。経験しています。五つのパンと二匹の魚でイエス様は、男だけで五千人以上の人々を満腹させました。

 仮にイエス様が、ここで何かしるしを行ったとしましょう。人々の目の前で病人をいやしたとします。それを見たら人々は、イエス様が救い主、メシアと信じることができるのでしょうか。病人を奇跡的にいやすなら、その人は救い主、メシアということができるのでしょうか。イエス様の行うしるしを見た人は沢山いますが、皆が、イエス様を信じたわけではありません。多くの人は信じなかったのです。信じるために私たちが神さまにしるしを求めるのではなく、すでにあら得られているしるしを見てあなたは信じるか、と神さまが私たちに問いかけているのです。

 かつて私は、神がいるかいないか分からず、信仰になかなかは入れませんでした。何かしるしをみたいとさえ思いました。考えてみるとしるしはあるのです。聖書という書物があります。聖書は読めば読むほど、不思議な書物だと思います。このような書物が存在することの不思議を思います。

あるいは、この礼拝堂には毎週礼拝を献げるために集まってくる人たちがいます。礼拝を献げることを大切にし、この日には用事をつくらないように努力している人がいます。このような信仰者の存在は、神が存在することの<しるし>です。聖書も<しるし>です。

牧師の存在も不思議ですね。神の呼びかけを聞いたと信じて、自分の生涯をささげるのです。神の呼びかけといっても、それは幻聴であるかも知れないし、思い込みかも知れません。しかし、神さまに呼びかけられたと確信して、生涯を捧げます。牧師の存在もまた神がおられることの<しるし>です。

 大切なことは、<しるし>を前にして、どう決断するかです。礼拝においでになっている人の中には、まだ洗礼を受ける決心がつかない人がおられることと思います。

「それでは、わたしたちが見てあなたを信じることができるように、どんなしるしを行ってくださいますか。どのようなことをしてくださいますか」

と人々は言いました。このような思いに共感されるかもしれません。しかし、今申し上げたように<しるし>は与えられているのです。これらの<しるし>を前にして、あなたはどうしますか、と神さまから問いかけを受けているのです。神の招きに応じる、これが信仰です。

 今日の聖書に登場する人々は、<しるし>を見て、イエスという人物がいかなる人なのかを知ろうとして、イエスを追いかけてきたわけではありません。彼らはイエスご自身に関心があったのではなく、イエスが行うこと、自分たちのためにイエスが行ってくれることに関心を持っていたのです。信仰者は、イエスが誰なのか、そこに関心を向けます。信仰者は、イエスの心に関心を向けます。信仰者は、イエス様との交わりに生きようとします。

 神さまは、私たちとの交わりを求めているのです。そして神さまは人間を交わりに生きるものとして造られました。たとえば夫婦、親子はお互いに関係をもって生きていきます。つまり交わりを持ちます。相手の心に関心を向けなければ、お互いの関係はうまく行きません。交わりにおいて大切なことは、相手の心を大切にするということです。

信仰は、神との交わりであり、イエス・キリストが誰なのか、どのようなお方なのか、イエス様の心に関心を持ちます。そして、イエス様と関わって生きようとします。これが聖書の教える信仰です。イエス様に何かしてもらうことだけを願う、神さまに自分の求めるものを与えてくれることだけを願う、それは聖書が伝える信仰とは違います。聖書が教える信仰は、神との交わり、イエス様との交わりに生きることだからです。そして私たちはイエス様と関わろうとすれば、イエス様も私たちと関わってくださいます。

 33節。

「神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである」。

<天から降ってきた>のは、イエス様です。イエス様はご自身が、神のパン、私たちを生かす、朽ちることのない食物です。そしてイエス様は、私を信じよ、と呼びかけておられます。イエス様を信じる人は永遠の命を与えられています。つまりイエス様との関わりに生きることができるようにされています。神さまとの交わりに生きることができるようにされています。永遠の命に生かされるとは、イエス様との交わりに生きようとすることです。この交わりこそが、朽ちない食物なのです。イエス様ご自身が、朽ちない食物、天からのパンです。

 イエス様は、ご自身との交わりに私たちを招いておられます。

祈り