今日の聖書で主イエスは湖の上を歩いています。この湖はガリラヤ湖と呼ばれています。主イエスが湖の上を歩くという物語は、マタイ、マルコ福音書も書いています。しかし内容は必ずしも同じではありません。

マタイでは、舟に近づいたのが主イエスであると分かると弟子のペトロが主イエスに言います。

「主よ、私に命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください」。

主イエスは水の上を歩いてきました。ペトロは主イエスのように水の上を歩きたいと考えたのです。すると主イエスは、

「来なさい」

というのです。

「水の上を歩くなんてできるわけないでしょ。バカなことを言うもんじゃありません」

とたしなめることはしませんでした。

「来なさい」

と命じました。するとペトロは舟から身を乗り出し、水の上を歩き始めたのです(マタイ14:29)。

 マルコ福音書6章では、主イエスが舟に乗ると風が静まります。そして弟子たちは驚きます。マルコの4章で、主イエスは弟子たちと一緒に舟に乗っています。突然強い風が吹いてきて舟は揺れ、舟がひっくり返るのではないかと弟子たちは恐れに捕らわれます。すると主イエスが

「静まれ」

と命じると、風は止み、波も静まり、弟子たちは、

「この方はどなただろう」

と不思議に思っています。そして主イエスは少しのパンで多くの人を満腹させました。風が静まったくらいで、驚くなよ、と弟子たちの不信仰を指摘しています。自然をも支配する力を主イエスは持っているんですから。

 ヨハネの物語をマタイ、マルコと比較してみます。マタイとマルコでは、弟子たちが舟に乗って漕ぎ出すと、やがて風が吹き、弟子たちは思うように船を進めることができないでいます。弟子たちは一晩中、舟を漕ぐのですが、前に進めないで苦労しています。夜が明ける頃主イエスが近づいてきます。すると弟子たちは幽霊だと思って、恐れに捕らわれ、大きな声で叫びます。そこで主イエスは

「安心しなさい。わたしだ、恐れることはない」

と語り、舟に乗ります。すると風がぴたっと静まります。マタイの場合には、ペトロが湖の上を歩こうとします。なかなかドラマチックです。

 しかしヨハネの物語は、簡潔で、ドラマ性が全くありません。弟子たちは風のために舟を漕ぐのに苦労したとは書かれていません。弟子たちは恐れに捕らわれても大声を上げていません。主イエスが舟に乗っても風が静まったとは書かれていません。取り立てて奇跡が起きているようには思えません。無声映画を見ているようです。ヨハネの物語にどんなメッセージがあるのか、悩みます。悩んだので、マタイ、マルコの物語と比較しました。分かったことは、ヨハネ福音書の物語は、味も素っ気も無いということです。

 ここで皆さんは、疑問を持つかもしれません。事実は一つではないのか。それなのになぜ違う物語になっているのか。三つの内一つが事実を語っているとしたら、他の二つは事実でないことを書いているのではないか。聖書は事実ではないことを書いていいのか。

 聖書には四つの福音書があります。福音書は、主イエスの活動のドキュメントではありません。主イエスの活動を記録したものではありません。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、それぞれの著者がイエスは救い主、メシアであると証しをしている書物なのです。ですから、描き方が違ってくるのです。マルコ福音書では、主イエスは

「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」

と語り、神の国に生きるように語ります。

ヨハネ福音書では、主イエスを信じて永遠の命を得よ、と教えています。どれも救い主イエスを証しし、主イエスを信じるように招いています。福音書の著者の視点から、主イエスがいかなる方かを描き出そうとしています。そこで主イエスについての描き方が違ってきます。四人の著者がそれぞれに主イエスを証しすることによって主イエスがいかなる方かが豊かに語られています。

 聖書は、神を証しする書物です。教団の信仰告白に

「聖書において証しせらるる唯一の神は」

とあります。聖書は、神が存在していることを証明していません。聖書は、唯一の神がいかなる方であるかと伝えています。

 聖書は神の存在を証明していません。神の存在を証明することは実は不可能です。私たちは、神がいかなる方かを知りませんから、これが神ですと言われても、そうですか、とうなづくことはできません。哲学者は、神がおられるなら、神とはどのような存在なのかを考えるかもしれません。でもそれは人間が考え出した神です。この神が本当の神だということはできません。私たちは本当の神を知らないからです。新約聖書は、主イエスが神であると書いていますが、これを証明することはできません。

 神を知るには、あるいは神を信じるには、神はこのような方であると証しをする声に耳を傾ける必要があります。聖書は神を証しする書物です。そして聖書の中には、神を信じている人の証しの言葉が書かれています。神を信じようとする人は、聖書が告げる神さまを知り、この神を信じたいと思うかどうか、自分の心に問いかけることが大切です。信じたいと願うなら、神さまの導きをお願いするとよいと思います。

 そこで今日の聖書です。今日の聖書は何を語っているのでしょうか。先ほど、ヨハネ福音書の物語は、無声映画を見ているようだと話しました。ヨハネの物語はこうです。

イエスは一人で山に退かれました。すると弟子たちは湖畔へ降りていき、舟に乗って対岸のカファルナウムの町に行こうとしました。イエスがなかなか降りてこないので、弟子たちは舟を漕ぎ出します。やがて祈り終わったイエスが湖畔に来ると弟子たちはいません。そこでイエスは湖の上を歩いて弟子たちを追いかけます。イエスが追いついたとき、弟子たちは幽霊だと思って恐れます。イエスが

「わたしだ。恐れることはない」

というと弟子たちは安心し、イエスを舟に迎え入れます。すると舟は目的地に着いたというのです。

 主イエスはいったいいつ、自分が水の上を歩けると知ったのでしょうか。この時、初めて水の上を歩いたのでしょうか。それとも子供の頃に、湖の上を歩いた経験をしたのでしょうか。それは分かりませんが、この場面で主イエスは湖の上を歩いたのです。これは驚くべきことです。

普通の人間は、湖の上を歩くことはできません。この物語は、イエスが普通の人間ではないことを告げています。すでにこの福音書の5章で、主イエスは

「私と父は一つである」

と語り、ご自身が神であることを暗黙のうちに語っていました。福音書を書いたヨハネは、主イエスが神であることを証ししています。今日の物語も、湖の上を歩くイエスは、神であると暗黙のうちに語っています。

 ヨハネ福音書は、イエスが行う奇跡は、しるしだと主張します。つまりイエスが救い主メシアであることを指し示すしるしだというのです。重力の法則からすれば、人は水の上を歩くことができません。水の中に沈んでしまいます。自然の法則を超越することができるのは、神だけです。

 主イエスが舟に近づいたとき弟子たちは恐れました。幽霊を見たのだと思ったのです。私たちだって夜道を歩いていて、急に人が現れれば驚き、恐れを感じます。主イエスは

「わたしだ。恐れることはない」

と語り、弟子たちを安心させました。この短い段落で、メッセージがありそうな言葉はこれです。

「わたしだ。恐れることはない」。

 

「わたしだ。恐れることはない」

と弟子たちに語りかけたお方は、私たちにも、

「わたしだ。恐れることはない」

と語ってくださる方です。主イエスが突然現れたことは弟子たちは予想もできないことでした。主イエスが現れるなんてあり得ないことでした。弟子たちは湖の真ん中にいるのです。しかし主イエスは湖の上を歩き、弟子たちに近づき、

「わたしだ。恐れることはない」

と語りかけました。主イエスは、人間の思いを越えて近づいてくださる方であり、

「わたしだ。恐れることはない」

と語りかけるお方です。

弟子たちは暗闇の中、舟を漕ぎました。主イエスは、どんな暗闇の中でも、どんな絶望の中でも、私たちに近づき、

「わたしだ。恐れることはない」

と語りかけてくださる方です。主イエスは神であり、いつでもどこでも、

「わたしだ」

と語りかけてくださるお方です。

 聖書はイエスをどのようなお方だと証ししているのでしょうか。イエスの母マリアはヨセフと婚約していました。ところがマリアは身ごもるのです。そのことに戸惑っているヨセフに天使が語ります。

「その子をイエスと名づけなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」

と告げました。このことは、イザヤの預言の成就でした。イザヤは預言しました。

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」。

インマヌエルとは、

「神は我々と共におられる」

という意味です。

 またマタイ福音書の最後でも、主イエスは

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」

と約束されました。ですから主イエスは、私たちに近づいてくださる方というより、いつも共にいてくださる方であると聖書は告げています。

 主イエスとはどのような方なのでしょうか。私たちの救い主であり、私たちといつも共にいてくださる神なのです。聖書はこのように主イエスについて証しをしています。主イエスを信じるとは、いつも共にいてくださることを信じることです。聖書に書いてある通りのことを信じるのです。私たちは聖書が証しすることを信じます。その時、私たちの信仰は固く立ちます。疑いは、私たちの信仰に動揺を与えます。疑いは、聖書の言葉から離れるときに生じます。

 主イエスは

「わたしだ」

と弟子たちに語りました。

「わたしだ」

と訳された言葉は、

「エゴーエイミー」

というギリシャ語です。<エゴーエイミー>とは英語では ""I am"" です。ヨハネ福音書では、主イエスは、

「わたしは世の光である」

と語りました。I am the light of the world.この<I am>は語る人が神であることを示す表現なのです。むかしモーセという人物が神さまに、神の名前を尋ねたことがあります。その時神は、<I am>と答えました。

「わたしはある」

というものだと答えられました。

 幽霊かとおびえている弟子たちに主イエスは、

「わたしだ。イエスだよ」

と答えたわけですが、この

「わたしだ」

は、それを語る人が神であることを意味する言葉でもあったのです。このヨハネ福音書では、一つの言葉が二つの意味を持っています。文字通りの水と生ける水。文字通りのパンと天からのパン。文字通りの<わたしだ>と神であることを示す<わたしだ>。

 神である主イエスを信じるとはどういうことを意味しているのでしょうか。そもそも神とはいかなる存在なのでしょうか。聖書はいかなるものとして神を証ししているのでしょうか。私たちは今日、ここで神を礼拝しています。詩篇95篇で詩人は言います。

「私たちを造られた方、主の前にひざまずき共にひれ伏し、伏し拝もう」。

神とは、私たちがひれ伏すべきお方なのです。

 私たちはイスラム教徒のように、文字通り、体をもってひれ伏して礼拝することはしません。しかし私たちは心を低くして、神を礼拝します。そして神の声に聞き従います。その声に聞き従うべき方、それが神なのです。私たち人間はプライドがあるので、簡単に他者に従うことはしません。従うということは自分を下に置くことを意味するからです。聖書は、その冒頭で、神に聞き従わない人間の姿を描きました。アダムとエバです。そして神に聞き従わないことは罪です。神は私たちがひれ伏すべきお方なのに、顔を上げて逆らうからです。

 でも神は、私に聞き従えと力をもって従わせるお方ではありません。私たちの自由を重んじられる方です。私たちが自ら進んで神にひれ伏すことを待っておられます。

信仰とは神との交わりに生きることです。神とは私たちがひれ伏すべき相手だということです。もし神について、これとは別な考え方をするなら、聖書の神を信じることにはなりません。神さまをひれ伏す相手とすること、それが神を信じることであり、神を愛することです。いつも私たちと共にいてくださる神とは、このような神です。

 私たちは日常生活の中で、自分がひれ伏すべき人を持ちません。ひれ伏すべき人はいません。ですから神が、ひれ伏すべきお方であると言われても、よく分からないのです。神を考えるとき、私たちは神を人間のレベルに引き下げて考えがちです。人間は、いつも誠実で、真心を尽くすとは限りません。時に人を裏切ります。だから神も人間と同じように振る舞うのではないか、と考えてしまいます。そして神を疑い、神に失望したりします。それは神がいかなる方かを知らないからです。神とは、私たちがひれ伏すべきお方ということは、絶対的に信頼できるお方ということなのです。だから私たちは神の前にひれ伏し、神を礼拝するのです。

 そしてイエスは私たちの神です。この神である方が、

「わたしだ。恐れることはない」

とおっしゃってくださるのです。神さまをひれ伏す相手とする時、神さまに対する心からの信頼が生まれます。

「わたしだ。恐れることはない」

とおっしゃってくださる方への信頼が生まれます。この信頼は祈りを通して聖霊なる神が与えてくださいます。

祈り