今日の聖書を読んで驚かれましたか。びっくりするようなことが書かれていました。

「死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか」。

<死は勝利に飲み込まれた>というのです。こんなことを聞いたことがありません。<死よ、お前の勝利はどこにあるのか>。誰がこんなこと言えるのでしょうか。人は皆死んでしまうのに。

 <死は勝利に飲み込まれた>とあります。<飲み込まれる>という表現にも驚きます。死が飲み込まれるというのです。4年前の東日本大震災の時、津波が押し寄せました。あの時はテレビで釘付けになりました。津波が建物をのみ込み、押し流していく光景を見ました。人間の生活を支えていた家が、飲み込まれていきます。激しい雨が続き、土砂崩れが起きて、人家が飲み込まれるという災難も起きました。飲み込むものの圧倒的な力と飲み込まれるものの非力を思わされます。死が勝利に飲み込まれるというのです。どういうことなのでしょうか。今日はこの点を中心にしてお話ししたいと思います。

 人間はだれもがいつか死にます。死に勝利するなどということを考える人はほとんどいません。いかに自分の死を受け入れるのか、これを人は考えるのではないでしょうか。人は最後には死ぬわけですから、その死を受け入れやすくするために、人生を楽しいもの、有意義なものにし、最後は感謝をもって終えることができるような人生を過ごしたいと人は考えるのではないでしょうか。死は、受け入れるべきものなのです。避けることもできないし、逃げることもできません。

 人間は生物で、誕生の時があり、死ぬときがあります。死は自然なことであると考える人もおられるでしょう。そうは言っても、死んだ後自分がどうなるのか分からないわけですから、不安が残ります。死の恐怖があります。私は若いとき、死の恐怖に襲われました。そして思いました。

「そのためなら命を賭けてもよいと思えることを自分の仕事にしたいと」。

そうすれば死に対してある程度、抵抗できるのではないか、と考えたのです。

 ところが聖書は言うのです。罪によって死がこの世界に入ってきたと。死は決して自然なことではないと聖書は言うのです。

 聖書は、死は自然なこととは考えていません。創世記は、神さまはこの世界を造り、人間を造られたと告げます。神さまは人をエデンの園に住まわせました。そして神さまは言うのです。

「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」。

<食べると必ず死ぬ>と神さまは警告しました。しかし、人はその木の実を取って食べてしまいました。その結果、人は死ぬ者となったと創世記は語ります。

 人はなぜ死ぬのか、それは神に逆らったからだと聖書は教えます。神に逆らうという罪を犯したために、人は罰として死ぬ者となったと聖書は告げます。聖書は、最初の部分で、人間は神に対して罪を犯し、死ぬ者となったと告げます。

 使徒パウロはローマの信徒への手紙5章でこう語ります。

「このようなわけで、一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです」。

神に造られた最初の人アダムは神に逆らい罪を犯しました。そして彼は死にました。さらに人は皆罪を犯し、死ぬ者となったのです。死はすべての人におよび、すべての人を支配しています。

 神に造られた最初の人は神の言葉に逆らい、罪を犯しました。そして神が警告された通り、人は死ぬ者となりました。このアダムの物語を読んだ人は言うかも知れません。<善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう>と神は言ったのに、アダムは死ななかったではないか。アダムはすぐに死にませんでした。

 聖書は、二種類の死のあることを告げています。一つは肉体の死。もう一つは、霊的な死。たとい生きていても、神さまの目には死んでいるのです。

 ヨハネ黙示録にある主イエスの言葉を思い出します。

「わたしはあなたの行いを知っている。あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる」。

アダムはすぐには死にませんでしたが、神さまを避けるようになりました。霊的に死んだのです。そして寿命が尽きて、肉体の死を遂げました。

 罪は、私たちに二つの死をもたらし、私たちを支配するようになりました。罪に支配された私たちは罪の奴隷となりました。神の目に、人間は生きているとは名ばかり、実は死んでいるのです。神なしに生きている人は、死んでいるのです。神との関わりなしに生きている人は、死んでいるのです。

 主イエスが語られた放蕩息子のたとえがあります。放蕩息子と呼ばれる息子は、まず父から自分が相続するはずの財産をもらいます。次に財産をすべて金に換えて家を出ます。父のもとを離れ、自由に生きるのです。彼は自分の好きなように生きるのです。やがてお金はなくなり、生活に行き詰まります。そしてついに家に帰ることを決断します。父のもとでは、使用人でさえ、有り余るほどパンがあったと考え、父のもとに帰ります。

 戻ってきた息子を父は喜んで迎え祝宴を開きます。それを見た兄息子は怒ります。自分は父のもとでまじめに働いてきたのに、宴会を開くために父は、子ヤギ一匹すらくれたことがないと言って、怒ります。すると父は言います。

「お前のあの弟は死んでいたのに生き返った」。

父のもとを離れて生きる、それは死んだことだと主イエスは教えました。神から離れて生きる人は、神の目に死んでいるというのです。神は、私たちを造られた創造主なる神です。自分の造り主と無関係に生きる時、それは自分勝手に生きているに過ぎません。

 聖書は、罪は私たちを支配していると告げます。私たちは罪に支配され、罪の奴隷であると聖書にあります。56節で

「罪の力は律法です」

とあります。罪は力を持っているのです。罪というのは、一種の勢力、力なのです。私たちに働きかけ、私たちに罪を犯させる力を持っているのです。罪はどのようにして私たちを支配し、私たちを罪の奴隷とするのでしょうか。

 56節の

「罪の力は律法です」。

これもびっくりする言葉ですね。信仰を持たない人は意味が分からないと思います。信仰を持つ人は、驚く言葉ですね。律法とは、神の戒めのことです。神の具体的な戒めの集合を律法と言います。神さまは、具体的にこうしなさい、こうしてはいけないと命じます。神の命令の集合が律法です。<罪の力は律法です>。どういう意味でしょうか。

 律法は、神の命令ですから、これに逆らうことが罪となります。私たちは、律法を知ることにより、罪を知ります。律法を知らなければ罪を知ることはありません。ある行動が罪と判定されるためには、何が罪かを定めたものがなければなりません。法律があるから、法律を犯すことは罪であり、犯罪となることがわかります。律法は、神の命令であり、何が罪であるかを教えます。人を殺すなとの神の命令があるから、人殺しは罪であると知ります。むさぼるな、との神の命令があるから、むさぼることが罪であると知ります。そしてやっかいなことが起きます。律法が、あれをするな、と言うと、してみたいとの思いが、私たちの心に生じます。律法が、これをせよというと、したくないとの思いが、私たちの心に生じます。そして私たちは律法に逆らい罪を犯すのです。自分から、律法に逆らうのです。

 罪というのは一種の力です。その力が私たちに働き、私たちはそそのかされ、罪を犯すのです。創世記3章で、アダムとエバが、神さまから取って食べてはいけないと命じられた木の実を食べました。あの時、蛇が登場して、

「食べても死なないよ」

と言ったのです。それを聞いたとき、蛇の声を聞いたとき、女のエバが、木の実を食べるとおいしそうに見え、賢くなりそうに見えたので、手を伸ばして取って食べてしまいました。取って食べるなとの神の警告を無視しました。

 <罪の力は律法>とありますが、罪は律法を利用して、私たちに罪を犯すように働きかけるのです。私たちはそれに勝てないので、私たちは罪の奴隷だと聖書は告げます。私たちは律法を知るにつれ、自分が罪を犯したとの自覚を持ちます。さらに、自分は神の前に罪を犯しているとの確信を持つようになります。その上、自分は自ら、神に逆らっているとの確信を持つようになります。罪の誘惑を受けて神に逆らいますが、自分でもその誘惑に乗ってしまうのです。誘惑に負けるというより、誘惑を自分から選び取るのです。ここに至って、自分は神に従うことを喜ばない罪人であることを確信するのです。

 本来律法は善いものです。神さまの戒めですから。でも罪は律法を利用して、人間に働きかけ、罪を犯させます。私たちは、神に逆らいます。信仰を持たない人は、自分が神に逆らっていることに気づきません。そして信仰者も神に逆らうのです。神に対する一番の反逆、それは神に対して無関心になることです。ここには多くの信仰者がおられます。皆さんは、神さまの御心にどれほどの関心を持っておられますか。皆さんは、私の願いをかなえて下さいと神に祈ります。つまり神さまに、私のことに関心を持ってと働きかけているのです。皆さんは、神さまの御心に従おうとの思いをどれほど持っておられますか。実際にどのように従っていますか。私たちを造り、私たちを救ってくださる神さまに対する無関心、これが最大の罪です。信仰者といえども、礼拝を献げているといえども、私たちは自分のことしか考えず、神の御心に関心を払わず、実質的に神なしに生きていることだってあり得るのです。

 霊的死とは、神との関わりなしに生きることを意味します。その人は、神の目には死んでいるのです。でもその人がこの世的には最高の繁栄を誇ることがあります。たといそうでも、神との関わりなしに生きているなら、神の目には死んでいるのです。霊的に死んでいるのです。罪は私たちを支配し、私たちを死に追いやるのです。まずは霊的な死、次に肉体の死。聖書はこのように、人間の死を罪との関連で理解します。

 56節<死よ、お前のとげはどこにあるのか。死のとげは罪であり>。刺というのは、それに触れる者に痛みを与えます。刺は一種の武器です。死の刺は罪だというのです。罪という刺は、私たちに死をもたらすという意味です。

 しかし今や、死の刺は、切り落とされたのです。キリストによる救いは、私たちを罪の支配から解放します。私たちを罪の奴隷状態から解放します。ロマ書6章14節にこう書かれています。

「罪は、もはや、あなたがたを支配することはないからです。あなたがたは律法の下ではなく、恵みの下にいるのです」。

 主イエスによって与えられる救い、それは罪の赦しだけではありません。私たちを恵みの下においてくださる、それが救いです。主イエスを信じる者は、神の恵みの下にいるのです。罪の働きかけがないわけではありません。神さまに従おうとすれば、罪の誘惑は強くなります。しかし神の恵みの下にいるので、罪に勝利することができます。もし、あなたが罪に負けたくないと願い、神さまに恵みを求めるなら、神さまの助けを求めるのなら、聖霊の助けを求めるなら、あなたは罪に勝利することができます。信仰に生きるとは、罪に対して勝利して生きるということです。私たちは今、すでに

「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のトゲはどこにあるのか」

と語ることができるのです。

 信仰者の歩みは、奴隷の地エジプトを脱出して、約束の地に向かって荒野を旅するイスラエルの歩みに似ています。エジプト王の奴隷から解放された民。エジプト王は、イスラエルの民を追いかけ、連れ戻そうとします。背後から迫るエジプト軍を見たとき、イスラエルの民は慌てふためき、恐れに捕らわれました。しかし、エジプト軍はもはや力を持っていないのです。神が助けるからです。神の助けによって、エジプト軍は滅ぼされ、イスラエルの民はエジプト王の支配からは自由にされました。荒野の旅において、死がイスラエルの民を支配しようとしました。食べ物がなくなる、飲み水がなくなる、死が民の背後に迫ってきました。しかし神の助けによって、民は救われました。神の恵みが、神を信じる民をいつも助けたのです。

 57節を読みます。

「わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう」。

主イエスを信じる者は、罪に対する勝利に生きることができます。勝利を神に感謝することができます。信仰に生きるとは、罪に対して勝利して生きるということです。私たちは今、すでに

「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のトゲはどこにあるのか」

と語ることができるのです。

 私たちは、神さまに生かされ、生きているのです。死んでいた私たちは、主イエス・キリストによって、生きる者となったのです。私たちは神さまに結ばれて生きています。そして終わりの日、神の国が到来したとき、51節以降。

「わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります」。

 数え切れない聖徒と共に、私たちは復活します。その光景を見る時、私たちの口から、

「死は勝利に飲み込まれた」

との言葉が出てくるのです。

祈り