あなたは生きていますか。それとも死んでいますか。変な質問をすると思われるでしょうか。ここにいる方々は、人間という生物としては生きています。今問題にしたのは、生物としての人間の生死ではありません。人間を造られた神様が、私たちをご覧になって、私たちを生きていると見られるか、死んでいると見られるか、つまり神の目に映る私たちの姿を問題にしているのです。あなたは生きていますか。それとも死んでいますか。

 聖書の最後にヨハネ黙示録があります。ヨハネという人物が、ある日、彼に語りかける声を聞きます。その声は、

「このように書け」

と七つの教会に手紙を書くことを命じます。その声の主は、復活の主イエス・キリストです。主イエスはサルディス教会宛に次のように語られます。

「わたしはあなたの行いを知っている。あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる」(ヨハネ黙示録3:1)。

サルディス教会の人々は、生きているとは名ばかりで、実は死んでいると主イエスはおっしゃるのです。信仰を持たない人に対してではなく、信仰者に向けて語られたのです。信仰を持たない人は、死んでいます。信仰を持ったなら、生きているはずなのに、死んでいると警告を発しているのです。

 あるいは主イエスが語られた放蕩息子のたとえの物語があります。ある人に二人の息子がいました。下の息子は、自分が相続する財産を<今、欲しい>と言って、父から受け取り、家を出ます。自分の好きなように人生を送ります。やがて行き詰まり、彼は父の元に戻ります。帰ってきた息子のために父親は祝宴を開きます。すると上の息子は怒るのです。譲り受けた財産をすべて使い果たしてしまった弟が帰ってくると祝宴を開く父。その父は、いつもそばにいてまじめに仕事をしている自分には何もしてくれません。

不公平だと兄は父に向かって怒ります。すると父は言うのです。

「お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか」。

父の目に、弟息子は死んでいたのです。しかし生き返ったので喜ぶべきではないかというのです。

 今日の聖書で主イエスは語ります。

「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている」。

神の目に死んでいた人が生きるようになるというのです。神さまの目に、あなたはどう映っているのでしょうか。

 主イエスは38年間も病気で苦しんでいる人をいやされました。それは安息日の出来事でした。安息日、それは仕事を休むようにと神から命じられた日です。ユダヤ人たちは、病気の癒やしは仕事と考え、イエスは神の戒めに背いたと考えました。それに対して主イエスは、

「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ」

と答えられました。するとユダヤ人たちは、イエスが神を父と呼び、自分を神と等しいものとしていると考えて、イエスを、神を冒とくする者と考えました。

 すると今日の聖書で、主イエスは、父と自分の密接な関係を語ります。

「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示される」。

 主イエスはさらに御自分が特別な存在であることを語ります。

「父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える」(21節)。

命を与えることができるのは神だけです。それなのに自分は命を与えることができるとイエスは語ります。さらに父は、裁きは一切、子に任せると言います。まさにイエスは、自分は神の子として、神として活動していると語るのです。これを聞いたユダヤ人たちは戸惑いました。そして、自分を神とするのは越権行為であるとして、イエスに神を冒とくする者が受けるべき罰、死を与えることを考えます。

 旧約聖書には預言者と呼ばれる人たちが登場します。彼らは

「神はこう言われる」

と言って、神の言葉を語ります。しかしイスラエルの人々は、預言者の言葉を受け入れませんでした。預言者が神の言葉を語っているとは受けとめませんでした。神ご自身は、直接人間に語らず、仲介者を通して語ります。預言者は、神の言葉を語るために、神に用いられた人です。キリストの教会が誕生して以来、神は、福音を宣べ伝える者を召し出し、その者を通して語られます。

 しかし神は本当に人を介して語られるのでしょうか。人を介して神が語っておられるとどうして分かるのでしょうか。主イエスは言います。

「神に属する者は神の言葉を聞く」(8:47)。

神に属するものは、分かるのです。

 しかし人は、人を介して語られる神の言葉をなかなか受け入れません。でも私たちは、神は語られると信じます。聖書に書かれているように、神は預言者を通して語られたこと、神は、御自分の子、御子イエスをこの世に送り、語られたことを信じます。さらには使徒たちを通して語り、そして今も、神さまは召しだした者を通して、語られると信じます。神を信じるとは、神が私たちに語られることを信じることです。神が私たちに語られることを信じなければ、神を信じることにはなりません。

 神は何のために語られるのでしょうか。それは人を救うためです。神は語り行動します。それは人を救うためです。神は御子を通して語り、行動し、人を救われます。

 24節。

「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている」。

25節。

「はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる」。

ここでイエスは、<はっきり言っておく>と繰り返し、重大なことを語っていることを強調しています。イエスの言葉を聞いて、イエスが神から遣わされていることを信じる者は、死から命に移る、死んでいたのに生きるようになると言われます。

 <死んだ者>とはどんな人のことなのでしょうか。この福音書3章16節以下に耳を傾けます。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

神は御子イエスを信じる者に永遠の命を与えるとあります。さらに

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである」。

神は世を救うために、つまりこの世にいる人々を救うために御子を遣わしました。さらに

「御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである」。

 ここに<信じない者はすでに裁かれている>とあります。

「光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている」。

御子イエスが光として来たのに、御子を信じない者は、光よりも闇を好んだ、そのことが裁きになっているというのです。御子を信じない者は、信じないゆえに、その歩みは闇を好む歩みであり、裁かれているというのです。

御子を信じるか信じないかで、生き方が変わってくるのです。光であるイエスを信じる人は、光の子として歩みます。信じない者は、闇の子として歩みます。闇の子として歩む、それが裁きとなっているというのです。信じないことによって、その結果を刈り取ります。そして闇の子として生きる者は、神の目には<死んでいる>のです。

 25節。

「はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる」。

しかし、今、主イエスがおいでになり、神の言葉を語ります。神の目に死んでいた者たちが、神の言葉を聞くのです。聞く者は生きるのです。

 皆さんは、死んだ者でしたが、イエスを信じ、生きる者となったのでしょうか。皆さんは、自分は死んでいると感じ、生きる者となりたいと考えて、神の言葉に聞こうとしているのでしょうか。あるいは皆さんは、自分が死んでいるのか生きているのか、よく分からない状態にあるのでしょうか。

主イエスはサルディスの教会に語りました。

「わたしはあなたの行いを知っている。あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる」。

主イエスの目にあなたはどう映るのでしょうか。

 私は思います。人は、自分が生きているか死んでいるのか、知っているのではないでしょうか。人が正直に自分を顧みるなら、人は、自分が生きているか死んでいるのか、知っているのではないでしょうか。

 <生きている>ことと<死んでいる>ことはどのようにして区別されるのでしょうか。何か基準があるのでしょうか。主イエスは、<生きている>ことをイメージ豊かに語っています。

 たとえばヨハネ福音書10章。

「わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。わたしは良い羊飼いである」。

主イエスは良い羊飼いとして羊に命を与えるとあります。羊飼いなる主イエスに飼われる羊は<生きている>のです。

羊飼いと羊の関係はいかなるものでしょうか。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(10:14)。
「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」(10:27)。

羊は、自分の羊飼いを知っています。羊飼いなる主イエスの声を聞き分け、主イエスに従う羊、この羊が生きているのです。自分が羊として羊飼いなる主イエスとどのような関係の中にあるのかを考えれば、神の目に自分が生きているか死んでいるか分かります。

 あるいはヨハネ福音書15章。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(15:5)。

ここでは主イエスはぶどうの幹であり、私たちはぶどうの枝であるとされます。ぶどうの枝は幹につながっているとき、栄養分を受け取り、実を豊かに結びます。ぶどうの枝として幹なる主イエスにつながっている人は<生きている>のです。

「ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない」(15:4)。

実を結ばない、それは<死んでいる>と言うことです。自分が枝として幹であるイエスとどうつながっているのかを考えれば、神の目に自分が生きているか死んでいるか分かります。

 

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」。

真理によって自由にされた人、その人は神の目に<生きている>人です。思い煩い、人を裁く心、赦せない思いで不自由を感じている人は、神の目に<生きている>とは言いがたい面を持っていることになります。

 

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」(13:34)。

主イエスの掟、<互いに愛し合いなさい>に生きていない人は、<生きている>とは言いがたい面を持っていることになります。

 <生きているか><死んでいるか>は、あれかこれかではありません。<生きている>状態を白、<死んでいる>状態を黒とするなら、私たちは皆、灰色です。黒っぽいか、白っぽいか、その違いはあるにしろ、私たちは皆、灰色です。

 生きている人の特徴は、喜びと平安です。心の底に、喜びと平安がいつもあります。讃美歌404

「あまつましみず」

があります。先日の小林輝冶さんの葬儀の時、賛美しました。

「あまつましみず、流れ来て、あまねく世をぞ うるおせる長く渇きし わが魂も汲みて命に 帰りけり」。

死から命に移った人は、その通り、その通りと、この歌を賛美するのではないでしょうか。

 神さまは、私たちが生きることを願い、私たちに命を与える方です。主イエスを信じる人は、命を与えられています。この命に生きるか否か、それはあなたの決断です。一歩を踏み出しさえすれば、私たちは生きるようになります。

 私自身は、信仰を持たない昔に戻りたいとは思いません。死の恐れ、空しさに心が支配されていた死んだ人に戻りたいとは思いません。自分のことしか考えない、死んだ人に戻りたいとは思いません。聖書を知って、神の言葉に立って生きることができる幸いから離れることは考えることができません。人を愛し、人から愛されることを喜びとするようになりました。私は心の底にある喜びと平安を感謝しています。わたしは自分の弱さを受け入れて生きることができるようになりました。神さまと教会に仕える幸いを知りました。

私は、主イエスを信じる人に与えられる永遠の命に今生かされていると信じています。主イエスは、私たちに命を与え、私たちを生かしてくださる救い主です。わが神、わが主である主イエスに栄光がありますように。

祈り