皆さんの人生の中で、皆さんにとって一番偉い人は誰ですか。人間は基本的に偉い人に従います。会社員は上司に従います。スポーツの選手は監督に従います。予備校の生徒は、予備校の先生に従います。皆さんの人生の中で一番偉い人は、誰ですか。

 神さまを信じるとは、神さまを一番偉い存在と考えることです。信仰を持っている方、どう思いますか。神さまを一番偉い存在として生きることができる、これが福音です。神こそ最高の権威ある存在とすることができる、それが福音です。

 主イエスが教えるのを聞いた人たちは、主イエスの教えに驚きました。

「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ」。

主イエスは権威ある者として教えられた、と人々は受けとめたのです。主イエスを一番偉い存在として生きることができる、これが福音です。聖書をもとに、このことを共に考えたいと思います。

 5章の1〜9節で、主イエスは38年間も病気だった人をいやされました。この人は病気のために、自由に歩くこともできなかったのですが、

「起き上がりなさい。歩きなさい」

と主イエスが命じたとき、起き上がり、歩き出したのです。そして病気が癒やされました。ヨハネ福音書は、主イエスの奇跡物語を最初に語り、その後、関連した出来事を語るという手法を採っています。今日の聖書箇所は、その関連した出来事となっていて、ユダヤ人たちがイエスを迫害し、殺そうと考えるようになった次第が語られています。

 

「その日は安息日であった」。

安息日とは、仕事を休む日です。神さまは、イスラエルの人たちに、週の最後の日を仕事を休む日、安息日とするようにお命じになりました。モーセの十戒の中に安息日の戒めがあります。

 ユダヤ人たちが病いをいやされた人に向かって言います。

「今日は安息日だ。だから床を担ぐことは、律法で許されていない」。

神さまは安息日に仕事を休むように命じました。律法学者と呼ばれる人たちは、休むべき仕事は何なのか、具体的にしました。そうすれば、皆が安息日の戒めを守りやすくなるからです。床を担いで歩くことは仕事とされ、安息日にしてはいけないこととされていました。

 ユダヤ人たちは、この神さまの戒めを守るために、その戒めを具体的に考え、実例をあげて考えました。信仰の熱心さが現れています。主イエスの教えに

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」

とあります。これだけでは、この教えを具体的にどのように実践したらいいかわかりにくいです。そこで、たとえば

「困っている人がいたら助けなさい」。
「貧しい人に施しをしなさい」

と具体的に実例を挙げていくと、主の教えは守りやすくなります。

しかし律法学者たちとちがって私たちは、実例を幾つもあげて主の教えを守ることはしません。信仰に生きることが、マニュアルに従うようになり、心が伴わなくなると考えるからです。ですから私たちは、主イエスの教えを思いめぐらし、自分の生活の中でどのように実践するのかを考え、行動に移す努力をします。その時、聖霊の導きを求めます。

 ユダヤ人たちによれば、<床を担いで歩く>これは仕事をすることになります。そこでユダヤ人は、いやされた人に、<今日は安息日だ。床を担ぐことは律法で許されていない」

と咎めます。するといやされた人は、答えます。

「わたしをいやしてくださった方が、『床を担いで歩きなさい』と言われたのです」。

するとユダヤ人たちは、誰がそう言ったのだと尋ねます。律法に違反することを誰が語ったのか、知ろうとします。注意しなければなりません。しかし、いやされた人は

「知りません」

と答えます。

 律法とは神の戒めです。ユダヤ人たちは、床を担ぐことは安息日の戒めに違反すると考えます。ところが病人をいやした人は、

「床を担いで歩きなさい」

と言ったのです。どちらが正しいのでしょうか。床を担いで歩きなさいと命じた主イエスは、律法に違反することを語ったのでしょうか。主イエスは律法に違反しているのでしょうか。それとも主イエスは律法に違反するとされることを命じるほどに権威があるのでしょうか。

 ユダヤ人から見れば、主イエスの態度は、自分を何様と思っているのだ、と非難したくなる態度です。神の戒めに違反することを行い、それでもなお自分は正しいと言っているようなものですから、ユダヤ人は反発するのです。そこで16節

「そのために、ユダヤ人たちはイエスを迫害し始めた」。

神の戒めを破るような者は危険思想の持ち主ということで迫害を始めたというのです。

 ここで病気を癒やされた人に注目します。彼は神殿の境内でイエスに再び会います。するとイエスは彼に言うのです。

「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。さもないと、もっと悪いことが起こるかもしれない」。

この主イエスの言葉は、あなたの病気の原因はあなたの罪にあったのだ、と言っているように聞こえます。今、病気が治ったのだから、罪を犯して前より悪い病気になったら大変だ、と警告しているように見えます。主イエスは病気の原因は罪だなどと教えていません。むしろ主イエスは、単純に信仰に生きるように勧めたのです。

 

「罪を犯してはいけない」

と主イエスは命じました。主イエスは、38年間病気で苦しんでいた人をいやしました。主イエスは、その人が信仰に生きることを願ったのです。ヨハネ福音書の8章によれば、姦通の現場を押さえられ、捕らえられた女性がイエスのもとに連れてこられました。人々は言います。

「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか」。

主イエスを困らせようとしたのです。

 すると主イエスは、

「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」

と切り返します。罪を犯したことのない人はいませんから、誰もその女性に石を投げません。そして主イエスは言います。

「婦人よ、だれもあなたを罪に定めなかったのか」。
「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」。

主イエスの願い、それは人が神を信じて生きることです。罪を犯さないで生きることです。

 主イエスはなぜ、

「罪を犯してはいけない」

と命じられたのでしょうか。罪を犯すとは神さまに背くことです。神さまに背く生き方、罪を犯しながら生きる生活は、不健全なのです。それは、人間を害するのです。生活習慣病と呼ばれる病気がありますが、信仰上の生活習慣病を考えることができます。

神さまに背く生活を送り続ける人には、平安がありません。恐れや不安、思い煩いがあります。喜びが少なく、怒りや不満、ストレスがあります。真の満足がありません。このような不健康な状態は、心身の病いをもたらす可能性があります。そこで主イエスは信仰に歩むように勧めたのです。罪を犯し、自分の身に病いをもたらすことのないように、と話されたのです。主イエスは、信仰の応答を求めたのです。

 ところがユダヤ人たちは、いやしの出来事を知っているのに、信仰の応答をしませんでした。38年も病気で苦しんでいる人をいやすのですから、イエスは何者なんだ、との疑問が湧いてきます。しかし<床を担ぐように命じた>のは律法に違反することになる。律法に違反している以上、イエスを信用するわけにはいかない。こうユダヤ人たちは考えました。そして主イエスが誰であるかを深く考えず、主イエスに反発を抱くのです。

 すると主イエスは、

「床を担いで歩きなさい」

と命じたのは、実は神さまの命令でもあるのだと語ります。

「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ」。

言い換えると、安息日に病気を癒やし、<床を担いで歩きなさい>と命じることは神さまの御心なのだ、<わたしは神さまの御心を行っているのだ>と主イエスは語るのです。主イエスは、わたしと父なる神は一つなのだと宣言するのです。そこでユダヤ人たちは、イエスが神のことを父と呼んで、自分を神と等しいものとしていることを傲慢な行動と判断しました。人間が自分を神と等しいものと考える、それは神を冒とくすることだというのです。

 ユダヤ人たちは、イエスと出会い、戸惑いました。主イエスは、自分が神と同等の権威がある者として振る舞いました。命令すれば、病気が治るのです。主イエスとの出会いにユダヤ人たちは戸惑いました。でもユダヤ人たちは、主イエスの権威を認めようとはしませんでした。主イエスを信じようとはしませんでした。信仰とは、主イエスの権威を認めることです。主イエスを最も偉い存在と考え、この方に従う、それが信仰です。ユダヤ人たちは主イエスに反発し、やがて主イエスを十字架につけます。主イエスを殺します。

 ユダヤ人たちには、自分たちは律法をよく知っている、律法を学んでいるとの自負がありました。安息日に

「床を担げ」

と命じ、律法に違反することを実は神の御心を行っているのだと言わんばかりのイエスに反発するのは無理もないのです。人は思いがけない、予想もしない新しい事態が出現したとき、どう理解していいか分からず、どう受けとめていいか分からず、結局、新しい事態を拒否するのです。

 ユダヤ人たちの前に、神として、神の権威を持ったイエスが突如として現れたのです。イエスを傲慢な人間としか、考えることができなかったのです。イエスを権威あるお方と認めることができませんでした。

 人間は、権威ある人に従います。人間は、自分より偉い人には従うものです。その人間は、時に自分が世界で一番偉いと考えます。聖書に最初にアダムとエバの物語があります。アダムとエバは、自分たちは神よりも偉いと考え、取って食べてはいけないと神が命じた木の実を食べてしまいました。彼らは神に背き、罪を犯したのです。神の権威を認めず、神をないがしろにしたのです。

 人間は、自分を一番偉い存在と考えがちです。そのような人間は、周囲の人と争います。<お前が間違っている>と言います。他者と争います。他者を見下すようになります。高慢になります。自分を一番偉い存在と考える人は、幸せになれるかというと、幸せにはなれません。

 聖書は、神さまを一番偉い存在として、神さまに聞き従う人が幸いな人であると教えています。神さまの権威を知る人は、神さまに聞き従い、幸いな歩みをすることができます。なぜなら、神さまの教えは、人間を幸せにする教えだからです。

 主イエスは、

「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ」

とおっしゃいました。そして神さまは、今も、福音を宣べ伝える者を召し出しておられます。説教者は、

「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ」

と言うことができます。語るべき言葉を与えてくださいと祈って、説教の準備をします。聖書を読んで思いめぐらし、説教の準備をします。神さまが働いてくださるから、説教の準備ができるのです。

 そこで説教を聞く人は問われるのです。<あなたは何を聞いているのか>。あなたが説教を聞くとき、新しいこと、これまで聞いたことがないことを聞くかも知れません。戸惑いを覚えることを聞くかも知れません。自分の有り様、生き方の変更を迫る言葉を聞くことがあるかも知れません。説教者は、神さまに召されて神の言葉を語るのです。神の言葉を聞く、それは全く新しい事態なのです。

 説教を聞くあなたは新しい事態に直面しているのです。ユダヤ人たちは理屈をつけて主イエスを拒みました。しかし主イエスは、信仰の応答を求めておられたのです。説教者をして福音を語らせる神さまもまた、信仰の応答を求めておられます。

祈り