今日の聖書には38年間も病気で苦しんでいる人が登場します。そして主イエスは、この人の病気を癒やし、苦しみから解放します。この病人にとって、イエスは救い主です。

 私たちもまた色々な苦しみに直面します。苦しみの理由、意味が分かれば耐えることもできますが、なぜ自分がこのような苦しみに遭わなければならないのか、分からないときもあります。すると直面している苦しみの他に、苦しみに遭う理由が分からないという苦しみが増し加わります。聖書にはヨブという人物が登場します。ある時彼は災難のために子供を喪い、財産を失うという苦しみに直面します。その後、今度は自分自身が病気になり苦しみます。そしてなぜ自分は苦しむのか理由がわからないと神さまに訴えます。苦しみは、私たちを悩ませる問題です。

 しかし聖書は、苦しむことの中に意義があることを語ってもいます。たとえばパウロは次のように語っています。

「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを」(ローマ5:3〜4)。

 ペトロは語っています。

「今しばらくの間、いろいろな試練に悩まねばならないかもしれませんが、あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され、火で精錬されながらも朽ちるほかない金よりはるかに尊くて、イエス・キリストが現れるときには、称賛と光栄と誉れとをもたらすのです」(ペトロ一1:6〜7)。

私たちもまた、自分の苦しみを神の恵みと語ることが許されています。今日の聖書は、主イエスとの出会いによって長年の病気の苦しみからいやされた人のことが語られています。

 主イエスは、ユダヤ人の祭りがあったのでエルサレムに行かれたとあります。イスラエルには、過越祭、五旬祭、仮庵の祭と三つの大きな祭りがあります。これらの祭りの時、イスラエルの人々はエルサレムに行く習慣があります。今日の聖書に書かれている祭りがどの祭りかは明確ではありませんが、主イエスはエルサレムに行かれたのです。エルサレム神殿の東北側に羊の門と呼ばれる門があります。その門のそばにベトザタという池がありました。この池は長方形の形をしていて、五つの回廊があったというのです。回廊、池をめぐる屋根付きの廊下があったというのです。ちょうど

「日」

という字が五本の線でできているように、五つの回廊がありました。

 3節にこうあります。

「この回廊には、病気の人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた」。

この後に聖書にはマークがついています。このマークは、後の時代に挿入された言葉があることを教えています。ヨハネ福音書の最後にその言葉が書かれています。それはこうです。

「彼らは、水が動くのを待っていた。それは、主の使いがときどき池に降りて来て、水が動くことがあり、水が動いたとき、真っ先に水に入る者は、どんな病気にかかっていても、いやされたからである」。

 この回廊に大勢いた病人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人たちが、いやしを求めていました。水が動く瞬間を待ち続けています。主の使いが池に降りてきたとき、水が動くので、その時池の中に入る人はいやされるというのです。迷信に近いものです。でもこれだけが自分の病気や障害をいやしてくれると期待している人たちが大勢いたのです。

 そこに38年間も病気で苦しんでいる人がいました。38年も病気で苦しむとはどんな苦しみなのでしょうか。私は今68歳です。38年前というと30歳です。私が結婚したのは30歳です。ですから私が30歳で病気になり、今に至ると考えると、結婚生活、子育ての生活、子供を独立させ、今夫婦だけの生活をしていますが、これらの生活がなく、ずっと病気で苦しんでいたことになります。そう考えると、病気で苦しむ38年間というのは、耐えがたく思われます。皆さんも、今から38年前に病気になり、38年前から今までの生活が、病気で苦しむだけの生活だったと想像してみてください。どんな気持ちになられるでしょうか。

 <病気の人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた>ところに主イエスがやって来られました。そのまま通り過ぎることもできましたが、主イエスは、一人の人をご覧になりました。そしてこの人が38年間も病気で苦しんでいたことを知りました。そして

「良くなりたいか」

と声をかけられます。

 主イエスがどのようにしてこの人が38年も病気であることを知ったのかは書かれていません。人の心を見抜くことのできる主ですから、この病人を見て、長年病気で苦しんできたことを見て取ったのかも知れません。今日の聖書によれば、主イエスはこの人だけをいやされました。他にも大勢苦しんでいる人がいたのですが、この病人だけをいやされました。なぜ他の人をいやさなかったのでしょうか。そしてなぜ、この人なのでしょうか。なぜ、この人を主イエスは選ばれ、いやされたのでしょうか。その理由は書かれていません。

 たまたま主イエスが歩かれる足元のところに横たわっていたのかも知れません。あるいは、苦しみが他の人よりも大きかったのかも知れません。でもこの人が選ばれた理由は分かりません。なぜ選ばれたのか。

それは主イエスの憐れみによると考えます。主イエスの憐れみによってこの病人が選ばれたのです。私自身が主イエスを信じるように導かれたのも、神さまの憐れみによる選びだと信じるからです。主イエスは弟子たちに向けて語られました。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」(ヨハネ15:16)。

あなたが救いに入れられたのも、あなたが教会の礼拝に来るようになったのも、実は主イエスの憐れみによる選びがあるのです。私たちはこのことを信じてよいのです。

 主イエスは、この人が38年間も病気で苦しんでいることを知りました。深い憐れみをもって、この病人に目を留められたのです。病人の苦しみは主イエスの知るところとなったのです。

 そして主イエスは、

「良くなりたいか」

と声をかけられました。恐らく立ったままではなく、しゃがんで目線を低くして声をかけられたと思います。そこには病人に寄り添う気持ちが表れています。そして病人をいやしたい、救いたいとの思いから、

「良くなりたいか」

と声をかけられました。主イエスの願いは、人々が救われることです。病人を救いたい、その思いからの言葉でした。そして病人の気持ちを確かめようとされ、<良くなりたいか>と聞かれたのです。

 病人は主イエスにどのように答えたのでしょうか。<良くなりたいです>とは答えませんでした。なぜでしょうか。病人は答えます。

「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです」。

彼は無念の思い、悔しい思いをイエスに打ち明けます。自分の体を思うように動かすことができず、水が動いたときに池の中に誰よりも先に入ることができないのです。くやしかったのです。無念の気持ちがあるんです。水が動くのはいつか分かりません。いつ来るか分からない時を一緒にいて待ってその時が来たら池の中に運んでくれるような友人はいません。まず彼は、無念の気持ちをイエスに訴えました。

 彼は何よりもまず、自分の気持ちを分かって欲しかったのです。38年間、病気で苦しんできました。治るただ一つの望みも、他の人に奪われていきます。38年も病気で苦しんできた辛さ、悲しみ、恨み、さらにはいやしを得るチャンスを得ることができない無念さが彼の心の中にあります。この気持ちを知って欲しいとの強い思いが彼にはありました。この気持ちを知って欲しい、理解して欲しい、との気持ち、そして

「大変だったね、辛かったね、くやしかったね」

と共感して欲しいとの思いがありました。この共感がなければ、彼の心はいやされません。<心のいやし>こそ、必要だったのです。だからすぐに<良くなりたいです>と答えることができませんでした。

 そして主イエスは、膝をかがめ、彼の訴えを聞き続けました。自分の気持ちが分かってもらえる、これはうれしいものです。辛い中、苦しい中を通って来れば来るほど、気持ちを理解してもらえることは大きな慰めです。

5月24日、ペンテコステの礼拝の日、私は自分の歩みを導かれた神さまを証しする説教をしました。私は3人の親しい人にこの説教を送りました。一人の方から返事の手紙が来ました。それを読んでいて、私は泣きそうになりました。その手紙を読むと、この方が私の気持ちを分かってくれていると伝わってくるのです。うれしさとありがたさの思いから思わず泣きそうになりました。

 自分の気持ちを話せば、人は理解してくれるとは限りません。頭で理解できたとしても、心で分かり理解することは限りません。共感する心が、人の気持ちを理解することを知ります。共感する心のない人は、他者の気持ちは分からないと思います。かつて私も人の心が分からない人だと批判されたことがあります。主イエスはしゃがんで、治りたいと思っていてもチャンスを得ることができず、思い通りにならない病人の気持ちに共感しつつ、<あなたは治りたいんだよね>と話しかけました。

 そして主イエスは、

「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」

と命じました。主イエスは、命令したのです。これを聞いて病人はどう思ったと思いますか。あなたがこの病人だったらどうしますか。

30歳で病気になり、結婚もせず、病気で苦しみ68歳になったとしたら、そこに見知らぬ人が来て、いきなり

「治りたいか」

というのです。病気の苦しみを語ったら、いきなり

「起き上がれ」

というのです。今まで、歩けなかったのです。

「起き上がれ」

と言われて、すぐに起き上がれるのでしょうか。<変なこと言うなよ>とか、<起き上がって治るなら苦労しないよ>とか、<バカにするなよ>とか言いたくなるかも知れません。

 でもこの人は、主イエスの命令に従いました。

「すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩き出した」

とあります。いつ良くなったのでしょうか。彼は、良くなったことが分かったので立ち上がったのでしょうか。違います。彼は主イエスの命令に従い、立ち上がろうとしたのです。彼は自ら行動を起こしたのです。すると病気が良くなったのです。

 ここには信仰の原理ともいうべきものがあります。主イエスは弟子たちに教えます。

「神を信じなさい。はっきり言っておく。だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる。だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる」。

自分の言うとおりになると<信じたら>、そのとおりになる」

のです、祈り求めるものがすでに得られたと<信じるなら>、その通りになるのです。

求められるのは信仰です。信じると結果がついてくるのです。これは信仰生活にとって大切な原理であると私は考えています。疑いながら祈っているのでは、祈りはかなえられません。

 聖書には、

「しなさい」
「してはならない」

との神さまの教えが多くあります。私は思います。私たちが、日々の生活の中で、神さまの教えに具体的に従っているなら、私たちは今よりもっと健康な生活を送ることができるのではないかと。

 主イエスは苦しむ人に寄り添ってくださる方です。主イエスは苦しむ人のことをよく知っておられます。苦しむ人が自分の思いを告げるなら、主イエスはじっと耳を傾けてくださいます。そして主イエスは命じるのです。

「起き上がりなさい。そして〜しなさい」。

そして起き上がるとき、苦しみからの解放が訪れます。主イエスがしなさいと命じることを行うとき、苦しみからの解放が確かなものとなります。救いが訪れます。

 イザヤ書66章2節を読んで終わります。主は言われる。わたしが顧みるのは苦しむ人、霊の砕かれた人わたしの言葉におののく人。

 神さまは苦しむ人を顧みてくださる神さまです。

祈り