結婚指輪をしている方がいらっしゃいます。私も結婚した当初はしていましたが、いつの間にか外してしまいました。何となく、照れくさかったように思います。結婚指輪をする目的は何なのでしょうか。結婚指輪は、他の人に対して自分は結婚していることを宣言しています。伴侶に対しては、あなただけを私のパートナーとするとのメッセージを伝えています。あなただけをパートナーとして<愛します>という気持ちを表現しています。必ずそのように愛することの保証とはなりませんが、愛するとの誠意を表現しています。何かを表現する、伝えようとする、それが<しるし>です。

 ヨハネ福音書は、<しるし福音書>と呼ばれることがあります。<しるし>という言葉が繰り返し使われています。今日の聖書の最後では、

「これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである」

とあります。王の役人の息子の病気を主イエスが癒やされたこと、それは二回目のしるしだというのです。

一回目のしるしは何でしょうか。ヨハネの福音書2章で、今日の聖書と同じカナという町で行われたしるしです。婚礼に主イエスは招かれました。婚礼の宴がたけなわの頃、ぶどう酒がなくなりかけました。すると主イエスは、水をぶどう酒に変えるという奇跡を行われました。それが第一回目のしるしです。

 ヨハネ福音書の20章の最後にはこう書かれています。

「このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」。

主イエスは多くの<しるし>を行いました。ヨハネ福音書で<しるし>を記録したのは、イエスが神の子メシアであることを読者が信じ、命を受けるためであるというのです。しるしと呼ばれている出来事は、奇跡ということができます。水がぶどう酒に変わる、病気が癒やされる。これらは奇跡です。主イエスが奇跡を行ったことは、主イエスが奇跡を行うことができたのは、主イエスが神の子である、救い主メシアであることを指し示しているというのです。今日は<しるし>を考えることを通して、福音を聞きたいと思います。

 46節で主イエスは再びカナに行かれました。

「そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である」。

つまり第一回目のしるしを行ったところです。そして二回目のしるしをこれから行うことになります。王の役人が息子の病気をいやして欲しいと主イエスに頼みます。その息子は死にかかっていました。なぜ、彼がイエスのもとに来たかというと、主イエスがエルサレムでしるしを行ったこと、つまり病人を何人もいやされたことを知っている人たちがいたからです。その噂が王の役人にも聞こえてきたのです。そこでイエスに頼んで、何とか病気をなおしてもらおうと考え、主イエスのもとに来たのです。

 すると主イエスは言います。

「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」。

どことなく突き放したような感じの言葉です。すると役人は、

「子供が死なないうちに、おいでください」

と必死に頼みます。息子のところに来てくださいと頼みます。

ここを読んで思います。主イエスは<信仰>を求めていることを。つまり主イエスは、<あなたは、私が多くの病人をいやしたと聞いたので来たのだろう>、<あなたは、私があなたの息子をいやせると信じているかも知れない。それは見たから、聞いたからだろう。でもあなたは本当にわたしを信じているのだろうか>と主イエスは言うのです。

「信じているなら、なぜ、おいでくださいというのだ」

と主イエスは言わんばかりです。

 実はマタイ、ルカ福音書にも同じような出来事が書かれています。百人隊長が、自分のしもべが死にそうで主イエスのもとに来ます。その時、百人隊長は言うのです。

「ただひと言おっしゃってください。そうすれば私のしもべはいやされます」。
「私の家に来てください」

とは言わないのです。

「ただひと言おっしゃってください」

と百人隊長は言ったのです。つまり私が<部下に来なさい>と言えば部下は私の言葉に従います。そのようにあなたがひと言おっしゃれば病気は治ります、と百人隊長は言ったのです。

 ここでも主イエスはひと言、王の役人に言います。

「帰りなさい。あなたの息子は生きる」。

主イエスはこれしか言いません。役人の息子の所へ行こうとさえしません。ただ

「帰りなさい。あなたの息子は生きる」

と言うだけです。これでもなお、息子がいやされると信じるかどうか、です。

つまり、主イエスが病人をいやすことができることを信じるのではなく、主イエスの言葉が真実であると信じるかどうかなのです。王の役人はどうしたのでしょうか。

「その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った」。

彼はイエスの言葉を信じて帰ったのです。

「あなたの息子は生きる」

とのイエスの言葉を信じたのです。主イエスは、御自分の言葉をそのままに信じることを求めておられるのです。

 ヨハネ福音書5章以降で、主イエスは御自分がいかなる方かを語ります。人々がそれを聞いて御自分を信じることを主イエスは期待しています。しかし何だかんだ理屈をこねて信じない人たちがいるのです。それ故、この王の役人は、イエスの言葉をそのままに信じたという点で、信仰の模範を示しています。この病人のいやしは二回目のしるしであると今日の聖書は述べます。

 ヨハネ福音書において、しるしとは、主イエスが誰かを指し示すもののことです。イエスが神の子メシアであり、主イエスを信じる者は、命を受けることを指し示しているのがしるしです。ヨハネはさらに5章では、38年間も病気で苦しんでいた人を主イエスがいやされたことを告げます。9章では、生まれつき盲人の人の目を見えるようにしたことを告げます。なぜ、主イエスはこのようなことができるのか、それはイエスが、神の子、救い主メシアだからだとヨハネは語るのです。

 しかし、よく考えてみてください。イエスが盲人の目を見えるようにしたら、イエスが神の子、メシアであると言えるのでしょうか。イエスが38年間も病気で苦しんでいる人をいやしたからと言って、イエスが神の子、メシアであるとどうして言えるのでしょうか。使徒言行録を読むと、主イエスの弟子のペトロやパウロも病人をいやしています。ペトロは死んだ人を生き返らせることもしています。でもペトロは神の子、メシアではありません。

主イエスによるいやしは、主イエスが神の子メシアであることを直接証明するものではありません。しかし、イエスが神の子メシアであることを指し示すしるしだとヨハネは言うのです。

 主イエスが御自分は神の子であると語ったからと言って、人々がイエスは神の子と信じるとは限りません。言葉だけではなかなか信じないでしょう。そこで主イエスはしるし、言い換えれば、奇跡を行うのです。そして暗黙のうちに問いかけるのです。このようなしるしを行う私を神の子メシアだと思わないか、と。私を神の子、メシアと信じなさいと暗黙のうちに語っているのです。普通の人が行えないことを主イエスはしているのです。

 しるしに関連して興味深いことが旧約聖書創世記に書かれています。アブラハムという人物がいます。ある日突然、神はアブラハムに現れて言うのです。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように」(創世記12:1)。

これはアブラハム75歳の時のことです。妻は65歳。アブラハム夫婦には子供はいません。しかし神は、

「あなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める」

と約束しました。それから10年。アブラハムが85歳。子供は与えられません。神の約束はどうなるのでしょうか。アブラハムの心に疑いが生じます。

 そこで再び神がアブラハムに現れます。アブラハムは神に言います。

「わが神、主よ。わたしに何をくださるというのですか。わたしには子供がありません。御覧のとおり、あなたはわたしに子孫を与えてくださいませんでしたから、家の僕が跡を継ぐことになっています」。

アブラハムは神にささやかな抗議をしているように見えます。すると神は言います。

「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。あなたの子孫はこのようになる」。

確かに夜空には数え切れないほどの星が輝いています。この夜空の星の輝きは<しるし>です。アブラハムの子孫が大いなる国民になるという<しるし>です。しかし、夜空の無数の星は、アブラハムの子孫が大いなる国民になることとは直接的な関係はありません。しかしアブラハムは、それをしるしと受けとめたのです。そしてあなたの子孫は大いなる国民となる」

という神の言葉、神の約束を今一度信じたのです。

 しるしは、神の約束が本当であることを指し示すものです。人はアブラハムに言うかもしれません。夜空に星が数え切れないほど輝いていることが、どうして信じる理由になるの?直接の因果関係はありませんから、信じる根拠にはなりませんが、しるしは、指し示す働きをします。

そして信仰者は、神の約束、神の言葉を信じるのです。主イエスの行ったこと、主イエスの教え、主イエスの十字架と復活、これらは皆、イエスが神の子メシアであることを指し示すしるしです。

 しるしについて大切なことがあります。人間はしるしを見て、信じるかどうか、神から問われます。人間が信じるためにしるしを見せてと言っても、神はしるしを与えません。ある時、人々が主イエスに言います。

「わたしたちが見てあなたを信じることができるように、どんなしるしを行ってくださいますか。どのようなことをしてくださいますか」。

しかし主イエスは、すでにしるしを行ったのです。大麦のパン五つと魚二匹でもって、男だけで五千人の人たちのお腹を満たしたのです。その場には、他に女性や子供もいて、お腹を満たされました。このようなしるしを与えられているのに、見ているのに、自分が信じるために、どんなしるしを行ってもらえますか、と人々はしるしを求めました。しかし主イエスは、しるしを行うことはしませんでした。

 今日の聖書に登場する王の役人は、主イエスにいやしを求めました。彼は、主イエスにはいやす力があると信じていました。

「帰りなさい。あなたの息子は生きる」

と言ったとき、言葉だけでは不十分と感じて、<家まで来てください>とは言いませんでした。彼は主イエスの言葉をそのままに信じたのです。彼は、信仰者の模範です。

 弟子のトマスは、他の弟子たちが主イエスは復活されたと話したとき、自分で見るまでは、主イエスの復活を信じることはできないと言いました。一週間の後、主イエスは、トマスに現れ、自分の手とお腹を見せました。そして弟子のトマスに

「見ないで信じる者は幸いである」

と語っています。

 そこで思います。信仰とは何か。信仰とは、神の約束を信じることです。しかも、神の言葉をそのままに信じることです。アブラハムは、子孫が大いなる国民になるという神の約束を信じましたが、途中で信じられなくなりました。その時神は、夜空に輝く無数の星を見せ、あなたの子孫はあのようになると語りました。神の約束は真実であるとしるしを見せたのです。神さまはアブラハムを憐れみ、しるしをもってブラハムを信じるように励ましました。

 ここにおられる大半の人は信仰者です。でも信仰とは何かを明確に知っている方は少ないかも知れません。ハイデルベルク信仰問答が信仰について語ります。信仰問答の問21はこうです。

「まことの信仰とは何ですか」。

答。

「神が御言葉に置いて私たちに啓示されたことすべてを私が真実であると確信する、その確かな認識だけでなく、福音を通して聖霊が私のうちに起こしてくださる心からの信頼のことです」

とあります。

 信仰の歩みを積み重ねるにつれ、私はこの信仰の説明が、本当に適切であるとしみじみと思います。聖書が告げることを真理と認識し、聖書の言葉に心から信頼する、それがまことの信仰です。王の役人が主イエスの言葉をそのままに信じ、

「帰りなさい」

との主の言葉に従って家に帰りました。聖書の言葉を神の言葉と認識し、これに信頼して生きる、これがまことの信仰であり、この信仰に生きることが許される、ここに私たちの救いがあります。

救いとは罪の赦しだけではありません。神の言葉によって生きる、それが救いです。心からの信頼とは、神の言葉に従うことです。まことの信仰とは、神の言葉を真理と認識し、信頼し、従うことです。王の役人も主イエスの言葉が真実な言葉と信じ、

「帰りなさい」

との命令に従いました。

祈り