先週、教区総会が名古屋で行われました。総会が終わって、私は友人と会い、一時間ほどおしゃべりして金沢に帰りました。この友人は幼友達で、一緒に遊び、一緒に山に行き、蝶々を追いかけました。社会に出てからは会うことも少なかったのですが、ある時、東京に出張に来るというので私の家に招きました。最寄りの駅を降りて、私の家まで歩きました。歩きながら私の口から出た言葉があります。

「牧師になりたいという憧れがあるんだよね。でも人間関係が苦手だから、無理だと思うけど」。

私が洗礼を受けてまもなくの頃だと思います。その時の憧れが現実となりました。そして私は聖書の箇所を思い出します。それはフィリピの信徒への手紙2章13節です。

「あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである」。

あの憧れは、神さまが与えてくださったものと今思います。

 実は、信仰者になる前にも、もう一つ心の中にある思いがありました。それは大学を卒業する前に抱いた思いです。

「自分の命を賭けても惜しくないような、そのようなことを生涯かけて行いたい」

との思いが、私にはありました。当時の私には、死を恐れる思いと、いつかは死ぬと思うと何をしても空しいとの思いがありました。死に勝利するためには、<自分の命を賭けても惜しくないような、そのようなこと>を行えばいいのだ、と考えたのです。

この思いもまた、実現しました。牧師となり、<神さまの愛をたった一人でもいいから伝えることができたら自分の命は惜しくない>、そんな思いを持つようになりました。神さまは、この点でも私の願いを実現に導いて下さいました。

「あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである」(フィリピ2:13)。

私の人生に、神さまが生きて働いてくださっています。今日は、私の人生に起きた神さまの偉大な働きを証ししたいと思います。

 主イエスが復活して50日後のことです。弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちは聖霊が語らせるままに語り出しました。当時エルサレムには、色々な国から人々が礼拝のために来ていました。不思議なことに弟子たちは、外国語で神の偉大な業を語ったのです。これは人々を驚かせました。人々は言います。

「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか」。

主イエスの弟子たちは自分たちが知らない外国語で神の偉大な業を語り出したのです。これはイエス・キリストがあらゆる国々に宣べ伝えられることを示しています。

 聖霊に満たされた弟子たちは、神の偉大な業を語りました。このように神の偉大な業を語るのは主イエスの弟子たちに限られるのでしょうか。私たちもまた神の偉大な業を語るように神さまに期待されているのではないでしょうか。なぜなら

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(使徒言行録1:8)

とあるからです。私たちは主イエスの証人になります。それなら、わたしたちもまた神の偉大な業を語ることができるのではないでしょうか。

 私は主イエスの証人として、神の偉大な業を証ししたいと思います。私が語ることは、神の偉大な業とは思えないかも知れませんが、神の偉大な業であることは最後で分かります。

 私がまだ神さまを知らないとき、神さまはわたしに願いを起こさせました。<自分の命を賭けても惜しくないような、そのようなことを行いたい>。洗礼を受けてから、神さまはわたしに願いを起こさせました。

「牧師になりたい」。

人間関係が苦手な自分には無理と自分では思っていました。それは単なる憧れでした。でもこの気持ちを神さまは、顧みてくださいました。神さまは、私たちのうちに願いを起こし、それを実現に導かれる方です。

 やがて私は神学校に行きました。聖書をもっと深く知りたいとの思いで夜間の神学校に行きました。昼間は会社で仕事をしていました。牧師になるように導かれて神学校に行ったわけではありません。しかし卒業するときは、牧師になるのが自然だという思いに導かれていました。そして三重県の鳥羽教会に赴任しました。1981年です。

鳥羽教会時代は、牧師としての働きのための備えの時期でした。一つは、聖霊の導きに生きるための備えの時期でした。赴任した年の夏、三重地区の中高生のキャンプに参加しました。キャンプが終わってしばらくして、キャンプに参加したある教会のCS教師をしていた方から、手紙と本が送られてきました。手紙には

「あなたの話には力がない」

と書かれており、送られた本の題名は、『聖霊のバプテスマ』でした。

 しばらくしてクリスチャン夫婦が転会されました。このご夫妻は聖霊のバプテスマを強調する教会出身でした。ご主人が私に『朝の9時』という本をくださいました。<朝の9時>、それは弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちが神の偉大な業を語りだした時刻です。使徒言行録の2章15節を見ると分かります。神さまは聖霊について関心を持ちなさいと導いてくださいました。神さまは人との出会いを通して導いてくださいます。

 使徒言行録の1章8節は大切な言葉です。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

さらに使徒言行録4章29〜30節も私は大切にした言葉です。エルサレム神殿で主イエスを宣べ伝えた弟子たちは捕らえられます。弟子たちは祈るのです。

「『主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください』。祈りが終わると、一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満たされて、大胆に神の言葉を語りだした」。

 この二つの聖書箇所を読むと、聖霊が降る、聖霊に満たされることがいかに大切なことであるかが分かります。聖霊を求めるようになったのは、御殿場教会に赴任してからです。

 鳥羽教会時代は、当たり前ですが、説教に力を入れました。今とちがって注解書が少ない時代です。東京にあるキリスト教書店教文館洋書部に注解書のカタログを送ってもらい、英語の注解書を買い求めました。またキッテル神学事典と呼ばれるギリシャ語を詳しく解説した辞典も購入しました。英語で書かれています。英語の辞書をそばに置きながら、これらを読みつつ説教の準備をしました。

神学校で説教を教えてくださった菊池吉弥先生は、神学校を卒業して地方の小さい教会に赴任したなら、とにかく説教に力を注ぎなさいと教えてくださり、励まされました。またある時、一人の方が礼拝に来られました。その方は<ベテル聖書研究>という聖書を学ぶ集会を教会で開催するための指導的な働きをしていた方です。その方が私の説教を聞いて<よく勉強して準備されていますね>と励ましてくださいました。とても嬉しかったことを覚えています。

 鳥羽教会に8年奉仕した後、御殿場教会に移りました。辞任を決心したのには理由があります。大半の長老の方たちが祈祷会に来てくれなかったからです。一月に一回でもいいから、半年に一回でもいいから来て下さいとお願いしましたが、来てもらえませんでした。それで思いました。

「私は本当には必要とされていない」。

このことを先輩の牧師に話したら、

「転任する時期かも知れませんね」

と言われました。そして転任できるように心遣いをしていただき、御殿場教会に移りました。神さまは、色々な方たちを通して、導いて下さいました。

 1989年、御殿場教会に移りました。御殿場教会時代は、牧師として整えられ、鍛えられる時代でした。第一に、聖書は神の言葉であると確信したことです。教会修養会を前にしてある姉妹が、実は故郷に帰りたいから教会修養会を欠席すると言い出しました。どのような事情があって帰りたいと言い出したのか分かりませんが、修養会に出たくなかったのです。私は彼女が逃げているなと思いました。

そこで、この旅行が神さまの御心に沿わないなら、中止させてくださいと一日中祈りました。次の日、祈りが聞かれたことが分かりました。切符が買えず、お土産が買えず、故郷に帰れなくなったとのことでした。これがきっかけで私は、聖書の神さまは、生きて働かれる神であること、そして聖書は神の言葉であるとの揺るがない確信を得ることができました。そして説教を、確信をもって語ることができるようになりました。

 第二に聖霊が共にいてくださると確信したことです。『神を求めて』と題を書いたノートがあります。私にとって宝のノートです。1994年6月から1996年4月までの祈りのノートです。私が47歳の時のノートです。そこには聖書の言葉と祈りの言葉が書かれています。私を聖霊で満たし、力を与えてくださいとの祈りが繰り返し書かれています。

約1年半、祈り続けました。次のような言葉が書かれています。

「神が私のうちにおられるという確信を得た。心が深く満たされているという思いがする。また<聖霊よ、来て下さい>と祈る必要はないという解放感みたいなものがある」。
「主イエスがわが内におられるという確信、聖霊がわが内におられるという確信が与えられた。感覚的、感情的には特に変わったことはないが、自由にされたという感想を持つ」。

こうして、聖書は神の言葉であるという確信、聖霊がわが内におられるという確信を与えられました。

 そして神さまは、またしても人を通して、導きを与えて下さいました。M牧師から、小牧者コンベンションに参加しないかと誘われました。この集会は超教派の集会です。どんな集会かも分かりません。でも信頼できる先生の誘いです。参加しました。その集会のテーマは、弟子訓練です。

 マタイ福音書の最後に天に昇られる前の主イエスの言葉があります。

「だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、 あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」。

多くの牧師は<これを伝道しなさい>と理解します。それ以上、この聖句を追求しません。

主イエスは、すべての国民を私の弟子にしなさいと命じています。信者にしなさい、と言っているのではありません。どのようにして弟子にするのかというと、洗礼を授け、主イエスが命じたことをすべて守るように教えることによってです。<主イエスが命じたことをすべて守るように教える>ことによって弟子にするのです。

 ところが牧師は、説教をし、祈祷会で聖書の解説をし、聖書ではこう教えていますと語りますが、それを守れるように導くことはほとんどしません。<聖書ではこう教えています>と語れば、教会員は守るだろうと考えているのです。守りなさいと教えるだけでは不十分で、守ることができるように手足を取って導くことが大切です。多くの信仰者は、聖書の教えをどう守っていいか分からないのです。あるいは聖書の教えを知っているので、守っていることになると考えています。

 小牧者コンベンションから帰り、早速、デボーションの学びに通いました。御殿場から東京まで、3ヶ月、妻と一緒に毎週通いました。まず、自分自身が御言葉に生きること、自分が主イエスの教えを守ることを心がけました。聖書の教えをどう守るかわかり、実践するようになりました。信徒を育てることの大切さをあらためて知りました。こうして神さまは、牧師として何をすべきか教えてくださいました。そして自分が一人の信仰者として、教会という場でどのように務めを果たしたらいいのか、聖書に導きを求めて歩むようになりました。聖霊の導きを求めて歩むようになりました。自分が主イエスの弟子となるように努力しました。神さまは聖書を通して、聖霊によって、私を導いてくださいました。

 御殿場時代に忘れることのできないことは、神さまは約束を守る方であると確信したことです。

「わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます」(フィリピ4:19)。

神さまは必要を満たしてくださるとの約束の言葉がここにあります。

二人の娘が私立の大学に通いました。入学金、授業料を果たして納められるのか、不安になりました。デボーションを行い、与えられた神さまの導きに従いました。その結果、必要が満たされました。女性長老が、どうして二人も子供たちを私立の大学に送れたのか、不思議がっていました。

 また、いつか妻と一緒に聖地旅行をしたいと考えていました。ある時、突然一人の方が訪ねてこられました。その方は、ある施設で暮らしている方です。その施設の中に教会があり、月に一回、その教会に出かけ、聖書の話をしていました。そこに出席している方が、

「是非、聖地旅行に行ってください。イエス様の歩まれた地を見てきてください。聖書の理解が深まります。説教に生かしてください」

と言われ、旅費にとお金を入れた封筒を手渡してくださいました。

 御殿場教会時代に忘れられないことは、教会員との気持ちのすれ違いが生じたことです。一方で何人も病気になる方がいて、私は聖書の言葉をもっていやされると信じましょうと祈り、励ましました。他方で、何でも聖書の言葉に頼って対処するような信仰のあり方に抵抗を感じる人もいました。幼稚な信仰に見えたのでしょう。反発をされました。そして他教会に転会されたかたが三人いました。

 そんな中で、

「あなたは人の気持ちが分からない人だ。人の気持ちが分からないのは、自分の気持ちも分からないからだ」

と一人の長老から、指摘されました。私は責められているような気がして辛い思いをしました。登校拒否ではありませんが、日曜教会に行くのが辛かったです。このような中で、私は弱さを誇ることを教えられました。自分の気持ちも考えるようになりました。それまでの私は、基本的に自分は何をすべきかを考えていました。自分の気持ちを考えることはほとんどしてきませんでした。自分の気持ちより、なすべきことを優先していました。

 御殿場教会時代、会堂建築をしました。予想もしない土地を与えられ、教会の土地を拡張し、ゆったりした設計の会堂を建てることができました。神さまの祝福を得た会堂建築でした。

他方で、辛い思いをしていた私を神さまは顧みて、金沢元町教会へ導いてくださいました。招聘状には、牧師に求める条件として、<福音を説教できること、教会形成をできること、求道心を持っていること>と、書かれていました。この三条件を見て、私はうれしくなりました。私は説教に取り組むとき、福音の鉱脈を発掘しているような思いになります。福音のすばらしさを発見するとの思いをもって説教の準備をしています。求道心をもっていることが求められている、うれしいと感じました。

 しかし会堂建築が終わり、献堂式をしたばかりです。こんな時に転任していいものか迷いました。これからキリストの体なる教会の形成に力を注ぐべきだと考えていました。K教会のS牧師から転任の話しをいただいた時、最初はすぐ断ろうと思いました。でもそれは人間の思いだからと考え、祈って決めることにしました。するとある日聖書を読んでいると、一つの言葉が目に留まりました。

「その夜、パウロは幻を見た。その中で一人のマケドニア人が立って、『マケドニア州に渡って来て、わたしたちを助けてください』と言ってパウロに願った」(使徒言行録16:9)。

この御言葉により、転任を即座に決心しました。

 このようにして、私は金沢元町教会に来ました。2002年1月25日に、私は宣言文を書きました。赴任する二ヶ月ほど前です。

「私は金沢元町教会のビジョンを語り、信徒訓練を行うことができます。全員の長老が信徒訓練に賛成してくれなくても、忍耐強く祈り、語り合い、理解を求める努力ができます。私は真剣にデボーションをして生ける神さまを証しすることができます。私は良い模範を示すことができます。私は生ける神さまの臨在の中に生きることができます。金沢元町教会の長老は、ビジョンを理解してくれるようになります。長老たちは忙しい生活の中でもデボーションをして神に導かれる信仰に生きるようになります。長老たちと恵みを分かち合うことができるようになります」。

このような宣言を自分に対して行い、金沢に来ました。

 金沢に来てのことは皆さんがご存知です。金沢元町教会においても、神さまがわたしを導いてくださった、と私は確信しています。神さまは、実りを与えてくださったと感謝しています。しかし福音を伝える使命と考えるとまだまだ求められる働きは大きいと考えています。

 使徒パウロは、コリント教会に向けて述べています。

「わたしたちの推薦状は、あなたがた自身です」(コリント二3:2)。

パウロがキリストの使徒であることを推薦する推薦状は、コリント教会の人たち自身だというのです。コリント教会は問題に満ちた教会でした。それでもパウロは、コリント教会の人たちは、私たちがキリストの使徒であることを示す推薦状だと書いたのです。私もそれに倣い、

「わたしを牧師として推薦する推薦状は、金沢元町教会の皆さんです」

と伝えたい思いが私にはあります。

 私は自分の牧師としての歩みを振り返り、その一部しか語ることはできませんでした。不十分ですが、神さまがわたしを導いてくださったことをお伝えしました。これは神さまの偉大な御業です。神さまは、私だけではなく、神さまを信じる一人びとりの人生を導かれます。私も、あなたも、あなたの隣にいる人も、神さまは導かれます。

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(テモテ一2:4)。

 神さまは、一人の人を罪の悔い改めに導き、神を信じ、神を愛し、隣人を愛するように変えます。この歴史を通して、神さまは数え切れないほどの人を救いに導きます。これこそ神の偉大な業です。人間が変えられ、神さまによって生かされる、これこそ神さまの大いなるみ業です。その御業の一つが、私の上に現れました。あなたの上にも現れています。私たちがそれぞれ、自分の身に現れた神の御業を語るなら、ペンテコステの日の出来事は今の出来事となります。そして教会は力強く伝道できると信じます。

祈り