四つの福音書は、いずれも復活されたイエス・キリストが弟子たちと出会ったことを記録しています。弟子たちはやがて、イエス・キリストは復活されたと宣べ伝え始めます。この歴史の中で教会は、イエス・キリストの復活を宣べ伝えてきました。

 世の人々は、死んだ人が復活するなんて信じません。イエスの復活を信じるなんて、愚かなことに見えるでしょう。教会の礼拝に出席するようになって、この復活が信仰に入るのを妨げることもあるかも知れません。復活を信じることができなければ、クリスチャンになれないと思うからです。

 イエス・キリストは十字架の死の後、三日目に復活したことを聖書は語ります。そして復活したイエス・キリストは弟子たちにその姿を現しました。主イエスは、御自分が復活されたことを弟子たちにお示しになりました。復活した主が弟子たちに出会ったように、復活した主は、私たちにも出会ってくださるのではないでしょうか。

 出会う、というと顔と顔を合わせるような出会いを考えてしまいます。復活の主とのそのような出会いは、経験できるものではありません。復活の主との出会いの体験は、別な形で与えられます。私たちは、信仰を得ることによって、自分が変えられ、自分の生き方が変えられ、生活が変えられる体験をします。そのような体験は、復活の主との出会いがもたらしたと言ってもよいのではないでしょうか。それなら、どんな体験が復活の主との出会いと言えるのでしょうか。

 19節。

「その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた」。

金曜日に主イエスは十字架につけられました。その翌々日の日曜日、それが<その日>です。日曜日の朝早く、マグダラのマリアと呼ばれる女性が主イエスが葬られた墓に行きました。すると墓石が取りのけてありました。そこでマリアは、このことをペトロに報告しました。するとペトロともう一人の弟子が、急いで墓に来ました。すると墓の中には主イエスの遺体がありません。ペトロともう一人の弟子は、帰ります。

 マリアは帰らず、墓の外に立って泣いていました。すると主イエスが現れ、声をかけます。マリアは帰り、弟子たちに

「わたしは主を見ました」

と報告をします。弟子たちがマリアの報告をどう思ったかは書かれていません。ルカ福音書では、弟子たちはこの報告を戯言のように感じ、信じなかったと書かれています。

 その日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れ、家の戸に鍵をかけていました。イエスの仲間だということで逮捕され、死刑にされることを恐れたのです。鍵をかけ、家に閉じこもっていたのです。

「そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた」(19節)。

戸に鍵がかけてあるので、家に入ることができないのですが、復活された主イエスは、壁をすり抜けて、家に入ってこられました。そして<あなたがたに平和があるように>と話しかけたのです。恐れに捕らわれていた弟子たちに<平和があるように>と語られました。

 そして主イエスは、手とわき腹とをお見せになりました。十字架の上で処刑されて死んだ主イエスに他ならないことをお示しになりました。そして主イエスは

「あなたがたに平和があるように」

と繰り返します。弟子たちは死んだはずの主イエスが目の前におられるのを見て、喜びました。主イエスが生きていることを知って喜んだわけですが、他にも喜んだ理由があると考えます。弟子たちは、主イエスが逮捕されたとき、主を見捨てたのです。弟子のペトロは三度も

「あの人を知りません」

と主イエスのことを裏切りました。自分たちは主イエスを裏切ったという思いがありますから、主イエスが目の前に現れたとき、責められるのか、咎められるのか、不安な思いが心に湧いたに違いありません。このことに対して、主イエスは何とおっしゃるのか、弟子たちは緊張したに違いありません。その主イエスの口から出た言葉は、

「あなたがたに平和があるように」

でした。

 この言葉を弟子たちはどう受けとめたのでしょうか。この<あなたがたに平和があるように>との言葉の中に、弟子たちは赦しの言葉を聴いたのではないでしょうか。主イエスを裏切ったことに対する責め、とがめを恐れなくてよい、安心しなさい、とのメッセージを聞いたと思います。ヨハネ福音書の21章では、三度主イエスを裏切ったペトロに対して主イエスは、

「あなたは私を愛するか」

と三度たずねています。主は責めません。咎めません。裏切ったペトロに対して<私を愛するか>と問いかけた主イエスは、

「愛します」

との言葉をペトロに期待しました。ペトロはこの主の言葉の中に、

「わたしはあなたの罪を赦します」

との声を聞いたに違いありません。

 弟子たちは、主イエスの赦しを体験しました。復活の主から、

「あなたを赦します」

との声を聞いたのです。クリスチャンを迫害したパウロも、復活されたキリストと出会い、

「あなたの罪を赦す」

という声を聞いたに違いありません。ここには<赦しの体験>があります。

 主イエスを信じ、自分の罪が赦されていると信じている皆さんに、もし赦せない人がいるとします。赦したくても赦せない人がいたとします。なぜ赦せないのでしょうか。それは赦しを知識として受け取っているからではないでしょうか。主イエスを信じる者は罪が赦されることを教えとして受け取っているだけだからではないでしょうか。主イエスご自身から、

「わたしはあなたの罪を赦します」

との声を聞いていないからではないでしょうか。

「わたしはあなたの罪を赦します」

との声を聞くとき、私たちは体全体で赦しの恵みを味わいます。喜びで震えてきます。

 本来赦しというのは、相手から受けるものであり、また相手に与えるものです。赦しというのは、人と人との間のやりとりです。赦される場合には、感謝と喜びが伴います。自分を赦してくれる相手が目の前にいて赦しを受けるなら、

「ありがとう」

という言葉が自然と口から出てきます。ですから、罪の赦しを受けても人を赦せない人は、主イエスから

「あなたの罪は赦されました」

との声を聞いていないのです。教えを受け入れ、自分は赦されていると考えているに過ぎないのです。

 ペトロは、

「私を愛するか」

と三度主イエスから言われ、

「愛しています」

と答えます。そして

「私の羊を飼いなさい」

との主イエスの言葉を聞き、これに従います。赦されたことの感謝の応答として、主イエスの求めにペトロは応じるのです。教会の指導者となり、教会を導く務めを担います。

 主イエスから赦された人は、感謝の応答をし、主イエスに仕える者へと変えられていきます。<赦しの体験>は復活の主との出会いがもたらします。あなたが赦しの体験をして、感謝の応答を示しているなら、あなたは復活の主と出会っているのです。自分の罪が赦されているとの確信、赦せないと思っていた人を赦すことができる、これは復活の主との出会いがもたらすものです。礼拝における説教や聖餐を通して

「あなたの罪を赦します」

との復活の主の声が響いているのではないでしょうか。

 

「あなたがたに平和があるように」

と語ったイエスは続いて、

「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」

と命じます。ヨハネ福音書を読みますと、主イエスは自分が父なる神から遣わされていると繰り返し語っています。何回語っているかを数えてみたら、37回も語っています。主イエスは父なる神から遣わされ、神から語るように命じられたことを語っているわけです。主イエスは、神の言葉を語られたのです。

 主イエスはこのように語ります。

「わたしをお遣わしになった方は真実であり、わたしはその方から聞いたことを、世に向かって話している」(8:26)。
「わたしの教えは、自分の教えではなく、わたしをお遣わしになった方の教えである」(7:16)。

そして

「わたしを受け入れる人は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである」(13:20)。

そこで、イエスの語ったことを神の言葉として受け入れるか否か、一つの分かれ道です。イエスの語ったことを神の言葉として受け入れる、それが神を信じるということだと、主イエスは言うのです。37回も語ったのは、主イエスが父なる神から遣わされたことを信じない人たちがいたからです。そのために、何回も、私は神から遣わされてと主イエスは語られました。

 主イエスは弟子たちに向かって、

「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」。

弟子たちもまた主イエスによって<遣わされた者>なのです。私は父から遣わされたと主イエスは37回語られました。

「あなたは誰ですか」

と聞かれたら、主イエスは

「私は神から遣わされたものです」

と答えるのではないでしょうか。その主イエスが、今度は、弟子たちを遣わします。そして主イエスは弟子たちに息を吹きかけて言います。

「聖霊を受けなさい」。

 ヨハネ福音書が語る聖霊の働きの一つは、真理の言葉を悟らせる働きです。つまりイエスの語った言葉を真理の言葉、神の言葉と悟らせる働きです。聖霊を受けた弟子たちは、主イエスから聞いた言葉が真理の言葉、神の言葉であると悟り、やがて主イエスを宣べ伝える者となります。神の言葉を宣べ伝える者とされていきます。

 主イエスを十字架につけた人たちがいます。その人たちに向かって主イエスは言います。

「わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか。神に属する者は神の言葉を聞く。あなたたちが聞かないのは神に属していないからである」。

 主イエスの言葉を聞いて信じるか否か、そこで人は信じる者と信じない者とに分かれます。復活の主は、聖書を通して、また説教を通して、今も語っておられます。聖霊の導きを受け、聖書の言葉、説教の言葉を通して、私たちは神の言葉と出会います。神の言葉を聞くという<み言葉体験>が起きます。み言葉体験をした人は、神の言葉によって生きていこうとします。自分の分別ではなく、神の言葉を大切にして歩もうとします。聖書を神の言葉として読み、説教を神の言葉として聞き、神の言葉によって歩もうとする<み言葉体験>。これも復活の主との出会いがもたらすものです。神の言葉に立って生きて行こうとの志し、これは復活の主が与えられる志です。

 聖霊を受けなさいと命じられた弟子たちには、権威が与えられます。

「だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る」(23節)。弟子たちは主イエスを裏切るという罪を犯しましたが、主イエスから赦しを受けました。私たちが自分の罪を知るのは聖霊の働きによります。主イエスは前もって弟子たちに語られました。聖霊が来るとあなたがたは罪が何か分かるようになると。罪とは、主イエスを信じないことだというのです(16:8〜9)。

聖霊を受けて弟子たちは、罪が何かを悟るのです。

 彼らは主イエスを裏切りました。主イエスを見捨てました。主イエスとの関わりを捨てました。これこそが罪であると知ったのです。罪とは神との関わりに生きないこと、神との交わりに生きないこと、これが罪です。神の御心を無視し、これを軽んじる、これが罪です。自分の願いごとには関心を示してと神に祈りますが、神の御心には関心を示さない、これが罪です。創世記に出てくるアダムとエバは、神の戒めを破りました。神を軽んじたのです。聖霊を受けて弟子たちは、罪が何かを悟りました。

 私は不道徳なことはしていないし、罪を犯しているという思いはあまりないという信仰者でも、神の御心に対する無関心はあります。人は皆、自分中心で罪深いのです。その罪深い人間を主イエスは赦してくださいます。この赦しの恵みを味わった人は、主イエスから遣わされた者に変えられていきます。主イエスが37回も、私は父から遣わされたと語りました。あなたは何者ですかと問われたら、主イエスは、神から遣わされた者と答えるでしょう。主イエスの弟子のことを使徒と呼びますが、使徒とは、遣わされた者という意味です。

 主イエスから赦しをいただいた人、つまり<赦しの体験>をいただいた人は、赦しの恵みに感謝し、神さまに対して感謝の生き方をするようになります。主イエスから遣わされた者としての歩みを始めます。<遣わされ体験>を味わいます。その人は次の主イエスの言葉を真理の言葉だと知るようになります。

「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る」(マタイ16:25)。

 来週の礼拝の中で、長老の就任式を行います。

「あなたは主イエスからこの務めに任じられていると信じますか」

との問いかけがなされます。復活の主は、今も私たちを遣わされるお方です。私たちは、日々の生活の中で、主イエスを証しする働きに遣わされています。

 神が本当におられるかどうか、私は証明することはできません。しかし私は、自分が罪人であることを知っています。そして赦されていることを知っています。私には<赦しの体験>があります。

 神の言葉というものが、本当にあるかどうか、私は証明することはできません。しかし私は、聖書は神の言葉であると知っています。聖書は、人間の分別を遙かに超える神の言葉であると確信しています。聖書を読むとき、説教を聴くとき、わたしは主の声を聞いています。私は主の声に聞き従って歩もうと志しています。私には、この神の言葉によって生きていこうという<み言葉体験>があります。

 そして私には<遣わされ体験>があります。主イエス自身、自分を喜ばせるために生きることはしませんでした。私も自分のために生きるのではなく、主イエスのために生きる、そこにこそ、本当に自分のために生きる道があると知り、主イエスに遣わされて生きることの幸いを知り、生きる空しさから救われました。<赦しの体験><み言葉体験><遣わされ体験>これらは復活の主が与えてくださったものであると私は信じています。復活の主は今も私たちと出会ってくださり、私たちを救い、生かしてくださいます。

祈り