信仰者は、神さまの教えをどう受けとめたらよいのでしょうか。信仰者なら、守るべきだと考えるのでしょうか。守れる教えだけ守ればいいのでしょうか。守るのがむずかしい教えは無視していいのでしょうか。

 皆さんには、どうしても赦すことのできない人がいるかも知れません。聖書には、赦しなさいとの神さまの教えがあります。主の祈りには、<我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく>とあります。主の祈りのここの部分を言葉に出すことにためらいを感じる人がいるかも知れません。

 信仰者なら神さまの教えに従うべきですから、赦しがたい人を何としても赦さなければならないのでしょうか。そう考えると辛いですね。だからといって赦そうとしても赦せない、赦したくないという思いもあり、赦すべきと、赦せない、との間で苦しみます。

 今日の聖書でパウロは、二つのことを教会員に教えるようにテトスに命じています。一つは、支配者や権威者に従うこと、もう一つは、人に対して、争わず、寛容になり、優しく接すべきこと。こう述べた後、4節以下で、神の救いについて語ります。なぜ、勧めをした後、救いについて語るのでしょうか。

 もし私がこう語ったら皆さんはどう思うでしょうか。

「皆さんの中には赦せない人がいますか。もしいるなら、赦すべきです。神さまは赦しなさいと命じているからです。クリスチャンなら人を赦すべきです。赦せないとか、赦すことができないとかいうのは、かたくなという罪です」。

どうでしょうか。カチンときますよか。あるいは、

「その通りだ、赦せない自分は頑ななんだ」

と思われるでしょうか。あるいは、

「赦すべきです」

と言われると、辛くなるのでしょうか。

 今日の聖書でも、支配者や権威者に従いなさいとありますが、今の日本の首相になんか絶対に従いたくない、と反論する人もおられるでしょう。クリスチャンだから、神さまの教えは守るべき、信仰者だから、神さまの戒めは従うべきと語るのは、律法主義と言います。無条件に従いなさいと教えるわけです。この律法主義は、人に重荷を与えます。主イエスはこう言いました。

「あなたたち律法の専門家も不幸だ。人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ」。

律法学者たちは、神の教えに従え、と教えて人に重荷を負わせますが、重荷を負えるように助けることをしないと言って、主イエスは律法学者を非難しています。

 もし私が

「皆さんの中には赦せない人がいますか。もしいるなら、赦すべきです。神さまは赦しなさいと命じているからです。クリスチャンなら人を赦すべきです」

と語るだけなら、主イエスから非難される牧師となります。間違ったことは語っていませんが、人に重荷を負わせているからです。

 人に教えるとき、その教えを守ることができるように助けることは必要です。そうしないと重荷を負わせるだけになってしまいます。律法主義というのは、人に重荷を負わせます。この律法主義は、世の中にも教会の中にもはびこったりします。

 律法主義は人を苦しみの中に追い込みます。<信仰者なら、神の教えを守るべきだ>と律法主義は言います。<神の教えを守るべきだ>、これは間違っていません。正しいです。でも人を苦しめます。守りたくても守れない、守りたくない、との思いを人は抱くからです。<あの人は私にこんなことをしたのだから、赦すなんてとんでもない、赦せるはずがありません。赦したくもありません>と人は言うかも知れません。神さまは赦しなさいと命じていますよ、と言われれば反論はできません。

 するとどうなるのでしょうか。<私は人を赦せないし、赦したいとも思わない。私は心の頑なな人間だ。私って罪深い人間だ。でも神さまは、そんな私を赦してくださっている。本当に感謝だ。しかし、赦せないんだよな。でも、私のかたくなさを神さまは赦してくださる。感謝だ。でも赦せないんだよな>。心の中は堂々めぐりです。私たちは、なかなか、この堂々めぐりから抜けられません。聖書はこれを<罪の奴隷状態>と呼んでいます。

 パウロは、この堂々めぐりから抜け出ることのできない人を<みじめな人間>と呼んでいます。罪の奴隷ですからみじめなのです。

 ローマの信徒への手紙の7章にこう書かれています。

「わたしたちは、律法が霊的なものであると知っています」(7:14)。

つまり律法は霊的なもの、神に由来するものであることを私たちは知っています、と語ります。続けて

「しかし、わたしは肉の人であり、罪に売り渡されています」

と語ります。罪に売り渡されている、というのはわかりにくい表現かも知れませんが、奴隷制度のもとでの奴隷の売買を考えれば分かりやすくなります。奴隷は売られると、新しい主人のもとで奴隷となります。罪に売り渡されるとは、罪の奴隷となることを意味します。本当でしょうか。

 パウロは続けてこう言います。

「わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります」。

律法つまり神さまの教えは善いものと認めているので、これに従おうとするのですが、それができないというのです。かえって律法に逆らうことをしているというのです。

 

「そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」(7:17)。

私の心の中に罪が住んでいて、わたしを支配しているというのです。

 パウロはさらに同じ事を繰り返します。

「わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

罪が私の心を支配しているのです

 結論として、

「わたしはなんと惨めな人間なのでしょう」

と告白します。パウロは、神さまの教えに従いたくても従えない自分を罪の奴隷と考え、そのような自分を

「何とみじめな人間なのでしょう」

と嘆きます。そして

「だれがわたしを救ってくれるでしょうか」

と語ります。

 神さまの教えはむずかしくて守れないよね〜、赦すなんてむずかしいよね〜、と言い訳をしたり、どうせ私は罪深い人間、でも赦されているから感謝、と語り、あの堂々めぐりから抜け出せないのは、罪の奴隷であり、みじめな人間である事実を直視していない言葉です。パウロは絶望するのです。

「だれがわたしを救ってくれるでしょうか」。

そこから道が開かれます。

「キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです」(ローマ8:2)。

聖霊が私たちを罪の奴隷から解放してくださったというのです。

 このことが4節以下で書かれています。

「わたしたちの救い主である神の慈しみと、人間に対する愛とが現れたときに、神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました」。

 神が救ってくださったのです。

「この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです」(5節)。

<洗い>は洗礼を指します。主イエスを救い主と告白し、洗礼を受けた人は、聖霊によって新しく生まれたのです。新しく造り変えられたのです。もはや罪の奴隷ではないのです。私たちの心には罪の思いが湧いてきますが、私たちはもはや罪の奴隷ではありません。聖霊によって勝利できるのです。

 

「私たちが新しく生まれた」

、あるいは

「私たちは造り変えられた」

ということは、信仰の事実なのです。つまり信ずべき事実なのです。信じてよい事実なのです。自分の現実を見ると、そのようには見えないかも知れません。しかし神さまは、あなたを新しい人にした、あなたを造り変えたとおっしゃるのです。私たちは新しい人にされました。私たちは神の子とされました。信ずべき事実です。これを信じることが福音を信じると言うことです。

 しかし、私たちの心に罪の思いが湧いてくるのはなぜでしょうか。罪の思いに負けることがあるのはなぜでしょうか。罪の力は、主イエスが再びこの世界に来られるときまで、働き続けます。今や私たち信仰者の心は、戦場です。神に従うように私たちを助け導く聖霊と、罪を犯すように私たちをそそのかす罪との戦いが、私たちの心の中で行われています。この戦いは、私たちが心の底で何を願うかによって決着します。

 かつて私の妻は、頻繁な嫌がらせ電話で誹謗中傷を受けました。こんな嫌がらせをする人は赦せなくて当然との思いがありますし、赦したくもありません。しかし聖書は赦すように命じます。赦すべきなのに赦せない、との葛藤を妻は数年味わいました。彼女は、赦せる思いにはなっていませんでしたが、赦す方を選びました。

「神さま、赦します」

と祈ったのです。赦せるわけがない、赦したくないという思いに満ちていた心でしたが、

「赦します」

と祈ったのです。

生まれ変わった新しい人として行動したのです。新しい人としての歩みに踏み出したのです。本気で神さまに従うことを選ぶとき、聖霊が助けてくださいます。聖霊が、妻の心を変えてくれました。赦せないとの思いから解放してくださいました。聖霊が助けてくれたので、神さまの教えに従うことが出来たのではありません。神さまの教えに従うと一歩踏み出したから、聖霊が助けてくださったのです。私たちの心の底での決心、それが大切です。聖霊は、本気な人を助けます。

 6節

「神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました」。

聖霊は、主イエスを信じる私たちの心に住んでおられます。そして私たちを助けようと用意を整えています。私たちが、神さまに従う歩みを始めるなら、聖霊は助けてくださいます。信仰者には、その生涯をかけて、罪との戦いがありますが、それは勝利を約束された戦いです。信仰者の心には、悪い思いは湧いてきます。悪い思いが湧いてくるのを抑えることはできません。しかし、悪い思いが湧いてきたときにどうするのか、選択ができます。

 悪い思いが湧いてこなくなるということはありません。しかし、悪い思いが湧いてきたときには、これを拒む選択ができます。すると聖霊が助けてくださいます。

 私たちが聖霊の助けを受けるに従って、私たちは信仰者として成長していきます。新しい人として、神の子として成長していきます。キリストに似た者へと変えられていきます。

 エフェソの信徒への手紙にこう書かれています。

「滅びに向かっている古い人を脱ぎ捨て、神にかたどって造られた新しい人を身につけなさい」。

悪い思いが湧いてきたら、これを捨て、新しい人として振る舞うのです。この選択は、あなたがしなければなりません。聖霊は真理を悟らせ、どちらを選択したらいいか教えてくれます。選択するのは、あなたです。あなたが一歩を踏み出せば、聖霊が助けてくださいます。

 私たちが聖書を学んでいくと、私たちの心は聖書に従っていこうとの思いに変えられていきます。この心の変化、これを心が清められるといいます。心が清められる、罪から清められるとは、悪い思いが湧いてこなくなることではなく、聖書の言葉によって生きていこうとの思いになることです。主イエスは弟子たちに語られました。

「わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている」。

 使徒パウロは、

「クリスチャンだから、神の教えを守りなさい」

とは教えません。律法主義ではないのです。

「あなたは、聖霊によって新しくされました。だから神の教えに従いなさい」

と勧めるのです。新しくされたという救いの事実を示し、神さまに従うようにと語るのです。つまりクリスチャンとはどういう存在なのかをきちっと説明して神の教えに従うように教えるのです。私たちは救われた者として、救いに感謝して生きるのです。律法学者たちは、ただ<神の教えを守りなさい>と重荷を背負わせるだけでしたが、パウロは、<クリスチャンとは、新しく生まれ変わった、新しい人なんです>と教え、重荷を負えるように手をさしのべているのです。

 出エジプト記を思い起こします。イスラエルの民は、エジプトでの奴隷の苦しみからの救いを求めて神に叫びました。神は彼らの叫びを聞き、大いなる御力を発揮して彼らをエジプトから解放しました。そしてイスラエルの民は、自由に住むことのできる土地に向かって旅を始めました。旅の途中で困難が生じます。食べ物がなく、飢えに直面します。どうするのか。多くのイスラエルの民は言います。

「エジプトにいれば、肉鍋から食べることができた。エジプトへ帰ろう」。

 奴隷に戻ろうと言うのです。神に信頼するという選択があるのに、これを選ばないのです。困難に直面したイスラエルの民の姿、それはあなたの姿かもしれません。聖霊の助けによって罪に勝利する道を選ぶのか、今までのままでいいやと、罪の奴隷になるのか。選ぶのはあなたです。飢えに苦しむイスラエルの民に対して、神が天からマナを降らせたように、

「神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました」。

ここに福音があります。

祈り