38節を読みます。

「わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」。

この言葉はどういう意味なのでしょうか。私の信仰者としての人生、牧師としての人生の課題となった言葉です。聖霊が弟子たちの上に降ったペンテコステの日をまもなく迎えます。今日はこの箇所を取り上げ、この課題に答えたいと思いました。

 私は牧師になったとき、聖霊がなんなのか、さっぱり分かりませんでした。牧師となって最初に赴任したのが三重県の鳥羽教会です。その年の夏に、地区の中高生キャンプがあり、参加しました。そのキャンプが終わってしばらくして、中高生キャンプに参加したある教会のCSの先生から手紙と本が届きました。

「先生の話には力がない」

と書かれていました。送られた本の書名は、『聖霊のバプテスマ』でした。謙遜が身についていなかった私は、自分に対する批判を快く思いませんでした。でもその本は読みました。

 そこに書かれていたテーマは異言です。使徒言行録2章で聖霊を受けた主イエスの弟子たちは、自分の知らない外国語で語り出したと書かれています。その本では、弟子たちは異言を語ったと解釈しています。異言、異なる言葉です。自分の知らない外国語で話す、普通、ありえないことです。しかし、聖霊のバプテスマを受けると異言を語るようになると理解するのです。四つの福音書は皆、主イエスは、聖霊によって、私たちに洗礼を授けると書かれています。主イエスが語った聖霊による洗礼、つまり聖霊のバプテスマを受けると異言を語るようになるとその本に書かれていました。

 さらに使徒言行録1:8にはこう書かれています。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

力を受けてキリストの証人になる、すばらしいです。この力があなたには足りないんだ、手紙はそう語っていました。聖霊を受ける、私にとって課題となりました。

また教会に転会してきたクリスチャン夫婦がいました。異言を語る教会出身の信仰者でした。そのご主人も聖霊について書かれている本をくださいました。

 その時から、聖霊について書かれている本を何冊も読み、また聖霊について書かれている聖書の箇所を読みました。信仰者が<力を受けてキリストの証人になる>ことがなければ、伝道は進展しないだろうと当時も、そして今も確信しています。自分も聖霊を受けて、力ある証人になるにはどうしたらいいのか、私にとって最大のテーマでした。

 やがて私は、聖霊が私のうちに住んでおられるとの確信に導かれ、私は生まれ変わったことを確信しました。

「あなたがたは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれたのです」(ペトロ一1:23)。

私は、聖書の言葉によって物事を考えるように変わりました。聖書の言葉を思いめぐらす中で、神さまの導きを受け取り、その導きに従って生きるようになりました。聖書の言葉を具体的に生きるようにしました。人を愛するように変えられました。このことを私は喜びとしています。

 聖霊は真理の霊であり、聖書の言葉と共に働かれる神です。聖霊が働くとき、私たちは聖書を神の言葉と受けとめることができます。聖書の言葉を御言葉と呼び、神の言葉として受けとめます。御言葉に立ち、御言葉によって生きようとするとき、聖霊は、私たちに力を与え、私たちを導きます。

三位一体の神、聖霊なる神は、力強く私たちを導く神です。

「わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」。

これをどのように自分の言葉で福音として語るか、それが今日の説教の課題です。

 イエスは立ち上がって大声で言われました。

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」。

これは招きの言葉です。誰でも渇いている人は、私のもとに来て飲み、渇きをいやしなさいと招いておられます。しかも

「渇いている人はだれでも」

とあり、条件はありません。また渇きがどんな渇きなのか、限定されていません。もしあなたが渇きを感じるなら、主イエスのもとに行けば、その渇きはいやされるとの主イエスの約束がここにあります。

 人はどんな渇きを覚えるのでしょうか。生き甲斐がほしい、喜びがほしい、愛されたい、人から認められたい、心の平安がほしい、など色々な渇きがあります。私自身は、生きる意味が見出せず、渇いていました。心が満たされることがありませんでした。一時の満足はあっても、次の瞬間、満たされた心はうつろになります。

 さらに、私たちは自分が渇いていることに気づいていない、そういうこともあるのではないでしょうか。気づかないなら幸いなのか、不幸なのか分かりませんが、自分が気づいていない渇きもあります。

詩篇42篇にはこんな言葉があります。

「涸れた谷に鹿が水を求めるように/神よ、わたしの魂はあなたを求める。神に、命の神に、わたしの魂は渇く」。

私の魂は、神に渇くというのです。神に渇くとはどんな渇きなのでしょうか。あなたはこの渇きを知っていますか。詩篇には、この渇きを味わっている人の祈りがいくつもあります。この渇きこそ、最も深刻な渇きです。しかし主イエスはこの渇きをもいやして下さいます。

 

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」。

主イエスのもとに来て何を飲むというのでしょうか。主イエスは言います。

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」(4:14)。

人間が抱くさまざまな渇きに応じて、あれを飲め、これを飲めというのではありません。主イエスが<与える水>を飲めば、決して渇かないというのです。それどころか、

「わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」。

主イエスが与える水は、それを飲んだ人の心で泉となり、水がわき出るというのです。わき出るので、渇くことはないのです。永遠の命を与えられているという現実に心が満たされるのです。

 主イエスは誰に向かって、

「渇いている人はだれでも、わたしのもとに来て飲みなさい」

と言われたのでしょうか。これはすべての人に向かって語られた言葉です。私にも、あなたにも、主イエスは語っておられます。主イエスは、人が渇きを覚えているのをご存知なのです。渇きがいやされる、それが救いです。

 人はなぜ渇きを覚えるのでしょうか。罪が渇きをもたらします。罪は私たちの歩みをゆがんだものとします。罪を犯している人間は、神に造られた者としての歩みができません。そこに自ずとゆがみが生じ、満たされない思いが生じます。渇きが生じます。罪もたらす困った現実を主イエスは渇きと呼んでいます。

 たとえば私たちは自己中心的な歩みをします。すると他者との関係がうまく行かなくなります。夫婦の間で、親子の間で関係がうまく行かなくなれば、心はイラだったり、怒りに満ちたりして、平安がなくなります。愛する喜び、愛される喜びがなくなります。人はどのように渇きをいやしたらいいのか分からないので、人はさまざまな自己満足を求めて歩みます。しかし、それはごまかしです。本当の解決ではありません。

 人間が感じる渇きは色々あり、一つの渇きがいやされても、次の渇きが生じることもあります。主イエスが、私が与える水を飲めば、決して渇かない、と言われるとき、罪からの救いが、渇きに対する根本的な解決だとおっしゃっているのです。逆に言えば、罪からの救いを与えられれば、私たちが感じる色々な渇きもいやされるのです。そして主イエスが与える水が、渇きに対する根本的な癒やしを与えるのです。39節でこの水は、主イエスを信じる人々が受ける霊であると言われています。

 この水については、

「聖書に書いてある通り」

とあります。この主イエスが聖書と言うとき、それは旧約聖書を指します。新約聖書はまだ存在していません。、

「聖書に書いてある通り」

とありますが、聖書のどこに書いてあるのか、と言われると、ちょっと困ります。

「その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」

ということが、そのまま書かれている聖書の箇所はないからです。

 エゼキエル書47章にこんな言葉があります。

「見よ、水が神殿の敷居の下から湧き上がって、東の方へ流れていた」。

やがてこの流れは川となり、

「川が流れて行く所ではどこでも、群がるすべての生き物は生き返り、魚も非常に多くなる。この水が流れる所では、水がきれいになるからである。この川が流れる所では、すべてのものが生き返る」。

神殿から流れる川が、全てのものを生かすのです。神のもとから流れてくる水が、すべてのものを生かすのです。これと同じように、主イエスが御自分を信じる者に与える水、つまり聖霊は、信仰者を罪から清め、信仰者を生まれ変わらせます。

 イザヤ書44章にはこんな言葉があります。

「わたしは乾いている地に水を注ぎ/乾いた土地に流れを与える。あなたの子孫にわたしの霊を注ぎ/あなたの末にわたしの祝福を与える」。

この言葉が主イエスにおいて成就したということもできます。神さまは、主イエスを信じる者に霊を注ぎ、祝福されるからです。

 そもそもイスラエルの民は、神の民でした。エジプトにおける奴隷状態から解放され、神に選ばれた神の民とされ、神の民として歩みを始めました。彼らは本来、神さまに従い祝福された歩みをするはずでした。しかし彼らは神に従わず、罪を犯し、国家の滅亡を招きました。旧約聖書を読めば、人間の罪がいかなるものかよく分かります。そして旧約聖書は、罪からの救いを待ち望んでいます。罪から人を救う救い主の到来を約束として描いています。今引用したエゼキエル書も、イザヤ書も、救い主イエスの到来によって実現する約束を伝えています。

 

「わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」。

<生きた水>は聖霊です。その聖霊が、信仰者の内側から川となって流れ出るようになるというのです。言い換えると信仰者の歩みの中に聖霊の働きを見ることができるのです。そして自分自身も聖霊の働きを実感できるのです。

ここで私たちはイメージに圧倒されないように注意したいと思います。山に積もった雪が解けると川は水量を増し、勢いよく流れます。勢いよく水が流れるイメージを抱くと聖霊に導かれる歩みが、何か目立ったものとならなければならないと思うかも知れません。あるいは大して人目を惹かない歩みは、聖霊に導かれている歩みではないと思うかも知れません。聖霊に導かれる歩みの素晴らしさは、信仰者の心の中で起きています。

 主イエスは聖霊についてこう書いています。

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」(14:16)。

父なる神は、私たちに聖霊を送って下さり、永遠に私たちと一緒にいるようにしてくださるとの約束が語られています。さらに

「この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである」(14:17)。

聖霊は真理の霊であり、あなたがたと共におり、あなたがたのうちにいてくださるというのです。

 すると何が起きるのでしょうか。

「その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」(16:13)。

私たちは真理を悟るようになるというのです。

「弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」(14:26)。

聖霊が私たちに教えてくださるというのです。

 主イエスは、

「私は道であり、真理であり、命である」

と語られました。主イエスが道であり、この道を歩もうとの志が与えられます。主イエスが真理であり、主イエスに従って真理の道を歩もうとの志が与えられます。羊が羊飼いの声を聞き分けるように、主イエスに従うことこそ命を生かす道であると悟り、主イエスに従おうとの志が与えられます。志が与えられたら、その志に生きるのです。

 聖書を読む私たちを聖霊は祝福してくださいます。聖書を神の言葉と悟らせ、神の言葉によって生きるように導きます。神さまは、真理の言葉によって、私たちを新しく生んでくださるのです。そこで私たちは真理の言葉に立ち、生まれ変わった者として生きるのです。

すると私たちの中から、流れ出てくるものがあります。聖書を神の言葉とする確信が、私たちの内から流れ出てきます。聖書の言葉によって生きようとする大胆さが、私たちの内から流れ出てきます。聖霊と共に歩み、み言葉によって生きる喜びがあふれ出てきます。み言葉によって生きるときに平安があふれ出てきます。人を愛する愛が、心の内から流れ出てきます。神さまをたたえる賛美が心の内から流れ出てきます。讃美歌をただ歌うのではなく、神さまを賛美する心による賛美が流れてきます。祈りが願いごとの羅列の言葉でなくなり、神さまとの会話の言葉が出てきます。神さまの恵みを証しする言葉が、口から出てきます。今や、すべてが変わるのです。私たちは渇きを知らぬ者とされました。

 渇いている人はだれでも主イエスのもとに行って飲めばよいのです。主イエスを信じて、聖霊と共に歩めばよいのです。

「聖霊なる神、わたしはあなたと共に歩みます。み言葉によって生きることを願います。どうぞわたしを導いて下さい」

と祈ればよいのです。そしてみ言葉によって生きるようにすれば、あなたの心の内側から、確信が、大胆さが、喜びが、愛が、賛美の声が、証しの言葉が、豊かに流れてきて、あなたはもう渇きを知らない者とされます。

祈り