主イエスは、救い主です。イエスに出会っても、人はイエスを信じるとは限りません。3章でニコデモと主イエスとの出会いがあります。彼はファリサイ派に属しています。ファリサイ派というのは、神の教えを学び研究し、これに従おうとする人たちです。信仰に熱心な人です。しかし主イエスが

「人は新たに生まれなければ神の国を見ることはできない、神の国に入ることはできない」

と教えられたとき、ニコデモは理解できませんでした。

「どうしてそんなことがありえましょうか」

と反発しました。信仰者であるという自負が主イエスの教えを受け入れるのを妨げました。

 4章ではサマリアの女と主イエスとの出会いがあります。主イエスはエルサレムからガリラヤへ行く途中、サマリア地方を通りました。シカルという町に来ました。そこにヤコブの井戸と呼ばれる井戸がありました。主はそこで疲れをいやそうとされました。一人の女性が水を汲みに来たので、

「水を飲ませて下さい」

と頼んだところから、この女性との対話が始まりました。主イエスは、この女性にも福音を伝えようとしました。水を汲みに来た女性に、私が与える水を飲むものは決して渇かないと、語られました。主が与える水は、普通の水のことではありません。そのことを理解できない女性は、井戸に水を汲みに来なくていいように、その水をくださいと願います。

 すると主イエスはその女性の結婚歴を語り、女性を驚かします。彼女は、イエスは預言者かも知れない、メシアかも知れないと考えます。聖書では、彼女はサマリアの女と書かれています。サマリアは、ユダヤ人と他国人が共に住み、他国人と結婚したユダヤ人もおり、サマリアの人は、宗教上の純粋性を失っているとユダヤ人は見て、ユダヤ人とつきあうことを拒んでいました。しかし主イエスの伝道により、サマリアの人たちは、メシアである主イエスを信じたと今日の聖書に書かれています。

 ヨハネ福音書の5章では、ユダヤ人たちは宗教上の理由から、病人をいやした主イエスを殺そうとさえします。神の民であるユダヤ人は、自分たちに送られたメシアを信じません。しかし、宗教上問題ありとされたサマリアの人々は主イエスを信じました。神さまの前にプライドを捨てないと、主イエスを本当に信じることはできないと思わされます。

 主イエスがサマリアの女と話しているところへ弟子たちが戻ってきました。弟子たちは食べ物を買いに行っていたのです。弟子たちが戻ってくるのを見たとこの女性は、町に帰ります。弟子たちは、主イエスが女性と話し合っているのを見て驚きます。ユダヤ人は、サマリア人とは交際しません。話をするなんてありえないのです。しかも一対一で主イエスが女性と話をしています。ラビ(先生)と呼ばれる信仰の指導者は女性と一対一で話すことはないとされています。普通ならしないとされていることを主イエスは行い、弟子たちは驚いています。

 しかし弟子たちは主イエスになぜ女性と話していたのですかと理由を聞きたかったのですが、できませんでした。そして買ってきた食べ物をイエスにさし出すと主イエスは、

「わたしにはあなたがたの知らない食べ物がある」

と言われました。弟子たちは、

「だれかが食べ物を持って来たのだろうか」

と互いに言います。弟子たちも、主イエスが語る<食べ物>が何か理解できないでいます。すると主イエスは、答えます。

「わたしの食べ物とは、わたしをお遣わしになった方の御心を行い、その業を成し遂げることである」。

 食べ物とは生きるのに必要なものであり、食べ物は人を生かします。神の御心を行うことこそ、主イエスにとって必要なことであり、神の御心を行ってこそ、主イエスは使命を果たし、生きているといえるのです。神の業を成し遂げることが、主イエスを生かします。神の御心、それは人々を救うことにあります。神はメシアである主イエスを通して、人々を救おうとしておられます。この場面で主イエスは、サマリアの女性を救おうとされたのです。発端は、

「水を飲ませてください」

でした。ここから会話が始まり、私が与える生ける水は飲む人の心の中で泉となり、永遠の命に至る水がわき出ると語られました。

 たまたま井戸で水を汲みに来た女性に対して、主イエスは、御自分がメシアであることを伝えようとされたのです。主イエスは、福音を伝えたいために、サマリアの女性と話し合っていたのです。主イエスがサマリアの女性と話をしている理由がここにありました。

 主イエスは何よりも、神さまの御心を行うことを大切にしていました。主イエスは、十字架の死に至るまで神さまに従順に歩まれました。主イエスは、

「私の食物は神の御心を行い、神の業を行うこと」

と語られました。ここで主イエスのあの言葉を思い出します。あの言葉です。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」。

人は神の言葉で生きるのです。人の生きる目的は、神の言葉によって生きることです。弟子たちの前にいる主イエス、それは神さまの言葉によって生きている主イエスです。私たちは、神さまの言葉によって生きている主イエスのお姿を見ることができます。そしてここに私たちの模範としての主イエスのお姿を見ることができます。

 さらに続けて主イエスは弟子たちに語ります。

「あなたがたは、『刈り入れまでまだ四か月もある』と言っているではないか」。

これは弟子たちが語った言葉と言うより、一種のことわざのようです。つまり種を蒔いてから刈り入れまでは時間がかかるものだ、というのです。しかし主イエスはこのことわざを引用して、別のことを語ります。<刈り入れはまだ先だと言っているが、もう刈り入れの時は来ているのだ>。人々を救いに導くときは、もう来ているのだ、と言うのです。サマリアの女性も、また救いを必要としている人であり、だから救いに導こうとしていたのだと主イエスは言うのです。

 ユダヤ人はサマリア人と交際しないとか、ラビと呼ばれる先生は、一対一で女性と話すことはしないもの、とかの習慣、慣例から主イエスは自由です。福音のためには何でもするというパウロの言葉を思い出します。主イエスは言います。

「目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている」。

すでに刈り入れの時は来ているというのですね。サマリアの人たちも、ユダヤ人と同じ神を信じ、彼らもまた救い主、メシアの到来を待ち望んでいたのです。それ故、主イエスはサマリアの女性に御自分がメシアであることを伝えようとしたのです。

 刈り入れる人が刈り入れを行えば、種を蒔いた人も喜びます。主イエスはことわざを引用して言います。

「一人が種を蒔き、別の人が刈り入れる」。

種を蒔いた人がいるのだから、刈り入れるのは当然だし、刈り入れることによって、種を蒔いた人と共に喜ぶことができるというのです。本当にそうだと思います。

 私も言いたいと思います。

「目を上げて、会堂の中を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている」。

皆さん、会堂の中に何を見ますか。・・・・・会堂の中には、神との出会いを求めている方々がおられます。なぜ、この方々がおられるのでしょうか。種を蒔いた方がおられるからではないでしょうか。家族が信仰者だったから、礼拝に来ている人がいます。家族の方が種を蒔かれたのです。若い日に教会に通ったことがあり、若い日にYMCAの集いに参加していたことがあり、礼拝に来ている人がいます。若い日に種が蒔かれていたのです。北陸学院を職場としていた方がおられます。北陸学院では礼拝が行われ、種が蒔かれています。

 これらの種は芽を出し、今や刈り入れの時を待っているのではないでしょうか。主イエスは言います。

「あなたがたが自分では労苦しなかったものを刈り入れるために、わたしはあなたがたを遣わした」。

主イエスが、

「わたしはあなたがたを遣わした」

と言われるとき、<あなたがた>とは、<わたしたち>のこと、そして<あなた>のことです。そして種を蒔く人と刈り入れをする人が共にする喜びが待っています。

 伝道はむずかしいと人々が言うので、伝道はむずかしいと私たちは思ってしまいます。信仰は聞くことから始まります。<伝道はむずかしい>、これは不信仰の言葉なので、捨てましょう。どうすればいいのでしょうか。私たちは求道者のために祈っています。更に一歩を踏み出しましょう。どうすればいいのでしょうか。真似をすればいいのです。サマリアの女性は、言いました。

「さあ、見に来てください。わたしが行ったことをすべて、言い当てた人がいます。もしかしたら、この方がメシアかもしれません」。

彼女の真似をしましょう。

「さあ、信仰者になりませんか。主イエスは、私にこんなことをして下さいました」

と伝えればいいのです。主イエスを信じた幸いを伝えるのです。主イエスを信じた恵みを語るのです。あなたの生活の中で、神さまがしてくださったことを伝えるのです。それがきっかけで会話が始まります。

「水を飲ませてください」

、それが主イエスとサマリアの女の会話の始まりでした。人の心を変えるのは神さまの働きです。神さまは御自分が働くために、私たちの、そしてあなたの働きを用いるのです。

 私たちは、

「わたしはあなたがたを遣わした」

、と語られる主イエスのお姿に目に留めたいと思います。そしてサマリアの女性にご自身を信じてもらおうと努力しておられる主イエスのお姿を見ることができます。主イエスは、サマリアの女性に出会っただけではなく、この説教を通して、主イエスはあなたにも、今日、出会ってくださっているのではないでしょうか。

 サマリアの女性の言葉を聞いたサマリアの町の人々は、主イエスを信じたとあります。さらにサマリアの町の人々はイエスのもとに行き、自分たちの所に滞在するように頼みました。主イエスからさらに話を聞くためです。

 自分たちの所に滞在するように主イエスに頼んだ人々が他にもいます。主イエスの二人の弟子が、エマオ村に向かって歩いていました。そこは自分たちの村です。主イエスが十字架で死んでしまい、何をしていいか分かりません。女性たちが主イエスは復活したと語っていましたが、信じられません。村へ帰り、以前の仕事に戻ろうとしていました。

 エマオ村に向かって歩いている彼らに主イエスが近づきました。彼らと話をします。しかし彼らは主イエスだと気づきません。主イエスが聖書の説き明かしをするにつれ、彼らの心が燃えてきました。そして彼らは言います。私たちの村に来て、お泊まり下さいと強く願ったのです。主イエスを招いて話を聞こうとしたのです。主イエスと一緒に食事をしているとき、二人は、その人が復活した主イエスだと分かりました。

 主イエスの話を聞いたサマリアの人々は言いました。

「わたしたちが信じるのは、もうあなたが話してくれたからではない。わたしたちは自分で聞いて、この方が本当に世の救い主であると分かったからです」。

サマリアの人たちは、主イエスを信じただけではなく、主イエスが世の救い主であることが本当に分かったというのです。

 主イエスを信じることと、主イエスが救い主であると本当に分かることと同じでしょうか。<本当に分かる>とは、信じることの先を行くことです。本当に分かるとき、私たちの歩みは変わります。他の人が私たちの歩みを見たとき、

「ああ、この人は本当に信じているんだ」

と感じます。それが<本当に分かる>ことがもたらす結果です。皆さんは他の信仰者を見て、この人は本気で信じているんだな、と思った経験があるでしょうか。主イエスが救い主であることが本当に分かったら、信仰の歩みは変わります。

 皆さんは、こう言ってもよいのです。

「確かに私たちは牧師の説教を聞いて信仰に導かれた。今、わたしたちが信じるのは、もう牧師の説教を聞いたからではない。わたしたちは自分で聞いて、この方が本当に世の救い主であると分かったからです」。

 私たちは主イエスが語るのを直接聞くことはできません。サマリアの人々は、<私たちは自分で聞いて>と言うことができました。私たちは、主イエスが語るのを直接耳で聞くことはできません。しかし、私たちは言うのです。

「私たちは自分で聖書を読んで、主イエスが本当に世の救い主であると分かりました」。

あるいは、

「私たちは兄弟姉妹と一緒に聖書を読んで、主イエスが本当に世の救い主であると分かりました」。

 使徒言行録17章でパウロがベレアという町で主イエスを宣べ伝えていました。ベレアの人々は、パウロの説教を聞いて、主イエスを信じました。こう書いてあります。

「ここのユダヤ人たちは、テサロニケのユダヤ人よりも素直で、非常に熱心に御言葉を受け入れ、そのとおりかどうか、毎日、聖書を調べていた」。

彼らはパウロが語った言葉がその通りかどうか、聖書を調べたというのです。聖書を自分で読むことを通して、あるいは信仰の友と一緒に読むことを通して、私たちは主イエスに出会い、主が救い主であることが本当に分かります。聖霊が私たちを導き、私たちの目を開いてくださいます。

 私自身は、聖書が神の言葉であると分かりました。聖書に次の言葉があります。

「人は皆、草のようで、その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない」。

私が何度も読んだはずの言葉です。何度もこの言葉は読みました。でも読んだだけでした。しかしある時、聖霊に導かれ、目が開かれました。聖書が神の言葉であると分かりました。

 聖書が神の言葉と分かった私は、自分が物事を考えるときは、聖書を土台とするようにしました。政治のことを考えるときも聖書に基づいて考えます。政治家を批判するときも、聖書に基づき批判します。

 さらに神の言葉である聖書に立つとき、思い煩いや恐れ、その他、心を束縛するものから解放され、自由にされます。私たちが救われ、自由にされるのは、<教え>によってではありません。聖書に書かれている教えではありません。主イエスに出会うからです。神の言葉、真理の言葉である主イエスに出会うからです。そして主イエスはいつもそのお姿を私たちに見せて下さっています。

祈り