キリスト教の出発点は、イエス・キリストの復活にあります。今日の聖書は、キリストがもう一度この世界においでになるとき、私たち自身が復活し、神の国を受け継ぐとの約束を語ります。死者の復活なんて信じられないという方がおられるかも知れませんが、イエス・キリストの復活は死者が復活したという出来事だけが問題になるのではなく、そこに秘められた深い意義に耳を傾けてください。そうすればキリストの復活を信じる道が開けます。

 今日の聖書の出だしをもう一度読みます。

「兄弟たち、わたしはこう言いたいのです。肉と血は神の国を受け継ぐことはできず、朽ちるものが朽ちないものを受け継ぐことはできません」。

二つのことが言われています。第一に<肉と血は神の国を受け継ぐことはできません>。私たちはこの体のままで神の国に入ることはできないと言われています。第二に<神の国を受け嗣ぐ>という言葉が用いられています。<神の国に入る>ではなく、<神の国を受け嗣ぐ>です。<受け嗣ぐ>とは、財産を相続するというときの<相続>です。私たちは神の国を相続する、というのです。

 51節には、

「わたしはあなたがたに神秘を告げます。わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます」。

イエス・キリストがもう一度この世界に来られるとき、私たちは復活して異なる状態に変えられると書かれています。

 53節にはこう書かれています。

「この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着る」。

私たちは朽ちないもの、死なないものを着るというのです。そして今とは異なる状態に変えられるというのです。朽ちないもの、死なないものがどういうことなのかは語られていません。要するに、私たちは今とは違った状態に変えられることが教えられています。聖書の別の箇所には、次の記述があります。

「わたしたちは皆、主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます」(コリント二3:18)。
「愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています」(ヨハネ一3:2)。

私たちは主イエスに似た者となるというのです。主イエスはまことの人間であり、しかも罪を犯さない人間でした。神の国にふさわしい人間でした。ですから私たちは、主イエスに似た者とされてつまり罪のないまことの人間とされて神の国を受け継ぐことが分かります。

 私たちは、実はこの世において神の国を受け継ぐ準備をしています。私たちは主イエスに似た者となることを目指して生きるからです。

「御子にこの望みをかけている人は皆、御子が清いように、自分を清めます」(ヨハネ一3:3)。

御子イエスに似た者となることを心がけると言われています。救いとは、罪を犯す人間ではなく、まことの人間になること、主イエスのようになることです。主イエスのように神さまを敬い、神さまのみ心に従う人になることです。私たちはこの世の歩みにおいて、主イエスに似た者となることを目指します。そして終わりの時、神さまがその私たちを変えてくださり、朽ちないもの、死なないものを着せてくださいます。私たちは、主イエスに完全に似た者とされます。また神の国とは、神の御支配を意味します。私たちは神さまの御支配を信じ、神さまのご支配の中を歩みます。今は信じるだけですが、キリストがおいでになったとき、神さまの完全な御支配が実現します。私たちは主イエスの似姿を与えられ、神さまの完全な御支配を受け継ぐのです。神の国は、信仰者にとって目的地、ゴールなのです。

 54節。

「この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。『死は勝利にのみ込まれた』」。

<死は勝利に飲み込まれた>とは、言い換えると、死は敗北したということです。<死が敗北した>とは不思議な言葉です。キリストがこの世界にもう一度来られたとき、キリストは神に敵対するあらゆる勢力を滅ぼします。15章26節には

「最後の敵として死が滅ぼされます」

と書かれています。死は、私たちにとって敵であり、そして滅ぼされるというのです。死が敵だというのです。しかし私たちは死に対して勝利するというのです。

 現実には、私たちは死の支配下にあります。その証拠に人は皆、死にます。私たちは死に勝つことはできません。死は、私たちに対して、王として君臨しています。私たちが勝つことのできない王として死は存在しています。

 どうして死が、王となったのでしょうか。聖書は、死がこの世に存在するようになった次第を語っています。創世記2〜3章に書かれています。神さまは人間を創造し、人間が生きる舞台として世界を創造されました。こう書かれています。

「主なる神は人を連れて来て、エデンの園に住まわせ、人がそこを耕し、守るようにされた。主なる神は人に命じて言われた。『園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう』」。

神さまが禁じられた木の実を食べると<必ず死んでしまう>と警告されています。

 人は、神の命令に背き、取って食べてはいけないとされた木の実を食べてしまいました。神に対して罪を犯しました。そして人は、罪に対する罰として、死ぬ者となりました。アダムとエバが、神さまに背き、罪を犯し、死ぬ者となりました。聖書は、死は罪の結果であると教えます。こうしてこの世に罪が入り、死が入ってきました。

 罪を犯した人間は、罪に対する裁きとして死ぬのです。ですから死は、自然現象ではありません。だれもが死ぬからと言って、死は自然現象ではないのです。人は皆、罪を犯し、死ぬのです。アダムが罪を犯し、死がこの世に入ってきました。そしてすべての人は罪を犯し、すべての人は死ぬこととなりました。すべての人が死ぬのは、自然現象ではなく、罪の結果なのです。これが聖書の教えるところです。

 そして聖書は、人は皆、罪の支配下におかれていると教えます。罪の支配下にある人間の深刻な状況をロマ書7章で語っています。

「わたしたちは、律法が霊的なものであると知っています。しかし、わたしは肉の人であり、罪に売り渡されています。わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば、律法を善いものとして認めているわけになります。そして、そういうことを行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。罪が私の中に住んでいて、わたしを支配しているのです」。

 アダムは、神さまが取って食べるなと禁じたのに食べてしまいました。人間は、神よりも自分の考えの方が正しいと考える傾向があります。それ故、神の言葉に背きます。自ら背くのです。神の考えよりも、自分の考えを上に置きます。罪は人間のプライドをくすぐります。こうして人間は高慢という罪を犯します。これがアダムの犯した罪ですが、私たちもまたこの罪を犯します。謙遜に歩む自由が与えられているのに、人間は、自分を神の上に置いてしまいます。そして罪を犯します。そして死を自分の身に招くのです。人は罪の支配の下にあり、死の支配の下にあります。

 そして死は、人間の敵として、王として君臨しています。主イエスは、死の恐怖の奴隷となっている人間を解放する救い主であると聖書に書かれています。死の恐怖に恐れおののく人は沢山います。なぜでしょうか。自分が死んだら、自分の存在がなくなり、この世界から見捨てられると考えるからです。自分の存在が消えても、世界はいつものように存在しています。世界から見捨てられ、自分はひとりぼっちになる、あるいは自分の存在が消えてしまう、そう考えて人は死の恐怖の奴隷となります。

 世の中には死を恐れない人もいます。死を当たり前のこと、自然のことと考えて、自分の死を受け入れているからです。しかし聖書は、死を当たり前のこと、自然のことと教えてはいません。死とは、神さまに見捨てられることです。そこに死の恐ろしさがあります。信仰を持たない人も見捨てられる恐ろしさを感じています。

 信仰を持たないで死の恐怖に捕らわれた人は、生きることの喜びを失います。生きる意味を見いだすことができません。生きる希望を持つことができません。なぜなら、人生の最後に絶望が待っているからです。信仰を持たない人は、世界から見捨てられるという絶望が待っています。人生とは、死という敵に打ち負かされて生き続けることです。それが耐えられないので、人は<死>を忘れて生きようとします。

 信仰を持っている人はどうでしょうか。56節で

「死のとげは罪である」

とあります。死は滅びという恐怖を私たちに与えるだけではありません。罪というとげを持っているというのです。とげは刺されると痛いです。罪を犯すとは、死のとげに刺されて痛みを感じることです。罪を犯すと人はどんな痛みを感じるのでしょうか。人は罪を犯すと平安を失います。罪を犯したことを悔います。あのようなことはしなければよかったと後悔の念にさいなまれます。罪の力に負けた自分を責め、罪の力に打ち勝てない自分をみじめに感じます。さらには神の裁きを恐れます。

 また

「罪の力は律法です」

とあります。律法は、神さまの教え、戒めです。人は信仰者として神の教え、戒めを知ります。するとどうなるのでしょうか。パウロの言葉を先ほど引用しましたが、神の律法は人間に罪の自覚をもたらします。神を信じる人は、自分が罪を犯す存在であることを知っています。罪は、死を結果としてもたらします。こうして人間は、死に支配され、罪に支配されています。死は人間の敵、人間が勝つことのできない敵として存在しています。罪は律法を利用して、私たちを支配します。

 人生は思い通りに行きません。神さまは人を愛するように私たちに命じます。しかし私たちは、愛してくれないと人に文句を言い、不平、不満が心に満ちます。また人を愛せない自分をみじめに感じます。夫婦関係、親子関係がうまく行きません。大切な人ほど深い関わりに生きねばならず、思い通りに行きません。罪の支配の下に生きる人間の惨めさ、悲しみがあります。

 しかし、イエス・キリストは私たちの救い主です。主イエスは、私たちの罪を赦してくださるだけではありません。罪に対する神の怒りを私たちに代わって受け、主イエスを信じる人は、罪を赦され、神の怒りを受けない者とされました。でもそれだけではありません。主イエスは、私たちを死の支配、罪の支配から解放してくださる方です。昔イスラエルの民がエジプトで奴隷として生きていました。奴隷としての苦しみからの解放を神に願いました。神は彼らを解放し、自由に生きることができる土地へ導くと約束しました。実際、エジプトからイスラエルの民を解放しました。彼らが、自由に生きることができる土地に行くまで、荒野を旅しなければなりませんでした。荒野は困難に満ちていて、神に対する信頼が必要になりました。自分たちをエジプトから救ってくださった神に対する信頼を持ち続けることが大切でした。

 同じように私たちがこの世において罪と死から完全に解放される神の国に入るまで、この世を信仰を持って旅します。罪の力、死の力が私たちに迫ってきます。神さまの教えより自分の思いで生きていきたいという罪の誘惑が迫ってきます。誘惑に負けてもいい、そんな思いが働き、その後で自分を責めます。そして神さまの裁きを恐れます。しかし神さまは、私たちに勝利の道を開いてくださいます。聖霊の助けと神さまの言葉が私たちに与えられています。

 イスラエルの民が荒野を信仰によって歩むべきであったのに彼らは信仰によって歩まず、困難が起きるといつも神さまに、指導者モーセに不満を言い、文句を言いました。自由に生きる土地を目の前にしたとき、そこには強そうな人たちが住んでいると知り、前進することをためらい、神さまから、いつになったらわたしを信頼するのかと怒られました。そして約束の地に入ることは許されませんでした。

 私たちの人生も自分の思い通りには行きません。私たちの人生の目的は、自分の思いを実現させることにあると考えるのは正しくありません。私たちの人生で神さまの御心が行われること、これが私たちの人生の目的です。讃美歌にあります。

<わが行く道、いついかになるべきかは

つゆ知らねど主は御心なしたまわん。

そなえたもう主の道を踏みて行かん、一筋に>。

神さまの御心が行われるとき、私たちは励まされ、慰められ、喜びと感謝が与えられます。問題が起きたときは、解決に導く神がおられます。悲しみが起きたとき、慰めに導く神がおられます。苦しいとき、逃れの道を用意しておられる神がおられます。私たちはこの神さまに信頼して歩みます。

<信仰こそ、旅路を導く杖、弱きを強むる力なれば、

心勇ましく、旅を続けゆかん

この世の危うき、恐るべしや>。

 キリストの復活は、罪と死に対する勝利です。この勝利が、私たちの信仰の歩みを支え、導きます。復活を信じるとは、罪と死に対する勝利を信じることであり、キリストの復活の力が、あなたの人生に働くことを信じることです。神の国を受け継ぐとは、神さまの御支配をいただくということです。神さまの御支配は、すでにあなたの人生の中にあります。神さまの御支配を求めてこの世の旅路を歩み、神の国に迎えられ、神さまの完全なご支配の中を受け継ぐのです。

祈り