一人の人間の人生に意味はあるのでしょうか。自分の人生の意味を私たちはどこに見いだすことができるのでしょうか。

 作家の五木寛之さんは、人の人生は<大河の一滴>のようなものだと書いています。小さな存在でしかない人間に共感を寄せて五木さんは言うのです。

「空から降った雨水は木々の葉に注ぎ、一滴の露は森の湿った地面に落ちて吸い込まれる。そして地下の水脈は地上に出て小さな流れをつくる。やがて渓流は川となり、平野を抜けて大河に合流する。その流れに身をあずけて海へと注ぐ大河の水の一滴が私たちの命だ」。

海へと注ぐ大河も一滴の集まりであり、大河の一滴である私たちの人生には、大河をつくりだしているという意味があると語っているように思います。

 聖書を読んで思います。歴史を流れる大河があると。歴史を流れる大河、それは神を信じる者たちのなす歩みです。この歴史は神の民の物語です。神さまはご計画をもってこの歴史を導いています。神さまは歴史の中で、神の民をつくり、これを導かれます。イスラエルの民の歩みは、まことの神がおられることを世に伝える歩みであり、教会は歴史の中で福音を伝え、すべての人を神さまのもとに招く働きをしています。この世に生まれるすべての人が神を知り、神の国に迎えられることが神さまのご計画です。

 イスラエルそして教会は、神の民と呼ばれます。その歩みはいつも正しかったとは言えません。時に神の前に罪を犯し、悔い改めを求められることがあり、時には、犯した罪の裁きを神から受けることもあります。神さまは、あえてこの頼りない神の民の働きを通して、この世界において神さまの御心が行われ、神さまの御名が崇められることを願っておられます。この世界が神の国に近づくことを願っておられます。この神さまの御心が歴史の中で大河となって流れています。その大河の一滴として生きる、それが神の民であり、教会であり、私たちです。そこに私たちが生きる意味を見いだすことができます。

 私たちは日々の生活に追われ、歴史の中に働かれる神さまのことを考える時間は少ないかも知れません。今日はエゼキエルの預言を通して、歴史の中に働かれる神さまに目を留めたいのです。大河の一滴としての私たちを生かそうとしておられる神さまに目を留めたいのです。この歴史の中での教会の働き、それは神の民の物語と呼ぶことができます。金沢元町教会もこの地にあって、神の民としての歩みを続けています。その歩みを私たちは教会の歴史として、私たちの物語として記録しています。

 今日の聖書は、預言者エゼキエルが神によってある谷に連れて行かれたと告げます。その谷には枯れた骨が満ちていました。枯れた骨というのは、長い時間を経た骨ということです。神はエゼキエルに枯れた骨に向かって語るように命じます。エゼキエルは骨に向かって語ります。

「枯れた骨よ、主の言葉を聞け。主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。わたしは、お前たちの上に筋をおき、肉を付け、皮膚で覆い、霊を吹き込む。すると、お前たちは生き返る。そして、お前たちはわたしが主であることを知るようになる」。

 エゼキエルが枯れた骨に向かって語るとその通りになりました。神の言葉は、語ったことを現実にする力があります。枯れた骨に筋が生じ、肉がつき、皮膚が覆い、人間となりました。そして霊が人間に吹くとその人間は生きるものとなりました。ちょうど創世記の最初で神さまが土の塵で人間を造り、その鼻に息を吹き入れると生きたものとなったとあるのと似ています。枯れた骨でいっぱいだった谷には、生き返った人間の大きな集団ができました。

 これが何を意味しているのかは、11節以下に語られています。主はわたしに言われた。

「人の子よ、これらの骨はイスラエルの全家である」。

イスラエルの全家、神の民イスラエルのことです。イスラエルは言っています。

「我々の骨は枯れた。我々の望みはうせ、我々は滅びる」。

これは絶望しているイスラエルの姿を示しています。イスラエルは紀元前10世紀、ダビデ、ソロモン王の時代に全盛を誇りました。しかしその後、国家は分裂し、北のイスラエル王国はアッシリア帝国によって滅亡しました。紀元前8世紀。南のユダ王国は、バビロン帝国によって滅亡しました。紀元前6世紀。バビロン帝国によって国が滅びたとき、数万人以上のイスラエルの民が捕虜となってバビロンに連れて行かれました。イスラエルの民は、故郷を離れ、異国の地での生活を始めました。彼らは神に見捨てられたと感じ、異国での生活を余儀なくされることに幻滅を感じ、絶望を感じていました。その思いが、<我々の骨は枯れた。我々の望みはうせ、我々は滅びる>という言葉に表現されています。

 しかし枯れた骨が生き返った人間の集団になったということは、神さまがイスラエルの民を回復させることを意味していました。12節。

「わたしはお前たちの墓を開く。わが民よ、わたしはお前たちを墓から引き上げ、イスラエルの地へ連れて行く。わたしが墓を開いて、お前たちを墓から引き上げるとき、わが民よ、お前たちはわたしが主であることを知るようになる。14節。
「わたしはお前たちを自分の土地に住まわせる。そのとき、お前たちは主であるわたしがこれを語り、行ったことを知るようになる」。

絶望している民に神の言葉が告げられました。私たちはどんなに絶望していても、神の言葉を聞くことができます。

 さらに16節。神はエゼキエルに命じます。

「人の子よ、あなたは一本の木を取り、その上に『ユダおよびそれと結ばれたイスラエルの子らのために』と書き記しなさい。また、別の木をとり、その上には『エフライムの木であるヨセフおよびそれと結ばれたイスラエルの全家のために』と書き記しなさい。それらを互いに近づけて一本の木としなさい。それらはあなたの手の中で一つとなる」。

つまり北のイスラエル王国の人々、南のユダ王国の人々が一つとされて、神の民イスラエルが回復すると神は約束しました。捕囚の民に神は希望を語り、励まされたのです。

 36章には、別な神の約束が語られています。

「わたしが清い水をお前たちの上に振りかけるとき、お前たちは清められる。わたしはお前たちを、すべての汚れとすべての偶像から清める。わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える」。

神さまによる回復は、ただ神の民イスラエルが群れとして回復するだけではなく、聖霊によって、神の民にふさわしい心を持つようにされることも約束されています。

 旧約聖書は、イスラエルの民が罪に支配されており、神に背を向けて生きてしまうことが語られています。人間は、易きに流れ、安楽に流れ、神を愛することよりも、隣人を愛することよりも自分を愛し、神に背を向けてしまう存在であることを旧約聖書は告げています。しかし、聖霊によって生きる者となるとき、神の民の回復がなされ、彼らは神さまに従う者とされます。そのことが23節以下でこう語られています。

「わたしは、彼らが過ちを犯したすべての背信から彼らを救い清める。そして、彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。」。

 かつてイスラエルの民は、エジプト王の支配から解放され、神が与えられた約束の地に導かれ、自由に生きる者とされました。今、バビロン帝国の支配から解放され、霊を注がれて罪から解放されて生きる者とされるとの約束がエゼキエルを通して語られました。

 この神の約束、エゼキエルの語った預言は実現したのでしょうか。旧約聖書を読む限り、実現したとは思えません。確かにイスラエルの民は、バビロンから帰り、エルサレムの都を再建し、神殿を再建します。

しかく24節にはこうあります。

「わたしの僕ダビデは彼らの王となり、一人の牧者が彼らすべての牧者となる。彼らはわたしの裁きに従って歩み、わたしの掟を守り行う」。

新しい王が神から与えられ、その王が牧者としてイスラエルを治めたということは聖書に書かれていません。その意味では、エゼキエルの預言は実現したとは言えません。ではエゼキエルの預言はでたらめ、偽りの預言だったのでしょうか。偽りの希望を与えたのでしょうか。

 エゼキエルの預言の第一の目的は、絶望している捕囚の民に希望を与えることが第一です。故郷から遠い捕囚の地、異国にあって生活をしています。恐らく異国の地で死ぬでしょう。故郷に戻る希望はなく、国が再興される望みもなく絶望している民に、神さまは回復の約束をしました。預言は、それが語られた人を励ます役割を持っています。神の民イスラエルの回復は、新たな形で後に実現していくこととなります。

 今、祈祷会でマタイ福音書、マルコ福音書を読み始めています。そこに出てくるのは、<預言が実現した>という言葉です。主イエスの到来によって、イザヤの預言も、エレミヤの預言も、エゼキエルの預言も成就しているのです。イザヤはメシアの誕生、メシアの苦難を預言しています。エレミヤは、神が新しい契約を結ぶ日の到来を預言しています。エゼキエルは、聖霊によって新しくされる神の民の出現を預言しています。これは聖霊によって罪からの支配から解放された神の民の出現を預言したもので、これは新しい神の民、教会によって実現しました。

教会は、イスラエルの民と異邦人が一つとされた神の民です。エゼキエルによってなされたイスラエルの回復のビジョンは、教会を通して、全人類が一つとなるというビジョンに発展していきました。主イエスが、まことの救い主として、まことの羊飼い、牧者として治めます。24節の

「わたしの僕ダビデは彼らの王となり、一人の牧者が彼らすべての牧者となる」

は主イエスにおいて成就したと言ってよいと思います。

 エゼキエルが見た枯れた骨の復活は、私たちにとって何を意味しているのでしょうか。イスラエルの民はバビロンにて捕囚の民として生きていました。バビロン帝国によってとらわれの身となっていました。しかし神はイスラエルの回復を語りました。民族としての回復だけではなく、神の民としての心の回復、聖霊の導きによる新しい神の民の誕生としての回復をエゼキエルは預言しました。そしてこの預言の実現は、イエス・キリストが天に上げられ、天から、主イエスの弟子たちに聖霊を注いだことによって実現しました。

聖霊の注ぎにより、罪と死から支配された民が、その支配から解放され、罪から清められ、新しい神の民として誕生しました。そして、私たち自身もこの神の民の一員として、今、生きているのです。今、生かされているのです。

 もう一度24節以下を読みます。

「 わたしの僕ダビデは彼らの王となり、一人の牧者が彼らすべての牧者となる。彼らはわたしの裁きに従って歩み、わたしの掟を守り行う」。

これは主イエスを信じる者たちは、主イエスを牧者と仰ぎ、主に従います。聖霊によって新しく生まれ、神さまのみ心に従うことが預言されています。

 26節。

「わたしは彼らと平和の契約を結ぶ」。

私たちは主イエスを信じ、神さまとの契約の中に置かれています。何よりも、罪の赦しと永遠の命の約束を与えられています。

 26〜27節。

「わたしはまた、永遠に彼らの真ん中にわたしの聖所を置く。わたしの住まいは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる」。

この言葉は、あの言葉を思い起こさせます。あの言葉です。ヨハネ黙示録21章です。

ヨハネが神の声を聞きます。

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となる」(ヨハネ黙示録21:3)。

エゼキエルの預言は、終末のことを語ってもいるのです。エゼキエルは大河の注ぐ海、つまり神の国のビジョンを神様から与えられていました。そしてエゼキエルの預言、イスラエルの民の回復というビジョンは教会の誕生によって実現したのです。

 私たちの歴史は、神の民の物語です。旧約聖書は、神の民イスラエルの物語です。神の民として選ばれたイスラエルの民は、世界に神を証しする使命を与えられていました。彼らが神と共に歩み、平和と豊かさを味わい、神を証しする使命を与えられていました。しかし彼らの歩みは、彼らの罪を明らかにし、人間は罪と死の支配の中にあることを明らかにする歴史でした。

しかし救い主イエスは、私たちを罪と死の支配から救い出します。私たちに聖霊を注ぎ、私たちを神の民として、神の子として生かしてくださいます。私たちが世の光、地の塩として主イエスを証ししていくとき、世の人々が教会という神の民の中に加わっていきます。教会が福音を宣べ伝えていくとき、世の人々が教会という神の民の中に加わっていきます。

 そして終末の時を迎えると、神の国が実現します。エゼキエルのあのビジョンが実現します。

「わたしはまた、永遠に彼らの真ん中にわたしの聖所を置く。わたしの住まいは彼らと共にあり、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる」。

 五木寛之さんは、私たちは大河の一滴だと書きました。海に注ぐ大河の一滴。私たちにとって海とは、神の国です。神の御心がなるように、神の御名が崇められるように、御国が来ますようにと願って生きる神の民の群れは大河をつくって<神の国>という海を目指して生きています。

 私たちは、歴史の中に進行していく神の物語の一員として歩みます。そこに私たちの人生の意味があります。そして終わりの日に、よくやったと神さまから冠をいただくことができます。そして神の国に迎えられます。もし私たちが大河の一滴なら、それは歴史の中で、神の国に向かって流れる神の民の物語という大河の一滴です。

皆さん、目を開いてください。神さまの計画、神さまが導く歴史に目を開いてください。自分の個人的な人生の完成、完結ではなく、歴史を貫く神の民の物語に目を向けてください。神の民の物語の中に生きる、そこに生きる本当の意味があります。神の民の物語の中に生きるよう、私たちは召されています。私たちが教会に連なり、教会の働きに仕えるのも、神の民の物語に生きるからです。

祈り