今日の聖書に<生き生きとした希望>という言葉が出てきます。老いた人も、若い人も、壮年の人も、<生き生きとした希望>に憧れを抱くのではないでしょうか。私は老いて自分の人生の終わりを意識するようになってきて、<生き生きとした希望>に強い憧れを持ちます。将来に期待を持っている若い人も、将来に対する不安に陥るとき、忙しく身を粉にして働いている壮年の人も、人生は働くだけで終わるものではないと思うとき、<生き生きとした希望>に憧れを持つのではないでしょうか。<生き生きとした希望>、それは何なのでしょうか。今日も聖書に聞きたいと思います。

 今日の聖書は、最初に神をたたえています。

「わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように」。

次に神がほめたたえられる理由が書かれています。

「神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ」。

私たちを新たに生まれさせたことが、神さまをたたえる理由になっています。私たちが生まれ変わった結果として何が起きたのかというと、生き生きとした希望を抱いたこと、天の財産を受け継ぐ者となったことがあげられています。

 私たちが生まれ変わるのはいつかというと、それは洗礼を受けたときです。洗礼を受け信仰者になるとき、私たちは生まれ変わります。これは信ずべきことです。実感がなくても信ずべきことです。私たちは神さまがおられるとの実感がなくても神を信じます。実感できたら信じるのではなく、まず信じるのです。信仰が先です。

主イエスは祈りを教えるときに、次のように教えられました。

「祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる」(マルコ11:24)。

信じたら、その通りになるというのです。まず信じるのです。私たちは信仰者です。

信仰生活の出発点は、私たちが神さまによって新たに生まれたことを信じることです。私たちは自分で努力して、新たに生まれるのではありません。何か努力して、自分が新たに生まれたことを証明する必要もありません。新しく生まれたことを信じるのです。そして新しく生まれた者として歩むのです。そうすると、そうなる、つまり新しく生まれたことが分かります。新しく生まれていることが実感できるのです。

 では<新しく生まれた>とはどういうことなのでしょうか。この手紙の1章23節にこうあります。

「あなたがたは、朽ちる種からではなく、朽ちない種から、すなわち、神の変わることのない生きた言葉によって新たに生まれたのです」。

私たちは朽ちない種、つまり神さまの言葉によって生まれたとあります。

つまり私たちは、神さまの言葉によって生きる者とされたのです。2章2節には、

「生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。これを飲んで成長し、救われるようになるためです」。

乳飲み子が母乳を飲んで成長するように、私たちは霊の乳をいただいて成長するとあります。霊の乳とは、神さまの言葉と言ってよいと思います。神さまの言葉を聞き、学び、これをもとに生きるのです。主イエスも人は神の口から出る一つ一つの言葉で生きると語られました。

もし私たちが、神さまの言葉を学ばなければ、それは母乳を飲まない赤ん坊のようになります。母乳を飲まなければ赤ん坊は死にます。神さまの言葉を学ばない信仰者は、信仰者としては死んでいます。神さまの言葉を学ぶか否か、それは一人一人の選択です。その選択によって、新しく生まれた者として成長していくか、新しく生まれたけど死んでしまうか、が決まります。

 新しく生まれたとはどういうことなのでしょうか。2章4節にはこうあります。

「この主のもとに来なさい」。

3章18節にはこうあります。

「キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです」。

新しく生まれるとは、イエスのもとに行くこと、あるいは神さまのもとに行くことです。

神さまのもとに行くとはどういうことでしょうか。2章の25節。

「あなたがたは羊のようにさまよっていましたが、今は、魂の牧者であり、監督者である方のところへ戻って来たのです」。

私たちは、自分の心と思いの欲するままに生きていました。それは神さまの目にはさまよっている歩みです。家出した放蕩息子の歩みです。神さまのもとに行くとは、さまよっていた私たちが神さまのもとに戻ることを意味します。神さまのもとに行って私たちは言うのです。

「神さま、お語り下さい」。
「神さま、あなたにお従いします」
「神さま、あなたにおゆだねします」。

 神さまは、私のもとに来なさいと招いておられます。新しく生まれたとは、神さまの招きに答え、神さまのもとに行くことです。新しく生まれた者として生きるとは、神さまのもとに行って生きることです。神さまのもとに行って私たちは言うのです。

「主よ、お語り下さい」。
「あなたにお従いします」
「あなたにおゆだねします」。

このように神さまのもとに行くとき、私どもの魂の牧者である神さまは、<生き生きとした希望>を与えてくださいます。

 <生き生きとした希望>と聞くと、何かワクワクしてきます。ここで<希望>と<願い>の違いを最初に確認します。私たちは色々な願いを神さまに祈ります。<願い>というのは、私たちの心から出てくることが分かります。一つのことを願っていても、なかなかかなえられないと、私たちはその願いを祈らなくなることがあります。そして<願い>はしぼんでしまいます。一つの願いを祈り続けることは、簡単ではないことも分かります。時に願いがかなえられず、失望することもあります。

 希望は、私たちの心から出てくるのではなく、私たちの心の外から来るのです。希望は、神さまが与えてくださり、私たちの心に宿るのです。神さまが与えてくださるので、希望は確かな希望なのです。失望に終わることはないし、しぼんでしまうこともありません。

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」(ヘブル11:1)。

この聖書の言葉は信仰が何であるかを教えています。信仰とは、神が与えてくださる希望を確信し、その実現を信仰によって見るのです。つまり、その希望が実現したと信じるのです。<御子を信じる者は一人も滅びないで永遠の命を得る>。これは神の約束であり、信仰者の希望です。信仰者の希望は、神様の約束にあります。

 この手紙に次のように書かれています。

「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです」(5:7)。

神さまは、私たちのことを心にかけていてくださり、私たちが直面し、つい心配してしまう事柄も、神さまは心にかけてくださっているとの約束がここにあります。この約束は私たちの希望です。この希望に立つとき、私たちは思い煩いから解放されます。

 今日の聖書では<生き生きとした希望>とあります。<生き生きとした>とあるので、心の内側から、力が湧いてくるような印象を与えます。つまり私たちの心が喜びや希望に溢れてくるような印象を与えます。つまりうれしい実感が伴うような印象を与えます。

<生き生きとした希望>とありますが、文字通りに訳せば、<生きている希望>となります。私たちの心が生き生きするかどうかではなく、その希望が生きた希望であるというのです。つまり確かな希望、けっして失望に終わらない希望、この希望が、私たちを生かすのです。生きている希望が、私たちの歩みを導き、私たちを生かすのです。神さまから来る希望が私たちを生かすのです。

 この生き生きとした希望は、<死者の中からのイエス・キリストの復活>を通して与えられるとあります。それ故、この希望は、まず死を越える希望です。私たちの人生は死で終わりません。キリストが復活したように、私たちも復活をするのです。キリストは、死者の復活の初穂であり、私たちはキリストに続いて復活するのです。復活をして神の国に迎えられます。

死に支配されていた私たちが、死を越える希望をいただくのです。

「死は勝利に飲み込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか」。

これが私たちの語る言葉となります。この希望に立つとき、私たちの上に重くのしかかっていた死の恐れの雲は晴れていきます。

 死者を復活させる神の力、それは大いなる力です。この大いなる力が私たちに働き、私たちを新しい人間に造っていきます。私たちが新しく生まれた人間として生きることができるのは、神さまの力のお陰です。私たちが新しく生まれた人間として第一歩を踏み出すとき、神さまは私たちの歩みを支え、導かれます。神さまの力、それは恵みです。神さまの憐れみです。

 

「わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ」。

神さまは豊かな憐れみによって、私たちを導かれます。神の豊かな憐れみによってとは、タダでということです。私たちの側からの努力はいらないということです。私たちにできることは、受け取ることだけです。

 私たちはタダで与えられるものには警戒をします。インターネットを利用したメールが日常的に使われるようになりました。迷惑メールというのが舞い込んできます。

「あなたは〜〜に当選しました。すぐに連絡してください」

というようなメールが来ます。当選したので、大きな利益を得ることができますとの誘いです。タダで大きな利益が得られるとの誘いです。これは悪意から出たもので、だまされます。大きな利益を得ることはできず、逆にお金をだまし取られます。ただほど高いものはない、ただほど恐いものはない、との格言がある通りです。うまい話は気をつけなければなりません。

 しかし、神さまの憐れみは、私たちに対する神さまの善意です。そしてそれが、私たちに大きな利益を与えてくれます。神さまは豊かな憐れみにより、私たちを新たに生まれさせてくださいました。そればかりでなく、新しい者として生きるために力を与え、支え、導いてくださいます。これは恵みです。タダで与えられます。私たちの努力なしに与えられます。信仰で受け取ります。つまり、与えられたと信じて一歩を踏み出すのです。与えられたという実感がないからといって立ち止まってはいけません。死を越える希望、復活の希望を喜び、感謝するのです。

 私たちの希望は、死を越える希望だけではありません。神さまご自身が、私たちの希望なのです。神さまはイエス・キリストを死者の中から復活させました。神さまは驚くべき力を持っておられるのです。この神さまご自身が私たちの希望です。生きて働かれる神さまに対する期待、これが私たちの希望、生き生きとした希望です。

 詩篇23篇にこうあります。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない」。

<私には何も欠けることがない>との告白。神さまが羊飼いとなってくださるので、私には何も欠けることがないとの信仰の告白です。

 さらに

「主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる。主は御名にふさわしく/わたしを正しい道に導かれる」。

神さまは、私たちの魂を生き返らせてくださるとの告白、神さまは、わたしを正しい満ちに導かれるとの信頼の告白。さらに

「死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる」。

私の羊飼いであり、私の希望である神さまが共におられるので、私は災いを恐れないとの大胆な信仰の告白です。神さまを希望とする人の幸いが語られています。

 詩篇27篇にはこうあります。

「主はわたしの光、わたしの救い/わたしは誰を恐れよう。主はわたしの命の砦/わたしは誰の前におののくことがあろう」。

神さま以外の者を恐れずに生きることができます。最近の日本では、本来権力者を監視し、批判する役目を持つべきマスメディアが権力の圧力を受けて、萎縮している様子を見ることができます。テレビなどではっきりした意見を言う人の出番が少なくなっています。神さまご自身に希望をおく人が、恐れから自由に生きる人であると知ります。

 死を意識するようになった老いに生きる人への希望も語られています。

「また、あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました」。

神さまの国に行って帰ってきた人はいません。その素晴らしさを表現するためには、たとえを用いることしか出来ません。ここでは、朽ちず汚れず、しぼまない財産を受け継ぐというたとえで、神の国に迎えられる幸いが表現されています。

ヨハネ黙示録では、

「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」。

パウロはこう信仰者の希望を述べます。

「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです」。

死を越える希望について、心がワクワクときめくとは限りませんが、私たちは確かな希望を聖書から聞くことができます。決して失望に終わることのない確かな希望が与えられています。そして心に深い喜びが留まります。神さまは、しぼまず、失望に終わることのない、生きている希望を私たちに与えてくださいました。

祈り