先日、エクソダスという映画を見ました。出エジプトの出来事を描いた映画です。最新の技術を用いての映画で、海が二つに割れるシーンもなかなか見応えがありました。皆さんは、出エジプトの出来事がキリストの再臨と結びついていると言ったら、どう思われるでしょうか。

この二つの出来事は、私たちの信仰がどのようなものであるかを指し示しています。出エジプトの出来事は、エジプトにおける奴隷の苦しみの中にあったイスラエルの民が、神の救いを体験し、神が与えると約束された土地を目指す物語です。彼らは、自由に生きることができ、さらに乳と蜜の流れる地、つまり豊かな土地を目指して旅をするのです。神が与えると約束された地を目指して荒野を旅します。

 信仰とは、目的地を目指して旅をすることです。そのことを出エジプト記は私たちに教えています。そしてイエス・キリストを信じる私たちは、この人生を旅として歩み、キリストの再臨によって実現する神の国を目指して旅をしています。このように信仰を理解することによって、神の国の希望が確かにされます。もしあなたが神の国を目指して人生を旅しているという思いがなければ、是非、約束の土地を目指すイスラエルの旅の物語がなぜ聖書にあるのか、聖書を読んで考えてみてください。

 今日読んだペトロの手紙二です。この手紙が書かれた教会は、偽教師が影響力を働かせていました。彼らは教師でありながら、正しい道から離れ、欲望の赴くままに歩み、教会に悪い影響を与えていました。そしてイエス・キリストがもう一度おいでになるという再臨の約束をあざけっていました。3節にこう書かれています。

「終わりの時には、欲望の赴くままに生活してあざける者たちが現れ、あざけって、こう言います。『主が来るという約束は、いったいどうなったのだ。父たちが死んでこのかた、世の中のことは、天地創造の初めから何一つ変わらないではないか』」。

キリストが再びおいでになるとの教えを軽んじています。

「私はもう一度来る」

というキリストの約束をあざけっています。

 この再臨の教え、再臨の約束を信じないと信仰生活は揺らぎます。再臨を信じるということは、私たちは神の国を目指す信仰の旅をしていることを意味します。キリストの再臨、最後の神の裁き、そして神の国が実現します。再臨信仰なしの信仰は、この世の人生と神の国を分離します。神の国は死んだら行くところといった程度の理解になってしまいます。この世の生活はこの世の生活、そして死んだら、神の国に行くと考えます。神の国について考えることをやめます。考えません。漠然と神の国は良いところらしいとか、大切なあの人と会うことができるとか、これくらいしか考えないのです。

 そして私たちは神の国を考えることなしに、この世での私たちの人生を考えます。だれもが、幸せな人生にしたいと願います。その結果、こうすれば自分は幸せになれそうだという幸福を目指して歩みます。ただ信仰者ですから、神さまの御心も行う必要があると考えますが、基本的には、自分の生活を幸せにしたいという人間的な思い、欲に導かれた人生を歩むことになります。欲と言っても快楽を追求するというのではなく、自分の人生を自分なりに納得のいくものにしたいと考えます。人の役に立つことに重点を置き、悔いのない人生にしようと努力をする人もいます。そして自分の人生はこれでよかった、と納得して死ぬのです。

 恵まれた人は、自分で納得した人生を送ることができるでしょう。しかし不運な人は災難が重なり、生きる気力を失い、自分の人生に納得できないまま生涯を終わることがあります。生きる気力を失い、失意がその人の命を蝕むこともあります。

果たして人は、自分の人生はこれで良かったと自分を納得させることができるのでしょうか。実際、多くの人は納得させたいと考えるでしょう。納得させる試みが空しいことを旧約聖書のコヘレトは語っているように思えます。神の国を目指す旅としての人生を歩むとき、神さまが、私どもの人生は、よい人生であったと納得させてくださいます。

私たちが再臨を忘れると、自分の思いでこの世の人生を生きることになります。運が良ければ、それなりに自分の人生を自分で納得できるかも知れません。運が悪ければ、失意が重なる中、命が衰えてしまうことがあり、失意にもかかわらず自分は頑張ったと、その頑張りをもって自分の人生をよしとするかも知れません。キリストの再臨を信じ、神の国を目指す旅をする人が、よき人生を送ることができます。たとい殉教の死を遂げたとしても、自分の人生を神さまと共に歩んだ人生として納得できるに違いありません。

 とはいえ、再臨を信じると言っても、すぐに信じ切ることができるわけではありません。2000年前に死んだ主イエスが復活して天に上げられ、もう一度この地上においでになるというのです。そこで出エジプト記です。約束の地を目指すイスラエルの旅です。

イスラエルは約束の地を目指して荒野を旅します。エジプトの奴隷から解放されて荒野の旅をした人が皆、約束の地に入ったわけではありません。実は大半の人は約束の地に入れませんでした。なぜでしょうか。彼らは神の約束を信じていなかったのです。約束の地に連れて行くという神の約束を信じなかったのです。信じようとさえしなかったのです。

 荒野の旅において困難が起きると彼らはどうしたでしょうか。不満を言います。不平を言います。もともと彼らはエジプトにおける奴隷の生活が苦しくて、助けを求めて神さまに叫んだのです。でも荒野の生活で困難に直面すると、エジプトにいたときの方がよかったと嘆くのです。しかし神さまは、いつも彼らを助けます。食物がなければ、天からマナを降らせましたし、水がなければ、岩から水を出しました。荒野の旅の中で起きる困難、それはイスラエルの民の信仰を強めるための試練でした。神の約束を信じ、困難の解決を神に求めればよかったのです。

 イスラエルの民がついに約束の地を目前とするところまで来ました。後は約束の地に入るだけです。偵察隊が戻ってきました。そして報告をします。

「とても豊かな土地です。しかし、そこには強そうな人が住んでいて、その土地に入ったら戦いで負けそうだ」

とイスラエルの民に報告します。これを聞いて人々は嘆きます。そして何のためにここまで旅をしたんだ、戦いで死ぬくらいなら、荒野で死んだ方がよいと口々に言いました。

すると神は言います。

「この民は、いつまでわたしを侮るのか。彼らの間で行ったすべてのしるしを無視し、いつまでわたしを信じないのか」(民数記14:11)。

そして神は言うのです。

「わたしは生きている。わたしは、お前たちが言っていることを耳にしたが、そのとおり、お前たちに対して必ず行う」。

つまり民が、

「荒野で死んだ方がいい」

と言ったので、

「そうしてあげよう」

と神が言われたのです。

 神が約束の土地に連れて行くと約束したのに、荒野の旅の目的地に連れて行くと神が言われたのに、それを信じなかった者たちは、約束の実現を待ち望むことがなく、ただ毎日の生活しか考えなかったのです。今しか、考えられなくなったのです。今さえよければよかったのです。今が問題となったのです。今が大事なので、今、困難はあってはならないのです。荒野の旅は困難が伴いました。神さまに信頼して助けを求めれば、助けを与えられ、約束の地に入ることができました。でも神の約束を信じなかったために入れませんでした。目的を見失った者は、その日暮らしをすることになり、不平と不満の中、自分の願い通り、荒野で死んでしまいました。

 荒野を旅するとき、神の約束を信じ、神に信頼して、困難には神にすがればよかったのです。困難は、神に信頼を寄せるチャンスであり、神を信頼する信仰を育てるチャンスだったのです。出エジプトの出来事は、信仰者の歩みは目的地を目指すものであることを教えているのです。

 私たちもまた、神の国を目的地とした信仰の旅をしているのです。信仰者の人生は神の国を目指す旅です。神が示された神の国という目的地を信じない者は、キリストの再臨による神の国の到来を信じない人は、今しか考えないし、今だけ問題にします。つまりこの世における自分の人生をいかにしたら良いかを考えます。大抵、自分が幸せと感じる人生を送ろうとします。こうして人は広い門から入って広い道を歩むのです。今、自分が幸せを感じることができるかどうか、それが問題です。困難や試練が起きれば、神さまなぜ、こんな苦しい目に自分を遭わせるのですか、と文句を言います。

 私たちは主の祈りの中で、御名が崇められますようにとなぜ祈るのでしょうか。御国を来たらせたまえとなぜ祈るのでしょうか。御心が天で行われるように地でも行われるようにとなぜ祈るのでしょうか。神の国、そこでは神の御名が崇められ、神さまの御支配が完全で、神の御心が完全になされるところです。もしかしてあなたは、神の国って窮屈なところだと思ったりしませんか。誰がそこにいるかと言えば、神さまの名が崇められることを願い、神の御支配を願い、神の御心が行われることを願う人たちです。そんな人たちの中に入っていっていいですか。

 この世では、神の名が崇められるどころか汚されることが多いです。神の御支配があることが疑われ、さまざまな出来事は、神の御心が行われていないように見えます。もし私たちが自分が幸せと感じる人生を目指すなら、主の祈りは必要ありません。

 私たちが主の祈りを祈るのは、神の名が崇められることが私の関心事であり、この世の人々が神を崇めるようになることが私たちの願いであるからです。私たちが主の祈りを祈るのは、神さまの御支配が私たちの関心事であり、私たちの人生で、そしてこの世界で、神さまの御支配が現れるようにと願うからです。私たちが主の祈りを祈るのは、神さまの御心が行われることが私たちの関心事であり、私たち自身神さまの御心を行うことを願うし、多くの信仰者によって御心が行われ、また神さまご自身が御心を行って欲しいからです。

あなたの人生で神の名が崇められ、神の御支配が現れ、神の御心が行われるとき、あなたの人生は祝福の中に置かれます。あなたが直面している問題の解決は、あなたの願い通りではなく、神さまの御心が実現するような解決が最善です。神さまはあなたにとっての最善をご存知です。私たちは今、神の国に生きることができます。神の国はあなたがたの間にあるのだ。主イエスのお言葉です。

 この世では、神さまのみ顔ははっきり見えません。しかし神の国では、顔と顔を合わせるように神さまを見ることができます。神の国は信仰者にとって慕わしいものなのです。

 イスラエルの民にとって約束の地は、自由に生きることができ、豊かな土地で実り多い生活を営むことのできる地でした。私たちにとって神の国は、ヨハネ黙示録21章によれば、

「神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」。

神と共にあることの祝福が満ちている、それが神の国です。

 言うまでもなく、この世における私たちの歩みにおいては、悲しみ、嘆き、労苦があります。死もあります。さらに神が共におられるのか疑わしく思える時もあります。それでも、私たちは神の国を目指して旅をします。イスラエルの民にとって荒野の旅をすることは、約束の地に近づくことです。私たちにとって神の国を目指す旅をするとは、神が共にいてくださり、憐れみと慈しみに満ちた方であることを生活のさまざまな場面で体験することです。私たちにとって神の国を目指すとは、神との交わりを深め、神さまを礼拝することを喜びとすることです。私たちにとって神の国を目指すとは、神を崇め、神の御支配を求め、御心を行いつつ、神の国の実現を待ち望んで生きることです。神の国の実現は、キリストの再臨を通して実現します。

 キリストの再臨を信じなければ、私たちはこの世の生活と神の国とを分離し、神の国に対する私たちの関心は、消えていくことでしょう。神の国とは、死んだら行くところといった理解になってしまいます。そして自分の人生が自分なりによきものとなることを願うような信仰生活になってしまうでしょう。私たちは何を目的に生きているのか、それが問われます。困難、試練は、私たちが神さまに近づき、神さまと共に歩むことへ私たちを招いているのです。

 9節から。

「ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです」。

再臨は遅れているのではなく、滅びる人が一人もなく、皆が悔い改めるのを神さまが待っているからです。神の国に迎えられて喜ぶのは誰でしょうか。主の祈りを自分の祈りとする人です。主の祈りを自分の生き方とする人です。主の祈りに従って人生を生きる人です。私たちは主の祈りに生きるように、悔い改める必要があるのではないでしょうか。あなたが神の国に迎えられて違和感を感じなければ幸いです。

 テトスの手紙3章3〜8節から聖書を読みます。わたしたち自身もかつては、無分別で、不従順で、道に迷い、種々の情欲と快楽のとりことなり、悪意とねたみを抱いて暮らし、忌み嫌われ、憎み合っていたのです。しかし、わたしたちの救い主である神の慈しみと、人間に対する愛とが現れたときに、神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです。神は、わたしたちの救い主イエス・キリストを通して、この聖霊をわたしたちに豊かに注いでくださいました。こうしてわたしたちは、キリストの恵みによって義とされ、希望どおり永遠の命を受け継ぐ者とされたのです。この言葉は真実です。

祈り