「ところが今や」

と今日の聖書は始まります。<ところが今や>、何か思いがけないことが起きたのです。

「神の義が示された」

というのです。これでは思いがけないことが起きたという実感は湧いてきません。<救い主が十字架の上で処刑された>。処刑されて死ぬような人がどうして救い主なのか、と疑問が生じるかもしれません。<暗闇の中に住む民は光を見た>ではどうでしょうか。これなら少しは、思いがけないことが起きたと思っていただけるでしょうか。暗闇の中に住む民が光を見る出来事が起きたのです。

 光を見る幸いなことが、今日の聖書は、<神の義が示された>と語ります。22節によれば、イエス・キリストを信じるすべての人に神の義が与えられるというのです。イエス・キリストを信じる人は、神様の目に正しい人と認められるということです。正しい人であれば、神さまの国に迎えられます。義とされるという喜ばしい知らせについて聖書に聞きたいと思います。

 

「人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっています」

とあります。人は罪を犯したために、神の国に迎えられるという栄光をいただけなくなったというのです。罪を犯す者は、神の国にふさわしくないというのです。聖書は、人は死んだら皆天国に行くというようないい加減なことを教えてはいません。

創世記の3章でアダムとエバは、神の命令に背き、罪を犯しました。神さまが取って食べてはいけないと言われた木の実を食べてしまいました。神の命令に背きました。罪とは神さまに背くこと、神さまを軽んじること、神さまを認めないことです。罪を犯す者は、神さまの怒りを受けます。

 聖書にはノアの洪水の物語があります。

「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する」。

地上に悪が満ちているので、神が残念に思われました。人を造ったことを後悔するほどでした。そこで神は地上に洪水を起こし、人を滅ぼしました。ノアとその家族だけは、箱舟を造って洪水から救われました。

 またエジプトにおいて奴隷としての大きな苦しみの中にあったイスラエルの人々は救いを神さまに求めました。そして神さまは彼らを救い出し、自由に生きることのできる土地へ導きます。そこに行くまでは荒野を旅する必要がありました。荒野ですので、食べ物がなくなったり、飲み水がなくなったりと困難が生じます。困難が生じる都度、神さまはイスラエルの民を助けました。そしてついに自由に生きることのできる土地を目の前にするところまで来ました。

その土地に入り、敵と戦い、土地を奪うことが神さまの御心でした。神さまの助けを信じて、その土地に入り戦えばよかったのです。しかし人々は敵は強そうだし、戦えば負けそうだし、こんなことなら、エジプトにいた方がよかった、エジプトに帰ろうなどと言い出す始末です。これまで何度も神さまに助けられたのに、神さまに信頼しようとしない民の不信仰に神さまは怒りました。そしてイスラエルの民は、40年間荒野で生活し、不信仰な人々は荒野で死んでしまいました。彼らは自由な土地に入るという恵みを受け取ることができなかったのです。神さまの怒り、裁きを受けたのです。不信仰な人々の子どもたちが自由な土地に入りました。

 イスラエル人は神の民と呼ばれました。でも神さまに背いたために、イスラエルの国家は滅びました。このように、旧約聖書を読むと、罪は神さまの怒りを招くことがわかります。

 人は皆罪人だと言いますが、罪の自覚はどこから来るのでしょうか。神の前に自分は本当に罪人だという思いはどこから来るのでしょうか。イザヤという預言者は、自分が神の前にいることに気づいたとき、

「災いだ、わたしは滅ぼされる」

と言いました。神の前に自分は罪を犯しており、自分は滅びても仕方のない存在だと知ることがあるのです。

 人が礼拝に参加し説教を聴くことを通して、あるいは聖書を読み、神さまの御心を知るに及んで、自分が罪人であるとの自覚を与えられます。聖霊の働きにより、つまり神さまの導きによって、人は自分の罪を知らされます。そして人は罪からの救いを求めるようになります。その生き方が変わります。自分の罪を悔い改め、神さまを信じる歩みが始まります。その人は幸いです。救いが与えられるからです。

 <今や神の義が示された>と書かれていますが、いったい何が起きたのでしょうか。イエス・キリストが十字架の上で処刑されて殺されるという出来事が起きたのです。イエス・キリストは迫害されて十字架で処刑されました。その死には、意味がありました。そのことが25節に書かれています。

「神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました」。

キリストは迫害され、十字架で処刑されました。十字架につけられたキリストの手と足は、釘が打たれ、また槍でお腹を刺され、血を流されました。その死には意味があったというのです。その血に意味があったというのです。キリストの死、それは、罪を償うための死であったというのです。

 旧約聖書に罪を犯したときにどうするかが書かれています。罪を犯したとき、罪の赦しを得るために動物をいけにえとして献げ、罪を償うことが命じられています。本来は自分の命をささげて罪の償いをすべきなのですが、自分の命をささげるわけにはいきません。それでは自分の人生が終わりとなります。そこで動物のいけにえを献げ、動物のいのちをもって罪の償いとしたのです。そしてキリストの死、それは罪を償うための死だったのです。

 キリストが死ぬきっかけ、それは迫害でした。しかし、キリストが死ぬことは神さまが予定したことでもありました。罪の償いの供え物にすることを神は決めておられたのです。イエス・キリストの死、それは多くの人を罪から救うための死でした。罪に対してくだされる神の怒りからの救いです。全人類を罪に対する神の怒りから救うために、キリストの死が罪を償うことになったのです。ひとりの人間の死が、全人類の罪を償うための死であるなんて、人が思いもしなかったこと、人の思いを越えたことでした。今や、そのような出来事が起きたのです。

 神さまのお考えはこうです。全人類の罪を償うことができるのは、まことの人にしてまことに神である方だということです。

 旧約聖書において、神さまは、罪を犯したときは、動物のいけにえを献げて罪を償うように定めました。しかし今や、神さまは、人間の罪は人間が償うべきだとお考えになったのです。罪を犯したのは人間ですから人間が償うのが当たり前です。

 人間が犯した罪は、実は人間が償わなければなりません。しかし罪を犯す人間は、自分の罪を償うことができるのでしょうか。人は、罪を犯さないことはできず、罪を重ねます。罪を重ねる者が、罪の償いをすることはできません。まして人の罪の償いをすることもできません。皆さんだって、自分の罪を償おうとしても償えると公言できる人はいないと思います。

 罪のない人の死だけが、他の人の罪を償うことができます。キリストは神の子であり、罪を犯しませんでした。そのキリストがまことの人として、全人類の罪の償いのための死を遂げました。

 しかし、すべての人類が罪のために受ける神の怒りを人は受けとめることができるのでしょうか。その身に神の怒りを受けることができる人間は一人もいません。神の怒りを受けたら人は、あっという間に滅びてしまいます。全人類の罪に対する神の怒りを受けとめることができるのは、神である方だけです。神である方だけが、神の怒りを身に負うことができます。まことの神にしてまことの人である方だけが神の怒りを身に受けて、すべての人類の罪の償いをなすことができます。

 神は、イエス・キリストをこの世に人間として生まれさせ、キリストが十字架で処刑されて死ぬことをよしとし、罪の償いをさせたのです。まことの神であり、まことの人であるイエス・キリストだけが神の怒りを受けとめ、罪の償いをすることができたのです。キリストは神の怒りを受け、神に見捨てられるという絶望を味わわれました。

 そして神は、このキリストを信じる者の罪をすべて赦し、神の怒りから救うことに決められたのです。この手紙を書いているパウロは、コリント教会宛の手紙で、こう書いています。

「罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです」。

キリストは罪を犯しませんでしたが、私たちの代わりに罪人として神の怒りを受けられました。そして私たちは、義と認められるようになりました。十字架の上で、キリストの正しさと私たちの罪が交換されたのです。キリストは罪を犯した者として神の怒りを受け、私たちは罪を犯さなかったキリストの正しさを受け取り、義と認められるようになりました。

 このようにして私たちは、神の前に義とされました。神さまは私たちを正しい者と認めて下さったのです。24節に

「キリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより、無償で義とされるのです」

とあります。

私たちが神の前に義とされるのは、無償でとあります。つまり私たちは何にも罪の償いをしていないのに、義とされるというのです。罪の償いのために何もしないのに、神さまは私たちを義としてくださるのです。これを恵みによって義とされると言います。私たちは神さまの前に正しい者となるために、何もしていません。神さまの戒め、教えを守ることさえ要求されていません。私たちは、キリストを信じるだけで、神の前に正しい者とされました。私たちは、キリストを信じるだけで、神の国に迎えられる者となりました。

 神さまは、私たちが罪人であるのに、私たちを愛し、キリストを罪の償いのための供え物とされ、私たちを正しい者と認めて下さったのです。

「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」(ローマ5:8)。

私たちは、ただキリストを信じるだけで、神の国に迎えられる者となりました。

うれしいですね、皆さん。キリストを信じるあなたは、神の目に正しい者とされました。あなたは何もしていないのに、ただ神さまの恵みによって、正しい者とされました。正しい者とされた以上、神さまの国に迎えられることは保証されています。

 たといあなたが信仰者になってからも罪を重ねたとしても、その罪をもキリストは償ってくださるので、あなたが罪を悔い改め、罪の赦しを願い求めるなら、神さまは赦してくださいます。あなたはいつも神の前に正しい人なのです。

 キリストを信じる者は義とされるとお話ししました。キリストを信じるとは何を信じることなのでしょうか。

「わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます」(4:24)。
「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです」(10:10)。

私たちは神がキリストを復活させたことを信じるなら義とされるのです。

 信仰とは、聖書に書いてあることが本当であると信じ、それを心から信頼することです。キリストが私たちの罪を償ってくださったと聖書に書いてあります。私たちは何もしないのに、信じるなら、義とされると書かれています。この聖書の言葉を本当のことと受けとめ、信頼するのです。イエス・キリストの復活を信じるあなたは神の前に、神の目に正しい人なのです。キリストの復活を信じると告白するあなたが神の国に迎えられることは確かなことです。聖書によれば、あなたが救われるのに必要なことは、<口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じる>、これだけです。これさえ信じるなら、あなたは神さまの国に迎えられます。あなたが神さまの戒めをどれだけ守っているかなんて、関係ありません。

今や、救いの恵みが現れたのです。

祈り