聖書が教える救い、それは罪の支配からの救いです。罪というと、私たちは具体的に悪いことを行うことと考えます。神さまの教えや戒めに逆らうことと考えます。このように考えると、ある人たちは、自分はそんなに罪を犯していないのではと考えるようになります。聖書に登場するファリサイ派とか、律法学者たちはその実例です。そして、あなたも案外そう考えているのではないでしょうか。あるいは、あなたは自分は罪深いと考え、でもイエス・キリストのおかげで罪が赦されるのだから、罪に支配されるのは仕方がない、と考えているかも知れません。

 しかし、罪とはもっと深いものです。罪とは、神さまを軽んじることです。神さまの心を軽んじることです。あなただって、夫から、あるいは妻から、あなたの心が軽んじられたら、怒りたくなると思います。子どもが親であるあなたの心を重んじないとしたら、つまりあなたに逆らってばかりいたら、子どもを怒りますよね。子どもだって、親が自分の心を大切にしないなら、親に対して反抗的になります。

 罪とは、神さまを軽んじることです。神さまの心を軽んじることです。意志と感情と理性を持つ神さまを軽んじること、それが罪です。人格的存在としての神さまを軽んじること、それが罪です。今日も、聖書に聴きましょう。

 今日の聖書に蛇が登場します。この蛇は、人間と神さまの関係を破壊しようとする存在です。

創世記の2章で、人間は神に似せて造られたとあります。神さまが人間をご自身に似せて造られた時、男と女に創造されたというのです。男と女は共に生きる者、互いに関係を持ちながら生きる者、つまり交わりに生きる者として造られました。神に似せて交わりに生きる者として造られた人間は、神さまとの交わりに生きる者としても造られているのです。人は神さまとの交わりに生きるために造られていることを神さまは、人を男と女に造ることによって示そうとされたのです。そして神さまと人の交わりを壊そうとして、蛇が近づきます。関係を壊すのは簡単です。疑いという石を投げ込めばいいのです。

 神と人間との交わりを破壊するために蛇は疑いを持ち込むのです。信頼関係にひびを入れようとするのです。蛇は女に言います。

「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか」。

神さまは男に何と言ったのでしょうか。

「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」(2:16〜17)。

アダムはこの神さまの言葉を妻であるエバに伝えます。

神は、園のすべての木から取って<食べなさい>と命じました。蛇は、園のどの木からも<食べてはいけない>などと神は言われたのか、と言います。どの木からも食べてよいとおっしゃる神さまの広い心を疑わせようとする蛇の言い方です。どの木からも食べてはいけないという否定的な言い方は、神が厳しい方であるかのような印象を与えます。悪意を感じます。

 女が答えます。

「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました」。

するとこれに対して蛇は言います。

「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ」。

この蛇の言葉は、人間が神のように善悪を知る者となることを神は嫌っているという印象を与えます。あるいは人間が賢くなることを神は妬んでいるかのような印象を与える言葉で、やはり悪意を感じます。

 女は思うのではないでしょうか。

「神さまって、本当によい方なのかしら。私たちが賢くなるのを願わないなんて、神さまって、心が狭い方なのかも知れない。そんな神さまの言うことに従う必要があるのかしら」。

私たちも心の中でひそかに思うのではないでしょうか。

「神さまの教えって実行するのがむずかしいわよね。無理よね」。
「なんでそんなことを神さまは命じるのかしら」。

 神さまは人間を造られたとき、人間に自由を与えました。神さまに従うも、従わないのも、人間の自由です。その人間は、自分の思いを実現したいと考えます。自分の思いが実現できないとしたら、それは不自由です。自分の思いを通したいと考え、行動するところに自由があると人間は考えます。だから、<そんなことをしてはいけない>などと言われると反発を感じます。自分の自由が制限されるように感じるからです。

 神さまは<善悪の知識の木の実は決して食べてはいけない>と命じ、<食べると必ず死ぬ>と警告しました。しかし蛇は

「それを食べると目が開け、神のように善悪を知る者となることを神はご存知なのだ」

と語ります。<人が神のように善悪を知る者となることを神は願わないので、食べると必ず死ぬのだと脅したのだ>と暗黙にうちに語ります。そして

「決して死ぬことはない」

と告げます。

 人間は、自分の思いを実現したいと考えます。それを制限されると不自由に感じます。女は考えます。<神のように善悪を知る者となる。それはよいことではないかしら>。<どうして、いけないの>。神に対する不信感が芽生えてきます。女が善悪を知る木を見ると、いかにもおいしそうで、賢くなるようにそそのかしていたとあります。

 神のように善悪を知るとはどういうことでしょうか。人間にとって善悪を知ることは必要なことです。しかし<神のように善悪を知る>ことは問題です。神さまは、善悪の判断で、決して間違いません。ですから<神のように善悪を知る>とは人間が、自分の判断は絶対に正しいと考えることを意味します。人間が、自分はもしかしたら間違っているとは考えなくなることを意味します。人が誰かと争えば、自分が正しく、相手が間違っていると考えます。そして、神よりも自分の方が正しいとさえ考えます。<神さまの教えはむずかしいわね。無理よね>と言って、神さまに従わなくてもよいと考えるのです。こんなこと、あなたにありませんか。

 そして、善悪の知識の木の実を食べる前から、食べてもいいんじゃないの、と女は考え、<決して食べてはならない。食べると必ず死ぬ>という神さまの警告を軽んじます。神さまに逆らうのです。神さまに背くのです。

 神のように賢くなると思ったのに、あの木の実を食べた男と女は、目が開け、自分たちが裸であることを知り、裸を恥じました。2章に最後にこう書かれています。

「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった」。

彼らは裸であることを恥ずかしく思っていなかったのですが、今や恥ずかしくなったというのです。この場合の裸は、体が裸であることだけでなく、ありのままの自分の姿を恥じたということです。ありのままの自分を隠そうとしたのです。神さまとの交わりを失った人間は、ありのままの自分を受け入れることができなくなりました。ありのままの自分を嫌だと感じるようになり、自分を隠そうとしたのです。自分から、心を開くことをやめてしまったのです。自分を知られることを恥とするようになったからです。

 8節。

「その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると」。

彼らは、神さまの歩く音が聞こえるとドキッとしました。思わず隠れました。彼らは、自分たちが神さまに背いたことを思い起こされ、神さまに対して罪を犯したと感じたのです。彼らは罪に対する神の怒り、神の罰を恐れました。そして木の間に身を隠したのです。

しかし神の目から逃れることはできません。

「どこにいるのか」

との神の問いに対して、

「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから」。

神の怒り、神の罰を恐れました。そして神は、女に対して、男に対して罰を与えました。女は苦しんで子を産み、男は顔に汗してパンを得るようになったというのです。

 二人は、神が園の中を歩く音を聞いたとき、自分たちが罪を犯したことを思い知らされました。神の怒り、罰を恐れて身を隠しました。恐らく震え上がったことでしょう。

 罪とは何でしょうか。神さまを軽んじることです。人格を持つ神さまをないがしろにすることです。軽んじるから、ないがしろにするから神さまの命令に背くのです。なぜないがしろにするのでしょうか。人間には、何でも自分の思い通りにしたいという欲があるからです。この欲は人間を支配します。この欲は高慢という罪になります。この罪が神をないがしろにさせます。この罪が神の人格を軽んじさせます。人間は、この罪に支配されています。自分を自由にすることができません。

 何でも自分の思い通りにできるのは神さまだけです。つまり人間には、神のようになりたいという思いがあるのです。善悪を知る木の実を食べた人間は自分は間違っていない、自分は正しいとの思いを抱くようになりました。人間は、神よりも自分の考えの方が正しいとさえ考えるようになります。そして神の言葉を軽んじ、神に背くのです。信仰者でも、神の存在を忘れ、神なしに生きようとさえするのです。神を思い出すのは、困ったときだけ、となるのです。

 あなたが神さまの心を重んじているかどうか、それはあなたがいちばんよく知っていると思います。

 罪とは、神の人格を認めないことです。神の心を認めないことです。神の人格を認めないと人は、自分の人格、他者の人格を軽んじるようになります。このことが今日の聖書に具体的に描かれています。

 女は、あの木の実を取って食べ、一緒にいた男にも木の実を渡し、男を罪の中に誘いました。誘惑したのです。自分だけ神に逆らうのが恐いので、男を巻き込んだのです。

また男は、食べたことについて神から咎められると、

「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました」

と語ります。女がいけないのだ、また女を与えてくれたあなたがいけないのだと女と神に責任転嫁をします。女も蛇がいけないのだと責任転嫁をします。他者の人格を軽んじ、責任転嫁をしました。

 二人とも自分の責任を認めませんでした。自分を守るのです。自分の過ちを認めません。己の罪を認めません。二人は自分の人格を貶めたのです。人間は誠実であるべきです。正直であるべきです。過ちは潔く認め赦しを求めるべきです。それをしないでごまかす、それは自分自身を貶めることです。自分を貶める政治家の姿を最近よく見ます。

 人間は、自分のしたいことができることが自由だと考えます。しかし、自分のしたいことができると考え、自分のしたいことをする人は、自分勝手な人間です。自分の欲に支配されているのです。

 人格を持つ者として神さまとの交わりに生き、他者との交わりに生きる者は愛を知らなければなりません。愛するとは、相手の心を大事にすること、相手の人格を重んじることだからです。では人は、どこから愛を知るのでしょうか。人間は、自分の罪を赦されることから、自分を赦す人の愛を知ります。罪を赦す神の愛は、聖書に繰り返し描かれています。旧約聖書にも繰り返し描かれています。

 聖書は、イエス・キリストを通して、神の愛が現れたことを告げます。

「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」(ヨハネ一4:9〜10)。

ここには二つのことが語られます。イエス・キリストが罪を償ういけにえとなられたので、私たちは罪を赦され、神さまの愛を知るに至ったこと、そして、私たちは生きるようにされたということです。

 あの木の実を食べると神さまは、

「必ず死ぬ」

と警告しました。蛇は、

「決して死なない」

と言いました。どちらが本当なのでしょうか。神さまとの交わりの中にいない者は死んでいる、と聖書は告げます。

「さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです」(エフェソ2:1)。

あるいは主イエスの言葉があります。

「わたしの言葉を聴いて、私をお遣わしになった方を信じる者は、死から命へ移っている」

とイエスは教えました。主イエスを信じている人は、信仰をもつ以前に戻りたいとは決して思わないのではないでしょうか。なぜなら、神さまとの交わりのない自分が死んでいたことを知っているからです。男と女がしなかったこと、それは神さまの前に悔い改めをすることでした。悔い改めから、人は神の前に生きることを始めるのです。

祈り
祈り 天の父なる神さま、 あなたを愛する者としてください。 あなたを心から重んじ、崇める者となります。 あなたを人格的な存在として敬います。 あなたを軽んじる罪から、私たちを清めてください。 聖霊によって、私たちの心を新しくしてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。