今日の聖書を読んで私が一番印象に残るのは10節です。読み飛ばすことができないのが10節です。思いめぐらしたいと考える、それが10節です。自分は神の賜物を知っているのだろうか。それを主イエスに求めているのだろうか。この神の賜物を知らず、求めてもいないとしたら、私の信仰とは何なのだろうか、と思わずにはおれません。あらかじめ聖書を読んできた方たちは、10節をどう読まれたのでしょうか。

 23節の霊と真理をもって父を礼拝する、これも引っかかる言葉ですね。私たちは毎週、神さまを礼拝しています。果たして私たちは、霊と真理をもって礼拝しているのだろうか、と自分に問いかけます。あらかじめ聖書を読んで、このような問いをもって礼拝に臨むと説教に対する期待が大きくなります。つまりあなたは真理を求めているのです。真理をもって礼拝をしようとしているのです。今日は神の賜物がテーマです。

 サマリアの女が井戸に水汲みに来ました。正午というのは日差しが強く、水汲みに出かけるような時間ではありません。この女性は、人目を避けて水を汲みに来たのです。この女性に主イエスが

「水を飲ませてください」

と頼みます。すると彼女は驚きます。ユダヤ人はサマリア人とは交際していないから、との説明があります。

サマリアはもともとイスラエルの国でした。ソロモン王の死後イスラエルは南北に分裂しました。南のユダ王国と北のイスラエル王国です。サマリアのあるイスラエル王国は紀元前8世紀アッシリア帝国に滅ぼされます。その時、アッシリアは外国人をサマリアに住ませます。そのため、イスラエル人と外国人は混血することになりました。イスラエル人としての純粋性が失われ、ユダ王国の人々からは、汚れた民と見なされるようになったのです。それでユダヤ人はサマリア人と交際しないと書かれています。

 主イエスは、サマリアの女に言います。

「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう」。

 しかしサマリアの女は主イエスが語ったことが理解できないでいました。主イエスが与えようとした生きた水とは、井戸から汲むものではありません。なのに

「あなたは汲むものをお持ちでないし、井戸は深いのです」

と語り、井戸から水を汲めないのにどうして生きた水を手に入れることができるのですかと主イエスに言わんばかりです。

 さらに主イエスは彼女に語ります。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」。

 サマリアの女性は主イエスの語ったことが理解できません。彼女は言います。

「主よ、渇くことがないように、また、ここに汲みに来なくてもいいように、その水をください」。

 主イエスは更に彼女に

「あなたの夫をここに呼んできなさい」

と命じます。女が、

「夫はいません」

と語ると、主イエスは、彼女のことを見抜いて言います。

「『夫はいません』とは、まさにそのとおりだ。あなたには五人の夫がいたが、今連れ添っているのは夫ではない。あなたは、ありのままを言ったわけだ」。

初めて出会ったイエスが、ズバリ、彼女の事情を言い当てたので、彼女は驚き、

「主よ、あなたは預言者だとお見受けします」

と語り、礼拝についての会話が続きます。そして主イエスは大切なことを語ります。

「まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ」。

 すると女は

「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています」。

そして主イエスは、答えます。

「それは、あなたと話をしているこのわたしである」。

この女性は、イエスがメシアかも知れないと考えるようになります。

 サマリアの女性は、主イエスが与えることができる

「生きた水」

が何か理解できませんでした。汲む物を持っていないあなたがどうして水を与えることができるのですか、と語り、更に、ここに汲みに来なくてもいいように、その水をくださいと話しました。彼女は全く

「生きた水」

について理解していません。

 ヨハネ福音書の3章で主イエスがニコデモに語ったときと似ています。主イエスは人が水と霊によって、新たに生まれることを語ったときにそれを理解できないニコデモは、人は再び母の胎に入ることができるのですかと主イエスに問いかけ、主イエスの語ったことを理解できていないことを示しました。

 10節に戻って、私たちは神の賜物を果たして知っているのでしょうか。それを主イエスが与えてくださると知って、主に求めているのでしょうか。神の賜物、それは生きた水だというのです。そんな水があるのか、と私たちも理解できていないかも知れません。

 この生きた水については、すでに旧約聖書に書かれています。エレミア書2章13節にこう書かれています。

「まことに、わが民は二つの悪を行った。生ける水の源であるわたしを捨てて無用の水溜めを掘った。水をためることのできない、こわれた水溜めを」。

 水溜の話はたとえです。神さまは生ける水の源です。神さまを捨てて、なお生きていけると考えることの愚かさを教えるたとえです。人が生きていく上で絶対に欠かすことができないもの、それは神さまが与えてくださるものであり、神ご自身です。イスラエルの民が神さまを捨て、自分たちは生きていけると考えました。しかし実際には、神の前に罪を犯し、外国の侵略に悩むなど、得たものは苦しみでした。人が、生きていく上で欠かすことができないものを神以外のものから求めようとするとそこには漏れがあって、人を本当に生かすことにはならないのです。

 いつの時代も神さま抜きに生き、幸せになろうとする人々がいます。でもうまく行きません。うまく行ったつもりになっています。生ける水の源である神さまを知らない人は、神さまの与える祝福がどんなものか知らないで、自分はうまくやっているつもりになっています。エレミヤはそれを役に立たない水溜を掘っていると告げました。

 では、<生きた水>とは何なのでしょうか。生きていく上で絶対に欠かすことのできないものです。主イエスは、マルタとマリアの家を訪ねたことがあります。その時、主イエスはこう言いました。

「必要なことはただ一つだけである」。

なくてならぬもの、必要なただ一つのもの、それは神の言葉を聴くことだと教えられました。神の言葉を聴かなくても生きていける、そう考えている人が沢山います。神の言葉を知らないで生きている人もいます。

 繰り返します。生きた水とは何でしょうか。主イエスはエルサレムで、大声で叫ばれました。

「『渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる』。イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである」(ヨハネ7:37〜39)。

ヨハネ福音書では、<生きた水>とは<聖霊>のことです。聖霊は私たちを新たに生まれさせます。このことは、3章で主イエスがニコデモに語ったことです。

 14節で主イエスは言います。

「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない」。

決して渇かない!どういうことでしょうか。

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」(7:37)。

この生きた水は主イエスが与えてくださいます。この渇きは喉の渇きでないことは言うまでもありません。主イエスはこうも言います。

「わたしを信じる者は決して渇くことがない」(6:35)。

あなたはどんな渇きを持っておられるのでしょうか。あなたが抱く渇き、主イエスはそれをいやされます。

 決して渇かないとはどういうことなのでしょうか。主イエスは渇かないということで何を考えておられるのでしょうか。それは聖書に書かれていないように思います。皆さんも渇きを感じたことがあるのではないでしょうか。渇きをいやされた経験を分かち合うと、神さまの賜物の豊かさに驚き、教会に感謝と喜びが満ちあふれるのではないでしょうか。

 私にとって渇かないとは、心に深く宿る平安です。

なぜ、その平安が私の心に宿ったのかを思いめぐらしました。一言で言えば、永遠の命を与えられたからです。主イエスは言います。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」。

永遠の命は神さまを知ることです。神さまのすべてを知ることはできません。しかし私は神さまを知り、渇きをいやされた者とされました。

 私は知りました。神さまは人格的な存在であると知りました。信仰とは人格的存在である神さまとの交わりであると知りました。

 私は知りました。私が神さまの導きのもとにあると知りました。神さまは私の思いを越えて、私が求めていないのに、私を導いてくださると知りました。また私が必要とするとき、導きを与えてくださると知りました。さらに私が心を開くなら、私の人生を新たな局面に導く、神さまの導きがあることを知りました。

 私は知りました。神さまが私のために生きて働いてくださり、私は神さまのために生きることができると知りました。

 私は知りました。私は主イエスの言葉は真理であると知りました。主の言葉とは何でしょうか。

「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る」。

私はこの主の言葉は真理であると知りました。

 私は知りました。霊と真理をもって神さまを礼拝することを。それは神を人格的な存在として認め、神さまを崇めることであると知りました。

 私は信仰者の幸いを知りました。信仰者の幸いを聖書は教えています。

いかに幸いなことでしょう/背きを赦され、罪を覆っていただいた者は。

いかに幸いなことか、御もとに身を寄せる人は。

いかに幸いなことか、主に信頼をおく人

いかに幸いなことでしょう/弱いものに思いやりのある人は。

 聖霊は真理の霊です。聖霊が神さまの言葉を悟らせてくださいます。その時、渇きがいやされ、渇くことのない者とされます。

 驚くべきことは、主イエスを信じる人にはすでに聖霊が与えられていることです。

車があっても車だけでは、自分の出かけたいところに行くことはできません。ガソリンを入れ、スイッチを入れてエンジンを動かし、目的地に向かって運転しなければなりません。そうです、運転すれば目的に行けます!

神の賜物の聖霊も与えられるだけでは何も起きません。聖霊に働いていただければ、渇きはいやされます。私たちは新しく生まれます。すばらしい賜物を与えてくださる神さまをたたえます。

祈り
祈り もしあなたが神の賜物を知っており、また、主イエスがそれを与えてくださると知るなら、 あなたの方から、主イエスに頼み、主イエスはそれを与えてくださるであろう。 あなたの賜物を求めます。与えてください。 生きるとは、いつも新しい日を生きることです。 日々の不安があり、将来の不安があり、 神さまの国が本当にあるのかどうか、 自分が招かれるのかどうか、 信仰者としても不安、確信の弱さがあります。 どうぞ私たちの渇きをいやしてください。 あなたの賜物、聖霊によって、渇くことのないものとしてください。 感謝と賛美をもって日々歩む者としてください。 あなたの栄光を求める者としてください。イエス・キリストの御名により祈ります。