私たちはどのようにして、神を知ることができるのでしょうか。哲学者も神について思索しますが、哲学者の語る神は本当の神なのでしょうか。人間が考える神は、人間が造り出した神です。神さまがご自身のことを私たちに教えてくださらなければ、私たちは神さまを知ることも、信じることもできません。私たちに神さまを教えてくださるのは、イエス・キリストです。

 旧約聖書を私たちは読みます。旧約聖書は、イスラエルの歴史の中に現れた神の働きを語り、神がいかなる方かを告げます。ユダヤ教の人たちは、旧約聖書をもとに神を信じます。私たちは旧約聖書に出てくる神と、イエス・キリストが私たちに教えてくださった神は同じ神さまだと信じます。旧約聖書に出てくる神は怒りの神、新約聖書の神は愛の神と区別し、新約聖書しか読まないという人もいますが、それは正しくありません。今日も聖書に聞きましょう。

 最初にお知らせしたいことは、私たちに神さまを教えることができるのは、イエス様だけです。確かに旧約聖書も神さまを教えてくれますが、もっと正確に神さまがいかなる方かを伝えるのは、イエス様だけです。31節に

「地から出る者は地に属し、地に属する者として語る」

とあります。私たち人間は、地に属する者なので本来、神がいかなる方かを知ることはできないし、語ることもできません。

 27節で洗礼者ヨハネはこう語っています。

「天から与えられなければ、人は何も受けることができない」。

人は、神さまから、神さまがいかなる方かを教えられなければ、神さまを知ることはできないと語っています。そうです、

「天から来られる方」

が、神さまを教えることができます。天から来られる方、つまり御子イエスです。天から降ってきた方だけが、神さまのことを教えることができます。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」。

 イエス様は次のようにも語っています。

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」。

父なる神様を知るには、イエス様を通らなければなりません。イエス様だけが、神さまがいかなる方かを教えることができるのです。

 イエス様は神さまがいかなる方かを語ることができます。そこで34節

「神がお遣わしになった方は、神の言葉を話される」

とあります。神がお遣わしになった方とは、神の御子であるイエス様です。神の言葉とは、何よりも神さまを伝える言葉です。そして神がここにおられることを告げる言葉です。

そんなことをどうして人が語ることができるのでしょうか。同じ34節には、神が霊を限りなくお与えになるからであるとあります。イエス様は聖霊を限りなく神から与えられたのでその語る言葉が神を伝える言葉となったのです。つまり、聞く人の心に神さまのことが伝わったのです。単に知識として伝えるのではなく、結果として聞いた人が神を感じ、神を信じるようになるのです。

 32節にはこうあります。

「この方は、見たこと、聞いたことを証しされるが、だれもその証しを受け入れない」。

天から来られたイエス様は、天において父なる神と共におられ、父なる神のことをよく知っています。だから、神さまのことを語ります。証しをします。しかし誰もその証しを受け入れない、とあります。

神の言葉が語られても、受け入れらないこともあるのです。神の言葉というのは、誰が聞いても神の言葉なのではないのです。聖霊の導きを受けなければ神の言葉を聴くことができません。だから私たちは説教を聴くとき、聖書を読むとき、聖霊の導きを祈り求めます。

 今、わたしがここで説教をしています。私は聖書についての解説をしているのではありません。信仰についての私の考えを語っているのでもありません。神さまに召されて、神さまの言葉を語っています。もちろん、私が語るのは、人間の言葉です。この人間の言葉を神さまが用いて、神さまの言葉にしてくださると信じ、礼拝で説教がなされます。説教が聴かれます。

私も聖霊を与えられています。私の語る言葉を神さまが用い、神の言葉としてくださることを信じます。そう信じて牧師は説教を行い、聴き手である皆さんも神の言葉として聴きます。

 昨年の11月23日石川地区の信徒大会の後、按手礼式が行われました。この教会からも多くの方が出席されました。金沢教会の小林隆史伝道師が按手を受けました。按手礼式の中で、多くの牧師たちがひざまづいた小林伝道師を囲み、それぞれの手を彼の頭の上に置きました。そして聖霊の賜物が与えられるように祈りました。そして小林伝道師に聖霊の賜物が与えられ、牧師として説教の務めを果たすことになります。

 35節で、神さまは、御子の手にすべてをゆだねたとあります。神さまがいかなる方かを人々に伝えることについてイエス様にすべてをゆだねたというのです。そして神さまは、今、神さまのことを伝えるために、聖霊の賜物を与えた牧師にすべてゆだねるのです。ちっぽけな人間に過ぎない牧師に神さまは、神の言葉を語らせ、神さまのことを伝える務めをゆだねるのです。恐れ多いことです。

 こうして説教を聴く皆さんが神の言葉を聴き、神さまの呼びかけを聞くようになります。説教を聴くとき、何か促しを感じます。神の呼びかけを聞くので、促しを感じるのです。その促しが、聞く人の歩みを変えていきます。生き方を変えていきます。すると人は、説教のために祈り、神さまからの促しを喜んで聞くようになります。

 使徒パウロがテサロニケ教会の人たちに感謝の言葉を述べました。

「このようなわけで、わたしたちは絶えず神に感謝しています。なぜなら、わたしたちから神の言葉を聞いたとき、あなたがたは、それを人の言葉としてではなく、神の言葉として受け入れたからです」。

神の言葉を聴く人は、神が真実であることを確認すると33節にあります。この33節の言葉は、私たちに問いかけます。

「あなたは神の言葉を聴いていますか」。
「あなたは神が真実な方であると知っていますか」。

 主イエスは神さまのことを語ります。このヨハネ福音書では、<私は父なる神さまに遣わされている>、<私は父なる神さまの御心を行うために来た>と語ります。神とは<私を遣わした方のことである>と語ります。これは大胆な発言です。

 その神の真実はどのように明らかになったのでしょうか。神さまが真実な方であるとは、神さまの愛が大いなることです。人を救おうとする神さまの愛の限りなく大きいところに神さまの真実があります。言い換えると、神さまはどんな人も救います。どんなひどい罪を犯した人も神さまに赦され救われます。自分の罪を悔い改める者を赦すという神さまの約束は真実です。この神様の約束に例外はありません。人を救う神さまの憐れみは限りなく深いのです。残念だけど、あなたは例外で、あなたを救うことはできないとは決して言いません。

 神さまから遣わされ、神さまの御心を行った主イエスは実際には何をしたのでしょうか。十字架で犯罪人として処刑されることを受け入れたのです。もちろん、犯罪を犯したわけではありません。人間の罪に対する神の怒り、神の裁きを人間の代わりに十字架の上でその身に受けられたのです。人々の救いのために自分の命を犠牲にする主イエスの愛がここにあります。

さらには大切な独り子を十字架につける神の愛があります。人を赦すために、自分の子を償いにするなんて、おかしなことです。本来なら赦しを必要とする者が償いをするべきです。しかし罪を犯した者を赦すために、神さまの方から神の御子を償いにしたのです。

 神さまは、罪の赦しを求める人には何も要求しません。ただ心から、赦しを求めることだけを求められるのです。ここに神さまの愛の真実を私たちは見ます。十字架につけられた主イエスを仰ぐとき、私たちは見るのです。人間をその罪から救うためにご自分のいのちを犠牲にする主イエスの愛を見るのです。独り子を犠牲にしてまで人を救おうとする神さまの愛、神さまの真実を見るのです。

 そもそも救いとは何でしょうか。それは滅びからの救いです。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

 滅びとは神に見捨てられることです。救いとは、神から見捨てられることからの救いです。聖書が教える罪とは、神を認めないことです。神を否定して生きることです。人間が神を見捨てて生きることということができます。

旧約聖書ではイスラエルの民が神を捨てたことが書かれています。イスラエルの民は、自分たちをエジプトでの苦しみから救いだした神を捨て、他の民族が崇めている神を崇めるようになったのです。神を信じない者は最初から神を見捨てていますし、神を信じる者でも、神ではないものを一番大切にすることによって、神さまを見捨てるのです。あなたが一番大切にするもの、それがあなたの神なのです。

 滅びとは、この世において神を見捨てて生きること死んだ後は、神に見捨てられて生きることです。救いとは、この世において神と共に生きること。死んだ後も、神と共に生きることです。

 人間にとってもむずかしいのは、自分の罪を認めることです。自分は全く罪を犯していないと考える人は一人もいないと思います。でも自分が神の前に罪を犯しているという罪認識、神の前に自分を誇ることは全くできないという認識は、なかなか持てません。他の人と比べたら自分はまだましだとか、自分にもいいところはあるのだとか、自分が頭のてっぺんからつま先まで罪に満ちた罪人であるという認識は、聖霊の導きがなければ持つことができません。

 聖霊に導かれ、自分の罪を知り、神さまの赦しを信じることができたら、赦された喜びが心に満ちてきます。そして感謝の歩みをしようとの思いが溢れてきます。神さまのみ心に従いたいと考えるようになります。自分の欲を満たすことよりも、神さまと共に生きることが喜びとなります。生き方が変わるのです。これを悔い改めと言います。悔い改めは、聖霊の導きにより神さまから与えられるものです。

 御子を信じる者は永遠の命を得ているとあります。神さまの赦しを知り、神さまに愛されていると感じるとき、私たちは心で神さまを知ります。神さまと共に歩むことが喜びとなります。このような人たちは永遠の命に生きています。私たちは御子を信じ、永遠の命を与えられ、神の子とされます。私たちは神の子とされ、父なる神さまを慕い、神さまと共に生きることを喜びます。