「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」

とあります。世とは、この世界に生きている人間という意味です。神はその独り子をお与えになるほどに、人間を愛されたのです。<お与えになったほど>という表現は、神さまの愛が、どれほどのものかを語る表現です。主イエスも

「友のために命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」

と教えています。私たちが示せる最大の愛は、友のために命を捨てることにあるというのです。

神さまはたったひとりの御子を与えるほどに人間を愛されました。独り子を与えるほどに大きな神の愛とは、どれほどのものなのでしょうか。もしかしたら私たちは、神さまの愛が大いなるものであることをよく知らないのではないでしょうか。だから人を愛せないということがあるのではないでしょうか。私たちは知っているつもりでも、神さまに愛されていることがよく分かっていないということがあるのではないでしょうか。神さまの大いなる愛について聖書に聞いてみたいと思います。

 とはいえ、困ったことが一つあります。私たちは、あまりにも大きなものを理解することができないのです。たとえばある人があなたに一兆円のお金を上げると言います。別な人はあなたに十兆円のお金を上げると言います。あなたはどちらの人からお金をもらいますか。ちょっと考えてみてください。一兆円とは一億円の一万倍です。あなたの預金通帳にあなたの希望する額が振り込まれたと考えてください。

 東京の都心にある高層マンションには一室の家賃が百万円単位の豪華な部屋があると聞いたことがあります。仮に一ヶ月200万円の家賃とします。一年で2400万円です。十年住んでも2億4千万円です。仮に生活費が100万円とすると一ヶ月に必要なお金は300万円。一年で3600万円。十年でもたかだか、3億6000万円です。一兆円の0.4」以下です。

 ですから一兆円もらっても、あなたはこれを使いきれないのです。使いきれないという点では、一兆円も十兆円も同じなのです。数字の上での違いはありますが、一兆円も十兆円も実質的には同じなのです。同じなのに十兆円もらいたいとあなたが考えたのなら、あまりにも額が大きいので、その違いをあなたは理解できなかったということです。

 そして神さまの愛も、とても大きいのです。パウロはこんな祈りをしています。

「あなたがたがすべての聖なる者たちと共に、キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように」(エフェソ3:18)。

ここには神の愛の大いなることが語られ、それを知ることができるようにとの祈りがなされています。

 神の愛はあまりにも大きいので、私たちは神さまの愛が分からない、ということがあるのではないでしょうか。ですから、

「愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです」

と言われても、互いに愛し合うように心が動くとは限りませんし、あの人は愛せない、などという言葉が私たちの口から出てくることがあるわけです。

 神さまがどれほどの大いなる愛で私たちを愛してくださっているかが分からないので、互いに愛し合うことができないという現実があるのではないでしょうか。

 ヨハネの手紙には、

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです」。

私たちは愛を知ったので、兄弟のために命を捨てよと命じられます。そんな簡単に<兄弟のために命を捨てよ>などと言わないでくれ、と私たちは戸惑いを覚えるのではないでしょうか。

 神の愛とはそもそも何なのか、それはどれ程の大きさなのか、聖書に聞いてみたいと思います。まず、神さまの愛は、どこに現れているのでしょうか。

 旧約聖書にも、神さまの愛は現れています。神さまのイスラエルに対する愛は、イスラエルの民をエジプトでの奴隷状態から救い出すところに現れました。申命記には、神さまは地上にいるすべての民の中からイスラエル民族を選び、御自分の宝の民とされたとあります。神さまがイスラエルの民を選んだのは、彼らが<貧弱な民>であったからとあります。つまり、イスラエルは、顧みに値する民族ではなかったのです。その彼らを神は憐れみ、愛されたのです。神は苦しみの中にあるイスラエルの民をエジプトの奴隷状態から解放しました。イスラエルの民には、神さまに愛される理由などありませんでした。ただ神さまの憐れみを受け、エジプトから救われたのです。

 新約聖書ではどうでしょうか。ローマの信徒への手紙5章にはこうあります。

「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」(5:8)。

同じことがヨハネの手紙一にもあります。

「神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」(4:10)。

 御子キリストが私たちの罪を償うためにいけにえとして死んでくださった、そこに神さまの愛が現れていると聖書は告げます。旧讃美歌262番にこうあります。

「十字架の上に、われは仰ぐわがため悩める神の御子を妙にもとうとき、神の愛よ、底いも知られぬ、ひとの罪よ」。

神さまは独り子をこの世に送るだけでなく罪を償ういけにえとして十字架におつけになりました。ここに神さまの大いなる愛が現れていると聖書は告げます。

 では神の愛は、どれほど大きいのでしょうか。今日の聖書は、独り子を与えるほどにとあります。ヨハネの手紙には、こう書かれています。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです」。

私たちを御自分の子供と呼んでくださるほど、神さまの愛は大きいというのです。神さまはあなたのことを

「我が子よ」

と言ってくださるのです。あなたはこのことを信じることができますか。

 私たちは自分の姿を知っていますから、神の子と呼ばれるなんて本当なのかと疑問に思うことがあります。時に罪を犯し、しばしば神さまを忘れて、自分のことにかまけている自分です。そんな私たちを、神さまは神の子としてくださるというのです。そして

「天の父よ」

と祈ることを許し私たちを

「我が子よ」

と認め、祈りを聞いてくださいます。

 神さまは、その大きな愛のゆえに、あなたを御自分の子どもと呼んでくださるほどだというのです。あなたが神さまの子どもと呼ばれるに値しないのに、神の子として受け入れてくださり、

「天の父よ」

と呼ぶことを許してくださっています。神の子どもとして下さるほどに神の愛は大きいと言われても、正直、どれほど大きいのか、理解できません。神の愛は、ひとの知識をはるかに超えるとパウロは語りました。

 神さまの愛と簡単に言いますが、神さまの愛は、どんな愛なのでしょうか。ヨハネの手紙一にこうあります。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました」(3:16)。

私たちは<愛を知った>と書かれています。愛が何なのか分かったというのです。

 この手紙はすぐに続けてこうあります。

「だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです」。

つまり、神さまの愛が分かったなら、言い換えると自分が神さまに愛されていることが分かったのなら、兄弟のために命を捨てるべきだというのです。同意できますか。同意できないとしたら、私たちは神さまの愛を知らないのかも知れません。

 ですから私たちは、神さまの愛を知っているとは、そう簡単に言えないことが分かります。神さまの愛が分かっているなら、兄弟のために命を捨てるからです。神さまの愛ってどのような愛なのでしょうか。

そこで、神さまの愛を知った人を紹介します。最初の人はイスラエルの王、ダビデです。人妻と関係を持って姦淫の罪を犯し、その夫を戦場に送って戦死させ、殺人の罪を犯したのです。王の地位にあって、傲慢となり、欲望に身を任せてしまいました。でも悔い改めるダビデを神は赦しました。

 次の人はペトロです。彼は主イエスを裏切ったのです。ペトロは

「たとい、ご一緒に死なねばならなくなってもあなたのことを知らないなどとは決して申しません」

と力を込めて言い張りました。しかし主イエスが逮捕された後、逃げ、

「あなたはあのナザレのイエスと一緒にいた」

と言われたとき、結局、三度イエスのことは知らないと言いました。このペトロもイエスから赦しをいただきました。

 パウロという信仰に熱心な人物は、クリスチャンを捕らえてはエルサレムに連行しようとしていました。クリスチャンを迫害していたパウロも、イエスによって赦され、イエス・キリストを宣べ伝える者とされました。パウロは自分を振り返り、罪人の中で最大の者だと述べています。

 神さまの愛を知るとはどういうことでしょうか。神の愛とは、愛されるに値しない者を愛する愛です。イスラエルの民は貧弱な民でした。彼らもまた繰り返し神の前に罪を犯しました。今紹介した三人の人物も皆大きな罪を犯したのです。しかし神さまは彼らを赦しました。愛されるのに値しない者を愛する、それが神さまの愛です。神さまの赦しの中に、人は神さまの愛を見いだすのです。

 罪赦される者は、神の愛を知ります。でも神の愛がどれほど大きなものかは、知ることができないと思います。それは言い換えると私たちがどれほど罪深いかを知ることができないのと同じです。私たちに必要なことは、赦しの恵みの中に神さまの愛を見て、感謝をもって神さまの愛に応えていくことです。神さまを愛し、互いに愛し合うことです。

罪の赦しを与えられた私たちは、神さまの愛に応えていく気持ちが育てられるのです。神の愛に応えて生きている時、私たちは永遠の命に生きているのです。主イエスを信じる私たちは永遠の命を与えられているので、愛に生きることができる者とされています。私たちが愛する者に変えられていく、それは聖霊の働きです。私たちが愛する者として新たに生まれる、それは聖霊の働きです。そしてここに永遠の命を与えられた喜びと感謝があります。

 今日の聖書には、耳を傾けるべき警告もあります。今日の聖書の19節以下に光の方に行く人と光の方に行かない人のいることが書かれています。

 真理を行う者は光の方に来るとあります。真理とは、神さまの言葉のことです。イエス・キリストを信じる人は、真理を行う人だというのです。この人は神の子として歩みます。父なる神さまの言葉を慕い求め、神さまの言葉によって歩みます。イエス・キリストを信じる人は、神の言葉を行い、神さまに結ばれて生きていることが周囲の人々に知られるところとなるというのです。私たちを神の子と呼んでくださる神様は、私たちが神の子として生きていくことができるようにしてくださっています。神さまは、聖霊を与え、愛を私たちの心に与えてくださっているのです。

 礼拝の最後で神さまの祝福が宣言されます。

「御心に適うことをイエス・キリストによってわたしたちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように」。

私たちが愛に生きるために必要なものは神さまが恵みとして備えてくださっています。この恵みを受け取ればよいのです。どうやって受け取ればいいのか、とお聞きになりますか。信仰によって受け取ります。つまり、あなたは今、すでに受け取ったと信じるのです。そして与えられたと信じて一歩を踏み出すのです。そうすれば与えられていることが分かるようになります。

 他方、悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないとあります。悪を行う人とは、罪を犯す人のことです。不道徳なことを行う人のことではありません。悪とは、光の方に来ないことです。神さまを認めない、神さまを忘れる、神さまをないがしろにすることです。

 この人々は光を避けます。それは自分の行いが明るみに出されるのを恐れるからとあります。悪を行う人は、このような恐れを意識しているのかどうか私には分かりません。似た話があります。病院に行くのを嫌う人がいます。病気だと診断されるのを恐れるのです。病気の宣告を受けたくないので医師のもとに行かないのです。似たような心理が人間に働くのでしょうか。罪を犯す人は光の方に行かないというのです。

 そこで私は思います。イエス・キリストを信じる人でも、聖書を読まない、聖書を学ばない、聖書の言葉によって生きようとしない人、この人々は光を避けているのではないかと。

 聖書を読み、学び、聖書に生きようとする人こそ、実は罪を知ります。自分が罪を犯していることを知ります。自分の罪を深く知ります。しかし聖書を読まなければ、自分が罪を犯していることを知らなくてすみます。主イエスを信じると言っても、聖書を読み、学び、御言葉に生きようとしないなら、それは神を認めないということです。なぜ聖書を読もうとしないのか、学ぼうとしないのか。その行いが明るみに出されるのを恐れて、自分の罪が明るみに出されるのを恐れているからだと今日の聖書は告げます。教会という畑には毒麦も生えているとイエスは教えられました。

 私たちが忘れてはならないことは、神さまは、罪を赦される憐れみ深い方であるということです。自分の罪を認めると、人は自分を誇ることができなくなります。でもそれでいいのです。なぜなら、神さまが顧みられるのは、苦しむ人、霊の砕かれた人だからです。神さまの言葉におののく人だからです。自分の罪を知る人こそ、神さまの愛を知る人です。そして自分の罪を知れば知るほど、人は神さまの愛を知ることができます。どんな罪も神さまは赦して下さいます。赦されない罪はないほど、神さまの愛は大きいのです。

祈り
祈り  天の父なる神さま、あなたを崇めます。 あなたの愛は、私たちの思いをはるかにこえるほどに 大きいことを信じます。 それ故、あなたの愛の高さ、広さ、深さを少しでも教えて下さい。 あなたの愛に応える者として下さい。 私たちがみ言葉に親しみ、あなたをよく知ることができますように。 あなたのみ心を知り、 あなたがいかなる方かを知ることができますように。 あなたのみ心に無関心で、 あなたのみ心から離れて生きている私たちを赦してください。 あなたが顧みるのは、苦しむ人、霊の砕かれた人、 神さまの言葉におののく人であるとあります。 神さまの愛を知ることは恵みであると教えてください。 それ故、自分の罪を知ることを恐れないようにしてください。 あなたのみ言葉に親しみ、御言葉に生きる者として下さい。 イエス・キリストの御名により祈ります。