今日の聖書は、神の国についてこう述べています。

「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」。
「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない」。

神の国とは、神さまの御支配を意味します。信仰者は今、神さまのご支配のもとに生きています。

 今朝テレビつけると、後藤健二さんが殺害された可能性があるとのニュースです。後藤さんはクリスチャンです。すると後藤さんは、神さまの御支配のもとに置かれていなかったことになるのでしょうか。あるいは神さまのご支配のもとにあったのに、命を奪われたということなのでしょうか。そもそも神さまの御支配などというのは、妄想なのでしょうか。

 私たちは二つのことを信じます。

私たちは神さまの御支配の下に置かれている。

神さまは、人間に自由を与えられた。

私たちは、この二つを信じます。この二つは、時に矛盾しているように見えます。人間に自由があるなら、神の御支配は成り立たないのではないか、神の御支配があるなら、人間に自由があると言えるのか。

 ユダが主イエスを裏切り、その結果、主イエスは十字架につけられました。主イエスが十字架の死を遂げるのは、もともと神さまのご計画でした。その計画の実現のために、神さまはユダの自由を奪い、ユダに主イエスを裏切らせたのでしょうか。違います。ユダは自由な心から主イエスを裏切ったのです。人間の自由と神の御支配、これは矛盾するように見えますが、両方とも真実だと私たちは信じます。人間は自由であり、神さまの御支配も現実と私たちは信じます。

 自由を与えられた人間は罪を犯します。だから神は罪の責任を問います。後藤さんは、テロリストの罪の犠牲になりました。人間の罪は、人を殺すのです。人の心を傷つけるのです。だから罪は悔い改めるべきなのです。私たちは自分の罪を軽く考え、人を殺し、傷つけていることから目をそらします。いつの日か、人の犯した罪は神さまに裁かれるのです。

 神の国とは、神さまの御支配を意味します。信仰者は今、現実がいかなるものであれ、神さまのご支配のもとにおかれていると信じます。だから、困難の中にあっても絶望せず、希望をもって生きることができます。そして死んだ後は神の国に迎えられると信じます。これが信仰者の死を越える希望です。今日は、大きなニュースが飛び込んできたので、余分なことを話しました。ここから、今日の聖書の言葉に耳を傾けたいと思います。

 ではこの

「新たに生まれる」

とはどういうことなのでしょうか。すでに信仰を持っている皆さんは、新たに生まれたのでしょうか。新たに生まれることを、どのようなこととして経験されているのでしょうか。私たちは、いつ新しく生まれるのでしょうか。未信者の方から

「新たに生まれる」

とはどういう意味ですかと聞かれたら、皆さんはどう答えられるのでしょうか。今日の聖書は私たちを招いています。新たに生まれて生きることへ、つまり洗礼への招きです。さらに新たに生まれた者として歩み、信仰の歩みを深めることへの招きもあります。

 今日の聖書にはニコデモと呼ばれる人物が登場します。彼はファリサイ派に属する人でした。神さまの戒めを研究し、それを守ることに熱心な信仰者のグループに属していました。ニコデモは議員でもあったと書かれています。イスラエルには最高法院という議会があり、この議会はイスラエルの行政、司法の機関でした。私たちの国会に当たる機関です。ニコデモはその議員ということなので、指導的な立場にある人です。

 主イエスは過越祭の間、エルサレムにいて病人をいやすなどのしるしを行い、多くの人がイエスを信じたと、23節に書かれています。24節には、信じた人々を主イエスは信用しなかったとあります。しるしを信じて信じる人はしるしを求め、しるしが与えられなければ信仰から離れる可能性があることを教えています。ニコデモは、イエスの行ったしるしを見て、イエスを信じたと思われます。そして今日の聖書で、イエスのもとに来ました。

彼がイエスのもとに来た理由は書かれていません。イエスから話を聞きたかったのかも知れませんし、イエスに何か求めることがあったのかも知れません。10節で主イエスが

「あなたはイスラエルの教師でありながら」

と語っているので、ニコデモは自分がファリサイ派に属する者、さらには教師であることを自己紹介したと思われます。ニコデモが主イエスに

「ラビ」

と言っていますが、ラビは

「先生」

の意味です。

 ニコデモは、柔らかい心を持っていたと思われます。つまりイエスが神のもとから来た教師であると理解していたし、神が共にいるから、しるしを行うことができたと認めています。主イエスが病人をいやしても、それは安息日に行ったことだから、イエスは神から遣わされた人物ではないと考えるファリサイ派の人が多かったことがヨハネ福音書に繰り返し書かれています。ですからニコデモは、神さまに対して開かれた心を持っていたのです。

神さまに対して開かれた心、それは神さまからの働きかけに応答する心です。信仰にとって大切なものです。説教を聞きっぱなしにしたり、自分の思い、考えとは違うと言って、説教を受け入れない心、それは神さまに対して閉ざされた心です。神さまの導きを受け入れることができません。多くのファリサイ派の人間は、神さまを信じていながら心を閉ざし、主イエスを信じようとしませんでしたが、ニコデモは開かれた心を持っていました。

 そこで主イエスは、いきなり神の国について話をしました。主イエスは御自分が与えることのできるものを与えようとしたのです。御自分を信じるように、洗礼を受けるように招かれたのです。

「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」。

この主イエスの言葉を聴いたニコデモは、

「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか」。

これはニコデモの勘違いです。赤ちゃんだって、母親の胎内に入ることはできません。

するとイエスは、

「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない」

と話します。水と霊によって生まれるとは、洗礼を受けることを意味します。ニコデモを洗礼へと招かれたのです。水による洗礼と聖霊による洗礼を受けるように招かれたのです。教会で行う洗礼式は水による洗礼式ですが、この洗礼において、洗礼を受ける人は聖霊を賜物として受けます。これを聖霊による洗礼と呼びます。水の洗礼は目に見えますが、聖霊による洗礼は、目に見えず、私たちは、それが行われたと信じます。

 さらに主イエスは、

「『新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない」

と語り、一つのたとえを語られます。風は見えないし、どこから来てどこへ行くか分からないが風が吹いていることは風が吹く音で分かる。新しく生まれるということが、どのようにして起きるのかは分からないが、新しく生まれた信仰者がいるので、新しく生まれることが起きることは分かるというのです。するとニコデモは、

「どうして、そんなことがありえましょうか」

と言いました。ニコデモは理解できなかったのです。

 

「新たに生まれる」

、あなたはどう思いますか。

「新たに生まれる」

という言葉は、

「上から生まれ変わる」

と訳すこともできます。1章13節には、

「この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである」

とあります。新たに生まれるとは、神によって生まれることです。人間の努力ではなく、神の恵みとして私たちは新しく生まれるのです。

 そうは言うものの、私たちは洗礼を受けたからと言って自分が生まれ変わったという実感を持つとは限りませんし、否、生まれ変わったとは思えないとの感想を持つかも知れません。あなたが、信仰者として生まれ変わったと考えておられるなら、生まれ変わったことについて、未信者の人や、生まれ変わったと思えないと話す信仰の友に話して下さい。信仰者であるあなたが、生まれ変わったとは思えないと考えているなら、新たに生まれることがどういうことかお話ししますので、この際、新たに生まれたと信じてください。また生まれ変わった信仰の友から話を聞いてください。

 主イエスは、

「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか」

とニコデモを咎めるようなことを言います。主イエスがニコデモの言葉に落胆した思いが伝わってきます。主イエスは

「ニコデモよ、あなたは聖書を知っているはずではないか」

とおっしゃっているように思えます。

たとえば、エゼキエル書36章25節以下を読みます。

「わたしが清い水をお前たちの上に振りかけるとき、お前たちは清められる。わたしはお前たちを、すべての汚れとすべての偶像から清める。わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える。また、わたしの霊をお前たちの中に置き、わたしの掟に従って歩ませ、わたしの裁きを守り行わせる」。

ここには、神さまが信仰者に対して何をなさるのかが書かれています。信仰者を清め、新しい心を与えると書かれているではありませんか。

 ダビデ王が、姦淫と殺人の罪を犯し、神さまの前に悔い改めたとき、彼は何と祈ったのでしょうか。詩篇51。

「神よ、わたしの内に清い心を創造し新しく確かな霊を授けてください」。

ダビデは、神さまが私たちのうちに清い心を造ることがおできになると信じ、これを求めたのです。イスラエルの教師、つまり聖書を教える者が、ダビデの祈りを知らないというのは、残念なことです。

 今、この説教を聞いている皆さん、聖書が、神さまが私たちの心を新しくし私たちを生まれ変わらせてくださることを皆さんは知りました。新しく生まれる、このことを、あなたはどう受けとめるのでしょうか。

 新たに生まれる、神によって生まれるとはどういうことでしょうか。いつ生まれるのでしょうか。洗礼を受けたとき、聖霊の賜物を受けたとき、私たちは誕生します。聖霊による誕生ということができます。神によって生まれたのです。霊によって生まれたのです。私たちは神の子となったのです。この時、私たちの中で、何が新しくなったのでしょうか。新しく生まれることについては、色々な説明ができますが、今日はヨハネ福音書から考えます。

 私たちは主イエスに結ばれる者となりました。主イエスにつながる者とされました。言い換えると、主イエスが、私どもとつながってくださいました。主イエスは言います。

「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている」(ヨハネ15:4)。

主イエスが、私につながってくださる、これが新しく生まれたということです。

これは目に見えませんが、現実なのです。だから新しく生まれた者として、私たちは主イエスにつながるのです。主イエスと結ばれて生きる、それが新しく生まれた者として生きるということです。

 新しく生まれた人の特徴は何でしょうか。主イエスの言葉を心にとどめることです(ヨハネ15:7)。聖霊の導きを受けて、聖書を神の言葉と悟る人のことです(16:13)。聖書の言葉によって生きる人です。そして主イエスにつながり実を結ぶ人です(15:5)。私たちは、神の子とされました(1:12)。

ですから、父なる神さまの言葉を慕い求め、神さまの言葉によって生きようとします。私たちは神さまによって生まれ、神の子とされたのです。新しい人の特徴をいただいているのです。後は、新しい人とされたと信じ、新しい人として生きて行けばよいのです。

 ですから皆さん、教会の祈祷会に出て、聖書を学び、神の子として成長して下さい。毎回出席できなくても、月に一回でも出席して下さい。そこには、共に成長していこうとする神の家族がいるのです。

 あなたが新しい人になった証拠は、あるんです。あなたが神さまを礼拝している、それはあなたが神の子とされているからです。あなたが聖書を読む、それはあなたが神の子とされているからです。あなたが日々祈っている、それはあなたが神の子とされているからです。あなたは他の人がしないことをして、生きています。あなたが神の子として生まれ変わったからです。

 あなたは主イエスを信じていれば、必ず神さまの国に迎えられると信じていますか。そう信じていいのでしょうか。今日の聖書には、新たに生まれなければ神の国を見ることはできない、神の国に入ることはできないとあります。主イエスを信じるということは、天国行きの切符を手に入れることではありません。主イエスを信じる者は救われる、これは約束です。誰がこの約束を受け取ることができるのでしょうか。手を伸ばして約束を受け取る人です。手を伸ばす、それは新たに生まれた者として<生きる>ということです。

 マタイ福音書で主イエスはこう教えています。

「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである」。

主イエスを信じるとは、主イエスを信じて<生きる>ということです。主イエスを信じるとは、主イエスの父なる神さまのみ心を行うということです。これが主に結ばれて生きるということです。主イエスを信じるとは、真剣な事柄なのです。

 聖霊に導かれるとき、私たちは神さまの言葉を真理と知り、神さまの言葉によって生きようとし、神さまの言葉を守ろうとします。聖霊の導きを受けるとは、いつも神さまが共におられることを知ることです。聖霊の導きは求める人には与えられます。新しい人として生きるように私たちは招かれています。

祈り
祈り 天の父なる神、 あなたの恵みによって私たちを新たに生まれさせてくださり感謝します。 主イエスに結ばれて生きることができるようにしてくださり感謝します。 この恵みに答え、主につながって生きていくことができますように。 新たに生まれた者として、神の子として、 父なる神様の言葉を慕い求め、 神さまの言葉によって生きる者としてください。 神さまの言葉によって生きると者となりますので 憐れみをもって導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。