私たちはこの礼拝堂で神さまに礼拝を献げています。礼拝を献げるからには、神さまがここにおられることが前提となります。神さまがおられないのに、神さまを礼拝することはありえません。神さまがおられないのに礼拝しているとするなら、礼拝ごっこをしているに過ぎません。

 神さまはどこにおられるのでしょうか。神さまがおられることをどのように確信することができるのでしょうか。もちろん、神さまの姿は見えませんし、神さまの声が直接聞こえてくるわけではありません。

私たちは神さまがおいでになることを信じます。さらに神さまはおいでになることを私たちは確信します。だからこそ礼拝が成り立ちます。どのようにして、神さまがおいでになることを確信できるのでしょうか。もし誰も確信できないとしたら、私たちが献げている礼拝は、礼拝と呼ぶことができるのでしょうか。

 今日の聖書において、主イエスは神殿の境内で乱暴なことをなさいました。神殿の一番外側の境内を異邦人の庭と呼び、そこから門をくぐって入ると婦人の庭、さらに門をくぐって中に入ると男子の庭、そしてその奥に神殿があります。異邦人は、異邦人の庭からそれ以上、中に入ることはできません。動物を売ったり、両替商がいるのは、異邦人の庭と呼ばれるところです。

 神殿に参拝する人は、動物のいけにえを献げます。遠くから来る人はここでいけにえの動物を購入します。まだ神殿に納める献金は、神殿貨幣と呼ばれる貨幣で納めます。人々が日常生活で使う貨幣はローマの貨幣で、そこにはローマ皇帝の顔が刻まれています。このような貨幣を神殿に献げることはできないとユダヤ人は考えました。そこで両替商が必要となります。

 主イエスは、羊や牛を境内から追い出し、両替人の金をまき散らしたのです。だれもが驚くような乱暴な働きをしました。その時、主は言います。

「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない」。

主イエスは怒っているのです。憤っているのです。その怒りはすさまじいものです。なぜ、何を怒っているのでしょうか。

「わたしの父の家を商売の家とするな」

と言いました。<わたしの父>とは神さまのことです。神殿が商売の家となっていることに怒ったのです。

 神殿で動物の犠牲が献げられ、献金が献げられる限り、動物を売る商人、両替商は必要となります。そこで商売がなされ、その利益の一部は、神殿を運営する祭司たちの収入となります。主イエスが見た神殿は、もはや祈りの家ではなく、形式的には、動物が神に献げられていても、もはや礼拝にはなっていない、と主イエスの目には映ったのです。神への礼拝がなされていても、それは形だけの上辺だけの礼拝に見えたのです。そして祭司一族は金儲けをし、貴族と呼ばれていました。そこで主イエスは激しく怒ったのです。

 主イエスは、神殿を<わたしの父の家>と語ります。神殿は、父の家、それゆえ非常に大切な場所です。それが汚されていると感じ、主イエスは憤られたのです。一緒にいた弟子たちは驚いたことと思います。神殿を警護する人たちがやってきて、イエスを捕らえたとしても不思議ではありません。

 このことは、神さまは時にお怒りになることがあることを教えます。信仰者が神さまをないがしろにするとき、神は怒られるのです。空しい礼拝が献げられるとき、神さまは怒るのです。

 たとえば神は預言者イザヤを通して語られます。

「天よ聞け、地よ耳を傾けよ、主が語られる。わたしは子らを育てて大きくした。しかし、彼らはわたしに背いた。牛は飼い主を知り/ろばは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず/わたしの民は見分けない。災いだ、罪を犯す国、咎の重い民/悪を行う者の子孫、堕落した子らは。彼らは主を捨て/イスラエルの聖なる方を侮り、背を向けた」(イザヤ1:2〜4)。

 牛は飼い主を知り、ロバも主人の飼い葉桶を知っているというのです。イスラエルの民は、エジプトでの奴隷状態から解放され、神の民とされたのに主なる神を捨て、主なる神に背を向けて生きている、と神は怒るのです。

 あるいは預言者エレミヤを通して語られます。

「天よ、驚け、このことを/大いに、震えおののけ、と主は言われる。まことに、わが民は二つの悪を行った。生ける水の源であるわたしを捨てて/無用の水溜めを掘った。水をためることのできない/こわれた水溜めを」(2:12〜13)。

イスラエルの地は雨が少ないので、水溜が必要なのです。決して水が漏れることなく、いくら汲んでも水がなくならない水溜を捨てて、不完全で水が漏れてしまうような水溜をつくるとすればそれは愚かなことです。イスラエルの民は、主なる神を捨て、役に立たない水溜を掘ったようなものだというのです。

 口では神を信じるといいながら、神を見捨てるような生活をしているのが、神の民イスラエルでした。詩篇51にはこうあります。

「もしいけにえがあなたに喜ばれ/焼き尽くす献げ物が御旨にかなうのなら/わたしはそれをささげます。しかし、神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を/神よ、あなたは侮られません」。

 神が喜ばれるのは、動物のいけにえではなく、神の前に罪を悔いる心、自分の犯した罪のゆえに打ち砕かれる心を神は喜ばれます。悔いる心なしに、神の前に砕かれた心をさし出すことなく、動物のいけにえをいくら献げても、それは空しい礼拝なのです。このような空しいいけにえは、神は忌み嫌われるのです。まさにイエスは、この神の怒りを御自分の怒りとされたのです。

聖餐式の時、

「自分を確かめて聖餐にあずかりましょう」

との勧めがなされます。この<自分を確かめる>とは、自分は罪のゆえに救いを必要とするものであることを確かめることを意味します。自分は立派に生きているので、聖餐を受ける資格があるなどとは考えないのです。

 主イエスは神殿で乱暴を働きました。すぐに神殿を警護する人たちがやってきます。そして主イエスに問います。

「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」。

そこで主イエスは答えます。

「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」。

するとユダヤ人たちは言います。

「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」。

 エルサレム神殿は、紀元前10世紀にソロモンが建立しました。しかし、BC6世紀、バビロン帝国が責めてきたとき、神殿は破壊されました。そしてイスラエルの民は、バビロンに捕虜として連れて行かれました。70年後、バビロンから戻ってくると、やがて神殿の再建に取りかかります。それは完全な再建ではありませんでした。主イエスが誕生した頃イスラエルを治めていたヘロデ大王は、何年も神殿の再建に取り組みました。

この再建に46年かかっているのに、

「あなたがたが神殿を壊したら三日で立て直す」

と主が言ったものですから、ユダヤ人たちは、バカなことを言うな、という気持ちです。主イエスは、文字通り、建物としての神殿を三日で建て直すと言ったのではありません。

 いつわりの形式だけの神殿の礼拝を打ち壊したなら、それを三日で建て直すと主は言われたのです。三日とは、主の復活を指し示す三日です。主イエスは十字架で殺され、三日目に復活されました。<わたしの十字架の死と復活は、まことの神礼拝をもたらすものだ>と主イエスは語られたのです。<わたしの十字架の死と復活>こそ、<しるし>だと言われたのです。

 やがてイエス・キリストを信じる者たちが礼拝を献げるようになります。イエス・キリストを信じる者たちの集いは、エクレシアと呼ばれるようになりました。エクレシアは、日本語に訳すと教会となります。神に呼ばれた者たちの集い、これがエクレシアの意味です。

このヨハネ福音書は、キリストを信じる信仰がユダヤ教とは違うことがはっきりし、ユダヤ教の人たちから、クリスチャンが迫害されていた時代に書かれたものです。この迫害の中で、ユダヤ教に戻る人たちもいましたが、イエス・キリストこそ、まことの救い主、神の子であることを証しするのがヨハネ福音書です。

 主イエスが神殿で乱暴なことをした出来事は、他の福音書では、主イエスがエルサレムに行き、十字架にかかる前の出来事として描かれています。ところがヨハネ福音書は、主イエスの公の活動の最初の出来事として書いています。ヨハネはなぜ、福音書の最初にこの出来事を書いたのでしょうか。主イエスの復活こそ、真の礼拝者を生み出すものであることを証しするためです。形式だけの神殿の空しい礼拝ではなく、心からの礼拝を献げるのは、復活した主イエスを信じる者たちであると告げるためです。そして、その上で、主イエスの活動をヨハネは描こうとしています。

 そこで私たちは導かれます。主イエスが私たちの礼拝をご覧になったらどう思われるのでしょうか。空しい礼拝、形だけの礼拝を献げていると、お怒りになるのでしょうか。決してそんなことはない、と私たちは断言できるのでしょうか。

私は、加藤常昭牧師が主宰する説教塾で学んでいます。加藤先生は、牧師としては引退されていますが、80の半ばを過ぎても今なお説教者の指導に身を削っておられます。この加藤牧師が次のように述べています。

 

「現在、教会の力は衰えている。80年間、日本基督教団の中に生きているが、現在は最悪である。信徒たちの中で<聖日厳守>の生活を保持する人々のおかげで何とかなっているものの、受洗者の数は戦争中の教会にも及ばないほどである。数的衰退は不可避(ふかひ)のようである。危機の状況は、今既に顕著である。伝道できていないのであるから信徒数は増えない。自然に減少する。教会が力を失っている」。

 もしこの加藤牧師の言葉が私たちの現実であるとするなら、私たちは礼拝を献げているつもりでも、空しい礼拝、形式的な礼拝になっているのかもしれません。

 私は旧約聖書のハガイ書を思い起こします。イスラエルの人々がバビロン捕囚から戻ってきます。バビロン帝国との戦いで、エルサレムの町は荒廃し、エルサレム神殿も破壊されています。帰還した人々はエルサレムの再建に取り組みます。自分たちが住む町ですから町の再建には取り組みます。しかし神殿の再建にはなかなか取り組みません。

 そこで神が預言者ハガイを通して語ります。<お前たちは自分の生活にかまけて、神殿の再建に取り組まない。神殿の再建に取り組まず、自分だけきれいな家に住もうとしていていいのか。お前たちが種を蒔いても収穫は少なく、飲んでも酔うことがない。衣服を着ても温まることがない>。

あなたたちの生活は満足するものとはならない、と神は語ります。神殿の再建を行い、神への礼拝を献げてこそ、祝福がもたらされると神は警告されたのです。

 私たちの礼拝も、問題があるのではないでしょうか。空しい礼拝になっているのではないでしょうか。洗礼を受ける人が少ない、それは神さまが喜ばれる礼拝が献げられていないからではないでしょうか。

 パウロは、テサロニケ教会に感謝の言葉を述べています。

「このようなわけで、わたしたちは絶えず神に感謝しています。なぜなら、わたしたちから神の言葉を聞いたとき、あなたがたは、それを人の言葉としてではなく、神の言葉として受け入れたからです。事実、それは神の言葉であり、また、信じているあなたがたの中に現に働いているものです」(テサロニケ一2:13)。

説教を神の言葉として聴くとき、説教で語られた言葉は聴く者の内で働くのです。このことが出来事として起きる礼拝になっているかどうか。

加藤牧師は指摘します。<説教が儀式になっている>。

「いつもの通り、型どおりに正しい説教、ときに例話で楽しい味付けをした説教をすれば、それでよいとしているのではないか」。

さらに

「牧師は説教にいのちを賭けなくてよい。そしていのちを賭けて聴かなくてもよい。儀式としての礼拝が順序よく進行すればよい」。

それが私たちの礼拝ではないか、ときびしい自己批判をされます。

 そして最後に

「教会の危機において説教者の再生以外に道はないのである」

と語られます。私は、説教者の再生と同時に信徒の再生も必要であると考えています。説教者が命を駆けて説教の準備を行い、福音を語ることと、それと同時に信仰者が命を賭けて福音を聴くこと、説教者も信徒も説教に命を賭けるということです。説教者がいのちを賭けて語っても、いのちを賭けて聴くことがなければ、やがて説教はお勤めとなるでしょう。いのちを賭けて聴いても、説教者がいのちを賭けなければ、お勤めとして説教を聞くことになるでしょう。礼拝の回復は、説教者と信徒が、共に神の言葉を重んじ、これを喜び、神さまを賛美し、神さまに祈るところから始まります。

 神さまがここにおいでになることを神が臨在されると言います。説教の最初に、礼拝は神が臨在されてこそ成り立つと申し上げました。神さまの臨在を確信できない礼拝は、形だけの礼拝、儀式となった礼拝です。神さまの臨在はどこで確信できるのでしょうか。神さまは礼拝堂のどこにおられるのでしょうか。説教は神の言葉です。説教が神の言葉として聴かれるところに神はおられるのです。神がおられるから神の語りかけを聴くことができます。神の語りかけを聴くから、神がおられることが分かります。

 復活された主イエスは、私どもに聖霊を賜物として与えてくださいました。この賜物を感謝していただき、用いることです。聖霊が牧師の説教準備を導かれるように祈り、聖霊の導きによって説教を神の言葉として聴くことができるように祈り、神さまの言葉を聴いて神さまをたたえる、そこに神さまの喜ばれる礼拝が生まれます。この礼拝は、皆で共に造り上げる礼拝です。

祈り
天の父なる神、 私たちが献げる礼拝は、あなたの喜ばれる礼拝となっているのでしょうか。 私たちが義務として参加している儀式となっているのでしょうか。 私たち一人一人が、自分がどのような思いで礼拝を献げているのか、 向き合うことができますように。 神さまは、私たちに本気で礼拝を献げることを求めておられます。 私たちの本気は、説教をあなたの言葉として聴くところに現れます。 神さま、私たちを悔い改めへと導いてください。 私たちも形式的な礼拝、儀式としての礼拝を献げて来たことを悔い改めます。 復活された主イエスが私たちに賜物として聖霊を与えてくださいました。 聖霊の導きの中で、あなたの言葉が語られ、また聴かれる礼拝をささげることができるように、導いてください。