今日の聖書に

「しるし」

という言葉があります。人に誘われて私は教会の礼拝に通うようになりました。それは20代の若いときのことでした。見えない神をどうしたら信じることができるのか、不思議に思いつつ通いましたが、礼拝で聞く説教が理解できず、いつの間にか足が遠のきました。何年かして、また誘われて礼拝に通い続けました。神さまの導きによって、信仰を持つことができるようになりました。礼拝に通い続けるとき、神さまが、<私は存在する>というしるしを見せてくれたらと何度も思ったことがあります。

 今の時代、神さまは<しるし>を見せてくださるのでしょうか。私は見せてくださると信じますし、いつでも見ることができると言ってよいと思っています。しるしはいつでも見ることができるのです。このことについては説教の最後でお話しすることになると思います。今日も聖書に聞きたいと思います。

 私は聖書を読むとき、心を白紙にして読みます。与えられた箇所全体を読みます。そして読んでいて引っかかるところがあれば、その箇所を考えるようにします。

 今日の聖書を読んで最初に引っかかったのは、3節です。イエス様の母は

「ぶどう酒がなくなりました」

とイエス様に話します。婚宴でお酒がなくなれば、主催者は恥を受けることになります。婚宴の準備を十分しなかったとなるからです。そこでイエス様の母がなぜ、心配するのかと疑問に思います。

 また聖書を読み直すと、気づくのです。

「三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた」。

<そこにいた>とあります。イエス様と弟子たちは、婚礼に招かれたので、婚礼に間に合うように到着したと思います。しかしイエス様の母は<そこにいた>のです。すでに<そこにいた>のです。

 そう、婚礼の準備に参加していたのではないかと思わされます。きっと母からすれば、親族の婚礼なので前もって駆けつけ婚礼の準備の手伝いをしていたのです。ですから、ぶどう酒がなくなったことに気がついたとき、何とかしなければならないと思い、イエス様に声をかけたのです。

「ぶどう酒がなくなりました」

と伝えた時、彼女は何を期待したのでしょうか。ぶどう酒がなくなったという事態に対して、イエス様が解決をしてくれると期待しました。

 でも、どうしてそんな期待を持つことができたのでしょうか。答えは一つしかありません。イエス様の母は、イエス様が力ある働きができることを知っていたのです。イエス様が何回か力ある働きをしたことを知っていたのです。ただ聖書には、イエス様の少年時代のことは書いてありません。

 作り話かも知れませんが、たとえばイエス様についての伝説として、伝えられていることがあります。<イエスは屋根の上のバルコニーで友人と遊んでいると、一人が屋根から落ちて死にます。他の子供は逃げてしまいます。死んだ子の親がやってきて、イエスにお前が突き落としたんだろう、と怒ります。イエスは死んだ子の側に立ち

「おい起きて言っておくれ、ぼくが君を突き落としたのかい」

と呼びかけると、倒れていた子供が起き上がります。生き返った子供は

「いいえ、主よ、あなたは突き落としたのではなく、生き返らせたのです」

と答えます>。

この話は本当か嘘か分かりません。確かなことは、イエス様の母は我が子に力があることを知っていたのです。だから<ぶどう酒がなくなりました>と語り、婚宴に支障が生じないようにして、とイエス様を促したのです。

 母の言葉に対する主イエスの答えは突き放したような冷たい印象を与えます。しかし母は召使いたちに、主イエスが何か言いつけたらそれに従うように命じてその場を去ります。すると主イエスは、水がめに水をいっぱい入れなさいと命じます。ユダヤ人が清めに用いる水がめがあったのです。かめの大きさが2ないし3メトレテスとあります。聖書の最後に度量衡の表があるのでそれを見ると、1メトレテスは39リットルとあります。3メトレテスは、117リットル、日本酒の入っている一斗樽6.5個分です。かなり大きなかめです。

 召使いがみずがめに水を縁までいっぱいに入れます。すると主イエスは命じます。

「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」。

世話役のところに持っていくと、それはぶどう酒になっていたというのです。私はワインに関心があるので、このぶどう酒は赤か白か、考えます。水が赤ワインになっていたら、これを運んだ召使いはドキッとします。なぜなら、水が血になったように見えるわけですから。水が白ワインになっているほうが自然のような気もします。

でもどちらか分かりません。詩篇にこんな言葉があります。

「ぶどう酒は人の心を喜ばせ、油は顔を輝かせ/パンは人の心を支える」(詩篇104:15)。

ぶどう酒は人の心を喜ばせます。

 こうして主イエスは、婚宴を祝福され、ぶどう酒の不足を解決しました。当時の婚宴は2,3日続くと言われます。一斗樽6.5個分の水瓶が6個もあれば、十分足りたことと思います。イエス様の母は喜んだでしょうし、婚礼を挙げた家族の人たちも皆喜んだことでしょう。こうして主イエスは、神の子としての栄光を現されたのです。

 この水がぶどう酒に変わったことは<しるし>だと書かれています。そして弟子たちはイエスを信じたとあります。水がぶどう酒に変わったのを知っているのは、召使いじゃないの。弟子たちはそのことを知っていたの?と疑問に思いますが、イエス様の母が弟子たちに話したのかも知れません。

 ここで<最初のしるし>とあります。<しるし>とは何のことでしょうか。私が書類に判子を押せば、それは、書類に書かれていることを私が承認していることを示すしるしです。交差点の青信号は、前に進んでいいというしるしです。しるしは、何かを指し示します。ではここのしるしは何を指し示すのでしょうか。

 ヨハネ福音書20章にこうあります。

「このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」。

 つまり、しるしとは、イエスが神の子メシアであることを指し示しているということです。ここで弟子たちはイエスを信じたとありますが、水をぶどう酒に変えただけで、イエスが神の子メシアであると信じたとは思えません。イエスを信じたとありますから、イエスが何か大いなる方であると信じたことは確かです。

 主イエスが行った奇跡をヨハネ福音書は<しるし>と呼んでいます。今日の聖書のすぐ後の23節にはこうあります。

「イエスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた」。

ここでのしるしは、おそらく病人をいやしたことを意味しています。

主イエスはさまざまな奇跡を行い、人々を信仰に導きました。主イエスのしるしの最大のものは、十字架の死と復活です。この十字架の死と復活こそ、イエスが神の子メシアであることを余すことなく物語るしるしです。

 ここで弟子たちは主イエスについてどれほどのことを信じたのか分かりませんが、弟子たちは<しるし>を受け入れ、イエスを信じたのです。

 ヨハネ福音書の5章には、38年も病気で苦しんでいた人がいます。主イエスはこの人の病気を癒やします。しかしユダヤ人たちは、イエスを信じようとしません。なぜなら、この癒やしが行われたのが安息日だからです。安息日に仕事はしてはいけないと神の戒めにあるので、たとい病人をいやしたとしても、イエスは戒めを破っているから、信じるわけにはいかないという態度です。

 私たちはしるしを求めることがあります。この福音書6章で、人々はイエスに言います。

「それでは、わたしたちが見てあなたを信じることができるように、どんなしるしを行ってくださいますか。どのようなことをしてくださいますか」。

主イエスは、人間の求めに応じて、つまり信じてもらうためにしるしを行うことはしません。その代わり、主イエスの方からしるしを行い、あなたは信じるか、と問いかけるのです。しるしは私たちの応答を求めるのです。

 ヨハネ福音書9章には生まれつき目の見えない人が登場します。主イエスは、この人の目を開けます。盲人が見えるようになったのです。しかしまたもや、ユダヤ人たちは、それが安息日だからという理由でイエスを信じません。すると目の開かれた人が言います。

「神は罪人の言うことはお聞きにならないと、わたしたちは承知しています。生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」。

するとユダヤ人たちは、

「お前は、我々に教えようとするのか」

と怒ります。しるしを見せられても信じない人たちもいるのです。

 この福音書の6章には、主イエスが五つのパンと二匹の魚でもって男だけで五千人の人たちを満腹にさせたとあります。<そこで、人々はイエスのなさったしるしを見て、

「まさにこの人こそ、世に来られる預言者である」

と言った>。しるしは応答を引き出すのです。

 主イエスは神さまのことを皆に語ったのに信じようとしない人々に対して次のように語りました。

「もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい。そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう」。

 イエスが神の子メシアであるかどうか分からないなら、イエスの行ったしるしを認めなさい。そうすれば、イエスが神の子メシアであると分かるようになるとおっしゃったのです。

 説教の最初でこう申し上げました。神さまは私たちに<しるし>を見せてくださるのでしょうか。私は見せてくださると信じますし、いつでも見ることができると言ってよいと思っています。このように申し上げました。皆さん、賛成してくださいますか。

 たとえば毎週日曜日、礼拝のために人々が集まって礼拝をささげます。この人たちの存在、これは神がおられることを示すしるしではないでしょうか。それとも神は本当はいないのに、神がいると錯覚している人々が毎週毎週日曜日教会に来るのでしょうか。

礼拝に来ている人たちの生活を見てください。この人々は、神がいると錯覚して生きているように見えますか。神がいるとの妄想を抱いて生活しているように見えますか。

 教会の信仰者の交わりの中に入ってみてください。聖書の言葉を支えに、真剣に生きている人がいます。聖書の言葉を、自分を導く光と信じて、その導きに従う人がいます。聖書の言葉を自分のよりどころとして生きることを通して、生まれ変わったかのように生きている人が、ここに、あそこにおられます。これらの人々の存在、ここにいる人たちの存在は、キリストが私たちの救い主、メシアであることを物語るしるしです。

 私どもは罪が赦されるだけでなく、罪から解き放たれ、主イエスに似た者として生きていくという聖書の言葉が本当であることを指し示すしるしとなる人たちがここにおられます。

しるしは聖書に書かれている主イエスのなさったしるしだけではありません。十字架の死から復活された主イエスが、私たちの間でしるしを行われているのです。復活の主が、あなたを通してしるしをなさっているのです。復活の主の働き、それは聖霊の働きということもできます。復活の主が、聖霊があなたを通してしるしを行っておられるのです。あなたはイエス・キリストが救い主であることを指し示す、生きたしるしです。私たちはしるしを見ることができるのです。そして信じるように招かれています。

祈り
 天の父なる神様、あなたの御名を崇めます。主イエスは、しるしを行い、信仰へとお招きになります。そして主は、復活の主として、今も私たちを通してしるしを行っておられます。  私どもがしるしを認め、あなたを信じることができますように。あなたが与えてくださる新しい命、永遠の命に今、生きることができるように導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。