今日の聖書でヨハネという人物は、イエス様がどんな人かを語っています。ヨハネは、自分の方に近づいてくるイエス様を見て、

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」

と言います。さらにイエス様について、

「聖霊によって洗礼を授ける方である」

と語ります。救い主である主イエスによって罪が取り除かれ、聖霊による洗礼を受けて信仰の歩みをする幸い、喜びを神さまは与えて下さいます。

 ヨハネは、神さまから使命を与えられて誕生した人物です。ヨハネは、神さまから語るべき言葉を教えられていました。どのようにしてその言葉が神さまから与えられたのかは分かりません。ヨハネはこのように語りました。

「わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである」(1:30)。

ヨハネは、この言葉を人々に語っていました。でもヨハネは、自分の後から来る人がどんな人か知りませんでした。31節、33節でもヨハネは、

「私はこの方を知らなかった」

と語ります。

 しかし、ある時ヨハネはイエス様に出会います。ヨハネ福音書には書かれていませんが、イエス様がヨハネのもとに来て、洗礼を受けられたのです。ヨハネは、ヨルダン川で自分のもとに来た人々に洗礼を授けています。ヨハネと洗礼を受ける人は川の中に入ります。ヨハネが洗礼を受ける人の頭に手を置き、その手を下に動かすと、手に押されて洗礼を受ける人は膝をかがめて水の中に全身を沈めます。そして立ち上がり、上半身を水の上に出します。これが洗礼です。私たちの洗礼式では、全身を水に沈めることはしません。洗礼を授ける人は水の入った容器に手を入れ、手を水に濡らし、その手を洗礼を受ける人の頭に置きます。

 イエス様が洗礼を受けるとすぐに、聖霊、つまり神の霊が、鳩が降りてくるようにイエス様の上に降ったのです。本来聖霊は、霊ですから見えないのですが、この時は、鳩が降りてくるように聖霊がイエス様の上に降ってくるのが見えたというのです。それを見たヨハネは、この人物がメシア、救い主であると知りました。というのは、神のお告げをヨハネは聞いていたからです。

「“霊”が降って、ある人にとどまるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人である」。

ヨハネは、メシアであるイエス様と出会いました。

 そして今日の聖書で、そのイエス様がヨハネの方に近づいてくるのを見て、ヨハネは語ります。

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。

さらに

「この方は聖霊によって洗礼を授ける方である」

と語りました。つづけて

「この方は神の子である」

と証しをしました。

 最初ヨハネはメシアとしておいでになる方が誰か、知りませんでした。しかし神さまが、聖霊が鳩のように降り、ある人の上にとどまったらその人がメシアであるとおっしゃったので、イエス様がメシアであると分かりました。ヨハネはメシアと出会ったのです。この時、ヨハネは大きな喜びに包まれたのではないかと想像します。

何しろ、ヨハネの使命は、救い主を証しすることでした。メシアに出会い、この方がそのメシアであると語ることができました。使命を全うした喜びがヨハネの心を満たしました。

 この福音書の3章に再びヨハネが登場します。そこでは、人々は皆イエス様のもとに行って洗礼を受けているのです。もはやヨハネのもとに来て、洗礼を受けようとしなくなったのです。その時ヨハネは、喜びで満たされて言います。

「あの方は栄え、わたしは衰えねばならない」。

自分の役目を終えたヨハネは、人々がメシアのもとに行くのを喜んでいるのです。ヨハネは、イエス様をメシアと証しをして喜びました。主イエスを主人公とするのが、信仰者の人生でもあります。主イエスが崇められる、それが信仰者の喜びです。

 ではヨハネは、メシアについて何と証しをしたのでしょうか。<世の罪を取り除く神の小羊><聖霊によって洗礼を授ける方、神の子と>証しをしました。

 ここで大切なことは、メシア、救い主が聖霊によって洗礼を授ける方ということです。聖霊というのは神の霊ですから、見えません。見えない聖霊による洗礼とはどういうことなのか、それを知りたいです。

 私たちの信仰にとって聖霊の働きは大切なのですが、説教者はあまり語りません。なぜ語らないのか、私には残念です。説教者が語らないと信徒の人たちは<聖霊の働き>が分からないままでいることになりかねません。ヨハネ福音書は聖霊のことについてきちんと語っていますので、これまでもお話ししてきましたが、今日も、わたしは皆さんに伝えたいと思います。

 ヨハネ福音書14章16節にこうあります。

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である」。

弁護者、真理の霊と言われているもの、それが聖霊です。聖霊は神さまが私たちに送って下さるのです。

さらに続けて、

「しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである」。

神さまが、聖霊を私たちに送って下さったので、聖霊は、私たちと共におられ、私たちのうちにおられるのです。

聖霊が私たちのうちにおられることは感覚で感じることはできません。私たちは、聖霊が私たちのうちにおられることを信じるのです。決して疑わないのです。疑う心が起きたら、それを後ろに投げ捨て、信じるのです。信ずべき事は信じ抜く、そうしないと信仰は揺るぎます。信じ抜くことはむずかしいと思う方もおられるかも知れません。その場合は、聖霊が私たちのうちにおられると考えることにすれば良いのです。この聖霊は、神さまです。聖霊なる神は信仰者のうちに住み、信仰者を導き生かすのです。

 ではいつ、神さまは聖霊を信仰者に送って下さるのかというと、私たちが洗礼を受けたときです。

 それでは、この聖霊はどんな働きをなさるのでしょうか。聖霊の第一の働きは、神の言葉によって生きるように私たちを導くことです。ヨハネ福音書14章26節にはこうあります。

「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」。

聖霊は、私たちにすべてのことを教えるとあります。すべてと言っても、数学や物理、政治や経済のことを教えるわけではありません。神さまに関わることを教えて下さるのです。聖書が神さまの言葉であることを教えてくれるのです。さらに聖書を説く説教、これも神さまの言葉であることを教えてくれるのです。聖霊の第一の働きは、神の言葉によって生きるように私たちを導くことです。聖霊の働きを受けるために祈り求めることが大切です。祈り求める人に聖霊は働いて下さいます。求める人が得られるのです。

 聖霊に導かれて聖書を読むとき、つまり祈りをもって聖書を読むとき、私たちは聖書の言葉の権威を認めるようになります。聖書の言葉を大切にし、聖書の言葉に基づいて、物事を考えるようになります。聖書というものは、自分が生きる上で参考になる言葉というようなものではなく神の言葉であり、真理の言葉であり、この真理の言葉によって自分は立つ、という思いに導かれるのです。これが聖霊の働きなのです。

 すると何が起きるのでしょうか。私たちは生まれ変わるのです。

私たちは、以前は自分の考え、世の常識、人間の知恵によって物事を考え判断していました。それが今や聖書によって、つまり神の言葉によって物事を考えようとします。考え方が逆転と呼べるほど変わります。つまり私たちは生まれ変わるのです。新しい人になるのです。聖書の言葉によって考え、生きる人間に変えられるのです。

主イエスは語ります。

「命を与えるのは“霊”である。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である」。

人間の言葉は、人間の考えを表すに過ぎません。しかし主イエスの言葉は、言い換えると神さまの言葉は、霊であり、命を与えるのです。神さまが語る言葉は生きて働き、力があるのです。

 聖霊に導かれて生きている人は、神さまの言葉に従って生きています。神さまの言葉が命であることを知っているので、これに従おうとするのです。主イエスはニコデモという信仰者に教えられました。

「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」。
「誰でも水と霊とによって生まれなければ、神の国へ入ることはできない」。

新しく生まれる、水と霊によって生まれるとは、聖霊に導かれて神の言葉を真理の言葉と受けとめ、真理の言葉によって生きようとすることです。

以前は、自分の考え、世の常識、人間の知恵によって物事を考え判断し生きていました。それが今や、神の言葉、聖書によって物事を考え、生きようとします。これが新たに生まれるということです。

 自分が新しく生まれたことが分かるとうれしいんですよ。自分が神の子として生きることができること、神の子として成長していくことがうれしいんですよ。考え方が変わると行動が変わり、行動が変わると人格も変わります。つまり私たちは神の子として成長するのです。これがうれしいんです。

 聖霊の第二番目の働きは、私たちに罪を自覚させることです。聖霊は罪が何かを教えてくれます。罪とは、主イエスを信じないことです。

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」(10:27)。

主イエスを信じるとは、主イエスの声を聞き分け、主イエスに従うことです。主イエスの声を聞き分けようとしない、聞き分けて主イエスに従うことをしないのは、罪なのです。

 この世の人は言います。

「イエスを信じないことが罪、そんなのおかしいよ」。
「信じる信じないは人の自由。信じないことが罪なんて、あまりにも自分に都合のよい教えだよ」。

そう考えるのも無理はありません。もし、ある宗教の教祖とされる指導者が、

「私を信じないことは罪」

と言ったとします。そしたら私は、その指導者は高慢であり、その教祖を信じるのは危険だと言います。しかし

「主イエスを信じないことは罪」

と信じます。なぜなら、わたしは聖霊に導かれているので

「主イエスを信じない事が罪」

ということが分かるからです。

 これが分かると、自分を罪から遠ざけようとします。これもまたうれしいんです。自分がいよいよ神の子らしく生きることができるようになっていくのです。ここには、神の子の自由があります。信仰者だから、ああしなければ、こうしなければ、などという縛りは一切なくなります。信仰者なのに、あれができない、これができないと落胆することもありません。神の子の自由、うれしいです。

 ヨハネは、主イエスについてもう一つ証しをしました。主イエスは

「世の罪を取り除く神の小羊」

と証ししました。小羊は旧約聖書に書かれている出エジプトの出来事と結びついています。イスラエルの人々がエジプトで奴隷として苦しんでいました。神さまはエジプトに大きな災いを起こし、イスラエルの民をエジプトから解放します。その時、イスラエルの人々は家ごとに小羊を屠り、小羊の血を家の玄関の柱に塗りました。血が塗ってある家は、神さまの災いを避けることができます。血が塗っていない家、つまりエジプト人の家には、災いが降ります。エジプトを襲った大いなる災いのゆえに、イスラエルの民はエジプトから解放されます。小羊の犠牲によって、イスラエルは解放されました。

神の小羊として主イエスは十字架で自らを犠牲としました。このことのおかげで私たちは罪が赦されるだけでなく、生まれ変わり、神の言葉に立って生きることができるようにされ、罪から解放されていきます。

 ヨハネは、主イエスが自分の方に近づいてくるのを見て、聖霊によって洗礼を授ける方、世の罪を取り除く神の小羊と証しをしました。そして主イエスは、私たちにも近づいて下さっているのではないでしょうか。私たちが教会の礼拝に来て、聖書を学び、説教を聞いているとき、主イエスは私たちに近づき、主イエスを信じるように招いておられます。この方こそ、聖霊によって洗礼を授ける方、世の罪を取り除く神の小羊と私たちも証言できるなら、それは本当にうれしいことです。

 結婚を迷っている人に対する言葉があります。馬には乗ってみよ、人には添うてみよ。やってみないと分からないことがあります。チャレンジすることは大切です。聖霊の働きを求め、導かれる体験をしたら、あなたは変わります。聖霊に導かれる体験をした方は、是非、分かち合って下さい。そしてみ言葉に導かれ、聖霊に導かれる金沢元町教会を、築いていきましょう。

祈り
天の父なる神、 聖霊のお働きにより、あなたの言葉が真理であり、 あなたの言葉こそ、誠に信頼に足るものであることを教えて下さい。 人間の考えは、変わります。 しかしあなたの言葉はとこしえに変わることなく、真理であり続けます。 真理であるあなたの言葉に立って生きることができるように聖霊の働きを下さい。 あなたの言葉に生きる幸い、喜びを私たちの与えて下さい。 イエス・キリストの御名により祈ります。